こんにちわ~。

先日マヤナッツとのコンタクトを書きまして、

たくさんの感想・感動を頂きました。

本当にありがとうございます。

(*゚ー゚*)

(その記事は3月4日です)

 

 

 

 

 

 

 

 

実はあのコンタクトには続きがございます。

 

さらに、大田美保さんがどうしてそこまで

人生を捧げているのかわかったことがあります。

私はそれに感動しました。

 

 

 

 

 

今日はコンタクトの続きと、

私が感じた彼女の魂の意図について、

お届けします。

(▰˘◡˘▰)

 

 

 

 

 

{5E5EBBEC-7DDA-4B81-AE38-1A1CDBD9C471}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文中で「我々」というのは、

マヤナッツとその木自身のことを指しています。

 

 

コンタクトで文面がわかりにくい部分には

説明を入れています。

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

 

【マヤナッツからの言葉:続編】

 

 

 

 

 

 

その人々が現れた時、

それはサラマンダーの火よりも大きな力だった。

 

(その人々:マヤの森とラモンの木・

マヤナッツを守ろうとする人々)

 

 

 

 

 

 

彼女たちの愛は狂気の火の力を越えていた。

 

狂気の火:森の真価を知らず、

破壊してしまおうとする人為的放火)

 

 

 

 

 

{CCE402E9-AC6E-465E-98A5-928D9EC2FE5B}

 

 

 

 

 

 

 

火はどんなに強くても、

海を越えることはできない。

 

 

 

 

 

だが、彼女たちは軽々と海を越えて来た。

 

 

 

 

そしてその他生を越えた力に

我々は感謝している。

 

(他生を越えた力:今生だけでなく、

他の人生の時も森と関係があったことを示す)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我々が「愛」というものを放っていても、

空気のようでそれは見えない。

 

 

 

 

 

 

{41AF0E7E-CC11-4E29-AB5D-6507508DC832}

 

 

 

 

 

 

だが彼女たちが行動を起こす時、

その奇跡を越えた軌跡を

誰もが目にすることが可能だ。

(行動:森を守ろうとする活動のことを指す)

 

 

 

 

 

 

人がひとたび動く時、

それは「祈り」そのものよりも強くなる。

 

 

 

 

 

 

 

{09D0B4A9-6729-40FC-ABE4-A6BF7EEE807F}

 

 

 

 

 

 

 

祈りは空気のように見えない。

 

 

 

 

だが、その活動は目で見え、

手で触れられることができ、

その活動を抱きしめることもできる。

 

(抱きしめることもできる:

さらに外部の人が活動家を支援できるという意味)

 

 

 

 

 

もはやそれは空気のように希薄ではなく、

物質界の何よりも堅固な姿として存在する。

 

(堅固な姿:活動内容が地上で

しっかりと登場していることを示す)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美しい花はそのエネルギーを花びらで現す。

香りで現す。

色で現す。

 

 

 

 

 

そのように、人は行動することで

自身のエネルギーを具現化している。

 

(具現化している:体現しているということ)

 

 

 

 

 

 

それこそが物質界という、

地球の醍醐味であり、

最大なる神の恩寵なのである。

 

(神:宗教的な神ではなく、

宇宙・創造主をさしている)

 

 

 

 

 

 

美しい花、美しい歌は、世界のどこにでも咲き、

その存在の価値を顕す。

 

(美しい花:個々人のことを示す)

(美しい歌:個人の体現を示す)

 

 

 

 

 

 

{38474496-5F0D-49E8-A40F-DA188B26CA36}

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

コンタクトは以上でした。

(*゚ー゚*)

 

 

 

 

私は美保さんのサイトから、

 

「マヤの森を守る活動をせずにはいられない!」

 

・・・と根拠不明な強い衝動に貫かれ、

人生を捧げていった様子を知りました。

 

 

 

 

=抵抗できない魂の強い使命=

 

 

 

 

 

・・・これだけだったと私は思います。

 

 

 

「魂のニーズ」というと、

ワクワクしたり楽しいことだと思うかもしれませんが、

魂レベルの真の目的は、

けしてキラキラハッピーなことばかりではない。

( ̄ー ̄;

 

 

 

 

 

 

常識で考えれば不条理で不合理なことでも、

魂は決めて来ているので。

( ̄Д ̄;;

 

 

 

 

 

 

 

 

そして彼女の活動は、

たくさんのメンバーと、

それを囲む多くの人に協力し、

協力を得ています。

 

 

 

 

 

{FEE2B869-9090-4F60-99E0-63E7A7090227}
お写真お借りしました。
真ん中が美保さん。



 

 

 

 

日本の障害者のグループ

 

 

 

 

子育てしている女性のグループ

 

 

 

{BB969376-F450-4A90-A68C-EFCB6EB6687C}
 

 

 

 

 

 

 

そしてマヤの森とマヤナッツというものを

世界に知ってもらう。

破壊を止めるために理解してもらうことを

普及させようとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

{F258A4CE-C1CF-4AAA-9D07-A868169B52AF}
 

 

 

 

 

 

 

マヤの森の真の価値と保護を、

「普遍化しようと」しているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに、マヤの森を守ることに捧げること。

 

 

彼女の人生は13の月の暦に照らすと、

【音12:水晶】そのものに思えました。

 

 

 

 

 

 

 

{39ACD555-42BB-4FCD-B1D8-92B4B604E487}
 

 

 

 

 

 

 

 

なぜらなら音12のエネルギーキーワードは、

「協力:捧げる:普遍化する」

 

 

まさにそのものを生きているように感じたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで彼女自身にマヤの紋章を教えて頂きました。

すると彼女の太陽の紋章は・・・

 

 

 

 

青い猿:チューエンでした!

(  ゚ ▽ ゚ ;)

マヤナッツが秘めているエネルギーと

同じ青い猿です。

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

さらにウエイブスペルを聞いた時、

私は感動してしまいました。

 

 

 

 

ウエイブスペルは:黄色い太陽:アハウ

(この説明は長くなるので省略します)

 

 

 

 

この条件からすぐわかりました。

太陽の紋章:青い猿

ウエイブスペル:黄色い太陽

 

・・・このKINは、音12

 

 

 

 

 

 

まさに彼女は自身のエネルギー

「協力:捧げる:普遍化する」そのものを

体現しておられるのです。

・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

 

 

 

 

 

私には彼女の魂が森を守る約束と強い決意をして

地上に降りているとしか思えませんでした。

(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人がミッションを生きる時、

秘めていた資質はこんなにも機能している。

 

 

 

 

 

そしてその力あるからこそ、

抗えない(あらがえない)

航路に舵をとり、苦難を抱えつつ

地上を旅しているのだ・・・と。

(T_T)

 

 

 

 

 

マヤナッツの言葉:

 

「火はどんなに強くても、

海を越えることはできない。

 

だが、彼女たちは軽々と海を越えて来た」

 

 

 

 

 

 

{8E75FE01-F099-4E40-8F37-97FE8CCED8B4}
 

 

 

 

 

貫かれた人生に、

私は毅然とした美しさを見ました。

 

 

 

 

 

本当にありがとう。

来週のイベントでリアルにお会いできることを

楽しみにしています。

(▰˘◡˘▰)

 

 

 

 

****

 

 

 

 

 

《もっと知りたい方へ、参考までに》

 

彼女のサイトはこちらです。

http://mayanuts.jp/our_mission/

 

 

【青い猿:チューエン】について私が読み解いた記事はこちら

http://ameblo.jp/izumiutamaro/entry-12206979612.html

 

 

【黄色い太陽:アハウ】について私が読み解いた記事はこちらです。

http://ameblo.jp/izumiutamaro/entry-12203402636.html

 

 

 

 

 

 

 

 

リブログ(1)

コメント(2)