お散歩日記

路地裏、バラック、長屋、昭和の香りがする飲食街、遊郭赤線跡地、廃墟、古い町並み、山奥・・・・そんな場所を訪れては下手糞な写真を撮っております。


テーマ:
旅館福田続きでございます。四代目の女将さんに案内されて宿の中へと入ります。その前に先般の記事にてご紹介致しました藤村誠著 新潟の花街に書かれている旅館福田(福田屋)のくだりを転載致しましょう。







かねて、新潟区各所に散在して貸座敷を北辺砂丘地の一郭にまとめようと企図していた県は、この脱奔小路の火災を好機として、遊郭統合に着手した。すなわち、今回焼失し古町通五番町、西堀前通五番町の両町を貸座敷営業許可区域から除外し、稼業の継続を希望する業者には新遊郭予定地への移転開業を命じたのである。火災当時、営業していた脱奔小路の張店は二十一軒であるが、その中で次の六軒だけが、横七番町以北の新遊郭指定区域内の「本町十四番町」に移って、貸座敷を始めた。文字通り新設新潟遊郭の草分けになったのである。






文中にある次の六軒とは右の通りです。①大黒屋②福田屋③小林屋④大谷屋⑤本田屋⑥能登屋






・・・・何れも明治二十一年当時の話です。明治二十一年に貸座敷娼妓取締規則が改訂されたのでありますが、奇しくも同年に嘗ての新潟に於ける遊郭(現在の古町通四番町、五番町、西堀前通五番町、通称脱奔小路)が大火により焼失。目下新潟遊郭として世に知られている本町十四番町へ移転することを余儀なくされたのであります。故に旅館福田(福田屋)は新潟遊郭創設期からの老舗である証左でありましょう。












女将さんに案内され階段を登って二階の部屋へと向かいます。
$お散歩日記






この階段は明治期の遊郭時代からのもの。
$お散歩日記







階段を上りきったところに貼られていました。
$お散歩日記







このような文面は雪国ならではですね。
$お散歩日記







人が一人漸く通れる位の細い廊下は妓楼ならではの作りです。一枚板の廊下も明治期から変わらず。
$お散歩日記






アイドルのポスターに注目。明治、大正、昭和、平成と時代がミックスされた不思議な空間。
$お散歩日記







部屋の番号札。
$お散歩日記






こちらが今宵の我が城。
$お散歩日記






女将さんのご厚意で美味しい天麩羅をご馳走になりました。
$お散歩日記






まだ寝るのには早い時間。例によって興奮して寝付けず。
$お散歩日記










四代目の女将さんと語る新潟の風俗史。私が気になっていた新潟の現ソープ街である昭和新道の話も伺う。どうやらあの通りは旧赤線地帯ではなくて元は飲み屋街だったそうな。ネット情報や噂の類は鵜呑みにするものじゃありませんね。ソープの前、すなわちトルコ時代から現在のような街並みになったそう。この界隈の赤線は専ら十四番町に集中していたそう。昭和三十三年の売春防止法施行後もモグリで営業してた場所もあったとか。



旅館福田ともう一軒現在も営業している旅館があるのですが、そのお店はトルコで働く嬢が間借りしていたとか。近くにあったストリップ劇場のセントラル劇場の話などなど今となっては超貴重な話の数々を酒の肴に。




この後、三代目ご主人のご厚意で館内を案内して頂きました。続きはまた後日。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

花町太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。