自動運転

テーマ:

こんにちは、三谷です。

 

 

先日、ガイアの夜明けで日産セレナの自動運転が取り上げられていました。

 

 

「プロパイロット」とは、日産が開発した最新の自動運転技術です。高速道路の同じ車線での走行を自動運転によってサポートする機能で日本初の技術だそうです。今回は単一方向での自動運転ですが、2年後にが複数車線まで自動運転できる開発が進めらています。

 

 

交通事故のうち追突事故が4割、そのうち7割が20~40代という結果から、この自動運転技術をまずはファミリーカーに搭載した理由だそうです。「家族を守る車」ですね!

 

 

私もたまに高速道路を利用しますが、渋滞ほどストレスが溜まるものはありません。ただ、機械に頼ることが本当に安心なのか、これから実績をかさねて広がっていくのではないかと思います。

 

 

同じ商品でも時代によって売れる、売れないは変わると言われています。時代にあった販売戦略、過去のビジネスモデルに執着しない経営を意識していきたいです。ただ、考えすぎても答えがでないときは、まずはやってみることですよね!

 

AD

1円

テーマ:

こんにちは、三谷です。

 

先日、小銭の中身が1円玉で溢れておりました。

 

1円玉というと、真っ先に浮かぶのが、「あなたは拾う人or拾わない人」という投げかけです。

 

道端に1円玉が落ちていたらどうしますか?

 

自然にお金が自分の手元に戻ってくる人は、お金を大切にされています。

 

たかが1円ですが、この1円を大切に使ってあげること、このまま捨てられてしまわないように流通の中に返してあげるという思いで拾われる方は大成される方が多いそうです。

 

「どうせ1円」ではなく「1円だからこそ」。

 

私も日々精進ですが、人・モノ・お金は大切に、また仕事でも1円たりとも間違いのないよう正しい会計業務を行っていきたいと思います。

AD

冷凍食品

テーマ:
こんにちは、三谷です。

税理士試験が終わり、本気で取り組めていない自分を反省しつつ、継続が力なりを教訓に一歩ずつまた頑張ります。

ここ最近、セブンイレブンで冷凍食品を買うことがあります。
冷凍食品だけども美味しく、手軽に、種類も多いことが気に入っています。
私のお気に入りはパスタとお好み焼き、たこ焼きです。

先日、セブンイレブンのPB冷凍食品約60品を刷新するとありました。
品質の向上と増量で中心価格帯を100円引き上げるそうです。

女性の就業人口が増加傾向にあり、共働きする世帯が増えたり、核家族で少人数世帯が広がっているため、セブンイレブンに限らず冷凍食品や惣菜に力を入れるビジネスが増えているように感じます。

ちなみに、総務省の統計では、北陸の共働き世帯割合は34.58%(全国24.45%)、富山県3位、石川県8位、福井県1位と全国でも高い数値を維持しています。

学生時代に一人暮らしをしていた時は自炊を楽しんでいたこともありましたが、今ではたまに一人の時に自炊をするのが面倒になり、時間をかけずに済ませています。

いつのまにか興味を持つところが限定しつつあるので、仕事もプライベートも含め、いろいろなことに顔を突っこみ、趣味を見つけていきたいと思います。











AD

寿命

テーマ:
こんにちは、三谷です。


先日、軽自動車のドアの取っ手が勢いよく開けた瞬間に割れてバキバキになってしまいました。


車検登録年は確か平成17年だったかと思います。今は28年、11年間頑張っている自慢の車です。


ここ最近、細かい故障が続いています。ざっくり130万を11年間、毎年12万程の償却。12万を超える修理やエンジンパーツが故障したら買換えの時だと自分では決めています。


車の寿命は10万キロとよくききますが、海外では20万キロ、30万キロは走っている車がたくさんありますので、しっかりとメンテナンスをして、いつまでも現役でいてほしいと思います。


税法上の耐用年数は軽自動車は4年ですが、はたして適正なのか疑問ではありますが。。





海外

テーマ:
こんにちは、三谷です。

先日、家族で白鳥路ホタル観賞の夕べに行ってきました。

うちでは毎年恒例のイベントとなっており、子どもたちも楽しみにしています。

一昨年までは混雑するということはなかったのですが、最近では人混みもでき外国人をはじめ、観光客の姿をよく目にするようになりました。


このような流れの中で、海外との交流をビジネスチャンスと捉えかどうかで、新しい分野や企業展開のキッカケとなるかもしれません。

総務省の統計では日本の人口は30年後には約9,000万人まで減少するといわれています。そして、全体に占める65歳以上の高齢化率は、なんと39.9%…

明らかに日本の購買力は低下することが予想されているからこそ、大企業だけじゃなく中小企業も海外への展開は避けられないのではないかと思っています。