ピアニスト渡辺泉のブログ

関東地方で活動するピアニスト渡辺泉のブログです。

ブログを始めたのは、
グロトリアンピアノの音色と出会って、
古いピアノの音色に魅了されたことがきっかけでした。

今も様々な音色を研究しています。

これからもゆっくりペースですが、書いてまいります。

よろしくお願いいたします。

http://www.youtube.com/user/1988einaltesklavier(渡辺泉の演奏をYoutubeの動画で聴くことができます)

「公開録音コンサートのお知らせ」

日本ピアノ界のルーツを知りたいと思ってから20年余り

研究を続けてまいりました。
戦前の日本で17年の期間活躍された
レオ・シロタについてのコンサートを開催いたします。

日時:10月10日(土)午後2時開演

   東音ホール(東京・巣鴨)
入場料:後払い方式


レオ・シロタを思う~没後50年に


第1部=戦争と革命の時代に (お話・山本尚志)


第2部=レオ・シロタを讃えて  (演奏・渡辺泉)


コルンゴルト:ピアノソナタ第1番 第1楽章
        歌劇「死の都」より「ピエロの歌」 (渡辺泉編曲)
ショパン:夜想曲 第21番 第13番
リスト:「パガニーニの主題による超絶技巧練習曲」より第4番 アルぺジオ
ブゾーニ:「青年に」より 
      「ジーグ・ボレロ・変奏曲」「序奏とカプリッツィオ」
ショパン:夜想曲 第20番

 


以上、ご案内いたします。


*電話予約:03 3944 1583 ピテイナ事務局


 




 


テーマ:

今年もいよいよあとわずかになりました。

激動の一年でしたが、

来年が平和で皆様にとりまして良き一年となりますよう

心よりお祈り申し上げます。

 

今年もたくさんの励ましをいただき

大変お世話になりました。

 

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

長らくのご無沙汰です。
今年も一月を切りました。

元気に乗り越えたいと思います。

みなさまもお風邪など召されないよう、

気を付けられてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月21日、
ホテルオークラ東京本館オーキッドルームにおきまして、
渡辺泉 20周年ピアノコンサートを開催いたしました。

多くの方々のご支援のお蔭で、
20年の間演奏を続ける事ができました。
心よりお礼を申し上げます。

ホテルーオークラ、本館は8月にて閉館となりますが、
応援くださった皆様とともに、
美しいオーキッドルームの空間で音楽を共有できましたこと、
大きな宝です。

今後も研鑽をつんでまいります。

今後ともご支援くださいますよう
お願い申し上げます。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:













今年も早いもので、酉の市の季節です。

ちょうど御神楽の舞をみることができました。

日本の伝統を感じたひとときでした。

今年もあと2ヶ月を切りました。

平和と安全を祈願しました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

書類を探していたら、懐かしい写真がでてきました。

ドイツのシュツッガルトで開催されたヨーロッパ音楽祭の折、
私たちの演奏を聴いいたドイツ人のご婦人が、
バッハ、モーツアルトの時代の楽器を弾いたらよい、と、
ご親切にも楽器店につれていってくださいました。

繊細な音色で少しでもタッチが揃わないことがあると、
楽器そのものの調律がくるってしまうのです。

とても良い体験をしました。

演奏会では、
バッハがこの楽器のために作曲したといわれる、
フランス組曲5番を弾きました。











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
無事に終えました。
歴史を深く考えた時間でした。
沢山の方々にお世話になりました。
心より感謝申し上げます。



講師・山本尚志氏

演奏曲目
ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第2番より部分/コルンゴルト・ピアノソナタ第1番第1楽章(連続してピアノ独奏で演奏)
コルンゴルト『死の都より』(ピアノ編曲・独奏)
ショパン・夜想曲第20番嬰ハ短調
イルゼ・ウェーバー『テレージエンシュタット彷徨』(ピアノ編曲)/ショパン・夜想曲第2番(連続してピアノ独奏で演奏)

ヨハン・シュトラウス(父)・『ラデツキー行進曲』より部分(ピアノ編曲・独奏)
ファニー・メンデルスゾーン・ヘンゼル・ピアノ三重奏曲

エルネスト・ブロッホ『祈り』(『ユダヤ人の生活』より)(チェロとピアノ)
マーラー・ピアノ四重奏曲

コルンゴルト『ピエロの歌』(『死の都』より)(ヴァイオリンとピアノ)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
作曲家尾崎宗吉は大正5年に浜名湖近くで生まれました。才能豊かな音楽家でしたが、昭和20年、終戦間近に戦地で亡くなりました。

1938年に作曲されたピアノ曲「四つの小品」が昨年芸大の図書館から発見されました。それは図書館に70年眠っていた直筆の楽譜です。


1月26日『明治学院創立150年記念公開講座~音で聴く歴史と国際関係~戦争と平和』第2回「二人の戦没作曲家」にて演奏いたしました。


1、序奏、
2、リード
3、フゲッタ
4、フィナーレ・コラール


尾崎宗吉氏の暖かな人間性が感じられる曲で、日本的部分とヒンデミットを思わせる部分を合わせもつ、魅力的な作品です。

1939年に、藤田晴子先生が尾崎宗吉氏の「ピアノソナチネ」を初演されており、感慨深いものがありました。藤田晴子先生からは生前に戦前の音楽界について、ご教示をいただきました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
来年1月から3月まで、
横浜・戸塚区民文化センターさくらプラザで行われる、
明治学院大学創立150周年記念公開講座
「音で聴く歴史と国際関係--戦争と平和」において、
ピアノを演奏いたします。

私がピアノを担当するのは、
2014年1月26日「二人の戦没作曲家」(第2回)と、
2014年3月1日「ユダヤ人・音楽・国際関係」(第4回)です。

1月の講座では、
戦没作曲家尾崎宗吉「四つの小品」の日本初演、
山田耕筰のピアノ五重奏曲「婚姻の響き」を演奏。

3月の講座では、
ファニー・メンデルスゾーンのピアノ三重奏曲、
マーラーのピアノ四重奏曲などを演奏します。




詳細・申し込み方法(明治学院大学のページにリンク)




ピアニスト渡辺泉のブログ-scan1



ピアニスト渡辺泉のブログ-scan2


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。