晴れのち曇り時々Ameブロ

旅行・写真・水晶・コンビニ情報等


テーマ:

箱根強羅公園の紫陽花

歴史、温泉、自然散策・・・
旅人の様々な要望に応えてくれる箱根路。
今回の散策は、さらなる魅力を探して、箱根の奥座敷「強羅」を1日歩いてみることにしました。

箱根登山鉄道

旅の始まりは、こちらの箱根湯本駅から。
ここから強羅までは、登山電車に乗り約40分の道程。
箱根登山鉄道は、大正8年(1919年)に開業した我が国唯一の山岳鉄道で、その勾配は日本一だそうです。
幾つものトンネルや鉄橋、スイッチバックなど、箱根の大自然を満喫できる所謂アトラクションのようなもの。
今回は、1981年登場の1000形車両で強羅に向うことにしました。
因みに、現在は5種類の車両があり、最も古いものは1919年(1950年改造)のモハ1形が今も現役で活躍中。

箱根登山鉄道の車内

さて、箱根湯本駅を出発すると、電車は一気に急こう配を駆け上がって行きます。
乗り心地は快適、車窓に流れる美しい木立と窓から差し込む朝の光が清々しかった。

箱根登山鉄道からの眺め

しばらくすると、早川渓谷を渡る鉄橋「早川橋梁」に差し掛かります。
ここからの眺めは迫力満点!!
大きな窓から下を眺めると、思わず吸い込まれてしまいそう・・・

箱根登山鉄道の車内

木々の隙間から、時折顔を出す夏空が気持ち良い。
強羅までの6キロの間に、3箇所ものスイッチバックがあり、340メートルの高低差をゆっくり登って行きます。
トコトコトコトコ♪
例えると、おとぎ電車に乗っている感覚。
とくに紫陽花の咲く6月下旬から7月中旬は、1年で最も乗降客が多い人気のシーズンだそうですよ。あじさい

強羅駅舎

車窓からの美しい風景に見とれている内に、今回の目的地でもある強羅駅に到着。
登山電車、想像していた以上に楽しかったです。
前方には、明星ヶ岳や明神ヶ岳、金時山などの外輪山が迫り、眼下には早川の美しい渓流。
箱根の大自然を満喫しながらの山岳鉄道の小さな旅、秋の紅葉や冬の雪景色もお薦めかもしれません。
冬の寒い時期は、温泉が気持ち良いんですよね♪温泉

陶芸工房「早雲箱根焼」

今回のテーマは「ちょっと大人の旅」ということで、駅前の繁華街を抜けて先ず向かったのが、公園坂の途中にある陶芸工房「早雲箱根焼」さん。
こちらで、陶芸を体験してみたいと思います。

強羅で陶芸体験

店内は意外に広く、手びねりで6人掛けが3テーブル、電動ロクロは確か2~3名分が用意されていました。
私は、初心者なのでもちろん手びねりで。

強羅で陶芸体験

最初に何を作るのかをイメージし、それによって粘土の量を決めます。
初心者でいきなり抹茶碗は無理だと思っていたので、少し大き目の湯呑みでもと考えながら先生と話をしていると、「ゆっくりやれば、初心者でも抹茶碗作れますよ!」とのこと。
先生からも後押しを頂いたので、初心者ながら抹茶碗に挑戦してみることにしました。
やり方は、粘土を手で長い紐状にして、それを順番に積み上げ指で押しながら成型していく感じです。
基本は、昔小学校で習ったやり方と同じなのですが、更にプロの細かい指導と専用の道具が加わり、学校の授業とは違う本格的な陶芸体験へ。

強羅で陶芸体験

そして、土と奮闘すること約1時間半、出来上がったのがこちら!
なかなか素晴らしい出来栄え。
先生の指導に従いながら進めて行くと、私のような不器用な人間でも意外に出来てしまいましたね。
縁の部分を綺麗に切り揃えることも可能なようですが、今回は手びねりの良さを生かすためそのままの状態で。
こちらの陶芸工房さんは、気軽に聞けて細かく教えてくれるので、とてもやりやすかった。
とくに私のようなお一人様は、こういうところがあると助かります。

強羅で陶芸体験

成型が終わった後は、こちらのサンプルから好みの釉薬を選びます。
抹茶碗ということで、天目(黒)と伊羅保(茶)どちらにするか迷ったのですが、今回は渋く伊羅保にすることに。
完成品が届くのが、今から楽しみです。(^_^)
このまま1ヶ月間自然乾燥させ、素焼き本焼きの行程を経て、約3ヶ月後に郵送されてくるとのことでした。


自作の抹茶碗

ということで、完成品がこちら!
何とも微妙な感じですが・・・
次回は、もう少し頑張ります。(笑

強羅の「カフェ・ド・マイセン」

陶芸も終わり、かなりお腹が空いたので、近くにある「カフェ・ド・マイセン」でお昼をとることにしました。
こちらは、イタリアンピザのお店。
隣に美味しそうな豚カツ屋さんもあったのですが、チーズの良い香りが漂って来たものですから。。。(笑

カフェ・ド・マイセンのオリジナルピザ

オーダーしたのは、箱根ブラックというやつ。
黒いのはイカ墨とブラックオリーブで、それにシラスやアンチョビをのせたこの店オリジナルのご当地ピザ。
パリッとした食感に、トッピングされているチーズが上質で美味しい♪
イカ墨は初めて食べましたが、かなり癖になりそうな味で、イタリアンピザともよく合いました。
値段は少し高めですが、こちらのお店はお薦めですよ。

公園坂

お昼を食べた後は、次の目的地でもある強羅公園に向かいます。
陶芸工房から先は、ちょっときつい坂道になるので、直接行かれる方は強羅駅からそのままケーブルカーを利用したほうが良いと思います。
下車駅は、公園下もしくは公園上。

箱根強羅公園

急坂を5~6分上ると、強羅公園の東門に到着しました。
こちらの公園には、正面にあたる東門と箱根美術館に近い西門があります。
箱根美術館へ先に行かれる方は、西門から入られたほうが良いでしょう。

箱根強羅公園

強羅公園の歴史は古く、大正3年(1914年)に日本初のフランス式整型庭園として開園しました。
傾斜を利用した26,500㎡の広大な敷地には、バラをはじめとした四季折々の花々、茶室や体験工房、レストラン等、ご家族からグループまで幅広く楽しむことができます。
伺った時期は、ちょうど秋バラが見頃をむかえていたので、何枚か写真に収めて来ました。

強羅公園の秋バラ

花を撮るのは久々で、コンパクトカメラしか持っていなかったのですが、どうでしょう?
ちょっと自信ないです。(^_^;)
花の撮影は、やっぱり女性カメラマンのほうが上手だと思います。

強羅公園の秋バラ

秋よりも、春バラの時期のほうが沢山咲いていて綺麗かもしれません。
バラ園があるというのは、女性客にとっては嬉しい限りですよね。

白雲洞茶苑

私は男性なので、バラにはあまり興味がなく、今回この公園を訪れた目的は有形文化財「白雲洞茶苑」の見学です。
個人的に、歴史的建造物が好きなものですから。
こちらの白雲洞茶苑は、大正時代に建てられたもので、近代三大茶人(鈍翁・三渓・耳庵)の遺席として全国的にも知られています。

白雲洞茶苑

茶室は、寄り付きも含め四棟から成り、箱根火山独特の巨岩や深い森に囲まれた正に侘び寂びの世界。
「山びとのすまい」を主題として茶苑全体が構成されているそうです。
山の傾斜地を利用した茶室は、歴史上みても稀とのこと。
こちらでは、観覧料500円で茶室に入り抹茶もいただけるようなので、さっそくお願いすることにしました。

白雲洞茶苑

凛とした空気が漂う茶室内。

白雲洞茶苑

掛け軸と花を観ながら、白雲洞でいただく抹茶とお菓子。お茶
実際にお茶の先生が点ててくれて、本当に美味しかったです。
私自身、観光地でよく抹茶をいただいたり、自分で点てたりもするのですが、本物の先生が点ててくれるお抹茶は、見た目も味も全然違いますよ。
泡のきめ細かさといい、香りといい、上質な大人の旅にはふさわしい貴重な体験をさせてもらいました。

白雲洞茶苑

お茶をいただいた後は、少し茶室を拝見させてもらうことに。
上の写真は、白雲洞の茶室内、茶室にしては天井が高く、畳にへりが無いのが特徴。
細かいところにも、この茶室ならではの特異性を見ることが出来ます。

白雲洞茶苑

こちらは、寄り付きと呼ばれる待ち合わせの部屋。
四畳半の小さな部屋ですが、静かに心を落ち着かせる空間、そんな印象を受けました。

白雲洞茶苑

寄り付きから小さな階段を下りると、白鹿湯という岩風呂があります。
昔は温泉を引いていたそうで、こんなところにも“箱根らしさ”というものを見つけることが出来ました。
もちろん、茶室なので宿泊することはありませんが、茶室にお風呂って珍しいですよね。

白雲洞茶苑

白鹿湯から階段を上がると、対字斎という居間を兼ねた大きな茶室があります。
上の写真は、庭から眺めた外観。

白雲洞茶苑

廊下を歩くと、歪ガラスを通してみる外の風景が柔らかく、微かに聴こえる鳥のさえずりが心地よい♪

白雲洞茶苑

窓から差し込む午後の日差しが、幻想的な自然の版画を畳に写しだしていました。

白雲洞茶苑

そして、こちらが対字斎の広い茶室。
正面には、明星ヶ岳の大文字を眺めることができます。
ここからの眺望は、本当に素晴らしかった!
正直、この写真では伝えきれていませんので、是非ご自身の目で。

白雲洞茶苑

時の移り変わり、静寂、木のぬくもり・・・
白雲洞茶苑、とても良かったです。
本物のお抹茶をいただいて、茶道の神髄にも触れることができる。
女性同士やご夫妻で旅をされている方々には、絶対にお薦めだと思いました。

箱根強羅公園

また、園内には昔なつかしの熱帯植物園もあったりします。
白雲洞茶苑とは対照的に、こちらはご家族連れにお薦め。

箱根強羅公園

昭和の香り漂う熱帯植物園も、今の子供たちには新鮮に感じるかもしれない。
伺った当日は、夏休み期間中ということもあり、子供向けにカブト・クワガタ展が開催されていました。

箱根クラフトハウス

そして、最後に尋ねたのが公園の一角にある箱根クラフトハウス。
陶芸や吹きガラス、サンドブラストからドライフラワーアレンジメントまで出来る複合体験施設です。
私は、午前中に別の場所で陶芸体験を済ませたので、施設内だけ少し覗かせてもらうことにしました。

箱根クラフトハウス

施設はかなり広いので、比較的大人数での収容が可能。
陶芸を体験したいのか、吹きガラスを体験したいのか、その場で気軽に決められるというメリットはあるのですが、ある程度時間がキッチリしてそうなのと、1人のスタッフが大人数に対応している形なので、私のように凝った作品をマイペースでやりたい方は、午前中に伺った陶芸工房さんのほうがお薦めです。
ビアグラスとか、マグカップのような比較的簡単なものは、完成品が届くのも早いこちらの箱根クラフトハウスで。
抹茶碗とか、花瓶とか、本格的に時間を掛けて拘ったものを作りたい方は、午前中に私が体験した陶芸工房のほうが良いと思います。
こちらのクラフトハウスは、複数の体験教室をハシゴするには、1日ゆっくり楽しめて面白いかもしれません。

箱根クラフトハウス

箱根クラフトハウスでは、体験のみならず先生方が手掛けた作品の展示即売も常時されています。

箱根クラフトハウス

こちらは、吹きガラス工房の先生方の作品。

箱根クラフトハウス

そしてこちらは、陶芸工房の先生方が作った器。
個人的には、上段の一番奥に見えるシノギの茶色い飯茶碗が気に入りました。
全体的に、値段も安く手頃な価格です。

箱根登山ケーブルカー

今回の散策は、箱根の奥座敷ともいうべき強羅を歩いて来ましたが、新しい発見もあり本当に楽しかったです♪
実は私、箱根西麓の三島市在住のことから、芦ノ湖や大涌谷などのメジャーな場所にはよく出掛けていたのですが、今回初めて強羅を歩いてみて感じたことは、観光地箱根としてのレベルの高さ。
強羅という小さな地区だけで、まる1日楽しむことが出来ました。
紅葉も美しい箱根路、温泉にクラフト体験、山間を抜ける箱根登山鉄道の旅。もみじ
この秋は、さらに奥の箱根へ!
ぜひ、強羅で大人だけの旅を楽しんでみてはいかがでしょうか?
地元の人たちも、皆さんを温かく迎えてくれるはずですよ。


【関連リンク】
---------------------------
箱根強羅観光協会
箱根強羅公園
箱根クラフトハウス
箱根登山鉄道
---------------------------
※2015.8.22現在、大涌谷周辺の火山活動も落ち着き始め、規制区域も徐々に解除されつつあるようです。



■□■□■□■□■□

AD

ゆうじさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。