イカそーめん

テーマ:

ここのところ何だか、風邪気味で体調が思わしくない


海んちゅです。




しかし11日(土)早朝5時には出港し、日御碕方面から


昇った朝日を眺めております。


この日も朝から潮が無くて、なかなかヒットポイントを


つかめず、苦労をして流しながらの拾い釣りです。


午前中はやっとの思いで、キープサイズのイサキ20匹と


ヒラマサ3匹を釣って、午後は大社沖に移動して漁礁の


横にイカリを降ろして、ポツリポツリと釣れるので


バタバタとイカリを上げ下ろしせずに、そこで粘ることに


しました。


魚影は時々映ったり消えたりで、魚影が見えると釣れる


のですが、小さな群れが漁礁のまわりで、移動している


ようで、大漁はないですが、釣れれば良いということで


休息半分でねばりました。




結局午後4時までに合計42匹で、待ち合わせの為に


大社港へ帰りました。




その後5時過ぎにゲストさんを乗せて日御碕灯台のまん前


にイカリを降ろし、イカ釣りの準備やら軽食を食べて


日暮れを待ちました。


とは言うもののこの時期7時半を過ぎないと暗くなりません


ので、仕掛けだけは降ろしていますので




たまたま明るいうちにもイカが乗ってくることもあり、


2ハイほどの白イカをゲットしました。




8時前には周りの船も灯りを入れ始め、周囲の船の


多さが分ります。




8時過ぎ頃からポツポツ乗り始めましたが、灯りに


集まるのは、イカばかりでは無く、陸に近いせいか


羽アリや小さな虫が船上を飛び交い、9時頃まで


我慢して釣っていましたが、顔や髪に当たって来るので


20杯ぐらい居るので、良しとして早々に退散しました。




次の日12日(日)6時に出港して10時までの予定で


また、イサキ狙いに出まして




20匹釣れたので、この週末の釣行を無事終えました。


土曜日は16時間釣りをして、次の日も4時間、合わせて


20時間も海の上に居て、我ながら思わず「あんたも好きね」


ってカトちゃんの声が聞こえた気がしました。




夜は旬のヒラマサのお刺身と




白いかのお刺身




我が家ではイカは出来るだけ細く切って、生姜醤油で


イカを素麺のように(イカソーメン?)かきこみます。


初夏の味でお酒も進み、またベロベロ・・・*☆*:;;;:*☆*:;;;:


睡眠不足も手伝って、いつの間にかうたた寝(@ ̄ρ ̄@)zz


これでは風邪気味も良くなる訳ないですね!










AD

松江デビュー

テーマ:

またまた、間が空いてしまいましたが、どうにか元気です


まだ相変わらず「ゆずロス」を引きずっています。


ゆずが死んだのは理解が出来てますが、いつもそばに


居たものが居なくなる喪失感はハンパなく、心に穴が


空いた気がします。




さて、先週はこのプロペラのある部分「ドライブ」へと


つながるチェンジレバーが重く動かなくなったので、


部品待ちと船底掃除やメンテナンスの為上架しました。






陸揚げしたときは、こんなに海草やフジツボがつき


ドロドロの状態でしたが




ご覧の通りとなりました。




キャビン内のトイレも清掃したり、整理整頓も出来ました


そして、6月4日(土)のお昼頃にはやっと海に戻り


急いで釣り場に出掛けましたが、潮も動かず夕方までに


21匹の貧果に終わりました。


先週の土日も潮がなくて、土曜日12匹・日曜日16匹と


低調で、この時期に一儲けしようと企む私も、自然には


勝てなく、ちょっとガッカリの状況です。(´_`。)


実は5月から松江の市場に、ひと月様子見のつもりで


出荷してみました。




やはりうわさ通り、出雲より人口が多く、旅館街や


料亭も多いせいか、随分値が違いびっくりしました。


釣りから帰り、松江までの往復と出荷作業を合わせると


2時間半は掛かりますので、体力的にもきついですが


結構良い値を付けてくれるので、何だか自分の魚を


良い品物と評価して貰った気がするので、これからも


しばらくは松江に出してみようと思います。


松江の方々、ひょっとして私の釣ったイサキかも


知れませんので、しっかり高値で買ってくださいね('-^*)/


AD

ゆずロス

テーマ:

昨日の私の誕生日に愛猫「ゆず」が亡くなりました。


ここ数日はあまり食べ物を受け付けなくなっていました


ので、心配はしていました。


一応昨日は午後に出掛ける前に見たときは、普通に


していましたが、夕方用事を終えて帰宅して駐車場に


着いた時に、家族から「ゆずが倒れた」と電話があり


慌てて家に入ると、少し苦しそうな息をしていました。


それから数分間、体を撫でてやっていると、私の手を


甘噛みして、そのうち息も弱くなり静かに息を引き取り


ました。


日曜日の夕方とあって、家族も全員が看取ることが


出来、私の帰りを待つかのように逝ってしまいました。


「ゆず」は私の膝の上が大好きでした。


「ゆず」は私の朝晩の玄関での送り迎えを、他の家族


以上にしてくれました。


私がお風呂に入っていると上るまで、脱衣場で待って


いてくれました。


母が亡くなってから朝恒例となりました、仏前での


「般若心経」を隣に座って聞いててくれました。


冬場になると、私の布団の右手の下にもぐりこみ


寝ていました。


まだまだたくさんの思い出があります。


だって18年も一緒に住んでいましたもの・・・・・


これから「ゆずロス」に陥りそうで、どうしたものかと


思っています。


冒頭でも言いましたが、私の誕生日を自分の命日に


選んだのは、自分の事をいつまでも忘れるなと言う


意味だと思います。


忘れませんよ!


我相棒の事は一生忘れません!


次の世界があるのなら、その時はまた逢いたいと


思います。


それまで待っててね! 「ゆず」 (^-^)/



AD