善意の第三者

本日の「善意の第三者」というタイトルをご覧になって、

どのような内容を想像されたでしょうか。

 

あしながおじさんのようなお話…

ではありません。

 

法律を勉強したことのある人は、

みな知っていますが、

「善意の第三者」というのは、

法律用語です。

 

法律用語で「善意」とは、

「知らない」という意味です。

 

つまり、「善意の第三者」とは、

「知らずに取引関係に入った第三者」

という意味です。

 

たとえば、

AさんとBさんが、Aさんの土地が差し押さえをされそうなので、

話し合った末に、土地の売却を仮装して

AからBへの所有権移転の登記をしました。

Bさんは、うその登記なのに、登記があることをいいことに、

お金を儲けようとして、何も事情を知らないCさんにこの土地を売却しました。

Aさんは、Cさんにこの不動産を返せといえるでしょうか。

 

この点、民法94条は

  1. 相手方と通じてした虚偽の意思表示は、無効とする。
  2. 前項の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。

と規定しています。

つまり、AさんとBさんの売買は、

AさんとBさんが通謀してなした虚偽の意思表示だから無効だけれども、

何も知らないCさん、つまり善意の第三者のCさんには対抗できないから、

AさんはCさんに返せということができない、

という意味です。

 

結局Aさんの自業自得で、不動産を失うことになり、

あとは、裏切ったBさんに対して、

損害賠償を請求できるだけになります。

 

Cさんは、ただ、知らなかったというだけで、

何かいいことをした人というわけではありません。

 

これに対して、「悪意の第三者」という言葉があります。

ここで、また、害する意図を持った第三者という意味ではなく、

単に、「知っていた第三者」という意味です。

「悪意の第三者」がさらに積極的に害する意図まで持っていた場合には、

「背信的悪意者」という言い方があります。

 

たとえば、

AさんがBさんに土地を売っていたにもかかわらず、

その事情を知っているCさんにも二重に同じ土地を売りました。

しかし、先にCさんが登記を備えました。

この場合、事情を知っていても登記を備えたCさんの勝ちで、

Bさんは、裏切ったAさんに損害賠償を請求できるだけです。

 

しかし、Cさんが、単なる「悪意者」ではなく、

背信的悪意者である場合には、

Bさんの勝ちとなります。

たとえば、Cさんが、Bさんに高く売りつけてやろうとか、

Bさんを加害する意図まで持っていた場合が、

これに当たります。

 

善意とか、悪意とか、

あまりにも一般の用語とかけ離れています。

背信的悪意者などになってしまうと、

日本語が不自由な人かとさえ思えてくるでしょう。

 

こういったところが、

法律をわかりにくくしている原因ですね。

 

ところで、

民法は、昔は、文語で書かれていました。

たとえば、先にあげた民法94条は、

 

1、相手方ト通シテ為シタル虚偽ノ意思表示ハ無効トス

2、前項ノ意思表示ノ無効ハ之ヲ以テ善意ノ第三者ニ対抗スルコトヲ得ス

 

と規定されていました。

これだけ読んでみると、

嫌気がさす方も多数おられることと思います。

 

昔といっても、ずいぶん昔の話だとお思いになると思いますが、

口語化されたのは、平成16年の話です。

私が学生の頃は、まだ文語でした。

 

法律は難しいので、

専門家に任せておけばよい、

という時代ではなくなりました。

テレビでは弁護士が出演して法律を解説する番組がたくさんありますし、

インターネットでは情報があふれています。

 

わかりやすいというのは、

大切なことです。

私も、これからも、

わかりやすく、法律を解説していきたいと思います。

 

 

AD

昭和30年の裁判例の紹介の続きです。

事案の詳細は、前回の記事をご参照ください。

 

さて、この事案の判決の主文は、

以下のとおりです。

 

「原告の請求はこれを棄却する。

訴訟費用は原告の負担とする。」

 

妻による離婚請求は退けられてしましました。

現代の弁護士の感覚では、

ほぼ離婚は認められてしかるべき事案だと思います。

 

なぜ、裁判官は、離婚を認めなかったのか。

 

さて、その前に、この裁判官は、

現代的感覚でいえば、

およそ受け入れがたい価値観を持っているように思えます。

 

判決の中で、このような記載があります。

「原告(妻)が、年齢満50歳で、

女性としては既に、その本来の使命を終り、

今後はいはば余生のごときもので、

今後において、花咲く人生は到底これを期待しえないと考えられるのに反し、

被告(夫)は、ようやく令49歳にたっしたばかりで、

その前半の人生が順調であったのに反し、

終戦後は、苦難の生活が続き、妻たる原告にすら見限られるような失態を演じつつも、

その体験を深め、人間として漸く成熟し来たったと認められるので、

男子としての真の活動は、今後において、

期待し得られる事情にある」

というわけです。

 

このようなことを現代の裁判官が書くと、

バッシングの嵐でしょう。

 

さて、では、なぜ、この裁判官は、

離婚を認めなかったのでしょうか。

 

この裁判官は、

戦後、10年たって国内の情勢がおちついてきたので、

被告も、今後は就労などして豊かになりうるとしたうえで、

そうなれば、

「原告は、妻として、また、明るい生活を期待し得られるのであるから、

客観的に見れば、原告が、被告と離れ、

若干の収入を得て淋しく一人身の生活を送るよりも、

幸福であること幾倍増である。」

のだそうです。

 

女性の幸せが、夫の経済力に依拠する、

いう価値観なのでしょうかね。

 

そのうえで、この裁判官は、

夫が妻の帰りをひたすらに願っている状況について、

「原告(妻)は、この際、被告(夫)の許に復帰すべきであって、

一人我を張り、復帰を肯んぜないとすれば、

それは俗にいう、女妙利に尽きる仕儀であると認められても、

亦、止むを得ない事情にあると認められる。」

のだそうです。

 

ここのところは、昔の裁判例なので、

表現が小難しいですね。

「俗にいう女妙利」という表現が私にもいまいちよくわからないのですが、

要は、夫から強く愛情を示されているのに戻らないというのは、

「俗にいう女妙利」ではあるが、

それは、我を張っているだけですよ、

という程度の意味でしょうか。

 

もっと砕けていえば、

せっかく夫が好き好きいっているのに、

我を張らず戻りなさい、

という意味でしょうかね。

 

ほっといてあげればいいのにと思います。

 

さらに、この裁判官は、

この妻に対して、辛辣です。

いわく、

「被告が、経済的に豊かな生活をしているときは、

被告に前記のような所業(注:妾を作っていたことを指していると思われる)がありながら、

原被告間の夫婦関係には、ほとんどというに足るべきほど、

風波もおこらなかったにもかかわらず、

被告が経済的に息詰まるやいなや、たちまちにして風波が立ち、

ついには、その関係が、破たんに瀕するに至った」というのです。

そのうえで、世間の経済状況は上向きで、

夫が経済力をつければ、

夫婦の問題も解消するのだそうです。

 

そうして、次のように判決中に述べて、

妻を諭しています。

 

「男子として、今後の活動を期待し得られる被告と離別することは、

婚姻以来二十有余年にわたり、よきにつけ、悪きにつけ、

とにかく、労苦を共にして築いてきた礎石の上に、

来るべき幸福を捨てるに等しいことであって、

これは、二十有余年の努力を無にし、

その余生を捨て去るに等しいもので、

それは原告にとって不幸である」

「離婚することは、たやすいことである。

今一度、被告の許に復帰し、

努力してみてついに被告と夫婦生活を送ることができないとなれば、

その時、離婚しても決して遅くはない。」

 

さて、このような判決をもらった妻は、

この判決をどう思ったのでしょうか。

そうして、このあとどうしたのでしょうか。

 

夫を信じてもどるという決意を妻が自分でするならば、

他人がとやかくはいえませんが、

夫は今後元の生活を取り戻すはずだから戻りなさいと、

他人である裁判官が決めつけるのいかがなものでしょうかね。

 

この裁判官は、この判決の時点で

なぜ、ここまでこの夫を信じるのか。

奥さんが出て行った後も、

他の女性と関係を持っており、

そのうえで、妻を愛しているといっても、

誰も信じないように思うのですけどねえ。

 

この記事を読んでいただいた皆さんは、

この判決が絵空事を述べているように感じた方も

多いのではないでしょうか。

 

男女関係に関する価値観は、

当時と今ではずいぶん違うとは思いますが、

現代人からすれば、

違和感しか感じないですね。

 

逆に言えば、

時代は変わったとまとめることもできるのかもしれません。

 

世間の人は、

判決が出れば、

それが真実だと思うのでしょう。

しかし、時代とともに価値観が変わるとともに、

裁判官個々の価値観も多様です。

 

その中で、最小公約数のようなものの抽出物が法律である、

ということも可能でしょう。

 

いずれにしても、

この裁判例は、

現在の裁判実務には、

影響が皆無だと考えられますのでご安心ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

男女の問題は、いつの時代も、

価値観は人それぞれです。

裁判官とて例外ではありません。

 

さて、その昔、私のブログで

「男女の問題に混入する裁判官の価値観」

というタイトルで、

裁判官の独特な価値観が表現されている昭和30年代の裁判例を紹介しました。

http://ameblo.jp/izuta-law/entry-11451928264.html

 

今回も、昭和30年代のきわめて独特な裁判例をご紹介します。

事案の概要は、

満50歳の女性が、男性49歳に対し、

不貞行為と放蕩な生活に伴う浪費等を理由として、

離婚を請求したという事案です(東京地方裁判所昭和30年5月6日)。

 

事案自体がかなり詳細に判決の中に書かれていています。

まずは、事案の概要を判決を引用しながらご紹介します。

 

夫は、軍事産業に従事しており、戦前は収入が多く、

夫婦ともに豪奢な生活をしていました。

その時の様子について、判決では、

「原告(注:妻)は、上流婦人としての生活をなし、

その生活は派手で、衣装などは高価なものを持ち、

花、お茶、小唄その他の遊芸に身を入れたり、

被告(注:夫)とともに、花柳界に出入りして、

花柳界の婦人たちと派手な交際をし…」

他方、夫は、会社の商談などのために、

「花柳界に頻繁に出入りするにつれ、

花柳界に自由になる夫人のある方が便利であるため、

…妾を囲うようにな」

ったとまとめています。

 

しかし、いいときというのは続きません。

戦後に軍事産業に従事していた夫は失職しました。

にもかかわらず、

夫婦ともにかつての豪奢な生活が忘れられず、

浪費を続けました。

 

このときの様子について、判決は、

「原被告(注:妻が原告、夫が被告)ともに、

富裕な家庭に生育した人たちであったため、

…、被告は、…女道楽はやめず、キャバレーやバー等に出入りして金銭を浪費し、

あるいは競馬、賭け事に手を出してこれに耽り…、

一方原告も、…、夫をいさめて堅実な生活に立ち帰らせ、

相ともに生活再建のために努力するということもせず、

もっぱら夫を責めるのみ…、

被告は、…時には、いさかいの果て、原告を面罵し、

あるいは殴打する等の暴行を加えるようになり…、

一方、原告は、苦労の知らな上流婦人の短所として、

苦労に対する忍耐力を欠くため…」

夫婦関係は悪化したと認定しています。

 

いや、この判決の書き方はなかなかですよね。

暴力に耐えろといっているようなものです。

 

さて、そんな夫婦でしたが、夫婦の溝が深まる事件が起こりました。

長女が、米軍下士官と恋愛関係に陥り、

結婚することを熱望しました。

これに、妻は同意したのですが、

夫は激しく反対し、

夫婦間の溝は深まったのです。

 

そうこうこうするうちに、つまらないことで、

夫婦の破たんが訪れました。

妻が、夫の所有していた競走馬の賞金5万円を

夫に無断で受け取り、借金返済その他に使ったのです。

その出来事があって、妻は、

「被告(夫)から叱責されるや、

夫婦関係もこれによって極まったと思いつめ、離婚することを覚悟して、

被告に無断で被告のものと立ち去った」

のです。

 

どのご夫婦でも、

時として、別居の原因やケンカの原因は、

他人からすれば、どうでもいいこと、

ということも多いです。

 

このように別居になった夫婦ですが、

夫は、以下のような様子であると判決に書かれています。

 

夫は、「原告(注:妻)に対し、愛情を持ち続け、

現在においては、その過去における一切の所業や

原告に対する一切の仕打ちを後悔し、

今後は、従前のような生活態度はこれを改め、

原告とともに生活再建のために努力することを決意し、ひたすら、

原告が被告の元にかえるのも願っている」

のだそうです。

また、夫は、

「女性の関係もすでに一切清算し、原告(妻)が被告(夫)の元を出てからあと、

一時身の回りの世話をさせるために同居させていた女性とも手を切っていて、

将来さような関係を作らないことに決意している」

のだそうです。

 

現代的な感覚では、

開いた口が塞がらない感じですよね。

 

さて、この事案で、

裁判官は、離婚を認めたのでしょうか。

 

長くなったので次回をお楽しみに…。

 

AD

休日相談について


当事務所は、基本的に平日での法律相談をみなさんにお願いしており、
休日ご希望の方については、
個別に対応できる時には対応させていただいておりました。

しかし、個別の対応には限界があると感じており、
お断りさせていただくことも多く、
大変ご不便をおかけしておりました。

そこで、今後は、
特定の日を休日相談日とさせていただきたく存じます。

当面の休日相談日は、
以下のとおりです。
時間はいずれも午前10時から午後4時までの間です。
ご予約の上、ご来所ください。

7月30日(土)
8月28日(日)
10月15日(土)
12月3日(土)

ただし、
お急ぎの場合には、これまで通り、
個別に対応させていただけるときもありますので、
詳細については、
当事務所までお問い合わせください。

ファウルボール訴訟の高等裁判所の判断

テーマ:

日本ハムの試合を観戦中の女性にファウルボールが直撃し、
失明をした事件で、
このたび、高等裁判所の判断が確定し、
紛争が終結したというニュースがありました。

この件は、一プロ野球ファンとして、
私も関心が高く、
どうなることかと案じていたのですが、
高等裁判所の判断は、
まるで大岡裁きのようです。

さて、訴訟の経過としては、
地裁では、球場施設の安全性を欠いていたとしてと判断しました。
最近の球場は、
スポーツ観戦の醍醐味を味わえるように、
バックネットが狭くなるなどの工夫がされています。
そのため、日ハムは、
他球場への影響が看過できないとして、
控訴したのです。

しかし、この女性は失明というきわめて、
重篤な被害を受けています。
被害救済の観点も忘れてはなりません。

さて、高等裁判所が、どう判断したのかというと、
報道によれば、
球場施設の安全性は問題なかったとしているようです。
つまり、日ハムの主張を認めたのです。

しかし、日ハムに対して賠償義務自体は認めています。
その理由として、
この女性は、球団招待の児童の保護者として観戦していたところ、
球団は、この女性に対して、
野球観戦の危険性を十分認識していないことは予見できたのだから、
事前に注意喚起すべきだった
と裁判所は判断しているようです。

つまり、球団が招待した児童、保護者という関係に着目し、
この女性は自ら野球観戦をしに来たのではなく、
付き添いだったのだから、
野球観戦の危険性について知らずに受傷してしまった。
球団は、自ら児童を招待して、その保護者にも来てもらったという特別な関係があった以上、
安全性に関するフォローもすべきだった、
というわけです。

地裁判決は、球場の安全性という、
球界全体に影響がある点を踏み込んで判断しているので、
日ハムとしても引くに引けませんでした。

とはいえ、日ハムとしても、
自球団のファンである子供の保護者が被害者になってしまっているので、
球界全体の問題にかかわらなければ、
賠償することにそれほど躊躇を覚えないのではないかと思います。

この点、招待した子供の保護者には、
通常の観客以上に特別に注意をすべきだという
高裁の判断自体には、
異論があるかもしれませんが、
球界全体に波及する問題ではないので、
日ハムとしても、受け入れたのでしょう。

今後、日ハムが、
児童を招待するというファンサービスを控えることがあれば、
やや寂しいですが、
判決を踏まえれば、
招待した児童の保護者に対して、
「ファールボールで受傷する危険があるので、
注意して観戦してください。」
などと注意喚起するパンフレットを配布すればよいように思います。

日ハムは、地元北海道のために、
ファンサービスに熱心な球団である印象があります。
子供にとってプロ野球観戦は、
最高の行事でしょうから、
続けてほしいですね。

被害者の女性がどう思われたのかは、
報道もなく、うかがい知れませんが、
きちんと賠償を受けることができる形で紛争が終わった、
というのは、よかったなと思いました。