伊豆高原ANNEX~青い海とどこまでも~

フロントからのオーシャンビューが自慢のホテルアンビエントANNEXのスタッフが
伊豆高原日々の出来事やイベント情報おすすめのお店など
ゆる~く紹介していきます♪


テーマ:
星がきれいな伊豆高原です。

最近お越しいただくお客様に見ていただいているのは

本館正面玄関の前のブーゲンビリアです。

 


地元の㈱四季不知(しきしらず)さんが丹精こめて育てられている大きな鉢をお借りしました。

ホテルではお外に飾ってありますが、本当は文字通りの温室育ちです。

いちど伺ってみたいと思っていた広大な敷地の温室を見学に行きました。


 


四季不知(しきしらず)というお名前の所以どおり

ここは南国のような別世界でした。

 


鮮やかなお花の色は、なんだか元気になれる色合いです。

 


試験的にいろいろなフルーツも作っていて、こちらはクリスマスごろに収穫を迎えるという

パパイヤの実です。

南国のお花やフルーツいっぱいの四季不知さんのお花は

今、伊東市内のあちこちで華やかに咲いています。


 


ブーゲンビリアが似合う伊豆高原で皆様をお待ちしています。


ANNEXのHPはこちら ニコ


↓ランキングに参加しています。


応援ぽちっとお願いいたします!!

↓    ↓    ↓



 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日もお天気がいい伊豆高原です。


来年1月20日から3月31日の雛のつるし飾り祭りに先行して


秋の特別展示が12月4日(日)まで開かれています。


さっそく行ってみました。


 

歴史ある稲取の雛のつるし飾り。海辺の町、稲取温泉には、古く江戸時代後期の頃より、

娘の成長を願う母や祖母手作りの「つるし飾り」が飾られる風習がありました。


  

江戸時代は、お雛様をかざることができる裕福な家庭はまれで、


せめて、お雛様の代わりに、愛する子供や孫のために手作りで、


初節句をという切ない親心から生まれたのが稲取の雛のつるし飾りです。

 

母から娘へ、娘から孫へ、一針、一針、娘の健やかな成長を願う


親心にはどの時代もどこの国や地域にもかわりなく普遍的な家族の愛情を感じます。


 

こどもが七五三を祝ったり成人式をする際にどんど焼きで燃やしてしまう風習もあって


古いものはとても珍しくて貴重だということです。


 

あたたかく心がほっこりとする稲取の雛のつるし飾りです。


伊豆にお越しの際はどうぞお立ち寄りください。


稲取温泉文化公園 雛の館は入場料300円です。





 ANNEXのHPはこちら ニコ


↓ランキングに参加しています。


応援ぽちっとお願いいたします!!

↓    ↓    ↓



 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
空気が澄んでいる伊豆高原です。

この時期は海がきれいなので、城ヶ崎海岸のつり橋まで行ってみました。

 


夕方のつり橋は静かでゆったりとしています。

 


イソギクが黄色く満開でした。

 


ツワブキも海を見ながら咲いていました。

 


静かな青い海の夕暮れはきらきら輝いてとてもきれいな風景でした。

 


海まで15分のホテルアンビエント伊豆高原で皆様のお越しをお待ちしております。

ANNEXのHPはこちら ニコ


↓ランキングに参加しています。


応援ぽちっとお願いいたします!!

↓    ↓    ↓



 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。