祝、甲子園出場!

テーマ:

青天のへきれき、じぇじぇじぇ(古いか)おべた(出雲弁で驚いた)


とでも言いましょうか!私の母校が創部以来68年で初の


夏の甲子園出場を決めましたヽ(゚◇゚ )ノ


春のセンバツで「21世紀枠」候補に上りましたが、落選して


今後もまず甲子園出場など決して無いなと、決めきっていた


私をはじめ周囲の落胆に反して、それならと自分たちの


力で、県大会を勝ち上がって掴み取ってくれました。


早実の清宮みたいなスターも怪物もいません。地味な


島根県民そのものの選手達ですが、よく考え機動力を


駆使したナイスチームに仕上がっていますので、皆様も


応援をよろしくお願いいたします。


今年に入ってから良い事が無くて、テンションが下がって


いましたが、力が貰えて後半は少し頑張れそうです!




お見苦しい写真ですが、現在の指の状態です。これでも


ずいぶん良くなってきましたが、まだ指先がしびれて


物が掴みづらく釣りにも支障がありますが、何とか釣りにも


出れるようになってきました。


梅雨明けをして海の上も地獄の暑さですが、




私の水分補給は、この梅の実を氷砂糖で漬けた「梅ジュース」


を炭酸水で割った物を冷やして飲みます。


他の飲み物よりスッキリと後口も良く、のどの渇きを潤して


くれます。暑い季節の必需品です!皆様もお試しあれ!




昨日の日曜日は午前中アマダイ狙いで流しましたが、


釣れるのはレンコ鯛ばかりで10頃で辛抱切れて


諦め、帰り際に自家消費用に痩せたイサキを釣って


帰りました。


もうイサキの季節は終わりましたので、次は何を狙うか


迷うところで、暑いのでちょっと休憩という選択もあって


指の回復をみながらボチボチやって行こうと思います。








AD

あと厄?

テーマ:

梅雨明け前から暑さが続きますねぇ(;^_^A


あまり外へは出たくなくなったうみんちゅです。(嘘)




つい10日前に車のドアで親指を挟み、内出血が止まらず


4日後に切開してもらい、未だに通院中です。


挟んだ時の痛さは痛いには痛かったですが、内出血で


内圧が上って親指がパンパンに腫上がった痛みは尋常の


ものでは無かったです。


考えるに、不整脈やゆずの死や今回のケガはあと厄で


しょうか?何か今年は良い事がありませんので、あと半年


気を付けようと思います。




余談ですが、この親指を立てることを、サムズアップと


言いますが、日本では良いという意味で、英語圏でも


肯定的な意味合いらしいですが、中東・西アフリカ・


南アメリカでは侮辱を表し、ヨーロッパでは卑猥な意味


だそうです。


海外へ行かれる際はご注意ください。



この手が痛く不自由な中でも、この週末も海にいました。


土曜日は病院でガーゼ交換の後、昼前から出発です。


あちこちを魚探で見ても群れは見えないので、いつもの


場所の周りを丹念に探すとそれらしい群れが見つかった


ので船を合わせますが、エサだけを取られて・・・・・( ̄_ ̄ i)


何度もあわせ直すもまったくダメで、場所変わりを決心


しました。




次の場所は瀬の上で、潮が一番早くなる場所です。


最初はポツポツと当たりが有る状態でしたが、


午後2時頃には激流になり、激流大好きおじさんに


とっては、絶好の条件になり入れ食いタイム突入です。


しかし、親指が使えないので手返しが悪く、もたついて


いると納竿予定の4時になってしまいました。


心残りでしたが、スパッと止めて飲み会に出かけました。




今年初のシャークアタックで、半分になったイサキ




土曜日の釣果です。


次の日曜日は、昨夜の飲み会を一次会で失礼して


早く寝ましたので、早朝から出かけれました。


しかし、30分で潮止まりを迎えましたので、イサキ


数匹を釣ったところで、イサキを諦めアマダイ釣りに


向いました。




午前中でアマダイ10匹とアオハタとレンコ鯛たくさん


釣って帰りました。


いや~ぁ暑かった・・・


水をかぶりながらの真夏の釣りという感じで、いよいよ


釣りより海水浴が良いなぁと思える季節になってきた


感がありますね!


AD

イカそーめん

テーマ:

ここのところ何だか、風邪気味で体調が思わしくない


海んちゅです。




しかし11日(土)早朝5時には出港し、日御碕方面から


昇った朝日を眺めております。


この日も朝から潮が無くて、なかなかヒットポイントを


つかめず、苦労をして流しながらの拾い釣りです。


午前中はやっとの思いで、キープサイズのイサキ20匹と


ヒラマサ3匹を釣って、午後は大社沖に移動して漁礁の


横にイカリを降ろして、ポツリポツリと釣れるので


バタバタとイカリを上げ下ろしせずに、そこで粘ることに


しました。


魚影は時々映ったり消えたりで、魚影が見えると釣れる


のですが、小さな群れが漁礁のまわりで、移動している


ようで、大漁はないですが、釣れれば良いということで


休息半分でねばりました。




結局午後4時までに合計42匹で、待ち合わせの為に


大社港へ帰りました。




その後5時過ぎにゲストさんを乗せて日御碕灯台のまん前


にイカリを降ろし、イカ釣りの準備やら軽食を食べて


日暮れを待ちました。


とは言うもののこの時期7時半を過ぎないと暗くなりません


ので、仕掛けだけは降ろしていますので




たまたま明るいうちにもイカが乗ってくることもあり、


2ハイほどの白イカをゲットしました。




8時前には周りの船も灯りを入れ始め、周囲の船の


多さが分ります。




8時過ぎ頃からポツポツ乗り始めましたが、灯りに


集まるのは、イカばかりでは無く、陸に近いせいか


羽アリや小さな虫が船上を飛び交い、9時頃まで


我慢して釣っていましたが、顔や髪に当たって来るので


20杯ぐらい居るので、良しとして早々に退散しました。




次の日12日(日)6時に出港して10時までの予定で


また、イサキ狙いに出まして




20匹釣れたので、この週末の釣行を無事終えました。


土曜日は16時間釣りをして、次の日も4時間、合わせて


20時間も海の上に居て、我ながら思わず「あんたも好きね」


ってカトちゃんの声が聞こえた気がしました。




夜は旬のヒラマサのお刺身と




白いかのお刺身




我が家ではイカは出来るだけ細く切って、生姜醤油で


イカを素麺のように(イカソーメン?)かきこみます。


初夏の味でお酒も進み、またベロベロ・・・*☆*:;;;:*☆*:;;;:


睡眠不足も手伝って、いつの間にかうたた寝(@ ̄ρ ̄@)zz


これでは風邪気味も良くなる訳ないですね!










AD