このところ「宇宙銀行」の名前が

広まっているようですね。

(*゚ー゚*)

 

 

 

でも・・・。

正しく?ご理解して頂けていないことが

あるようです。

( ̄Д ̄;;

 

 

 

 

今日はとてもわかりやす〜〜〜い物語を通し、

宇宙循環と銀行のシステムをお伝えしようと思います。

 

 

 

 

 

今回はファンキー&シュールストーリー。

楽しんでね❤︎。

・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

 

 

【宇宙銀行物語】 

 「アタシの預金、よこしなさいよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

{114ED829-EFD7-4E53-B233-B36374D64C1E}
 

 

 

 

 

 

 

ある女性が、宇宙銀行にやって来た。

 

彼女は不満げな表情で

カウンターの前に立ちはだかった。

 

 

 

 

 

 

カウンターの内側では、

白いブラウスに赤いベストの宇宙銀行:女子行員が、

まっすぐな姿勢で客を迎えた。

 

 

 

 

 

 

 

{9363086A-6887-4D9C-A7FC-3F60533875D3}
「ようこそ、宇宙銀行へ」
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客が言った。

 

 

 

 

 

「アタシ・・・ここにかなり預金あると思うんだけど、

いつになったら想定外の所から

想定外のお金がやって来るのか知りたいのよ」

(`Δ´)

 

 

 

 

 

 

「地上でのお名前は⚪️⚪️様ですね。

履歴をお調べいたしま~~~す」

 

 

 

 

 

 

 

女子行員は鏡のような画面を見つめたが

じきにお客に視線を戻した。

 

 

 

 

 

 

 

「失礼ですが・・・お客様。

”預金がある”とは、

どのような根拠があってのことでしょうか?

 

当行に口座はございますが、

プラス預金はございません」

 

 

 

 

 

「何、言ってんのよ!」

 

 

 

女性はつぶやいた。

「よく見なさいよ、このボケ女」

(`ヘ´#)

 

 

 

 

それでも行員は微動だにせず言った。

 

 

 

 

 

「お客様は確かに地上銀行(地銀)から

常に出金なさっておられましたが、

それは当行とは無関係です」

 

 

 

 

 

 

「宇宙銀行:宙銀は、

自からパッションとして湧き出てくるものでの

ストレートな表現貢献。

 

そしてそれを・・・損得なく提供し、

結果的に有効利用できた人がいてこそ、

”預金”になります。

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり・・・特にそのような状況にないお客様は、

当行とはお取り引きがない状態でございます」

 

 

 

 

 

 

 

 

{110C6574-0CCC-4FF5-8742-0A97F3CBE89D}

 
 
 
 
 
 

 

 

 

「何言ってんのよこの女・・・

ったく、憎たらしい!

 

アタシはね、

地上でチマチマ働くような体質に

できていない

 

理屈はいいから

 よこしなさいよ!

\(*`∧´)/

 

 

 

 

 

 

 

「”よこしなさいよ”とは、

ご融資のことでしょうか?」

 

 

 

 

 

 

「融資じゃないわよ!

アタシ自身の預金を下ろせって言ってるだけ!

何度言ったらわかんのよ、

この

(`Δ´)

 

 

 

 

 

「バカ女?

それはどのようなお褒め言葉でしょうか?」

 

 

 

 

 

 

 

「なにすっとぼけてるのよ!

憎たらしい!」

ヽ(`Д´)ノ

 

 

 

 

 

「”憎たらしい”とはどのような意味でしょうか?

失礼ですが、

物質界でのスラングは宙銀においては通じません」

 

 

 

 

 

 

行員は淡々と言った。

 

 

 

 

 

 

「念のため伺いますが、

お客様は誰かに対する善意の行為や、

無償の貢献などの行動記憶はございますでしょうか?」

 

 

 

 

 

 

「あるわけないでしょ。

なんでそんなことしなきゃなんないのよ、

このアタシが!

(`ε´)

 

 

 

 

 

 

「ですからその通りのことが

当行に反映されております」

 

 

 

 

 

 

 

 

{55BFC896-5FC8-441A-960A-C67920B5463B}

 
 
 
 
 

 

 

「繰り返しますが・・・

当行ではいつでも預金窓口を開いておりまして、

 

 

 

 

地上在住のお客様が、

ご自身のオリジナルパッションと表現を、

歓びとともに提供し、

それが有効に役立ってこそ預金となります。

 

 

 

 

 

 

または、会社勤務のお仕事でも、

その枠を越えて誰かに貢献なさったものは、

当行に着々と預金されます。

 

 

 

 

 

 

小さな親切なども、

もちろん預金として残されます。

 

 

 

 

 

 

もしそのような形をお望みにならず、

お客様が誰かに

”してやったことは、してやった相手から

ダイレクトに100%お受け取りをご希望でしたら、

 

地上での物質界銀行を御利用ください〜〜〜」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時不思議なチャイムが鳴った。

 

 

 

 

 

=キンコ~~~~~~ン!=

 

 

 

 

 

{5E1C26B3-F5F2-44F7-8A5B-8A69578860E8}






 

 

そしてアナウンスが入った。

=当行の業務時間はこれにて終了させて頂きます=

 

 

 

 

 

 

ザザ~~~~~~~~~~~!

 

 

 

 

 

 

 

{0027716C-2EB0-44AA-9C42-69E24A640819}

 
 
 
 
 

 

 

水のような膜が、

カウンターの上から降りてきた。

 

 

 

 

 

もう女子行員の姿は見えない。

 

 

 

 

 

「おぼえてなさいよ、

 この立たず〜

ヾ(。`Д´。)ノ

 

 

 

 

 

 

彼女は水のような膜に向かって唾を飛ばした。

 

 

 

 

ペッ

ヽ( )`ε´( )ノ

 

 

 

 

 

すると・・・・・

 

 

 

 

ペッッ!

(+_+)!!

 

 

 

 

 

 

自分の額に飛んで来ました!

 

 

 

 

 

 

=そしてどこからともなく声がしました=

 

 

 

 

 

 

「ご注意くださいませ~。

当行は鏡張りでできておりま~~~~す」

 

 

 

 

 

 

 

 

「覚えてろ~~~~~!

イ・ン・チ・キ銀行!!!」

ヽ(o`Д´o)ノァァァァ!!

 

 

 

 

 

 

 

彼女の遠吠えが響いていった。

なんとも哀れな声だった。

 

 

 

 

 

 

 

{E36219DB-BB3B-4B9F-9502-F07EB4629547}

 
 
 
 
 
遠く銀河が輝いていた。
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

    完

 

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

泉ウタマロが宇宙船ステーションX585から

示唆された宇宙銀行とはこのようなシステムです。

 

 

 

ご参考までに。

ではまた〜〜〜。

・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

 

 

 

 

☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜

 

 

 

 

過去の宇宙銀行物語に関する記事は、

2017年

1月14日・1月20日・1月26日

にございます。

未読でお好きな方どうぞ。

(*゚ー゚*)