もっと幸せに! もっと愛される!貴女のための古武術入門☆

古武術とは自分の心とカラダを知り、コントロールする知識と技術です。
せっかく古武術の国に生まれたのですから、これを生活に活かしましょう。
貴女も古武術の智恵で、心とカラダをキレイに強く、魅力的で愛される女性に☆


テーマ:

こんにちは、某人気武術団体代表の イズミアキラです。

東京は、このところ涼しいを通り越しています。。
夜中に寒くて目を覚ますほどです!
体調、気をつけようね☆



9月28日(火)に、女性ファッション雑誌『MISS』に、
僕の護身術セミナーが紹介されました。
http://ameblo.jp/izumiakira/entry-10661579478.html



クリックお願いします⇒ 人気ブログランキング (ありがとう♪)



以前【立ち上がる】方法を説明しましたので、
今回は【座らせる】方法です。

要介護者は、自分の力では歩けませんね。
ですから、リハビリで歩行練習する以外の移動は、
どうしても車椅子になります。

そこで、車椅子に座らせる時や、イスやベッドに座らせる
方法を説明しましょう。



前回、要介護者の立場から…、
「腰は、全身の要。肩は、上体の要です」

と言いました。

これは、介護者の立場からも言える事です。

人でも物でも、対象を自分の体幹部(胴体)と一体化する
ようにするのが、移動したり運んだりする基本ですが、

特に、対象を自分の腰や肩に近づけていないと、
対象の重さに負けてしまい、引きずり込まれてしまい、
介護者も要介護者も、共に危険ですよ。


1.車椅子やベッドの傍まで来たら、要介護者の前に回り
 足元を見て、どちらの足に体重を乗せているか見ます。

2.介護者の首に、要介護者の両手を廻してもらい、
 「クルっと回りますよ」と言いながら、体重を乗せている
 足を軸にして、ゆっくりと要介護者の体ごと回ります。

3.要介護者の両手を、介護者の首にまわしてもらい、
 「お辞儀をしましょう」と、上体を倒してもらいます。

 この時、要介護者の脇の下から手を伸ばして、
 背中(肩甲骨)に手を回します。
 
 要介護者がお辞儀をしやすいように、体は密着しない
 ようにしますが、肩は近づけます。

4.「座りましょう」と言いながら、イスに腰を落として
 もらいます。

 その時、介護者は背中を曲げたり、逆に反らしたりしがち
 ですが、腰を痛める原因になります。

 背中を真っ直ぐにして、要介護者の居る前方へ腰を出す
 感じで膝をつきます。 片膝でも両膝でもかまいません。


※介護者のギックリ腰防止の為にも、腰や肩を近づけ
一体化を意識して下さいね。


それでは、また!(^-^)/


ペタしてね


AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、某人気武術団体代表の イズミアキラです。

東京は、このところ涼しいを通り越しています。。


夜中に寒くて目を覚ますほどです!
体調、気をつけようね☆



9月25日(土)に、TRIBELATEの招待で格闘技を観戦しました。
http://ameblo.jp/izumiakira/entry-10659728832.html


クリックお願いします⇒ 人気ブログランキング (ありがとう♪)




以前【上体おこし】を説明しましたが、

ここから 【立ち上がる】事が大きな難関です。

今回は、この【立ち上がる】方法ですよ。

まず【上体おこし】した状態からの説明なので、
こちらで【上体おこし】の方法をチェックしてね。

http://p.tl/qisW
http://p.tl/SbyW


1.前方を向いている要介護者の上体を、お尻を支点に
 回転させて【立ち上がる】(介護者)の方に向けます。

この時、要介護者のお尻の下に、座布団のような
シート状のものを敷いておけば、シートの端を
引っ張る事で、回転イスのように要介護者の向き
を変える事がラクになりますよ♪


2.要介護者の両手を、介護者の首にまわしてもらい、
 「お辞儀をしましょう」と、上体を倒してもらいます。
 前方に重心移動させるためです。(自然落下運動)

この時、要介護者の脇の下から手を伸ばして、
背中(肩甲骨)に手を回します。
膝を曲げ腰は落としましょう。
要介護者がお辞儀をしやすいように、体は密着しない
ようにします。


3.「顔を上げてください」と、上体を起こしてもらう
 時に合わせ、背中(肩甲骨)に回した手を引き寄せます。
 要介護者の背中を丸めない為です。

介護者は、膝を伸ばし、落とした腰を上げていきます。
要介護者が立つのを助ける為に、腰(仙骨)部分に手を添え
引き寄せてあげます。

※腰は、全身の要。肩は、上体の要です。


それでは、また!(^-^)/


ペタしてね

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、某人気武術団体代表の イズミアキラです。

東京は、夕べは蒸し暑かったです(><;)。。
今日も朝から、気温30度を越えていたし…。
涼しい朝晩に、夏の疲れが集中して出てきます~!

9月19日(日)に、小武術交流会の講師を務めました。
http://ameblo.jp/izumiakira/entry-10653690643.html



クリックお願いします⇒ 人気ブログランキング (ありがとう♪)




長時間、仰向けに寝かされていると、お尻や背中など
布団に接している部分が痛くなります。

それが過ぎると、その部分の皮が抜けて「床ずれ」となり
非常に苦痛を伴う状態となってしまいます。



今回は、仰向けに寝ている要介護者に『横を向かして』
【寝返りさせる】方法の説明ですよ。



以前、要介護者の縦横の接地面積を少なくするために…、

1.右手を左肩に、左手を右肩に着けてもらいます。
2.両膝を軽く立ててもらい、頭も軽く起こしてもらいます。

…の姿勢をとってもらうお話でした。


まず、介護者は要介護者の横にスタンバイします。
要介護者に【寝返りさせる】説明をしてから始めます。



3.仰向けに寝ている要介護者を、横から見る位置に座ります。

4.要介護者に【寝返りさせる】方向に、顔を向けて貰います。
 それが無理なら、その方向を目で見るだけでもOK!

チカラは、自分の視線の先に流れますから、カラダを動かす
にも、その方向を見る事で動きやすくなります。


5.要介護者の『立てた両膝』を【寝返りさせる】方向に
 ゆっくりと押していきます。

6.要介護者の腰が強く捩じれる前に、腰も押していきます。

7.要介護者の上体が強く捩じれる前に、肩も押していきます。


要介護者の体を、らせんの波を起こしてで押すイメージです!
これなら反動をつけずに『横を向かす』事ができます。


※要介護者の手や腕が、カラダの下敷きになったり、
喉にかからない様に、チェックしてあげて下さいね。


それでは、また!(^-^)/

ペタしてね



AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。