自民党の谷垣総裁は12日夕、東京・有楽町で街頭演説し、子ども手当法案が同日の衆院厚生労働委員会で可決されたことについて、「民主党の小沢幹事長は選挙至上主義だ。参院選に勝つため、選挙前に支給を間に合わせようと制度設計もできていないのに数の力を頼んで国会(で法案採決)を押し切った。買収だ」と強く批判した。

 これに先立ち党本部で行った記者会見では、地球温暖化対策基本法案を「無責任だ」と指摘。対案として2020年までの温室効果ガス15%削減(05年比)を目指す「低炭素社会作り推進基本法案」を、近く国会に提出する考えを示した。

「論文盗用の助教」監修アニメに科学館困った(読売新聞)
供述調書漏洩事件 ジャーナリストがNHKと和解(産経新聞)
「政権交代の成果」と与党=自民、国際情勢考慮を(時事通信)
「ヨガ教師受け入れて」 日印EPA交渉(産経新聞)
<取り調べ可視化>議連が国会提出申し入れ(毎日新聞)
AD