無節操ニンゲンのきまま生活

映画、本、歴史、旅行など
広く浅く多趣味な無節操備忘録ブログ
2015年2月よりイギリス・オックスフォードの近くで生活しています


テーマ:
三田 誠広
永遠の放課後

「いちご同盟」や「僕って何」はタイトルだけ知ってたんだけど、

読むのは初作品です。

そもそも昔に生きた作家なんだと思ってた^-^;;


「ぼく」は中学時代の同級生、紗英を好きだったが、彼女は親友の恋人だった。

自分の気持ちを押し殺して大学生まで成長したが、

友情や紗英への気持ちに変化が出てくる。

友情と恋の板ばさみにあった「ぼく」が選んだものは・・・というお話。


昔なら「友情」や「こころ」みたいなお話でしょうか。

いや、この2冊は超有名なのに読んでないんだけどね^-^;;


まず読んでひとこと。


綺麗過ぎる!主人公の気持ちがあまりにも清廉すぎる!!


あまり感情を表に出さないタイプの主人公で、

彼女への気持ちを音楽への情熱に代えている。

また蒸発した元歌手の父親に複雑な気持ちを抱えながらも

自分も音楽への道に進んでくんだけど、

これはすごく主人公の葛藤が出ていたと思う。

静かな感情の中にも秘めた熱い思いがあるっていうか。


また音楽で知り合った1組の男女との関係もけっこう緊迫している。

この緊迫というのは、関係が悪いとかじゃなく

1本の細い糸でしかつながっていない危うさを持っている感じ。

音楽と音楽に掛ける情熱だけでつながってる大人の関係を主人公は築いていく。

その中で人との絆、人の愛情、男女の愛などを学んで成長していく姿が描かれている。

これもよし。


でも!

恋愛の方は、こんなにきれいに感情を片付けられるかー?と半信半疑。

最近生々しい関係性を描いた恋愛小説しか読んでないせいかな・・・。

親友の気持ちしかり、紗英の気持ちしかり、

なんか心の葛藤が見えない。

だからラストも「あ、そうなったんだ」と軽いリアクションしか持てず。

ここは青春小説だといえばそうかもしれないけど、

ちょっと不完全燃焼気味でした ̄△ ̄



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

izuraさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。