こんにちわ。

2月の初めのことでした。

ある女性からご質問受けました。

( ̄ー ̄;

 

 

 

 

 

「どうしてウタマロさんは、

経済的に窮地に陥りながらも、

自分の思う方向を貫けたのですか?」

ヾ( ̄0 ̄;

 

 

 

 

 

 

 

 

{B0619A56-54C2-4DFC-B08D-32C5FAFC1848}

 

 

 

 

 

 

この質問は、2015年私が

経済的な困窮状態に陥った時期

とった行動についてです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は人の役には立つかもしれないけれど、

直接対価のない作品を発信していました。

それは既存常識では無報酬仕事です。

 

 

 

 

 

 

けれどもその後、

宇宙循環的な生活スタイルに

展開して行きました。

 

 

 

 

「どうして貫けたのですか?」

 

 

 

 

 

私自身がどのように進んだか。

 

 

 

 

 

 

実際の経緯をあらためて書き、

核心にようやく気づきましたので、

お伝えしようと思います。

 

 

 

 

 

 

{BBB66529-F0B3-4309-83A8-64A51F94B9A1}

 *書斎からの眺め、日の出前*

 

 

 

 

 
 

 

 

☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜

 

 

 

 

 

私が20年前、物語作家を目指した時、

絶対必要条件が2つありました。

 

 

 

 

 

 

それは・・・

 

1:自分のオリジナルクリエイション方法を掴むこと。

2:物質界での生計を維持できる方法を掴むこと。

 

 

 

 

 

 

 

1は、徐々に形になり、

2013年にはウタマロワールドの基礎は

ほぼ確定できました。

(基礎ができたといっても

収入基盤ができたのとは違います)

 

 

 

 

 

 

構築困難だったのは2です。

 

私は医療職の資格がありました。

1999年以降は正職員としての期間より、

時々バイト・時々無職を多く過ごして来ました。

( ̄ー ̄;

 

 

 

 

 

 

 

正職員となれば、経済的には安定しますが、

時間も体力も磨耗し、

寿命を削っているだけで、

本来めざす1ができません。

 

 

 

 

 

 

 

無職の場合

クリエイディブな時空間を維持できますが、

生活・活動費が捻出困難になります。

。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 

 

 

 

 

 

 

私は貯金が尽きる前にバイトに戻り、

精神的に限界が来ると無職になる。

それを繰り返して1を構築しました。

 

 

 

 

 

 

{283A873D-B2F9-4E30-B240-DC4E4033CB03}
 

 

 

 

 

 

でも1が構築できたからといって、

サラリーマン的な定期収入が入るわけではありません。

 

 

 

 

 

 

・・・それでも作品は、

誰かの力になるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

私は構築できたウタマロワールドで、

「月明かり物語」として2012年から

執筆したらすぐにブログ発信してゆきました。

 

 

 

 

 

 

{5B93F3F3-9FF4-40E5-A4B3-5B5435B1C882}

 

 

 

 

出版できる可能性を待っていたら、

いつ届けられるか、わからないからです。

( ̄Д ̄;;

でもこの行動は、

知らないうちに宇宙循環への預金でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年前半

庭に来た宇宙船のステーションX585から、

”宇宙循環システム”を提唱されましたが、

確固たる確信や補償があったわけではありませんでした。

 

 

 

 

 

 

物質界では物理的な事実が生じなければ、

「証明」できたことにはなりません。

( ̄ー ̄;

 

 

 

 

 

 

けれども未知のスタイルがあれば、

目の前の相手から利益確定がなくとも、

自分の望む方向にチャレンジできるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

それまでの私は、

資金が尽きる前に医療職に戻っていました。

 

 

 

 

 

 

けれど2015年は、

もうその選択肢はありませんでした。

私はループから脱することを決意していたのです。

( ̄ー ̄;

 

 

 

 

 

 

やがて・・・いよいよバイトをしなければ

翌月の家賃なども困る「レッドゾーン」に突入すると、

 

 

 

 

 

 

焦燥感・恐れ・おびえ・

ザワザワ・不安・心痛・・・。

いろんな感情が巨大化します。

 ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 

 

 

 

 

 

 

{C2B9C708-0BB9-4FC7-99C5-20701CE3466F}

 
 

 

 

 

けれど私には「強い祈り」がありました。

 

 

 

 

 

 

 

それは、クリエイターなど、

収益未確定の未知の道を選びたい人に、

 

 

 

 

「新しいスタイルがあったら

 どんなに素晴らしいだろう」

 

 

 

 

 

 

{0B111771-C3FB-46E8-9BE0-7FE260ED874B}
 

 

 

 

 

という想いでした。

 

 

 

 

 

 

私の現実的な困窮と打開スペクトルの実例は、

既存のループ人生から抜け出し、

新たなスタイルを望む人たちへ、

知恵と勇気を提供できると思ったからです。

 

 

 

 

 

 

 

検証未踏の「宇宙循環システム」

これは個々人において

どのように発現するのかは不明だった。

 

 

 

 

 

 

けれども今までの・・・

 

 

 

「物事をスタートさせるにはまず、

利益確定しなくてはならない!」

 

 

・・・じゃなくて、

 

 

 

「パッション確定すれば進んでいい!」

 

 

 

これができたら・・・!

・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

 

 

 

 

 

{5966C3B1-5614-41AC-B196-4A502AA703FD}
 

 

 

 

 

 

私は目の前にあるやるべき膨大な仕事

(仕事といっても無対価仕事がほとんど)

これを粛々と進め、

 

「生計無理だぞゾーン」に飛び込み、

頭脳はお手上げを叫びました。

(( ;*д*))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果的に2015年の7月、

私には自分の知らなかった口座が存在するという、

ミラクルスペクトルが舞い込み、

自分自身を生き残らせることができました。

(  ゚ ▽ ゚ ;)

(この時のリアル詳細記事は2015年7月26日にございます)

 

 

 

 

 

 

宇宙は私を極めてギリギリのところで支援してきたのです。

 

 

 

 

 

 

そして、この一連の流れを俯瞰し、

私がどうして超えられたのか、

あらためて今回探った時わかりました。

 

 

 

 

 

 

 

この大胆さとミラクルは

セミナーやコーチングなどで学習的に

得られるものではなく、

 

 

 

 

それは・・・

 

 

 

 

「恐怖や焦りをはるかに超えた、

強い願いがあったから」

 

 

 

 

 

私の大胆さと、無鉄砲さと、勇気の原動力は、

 

 

 

 

「全ての人が未知のスタイルを、

  選べるチャンスを掴んで欲しい」

 

 

 

 

この強烈な祈りのパワーと、

自分自身の日々の行動でした。

( ̄Д ̄;;

 

 

 

 

 

 

 

{EA674102-71C1-4E9A-8EB1-DDDB7A05AACE}
 

 

 

 

 

 

そして、恐れの感情にフォーカスするより、

 

 

 

「この理想を具現化できたら

 どんなに素晴らしいだろう・・・」

( ̄∇ ̄+)

 

 

 

 

 

 

緊急事態に切迫しながら、

夢想的・妄想的な望みにフォーカスするのは、

既存常識ではです。

( ̄Д ̄;;

 

 

 

 

 

 

でも、この未来フォーカスが

具現化につながったと思えるのです。

・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

 

 

 

 

貫かれた意図がループ的な常識を覆す

新しい道を開いた瞬間でした。

(▰˘◡˘▰)

 


 

 

 

 

 

 

{4C81F95E-AE34-4C13-9731-BCC216DBF092}
 

 

 

 

 

 

 

☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜

 

 

 

 

 

長くなりましたので今日はここまで。

 

 

そして2015年に私が繰り返し見ていた

異次元的ビジョンがあります。

次回はそのビジョンストーリーをお届けしようと思います。

(*゚ー゚*)