2015-07-28 18:26:26

損得の感じ方とイチロー選手の目標設定。

テーマ:ブログ
人間は何かを手に入れた時の喜びの大きさより、
既に持っているものを失った時の損失の大きさの方をより強く感じます。

例えば、100万円を手に入れた時の喜びよりも、
100万円を失った時のダメージの方を大きく感じてしまうのです。

このような行動心理学に基づくと、イチロー選手の目標設定がいかに秀逸かわかります。
イチロー選手が打率を目標とせず、首位打者も結果として取れればいいと考え、
それよりもヒット数を目標に設定しているのは有名ですよね。

打率は今日350でも明日ヒットを打てないと340になるかもしれない。
つまり、手に入れていた好成績を失っていく危険があるのです。
それも1打席1打席常に。
首位打者の座にいたっては、自分が打てなかった時ばかりか、
自分が3打数3安打で打率350で首位打者の立ち位置にいても、
他の誰かが5打数5安打して351になれば、首位打者の座を失ってしまいます。

このように打率や首位打者のように
1度手に入れたものを失うという危機を常にはらんだ目標設定だと、
失った時のダメージが大きく、そこから不振に陥ることもありえます。

その点、ヒット数は絶対に減りません。100本ヒットを打っているとして、
今日の試合でヒットを打てなくても、95本に減るということはないのです。
つまり、手に入れているものを失う危険性がまったくありません。
それゆえ、精神的なダメージを受けにくいので、平常心で目標達成に邁進できるのです。

イチロー選手が1年に200本というヒット数を目標に設定していたことが、
いかに見事か分かりますね。

このような目標設定の方法をぜひご自身の活動にも役立ててみてくださいね。


P.S.
LINE@を始めました。
僕とLINE友だちになりましょう!
【携帯からの方】
http://line.me/ti/p/%40izumitadashi

【PCからの方】
LINEのID検索で「@izumitadashi」と入れてください。
「@」を入れるのをお忘れなく。
いいね!した人  |  リブログ(0)