融資の担保と偽り、クレジットカードをだまし取ったとして、警視庁捜査2課と岡山県警は9日までに、詐欺容疑で、さいたま市南区沼影、韓国籍の自営業李一根容疑者(33)ら3人を逮捕した。
 同課によると、昨年2月から10月の間、少なくとも68人からカードをだまし取り、計約8100万円相当の家電製品を購入して換金した疑いがあるという。
 李容疑者は「事件とは関係ない」と供述し、容疑を否認。ほかの1人も否認し、もう1人は認めている。
 逮捕容疑は昨年7月と8月、架空の金融会社のホームページ(HP)を見て融資を申し込んだ千葉県の男性税理士(83)ら2人に、「保証人の代わりに担保としてカードからの引き落としが必要」と偽り、カード計4枚を詐取した疑い。
 同課によると、詐取したカードでパソコンやゲーム機などの家電製品を購入し、都内の古物商で購入額の約85%で換金していた。 

【関連ニュース】
桑名市課長を逮捕=4000万円詐取容疑
ETC車種登録偽りバス運行=通行料詐欺で社長ら逮捕
佐川急便元社員を逮捕=架空発注で代金詐取容疑-1億6000万被害か・警視庁
融資金名目で1億超詐取=東電への売掛債権を偽装
撲滅月間の振り込め110件=警察名乗るカード詐取増加

朝鮮学校除外でスタート=鳩山首相が示唆-高校無償化(時事通信)
チリ地震の津波、「指示」で避難6・5%(読売新聞)
みんなの党支持率急上昇 「小さな政府」明確だから 渡辺喜美・みんなの党代表インタビュー(上)(J-CASTニュース)
資金不正流用 ローソン子会社元幹部2人を告訴(産経新聞)
漫画などの児童ポルノ規制 都、条例改正案を説明(産経新聞)
AD