~語句の注釈~
*1.クール(Kur(ドイツ))
(治療の意)治療期間。治療の周期。<広辞苑>

*2.ホメオスタシス(homeostasis)
(アメリカの生理学者キャノン(W.B.Cannon 1871-1945)の命名)
生物体の体内諸機関が、外部環境(気温・湿度など)の変化や
主体的条件の変化(姿勢・運動など)に応じて、統一的・合目的的に
体内環境(体温・血流量・血液成分など)を、ある一定範囲に
保っている状態、及び機能。
哺乳類では、自律神経と内分泌腺が主体となって行われる。
精神内部のバランスについてもいうようになった。
恒常性。<広辞苑>


*3.オステオパシー(osteopathy)
オステオパシー療法
アメリカの医師A.T.スティル(1828-1917)が創始した治療体系。
人体の構造上のゆがみを矯正する手技療法の重要性を強調する。
構造上のゆがみを「オステオパシー的病変」と称し、初期の仮説では
その発病機序として動脈を重視した。
少し遅れて出発した同 じアメリカのD.D.パーマーによるカイロ
プラクティック療法とよく似ている。 
その後、発病機序について両者とも初期の単純な考え方から、
多くの因子を考慮する立場に変わって行った。
ただし、その実態は未だ解明されていない。両者には用語や考え方
などの相違する点はあるが、初期のころから広範に交流が行われて
きている。
現在のオステオパス(オステオパシー専門医)は、背骨のみでなく、
骨盤・足・その他の関節・頭蓋骨・軟部組織にも徒手治療をし、
薬物投与や外科的方法も行っている。
アメリカでは専門の大学や学部があり、D.O.(Doctor of Osteopathy)
の称号を出し、近年はアメリカ医師会も入会を認めている。
<ブリタニカ国際大百科事典>


さらによくある質問はこちらへ





お気軽にお問い合わせください。
 

http://izumi-osteopathy.seitaigo.com/

AD

 

 

Q:皆様へメッセージ
痛みが無くなると中止してしまう方がおられます。
快方に向かうことは治る見込みがあるということです。
せっかく良くなったのに中断してしまうのは勿体ないことです。
施術の値打ちが生かされず無駄になってしまうのが惜しいのです。
私の施術の1クールは6回です。
見込 みのある人は、2~3回のうちに、この分だと治りそうだ実感
でき通院の動機が高まります。
施術者にとっても経過を見ていれば治る目処がつけられます。

 

 

http://izumi-osteopathy.seitaigo.com/

AD

 

Q:特にどのようなお客様にオススメですか?
医療不信に陥っている方にもオススメです。
希望を捨てないでください。
ホメオスタシスは、あなたを見捨てません。
オステオパシー(*3)は、乳幼児でも高齢者でも安全に施術できます。
整体術もカイロプラクティックも適応があります。
私が必要と思っても、お客様が望まないことは、いたしません。

 

http://izumi-osteopathy.seitaigo.com/

AD