バケツで稲作

テーマ:

バケツで稲作してみようかと。。

 

 

以前にも、ある程度大きくなった苗からプランターをつかって

収穫したことがありました。

今回は種籾から育てています。

 

田んぼの稲と比べると小さい。

稲作農家の苗は育苗箱で水と温度を管理された

環境で育てているのでこれは仕方がない。

 

ちょっと昔(私の親世代)は田んぼで苗を育てて

苗を取り、田植えをするということをしていたようです。

そのときは手間も時間もかかったようなので

種もみをまく時期が遅かったかも・・

 

このあと、間引きして育てていきます。。

AD

空気清浄機

テーマ:

空気清浄機

我が家では杉花粉の時期が辛くて、

リビングには空気清浄機が活躍しています。

 

もう杉花粉収まったから楽になったけれど、

子供が喘息だったりするので結局つけっぱになってます。

そんな空気清浄機。どんな仕組みかわかりませんが匂いにも

反応してくれるんですよー

消臭してくれちゃったりするんですかね・・・

 

お父さんが近くにいると空気清浄機は

「匂い」に反応していつも頑張っています。

 

これから暑くなるし、空気清浄機が頑張らないように

清潔にしなくては!!

 

****

 

真面目な話、一番反応するのは料理の匂い。

次に風呂上りかな。。メントール系使っているので。

靴下にはあまり反応しないんですよね。

一番匂いそうなのに。

AD

「恋はデジャヴ」を観てみた

テーマ:
同じ日をなんども繰り返される時間ループの中で
高慢で嫌味な主人公が繰り返される1日の時間の中で
一目惚れしたプロデューサのリタに影響され
成長していく映画です。
見ていてきもちいいです!

主人公が繰り返される毎日の中でリタに好かれるように
教養も深め、親しくなっても次の日にはリタは覚えていない。
そんな絶望感から自殺もしてみるが死ぬことすらできない。

リタに自分の身におきていることを打ち明け、
リタはその繰り返される瞬間に興味をもって
初めてリタから一緒に居てくれるといってくれた日の夜。

恋はデジャヴ


繰り返される瞬間を見る事なく寝てしまうリタ。
それを見ながらリタへの想いを言葉にする主人公です。

この場面、主人公はとても切ない思いと同時に
いっしょにいられて幸せだと感じているところ。
この幸せな感じがすきなのですよ。

この1日だけを何度も繰り返すってTVゲームみたいで
主人公も何やっても元に戻るので自暴自棄になったり
事故事件を起こしてたりもするけれど、
たった1日だけれど町の人たちを助けることに意識が
向いたのはヒロインの影響でしょうね。
TVゲームみたいな状況なら何かのタイムアタックとか
やってそう。主人公が町の人を助けるのも時間と行動の
ルートをしぼって1人でも多く助ける。そんなところを
やっていたように見えます。

そしていい感じのときにループから抜けられる。

明るい未来を感じさせる終わり方もいいです。

ついこのあいだに「英王国のスピーチ」が今年一番なんて
書いてましたがこっちが一番です!
AD