読書三昧

テーマ:

あっとゆう間に1月も半月過ぎてしまいました。

すみません!今年もよろしくです(;´▽`A``

15日朝の出雲です!

雪は数センチ積もりましたが、交通に問題が出るような

ものではありませんでした。

ほんと最近は降雪量が少なくなりました。

喜ぶべきかどうかは分りませんが、楽をしております。

海にも出れず、とりたててアップするネタもないですが

このままでは止めてしまいそうなので、最近読んだ本を

紹介したいと思います。

村山 聖(さとし)という実在した棋士のお話です。

最近松山ケンイチ主演で映画化されました。

子供の頃腎ネフローゼにかかり入退院を繰り返す日々を

送るが、入院中に覚えた将棋に執念を燃やし、A級棋士に

登りつめ、29歳で亡くなるまでの活躍を綴られています。

病気の息子を支える母、師匠 森 信雄の愛情、将棋の

世界をのぞき見れて興味深かったです。

 

本屋さんで手に取ったこの本の表紙にロックオンしてしま

い買った本

この表紙は私がもっともパワーを感じる「命主社」

(いのちぬしのやしろ)でした。

上の画像は今年の元日にお参りした時のものです!

 

本人は知らないが、実は主人公「時町見初(ときまちみそめ)」

は陰陽師の家柄で、幼い頃から幽霊が見える特殊な力を持つ

就活中の女子大生。しかし面接では連戦連敗でグレーな日々

そんな中、大学から貰った求人票は出雲にある幽霊が出ると

噂の「ホテル桜庭」だった。

そのホテル桜庭に就職した見初は、お客である神様・妖怪

幽霊・人間などと対峙することになります。

 

何が言いたいのかちょっとぼけた感じが残念でしたが、

本の題名の「あやかし」が船が難破するときに現れる妖怪だ

そうでひとつ勉強になり、海に出た時は「あやかし」に逢わ

ないように気をつけようと思いました。(・・;)

 

大学に入学した遼一は、思いを寄せる先輩 杏子が昔夜道で

痴漢にあい、夜道恐怖症になっていた。

遼一は一緒に直そうと色々手助けをしていたが、ある日

杏子は自身のトラウマとなった記憶を全部、都市伝説の

「記憶屋」に消してもらった。

その為そのトラウマと共に遼一のことも忘れてしまった。

トラウマとなったその記憶を消してもらった杏子は良いが

そのトラウマに係わった自分の記憶まで消された事に

納得が行かない遼一は「記憶屋」について調べ始める

はたしてその正体とは・・・・・・?

 

森口悠子はシングルマザーの中学教員、愛する一人娘の

「愛美」が自分の勤める学校のプールに誤って落ちて死んで

いるのが見つかります。

その事が原因で教師を辞めることになりました。

その退職する日の最後のホームルームで「娘の死は事故

ではなく、このクラスの生徒に殺されたのです。」と告白

したのです。

それも名指しでそのもの達をクラス全員に告げたのです。

 

もうすでに娘の死は事故死として警察では片付けられて

いたので、彼女は今更罰の軽い法制度(少年法)による

裁きを選ばず、自分でその者達を裁く事を選んだのです。

さすが本屋大賞を受賞した作品ですね!

とても考えさせられる面白・怖い作品でした。

 

ぐどくどとしょうかいしてすみません!

海に出れないこの季節は時間があれば本を読むことに

しています。でもまだ本の選び方が分らなく、つたやで

うろうろ彷徨う状態です。

ここ数年からそこそこ本を読み始めましたが、一冊600円

~700円ぐらいで数日楽しめるし、その上色んな世界にも

入り込めるし、何て素敵なことでしょう!もっと早く気が

付けばよかったと後悔をしています。

皆様、何か面白い本があれば教えて下さい!

お願い致します(●‘∀‘●)ノ"

 

 

 

 

 

 

AD

ヒラメ釣り!

テーマ:

北海道は大変な降雪のようですね!

札幌のあなたに「豪雪お見舞い申し上げます!」

釧路出身で近所に住む友人から、本物のシシャモを頂き

ました。いつも食べるキュウリウオとはまるで違う味で、

ちょっとびっくりしました。(味が深くとても美味しかった)

 

本の紹介です。

田舎町へ東京からやって来て、レストランを経営する

絶世の美女「未帆」、実は彼女この町の出身者で、かつては

顔がみにくく周囲からバケモノ扱いされる悲惨な日々を

送っていた。

ある事件を起こした後、逃げるように上京した未帆は

整形手術に目覚め、繰り返し、完璧な美人に変身する。

故郷に帰った彼女は、まず手始めに過去自分をさげすんだ

者たちに復讐をするが、本当の目的は幼稚園のとき

自分を守ってくれた男の子で、それからずっと好きだった

男性への狂おしいまでの情念を引きずっていた。

ラストの美しくなって再会した未帆と昔の醜い和子(本名)

の心の葛藤。

愛するなら本当の自分を愛して欲しい・・・・・・・!

 

生まれながらの外見が良かったり、悪かったりで人生は

こんなに違う、特に女性は違いすぎるというお話ですが

特に子供の頃は残酷で、小学生などは平気でひどいあだ名

を付けるでしょうし、のけ者にもするかもしれない、みにくく

生まれた事で親を恨むのも当然と思えます。

そんな今までの怨念を、美しくなることで晴らしてゆく

のですが、本当に思い続けた人にだけは分って欲しかった

女心が切ない。

今回は百田尚樹氏の本でした。

 

さて、本題のヒラメ釣りですが、初めてチャレンジしました

最初はアタリもわからず仕掛けを上げたり降ろしたり、

午前中は試行錯誤で苦労しましたが、午後は何とか

要領がつかめて、やっと釣れだしました。

釣果はマゴチ2匹とヒラメ14匹

もう少し修行が必要のようです。

港で荷揚げ中に

何白鳥かは分りませんが、ほんの目の前まで来て

エサか何かを要求しているように感じましたが、

野生の鳥に変なものをやって、具合でも悪くなると

困るので、何も与えませんでしたが、それにしても

よく慣れているものだと感心しました。

 

 

 

 

 

AD

メバル

テーマ:

11月26日(土)

朝から良いお天気なので海に出かけましたが、前日までの

波が残り、海上はウネリと波で走りにくかったですが、

怖いと思うような海況ではなかったので、久しぶりに

楽しめました。

今回の釣行では珍しく良型(30cm~33cm)の沖メバルが

10匹釣れたので

2匹は開いて小骨も全部抜き取り、塩・コショー、小麦粉を

して油で揚げて

野菜のあんかけをしました。

大型のメバルだったので、家族7人で充分シェアできました。

メバルの身は淡白で癖が無く、それでいて滋味深く

とても美味しかったです。

残りの8匹は一夜干しをして

先買った2台目の真空パック機でパックして

冷凍をして置きました。

今回買った「ボナボナ」は前回の「パナソニック」より機械が

安価な上、抗菌袋も安価で厚いので、すごく気に入って

います。ヽ(゚◇゚ )ノ

 

 

AD