1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-05

「教育勅語にも良い部分が…。」では済まされない。それは国会決議違反なのです!

テーマ:ブログ

今、大阪の森友学園問題の関連で稲田防衛大臣の教育勅語に関する国会答弁『丸覚えさせることに問題がある、と言うことはどうなのか』『教育勅語に流れている核の部分は取り戻すべきだ』が論争になっています。
また政府が質問主意書に対して『適切な配慮のもとに教材等で用いること自体問題ない』と答弁したことが余計に混乱を招いています。

この件は、しっかりと場合分けして、教育の現場で対応すべき課題です。

なぜならば、教育勅語を推奨する意味で教材として使用することは、国会決議で明確に「NO」とされているからです。

昭和23年6月19日、衆参両院は、衆議院「教育勅語等排除に関する決議」 参議院「教育勅語等の失効確認に関する決議」をいずれも本会議において決議(全会一致)しました。

例えば衆議院決議文はこう述べています。「既に過去の文書となっている教育勅語並びに陸海軍軍人に賜りたる勅諭その他の教育に関する諸詔勅が、今もなお国民道徳の指導原理としての性格を持続しているかの如く誤解されるのは、従来の行政上の措置が不十分であったがためである。思うに、これらの詔勅の根本的理念が主権在君並びに神話的国体観に基づいている事実は、明かに基本的人権を損い、且つ国際信義に対して疑点を残すもととなる。(中略)ここに衆議院は院議を以て、これらの詔勅を排除し…」と。

特に「国民道徳の指導原理」としている点は、ひとえに国会や行政、教育現場のみならず「国民の道徳規範としての教育勅語は排除する」ということを意味しており、また「これら詔勅の根本的理念が主権在君並びに神話的国体観」であると明確に位置付けている点は、詔勅総体を排除することを意味しているのであり、教育勅語を「部分的だから、一部が道徳的だから」推奨することは、全会一致の国会決議において排除されたのです。

また、注目すべきは、本会議決議にいたる数日前の衆議院文教委員会(当時)における会議録では、当初の原案にあった「もとよりこれらの詔勅の内容は部分的にはその眞理性を認められるのであるが」という文言が「それは率直に削ることにした」と削除された経過が確認できます。
このことからも、部分的な眞理性の有無ではなく、教育勅語などの詔勅は、今後、公的機関のみならず国民の間でも排除することを決議したことは明らかです。

では「親孝行」「兄弟仲良く」「夫婦相和」は教育現場から排除されてしまうのでしょうか? それはナンセンスです。またそんな必要もありません。
教育勅語の有無に関係なく、これらは一般道徳として広く現代社会にも存在しており個々に強制はされないまでも、その徳目が教育現場で使用されること自体が否定されているわけではありません。
そして松野文科大臣が答弁している通り「歴史について理解を深める観点から」の教材利用、すなわち歴史事実を学ぶため、歴史を検証するため、ならば教材利用は否定されるものではなく、従来通り認められるべきです。

結論的には、教育現場において「部分的、であっても教育勅語を推奨する目的で教材として使用することは認められない。歴史事実を学ぶための教材としての使用は認められる。」ということではないでしょうか。

菅官房長官も記者会見で、同様の趣旨のことを述べていますが、平成26年にも自民党の下村文科大臣(当時)が「中身には今日でも通用する普遍的なものがある。この点に着目して学校で教材として使うことは差し支えない」と発言し、冒頭に記した稲田防衛大臣の答弁も出てきていることから、政府はあくまで教育現場における使用の解釈を統一するとともに、誤った使用方法があれば、過去に行ってきたように文部科学省による是正勧告を行うべきだと考えます。

いずれにせよ「部分的であっても推奨する目的では使用しない」ことを明確にする必要があります。

それにしても、籠池氏が幼稚園児に教育勅語を唱和させていたことは、国内外の大きな反響を呼んでいますが、籠池氏にとどまらず、見識を持たねばならぬ自民党の閣僚までもが、このように主権在君時代の聖典ともいえる詔勅を持ち出し、教育を語らねばならない理由は何なのでしょう? なぜ過去の権威を拝借したり、復古主義に流れてしまうのでしょう?

私たち日本国民は、誇るべき民主主義国家日本に生きています。

もし権力者たちが長期に権力の側に留まるがゆえに特権意識や忠君意識を強くしている傾向にあるならば、国民はいずれ権力者たちに従属することを強いられるかもしれません。

我が国が自由で民主的な国であり続けられるように、私たちはもちろん、与党議員こそが声を挙げるべきではないでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-03-09

委員会質問のお知らせ

テーマ:ブログ
明日は内閣委員会で質問いたします。
内容は当初、具体的な交通安全対策としてチャイルドシート問題、アクセルとブレーキの踏み間違い問題、を提言する予定でしたが、急遽、国会情勢に鑑み、総理夫人の公務問題や務台政務官の問題発言を質疑することに。
民泊問題も少し扱います。

衆議院内閣委員会
3月10日(金)9時〜9時45分
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
※アンドロイド搭載スマホ、タブレットでも視聴可。質問後は「ビデオライブラリ」から再生できます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-16

新代表は蓮舫氏

テーマ:ブログ
●前原誠司、勝てず!

9月15日民進党代表選、皆様テレビやネットでご覧いただきましたでしょうか?
誠に残念ながら、私が推薦し選対本部事務局長を務めた前原誠司候補は蓮舫候補を上回ることができませんでした。

蓮舫候補の清新さ、そして発言の切れ味は多くの有権者を魅了したと思います。
ただ前原候補も演説で触れたように、蓮舫代表は決して強がることなく、国民と報道に対し、自らの姿勢を丁寧に誠実に語り理解を求めること。それでこそ信頼を得られると思います。

今後の蓮舫代表に期待をし、前原・玉木候補へのご支援も含め民進党代表選へご注目いただいた全国の皆様に心から感謝申し上げます。

●9月18日(日)【TV出演】のお知らせ!

今日、読売テレビの「そこまで言って委員会」の収録を行いました。

なんと今回のテーマは「民進党」。
福山哲郎、原口一博、渡辺周、菅直人、泉健太、北神圭朗、松野頼久、古賀之士の8人の民進党議員で出演したため、どこまで映るか…。でもぜひご覧ください。

9月18日(日)13時30分〜15時 読売テレビ10チャンネル
「そこまで言って委員会NP〜民進党大会大開催SP」
※関西以外で視聴可能なエリアは下記HPでご確認ください。
http://www.ytv.co.jp/iinkai/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-05

民進党代表選挙

テーマ:ブログ
9月15日(木)開票の民進党代表選挙が始まりました。

小選挙区制の日本では、野党第一党の代表選は「次期総理候補」を決める選挙。そして自民党との二大政党で政治の方向性を選択可能にする意味でも、この代表選は非常に重要です。

この代表選へ前原誠司衆議院議員が名乗りをあげています。
前原議員(54)は党代表や外相、国交相を歴任し、全国的な知名度を有しておりますが皆様の評価は「功罪相半ば」かもしれません。
また初の女性代表をめざし出馬を表明された蓮舫議員(48)も、玉木議員(47)も素晴らしい政治家です。

そのような中で今回、なぜ私が前原議員を応援するのか?

それは近年の前原議員に大きな変化を感じているからです。

最大の論戦の場である衆議院予算委員会でアベノミクスの問題点を明快に指摘し、「内政こそ民進党の政策の見せどころ」と、財政、少子化、成長戦略を語り続けてきた姿。
そして何より党と自らの過去を直視し、その深い反省に立った党運営を行おうとする姿に、次第に党内の共感が広がっています。

リーダーとしての統率力、厚みのある政策、そして論戦力を持つ前原議員が、様々な経験を経て更に成熟してきた姿を多くの皆様にご理解いただくとともに、代表選挙を通じて民進党の理念・方針をお伝えしていきたいと考えています。

↓前原誠司ホームページ・代表選挙日程などはこちら。
http://www.maehara21.com/index.php
https://www.facebook.com/seiji.maehara21

私もまた、さらに経験を積み、国家のため、政権選択可能な政治体制をつくるため、そして皆様の未来のために働いてまいります。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-06

8月は視察と地元懇談会

テーマ:ブログ
皆様、いつも有り難うございます。あらためて4月の衆院補選、夏の参院選、では多大なお力をいただきました。
皆様の期待に応えられるよう更に精進を続けてまいります。

●視察と訪問

現在、私は国土交通委員会の筆頭理事ですが、8月6日〜13日に与野党理事による英独視察を行います(野党は民進・共産・維新)。
案件は世界最先端の空港・港湾物流技術、自動運転技術、電柱地中化、エネルギー団地などの視察。今後の質疑に活かす有意義な視察にしてまいります。

8月18日〜19日は事務局長を務める「子ども未来議連(河村建夫会長)」による日中韓子ども交流の同行で北京を訪問。
毎年多くの交流を生み、アジアの平和安定に向けた未来世代を育てています。

●民進党代表選

蓮舫さんが代表選出馬を表明。素晴らしい候補だと認識しつつもせっかくの代表選、無投票ではいけないと思いませんか?

民進党側に軸を寄せた野党連携に!政策提言型政党に!などの議論の機会にすべきです。

荒波の政界にあっても私たち京都3区総支部は年々の党員サポーター数を増加させてきました。
その皆様や自治体議員の皆様にも代表選出の機会をつくることが大事です。そのためにできる努力をしているところです。

●地元懇談会のご案内

下記のとおり、お盆明けには地元で懇談会を行い、皆様と意見交換させていただきたいと思います。

伏 見 8月28日(日)
15:00〜16:30 泉ケンタ事務所

長岡京 9月 2日(金)
19:30〜20:30 長岡京市緑が丘公民館

納涼会 9月 4日(日)・5日(月)
両日とも18:30〜21:00 京都タワーホテル9階「八閣」
※会費4,800円(食事・飲み放題付)

参加申し込みは、お名前・ご連絡先をメールoffice@ikenta.netまでご一報ください。皆様のご参加をお待ち申し上げます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース