道徳

テーマ:
みなさんこんにちは。伊藤です。


ちょっと前ですが、中学生の娘の授業参観に行ってきました。


その時の授業の内容が道徳だったのですが、内容は障害を背負って生まれ、医師にあまり長く生きられないといわれながら6歳くらいまで生きた男の子の人生についてどう感じるかといった内容であったと思います。


自分自身もかなり何年も昔にそんな授業があったのかもしれませんが、大人でも色々と考えさせされる内容で、学校もしっかりとした授業をしているなと感心しました。


日常生活を送っていると、ニュースなどを聞いて自分自身で考えることはあっても、仕事以外のテーマについてどう思うのか意見をぶつけたり、考えたりする機会が少ないため、たまには仕事以外のテーマについて真剣に意見交換する場があっても面白いなと思いました。


とは言いながらも仕事の話が一番面白いのですが。











AD

ネット解約

テーマ:
伊藤です。


先日、以前より契約していたSIMカードを解約しました。


カード会社のシステム上の問題でカードの設定をやり直してほしい旨の連絡がハガキで3回、メールで数回あったことがきっかけです。


設定をして正常に動いているにも関わらず何度もハガキが来ていました。恐らくどこかがまちがっているようですが、実際には正常に動いているので原因がよくわかりません。


接続はできており、正常に動いているため、正直面倒だったこともありますが、あまりに何度もハガキが来るため、問い合わせをしてみようとインターネットで電話での問い合わせ先を確認してみました。


電話で連絡をさせないようにして人件費を削減する戦略なのか、ネットで検索しても問い合わせ先がなかなか出てきません。


解約がなかなかできないようにする手法とよく似ています。検索しても検索しても、よくある質問コーナーなどをぐるぐるぐるぐるしています。


ようやく、問合せ先を見つけて電話をしようとしたところ、問合せ対応時間外でした・・・・





インターネットで契約も解約も簡単にできてしまう時代となり、まったく人と会話もせず、商品も郵送でやり取りできるため、コスト削減にはなっているのだと思います。


また、今回のような解約なども全て考慮に入れた料金設定となっているのだと思います。


なんとなく気持ちがもやもやした解約となってしまいました。




AD

アウトレット

テーマ:
伊藤です。


お休みの日に小矢部のアウトレットに行ってきました。


三井系のアウトレットは初めてだったので、他の場所のアウトレットと雰囲気が異なっており、新鮮でした。


特に買いたいものがあるわけでもなく、目的もなく行ったため、フードコートの行列の店で食事をして子供の服を少し買ったくらいで帰ってきました。


あくまでも個人的な感想ですが、金沢から買い物に出かける場合、かほくのイオンモールと小矢部のアウトレットは時間、距離ともに同じくらいです。


当然、目的のブランドがあってい行く場合はどちらに行くか決まってくるのでしょうが、なんとなく行くという場合には、周辺施設等も考慮するとイオンモールに行ってしまいそうです。


自分自身があまり利用することが少ないような気がするため、このビジネスモデルがどれくらい通用するのか?どのような層がこちらに行くのか?、各店舗は採算が合いそうか?などなど買い物よりもそちらが気になりました。


ビジネスとして成り立つかどうか、今後も見ていきたいと思います。


AD

提携解消

テーマ:
伊藤です。


先日、リンガーハットとハチバンの資本業務提携解消のリリースがありました。


色々とやってきたが、最終的には直営店舗重視か、フランチャイズ重視か、経営スタイルの方向性が異なるため、十分効果が期待できないといった内容でした。


石川県のイオンモールにリンガーハットが出店し、店舗もハチバンの店舗の隣であるため、どうなることかと気になっていました。


それぞれのラーメンに特徴があるため、どちらか一方にお客さんが偏ることはないとは思いますが、競合となることは間違いありません。


しかし、今後、石川県にリンガーハットの店舗が増加すると、間違いなくハチバンと競合します。


外食で、ラーメンというある程度消費が限られた中で店舗が増加すれば、共存することも難しいような気がします。


今後の経営戦略や店舗展開がどうなるのか見ていきたいと思います。




緊急時の対応

テーマ:
こんにちは。伊藤です。


先日、自宅の電気温水器の給水パイプが劣化し、水道水がじゃぶじゃぶ流れ出るという事態が発生しました。


夜7時ごろ、電気温水器の湯量がゼロとなっていたため、なにかの故障であろうとは思いつつ、とりあえず、夜間の湯沸かしまで待ってみることにしました。


深夜3時ごろ、電気温水器の状態が気になったので、モニターをチェック。湯量はゼロ。


室外の本体を確認したいものの、雪が積もっていることと、寒かったこともあり、躊躇しましたがとりあえず室外に見に行きました。


すると、パイプが破れ水がじゃぶじゃぶと流れ出ていました。


すぐに、説明書を取り出し、対応策を検討。水のトラブルと言えばあるコマーシャルが思い浮かびましたがまずは自分で対応してみることにしました。


本体の電源を落としてみたり、ブレーカーを切ってみましたが水は止まらず。ネットで色々と調べてみるも、良い解決策は見当たらず。


その間もじゃぶじゃぶ水が流れ出ています。


元栓を止めるしかないと思い、水道のメーターの蓋を開けて回してみるも水は止まりません。


自分にも水がじゃぶじゃぶかかり、寒いのと冷たいのとで、何もやる気がおきません。あきらめました。


結局朝6時過ぎに、電気温水器を設置していただいた方に連絡し、すぐに駆けつけていただきました。

水の元栓も凍っていたため、お湯をかけしばらくすると元栓が閉まりまずは一安心。


業者さんに連絡を取り、対応策を確認していただき、電気温水器の本体のカバーを外し、温水器の元栓をしめ、水道の元栓はもとに戻すことができました。

その日の昼からホースの破れを修繕していただき、その日の夜間から沸き上げ可能となりました。


無事復旧はしたものの、ライフラインのトラブル時の夜間対応をどうすべきか、考えさせられました。


以前、少しホースが劣化していることを気が付いていたのですが、破れることになるとは想定外でした。


ヒヤリハットではないですが、何か気が付いたらその後ろに隠れているものも察知できるようにしていきたいと思います。


あとは、水道代がいくらくるのか、気がかりです。(半日ほどじゃぶじゃぶ流れ出ていたのではと思っています。また、下水の分は減免申請できるようです。)