皆様こんにちわ〜。

今日は宇宙銀行に関する、

わかりやすくて、超おもしろい

ショートストーリーをお届けします。

 

 

シュールよ〜。

ぜひどうぞ!

・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

 

宇宙銀行物語:

【僕の預金額教えて下さい!】

 

 

 

 

 

ある男が銀行の前に立っていた。

 

銀行の名は「宇宙銀行」

 

 

 

 

 

 

{22266F07-097D-4E3D-90D5-BC8F1BC1C99B}

 

 

 

 

 

 

 

*****

 

 

 

 

 

噴水のある1階を通り抜け、

アンティーク風の階段を上り2階に着くと、

そこには曲線状のカウンターがあり、

受付けになっていた。

 

 

 

 

 

 

{160D0D1C-A855-45CA-8BF6-55F39D3538A7}

ウタマロが瞑想下で見た内部構造

 

 

 

 

 

 

 

彼は女子行員に言った。

 

 

 

 

「すみません。

最近なんだかおかしいんです。

宇宙循環が機能していないみたいで。

自分の預金額知りたいんですけど」

 

 

 

 

 

 

「はい、お調べいたします。

地上でのお名前は、⚪️⚪️様ですね」

 

 

 

 

 

 

 

 

{16A7FB36-B24A-4276-B370-417AAFF7994B}

 

 

 

 

テクテクテクテク・・・・・・・

 

 

 

 

行員は鏡のような画面を見つめた。

どうやらそれがパソコン機能のようだ。

 

 

 

 

 

「現在の預金高はゼロでございます」

行員は冷静に言った。

 

 

 

 

 

「ええ!!!

だって僕は自分のパッションに従い、

有益な提供して来てますよ!」

 

 

 

 

 

 

「はい。確かにそうですが、

あなたはご自分の提供物の全額を

地上銀行の現金支給ですでにお受け取りになっています」

 

 

 

 

 

{06B40F56-19EE-42BD-A916-249647F365A5}

 


 

 

 

 

 

「どういうことですか?」

 

 

 

 

 

「直近での収支詳細では・・・」

行員は鏡を凝視した。

 

 

 

 

 

 

「あなたはご自分のセッションを1回5万円で提供なさいました。

そしてエネルギー量も確かに5万円でした。

ですから±ゼロということになります」

 

 

 

 

 

 

「そうなると・・・どうなるんですか・・・?」

男は恐る恐る聞いた。

 

 

 

 

 

 

「あなたが今まで受けてきた善意のサポート。

 

例えば友人からのシェア紹介や、

脈絡ない形で想定外の所から来ていた有形無形のものが、

全て地上銀行からの現金支給で

支払い済みということになります」

 

 

 

 

 

 

 

 

{29A4B2AA-6EC2-4818-A7AA-B1104D479D08}
 
 

 

 

 

 

 

「ええ?!

今までどおり口コミで広がるんじゃないですか?」

 

 

 

 

 

「以前あなたは2万円の価格で提供していました。

その時のエネルギー実質は4万円でした。

 

ですから現金2万が地上銀行支払い、

残りの2万は宇宙銀行から

必要なタイミングで

必要なものをお届けいたしました

 

 

 

 

 

男は口を開けたまま何も言えなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あと、小さな負債もございます」

 

 

 

 

 

 

「ええ?!嘘でしょ!」

男はおののいた。

 

 

 

 

 

「あなたは先日の企画でキャンセルを申し込まれました。

クライアントはお金の都合でキャンセルしたかったのです。

あなたはそれを直感的に気づいていた」

 

 

 

 

 

 

「そうですね、気づきましたがそれが何か?」

 

 

 

 

 

 

「あなたは既に振り込まれている5万円を手放したくなかった。

そのために、

 

”当日来られなければ遠隔でセッションします。

日時はご都合に合わせますから”

 

・・・このように返答し、返金しなかった」

 

 

 

 

 

 

「・・・それのどこがまずいんですか?」

彼は少々苛立った。

 

 

 

 

 

 

「あなたが本当にクライアントの立場に立ち、

 

”今回は特別にキャンセル料なしにしましょう。

いつかまたご縁があった時に申し込んでください”

 

このようにしていたら、そのクライアントは・・・」

 

 

 

 

 

 

「そのクライアントは・・・?」

 

 

 

 

 

 

「ご自分の友達に

あなたのことを紹介する可能性がありました。

3名です。

つまり、あなたは5万失う代わりに15万得る可能性があった

 

 

 

 

 

 

 

「ええ?!」

( ̄□ ̄;)!!

 

 

 

 

 

 

「小さな負債というのは、

相手が望んでいないのに、

自分自身のためにセッションを

無理に進めようとしたエネルギーです。

 

それは奪うエネルギーにあたり、

逆宇宙循環。つまり負債です

 

 

 

 

 

 

 

{CE392AC3-AB08-4373-9A91-599716D6BED5}

 

 

 

 

 

 

「・・・・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

「真の意味でその企画が相手のためなのか?

それともあなた自身のためなのか?

宇宙銀行は真実を反映します

 

 

 

 

 

「・・・・・・・・・」

 

 

 

 

 

「ちなみに反映は今生の場合も、

未来生の場合もございます。

他にご用件はございますでしょうか?」

 

行員は冷静に言った。

 

 

 

 

 

 

 

「い・・・いえ、ありません」

彼はもう何も言えなかった。

 

 

 

 

 

 

***

 

 

 

 

 

 

男は呆然自失のまま銀行を後にした。

衝撃的な、そして紛れもない事実だった・・・。

 

 

 

 

遠く、流れ星が通って行った。

 

 

 

 

 

 

{95F7A4A5-63E8-4D21-8D50-34EFA638444B}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

宇宙銀行ストーリーお読みくださり、

ありがとうございました。

 

このスタイルおもしろいでしょ。

気に入ってます。

皆様はいかがかしら?

 ・:*+.\(( °ω° ))/.:+