ちーさんのブログ

伊豆高原 遊リゾートの貸別荘(アートロード・ロイヤルハイランド・レイクタウン)です!

伊豆のあなたのお部屋としてのご利用をお待ちしております!


テーマ:
ジオパーク・・・地球科学的に見て重要な自然の
      遺産を含む、自然に親しむための公園。
      (ウィキより)

このジオパークと災害とは結びつけて考えなければ
ならないということです。

伊東市宇佐美 行蓮寺 に元禄地震津波供養塔が
あります。


大きな地図で見る

元禄16年11月22日(1703年)
伊豆・相模・武蔵・上総・安房などを襲った
元禄地震はM7.9~8.2、津波により多くの人が
亡くなっています。


$ちーさんのブログ

供養塔は伊東市玖須美の仏現寺、川奈の恵鏡院
(えきょういん)と宇佐美の行蓮寺にあります。

$ちーさんのブログ

行蓮寺は宇佐美の海岸近くにあります。
この道路の右側です。

$ちーさんのブログ

海岸の方です。
火山学者の小山真人さんのお話によると、
津波に襲われても海岸の地形自体が変わることは
めったにないから、津波の物理的痕跡は、意識して
残さないと地表には残らないということです。

$ちーさんのブログ

巨大な津波は海岸に変化を齎すこともまれに
ありますが、伊豆半島では確かな例はまだ知られて
いないそうです。

$ちーさんのブログ

行蓮寺から海岸の方を見ました。
元禄地震・関東大震災の時はここまで津波が
来ています。

$ちーさんのブログ

津波被災の経験と教訓を後世の人達に伝える
ために昔の人達は津波碑を残してくれました。

$ちーさんのブログ

関東大震災の時の津波浸水地点です。
階段の上の方にあります。

$ちーさんのブログ

行蓮寺の元禄地震津波供養塔です。
元禄地震から60年後に建てられた物です。

$ちーさんのブログ

伊東市指定文化財の資料によりますと、
この背面には、元禄地震の70年前に発生した
寛永小田原地震(寛永10年(1633年))の時は
地震発生後しばらくしてから津波が襲ってきたが、
元禄地震の際は地震発生後に津波が襲来し、多くの
犠牲者が出たと記されているそうです。

$ちーさんのブログ

伊東市宇佐美にお住まいのこの近辺の方は、
大きな地震が発生したらすぐに、行蓮寺より高い位置に
逃げてください。

$ちーさんのブログ

伊東市宇佐美では春日大社にも関東大震災の
時の津波浸水地点の石碑があります。

宇佐美 春日神社

山本悟先生の民話でも残されています。

伊東の民話 元禄大津波とお玉さん 

このような石碑は、
ジオパークの貴重な構成資産となりえるもの
だそうですよ。


参加してますm(..)m

人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(12)