シャンプーソムリエ関川忍のBlog

正しいシャンプー選びの基準、インナービューティー関係を中心に価値ある美容室づくりに役立つ情報をブログ形式でお伝えしております。

NEW !
テーマ:
シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

やっときました日曜日!
今日は恋話ブログの日です。

ではでは、早速ですがこの図を見てください。
今日は、この図を見ながら恋愛を上手にコントロールする自分の感情についてです。

先に言っておきますが、この恋話はあくまで僕自身の体験談から生まれたもので、合う合わない恋愛観満載な記事ですので必要なところだけ参考にしていただければと思います。

先ず、僕の場合恋愛を4つの期に分類しています。

①恋愛発展期
ここでは、出会って徐々に心が引き合う時期です。
そして、ピンクの線を「会いたい値」としています。
ですので、この時期の会いたい値は徐々に高まり、ピーク時は寝ても覚めても彼のことばかりを考えている時期です。

②相互恋愛期
この時期になるとお互い相手に対しての思いが相互関係に安定してきます。
気遣いもするし、自分の考えも素直に言える期間で、恋愛では一番成熟した時期です。

この相互恋愛期には長い人から短い人と個人差が出てきます。
付き合ってすぐに別れてしまうことの多い方はこの時期が短いんですね。



③終焉期
残念なことに相手に対して相互関係で好きであることにばらつきが出てきます。
この時期になると徐々に会いたい値が急速に下降して恋を抱く以前の状態に戻りつつある時期です。

④終焉安定期
好きなのか、そうでもないのか?
相手に対して自分の恋の感情がわからなくなっている期間になります。

この期間になると惰性で付き合っている、情で付き合っているとう相互恋愛期とは相手に対しての感情がまったく違う期間になります。

まあ、この期間が長いとあまり良くないかもしれませんので、お互いの人生を考えた上で別れるということも必要になってくるかと思います。

そして、今日あなたに伝えたいことです。

ポイントは会いたい値のコントロールです!
②の相互恋愛期と③の終焉期
この駆け引きで恋が長く続きます。

何を言いたいかというと、毎日会っているとどうしても③の会いたい値になりやすい。
週3位であれば③にはなりにくい・・・とか。
週1、月1であれば③になりにくい。

そんな会いたい値が最も安定する会う期間をコントロールするんです。

最近は自分だけの時間が居心地がいいという女子も沢山いますので、その時間と彼氏と会う時間のバランスを見極めること。

そして、それを相手と共有できたら②の相互恋愛期はなが〜く続きます。

まあ、合わなくても心で繋がっている感覚さえなくさなければいいわけで、そこには相手に対する信頼や思いやりが必要です。

そして、気持ちのバラツキはSNSなどを使ったコミュニケーションを時折とることで微調整が出来るかと思います。

今回お伝えした恋愛と結婚生活は少し違って、結婚生活とは一般的には毎日相手と一緒にいる=会っているので、会いたい値のバランスの取り方は違ってきますが、どちらも相互恋愛期の長期維持が大切ですね!



追伸】
アンビエンスプロは会員制の理美容室やエステサロン様専用のショッピングモールです。
ご登録がお済みでない方はどうぞ〜!>>>Ambiance-Professional


〈お知らせとお願い〉

□▷2016年のSSAカリキュラム>>>SSA HP

□▷シャンソム>>>シャンプーソムリエアカデミー

□▷僕の会社>>>株式会社アイザ

□▷本ブログ内容に関するご質問、お問い合わせ>>>Facebook messag



 |  リブログ(0)

テーマ:
シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

思うに、ほとんどの中小零細企業は社員さんの人生に対して責任を取りたくても取ってあげられないのが現状かと思います。

例えば、まだ社会保険にさえも入れてあげられない・・・。
退職金さへ払ってあげられない・・・。
払ってあげたとしても、退職したら数ヶ月分くらいしかあげられない・・・。

だって、ニュースでも言っていますが経済改革も大企業では実感があるようですが、中小零細企業では以前よりきつい?

そんな、状況ですからね〜。

さらに、今ほとんどの企業の問題は人手不足(涙)
・・・確かにって思う方は結構いるのではないでしょうか?


これは、今後も良くなる見通しはないようです。
 
こういう状況で人を雇用しないと事業が前に進めないので、引っ張るに引っ張って長く勤めていただくことになるのですが、最後の最後にその社員さんが退職した時に何をしてあげれれるでしょうか?

社会保険についてもいろいろあります。

社会保険に加入していない中小零細企業などは約80万社(事業所)と言われ、加入することでかなりの経営負担が発生し躊躇しています

しかし、社員さんの将来のことを考えると、社会保険に含まれる
厚生年金と、社会保険に入っていない人の国民年金でも年金の受給額が違ってきます。

年金は、老齢や障害、死亡といった時に本人や家族が生活に困らないように出される制度です。

老齢についての年金の場合は65歳になると社会保険に加入している人の場合、『国民年金』からは『老齢基礎年金』という年金がもらえて、『厚生年金』からは『老齢厚生年金』という年金がもらえます。

これが、厚生年金やほかの被用者年金に加入したことがない人だと、65歳になってもらえるのは国民年金の老齢基礎年金だけになります。

さらに、国民健康保険には出産手当金や傷病手当金の給付がありませんが、社会保険には出産手当金や傷病手当金の給付があります。

また、退職金が用意できなければ、社員さんは退職後厳しい経済状況が待っています。

女性社員は結婚退職?
男性社員は独立?他社へ?

今まではそれで経営者の役目は済まされてきましたが、結婚しなかった場合どうするのでしょうか?
独立してうまくいく時代でしょうか?
他社に行ってはたしてそれでいいのでしょうか?

・・・まあ、中には辞めてくれてよかった〜!
っていうプロ意識の低い社員さんもいるかもしれません。

また、違う道があっている方が辞めたという前向き退店もあるかと思います。

しかし、育って欲しい、またはいてくれないと困る社員さんには唯一給料で!と思いますが、月にどれくらいあげられるでしょうか?

家庭を持って子供ができてその給料で安定した生活ができるでしょうか?

まあ、力のある方でしたら歩合の比率が高ければいいのですが、そうでもない方の場合は将来の生活は豊かになっていくでしょうか?

可愛いやつなのに、売り上げが今ひとつって思われる方も結構いるのかと思います。

共働きで奥さんがパートに出るとしても、徐々に人工知能が社会に投入されることで今以上に働く機会が増えるかといえば難しい面も出てくるのではないでしょうか?

年をとったらまた働き口は狭き門にもなります。

僕は人の雇用ってこういうところも考えないと、どうしても人材の使い捨てに思えて、かなり躊躇してしまうところがあります。


だって、大手企業や公務員の生活の保障を聞くと僕にはそこまでやってあげられない・・・って、引け目を感じるからです。

だったら、そういうところに近い環境を雇い側として整備するしかないと思っています。

それには、ただ売上を上げてって思っても、このご時世そうそう思うようには売上が上がって余剰利益がでることもなく、思いと現実のギャップがあります。

今のやや上向きの景気も2020年まではと言われていますので、2021年以降僕たちはどのように社員さんの生活の保障をしてあげられるのか?

現時点で世の中の倒産件数は緩やかに減っているとされいますが、実際には
“隠れ倒産”は年々増えて、廃業や休業の件数が年間倒産件数の数倍に増えているようです。

つまり、倒産はしていないように見えるのに、実質会社が消滅しています。
会社がないということは、職を失う人が急増しているということです。

今のお客さんと言われる方々も、お金を使うことがよりシビアになってくると思いますし、自分たちの収入面にもかなりの不安要素が出てきます。

そういう状況で家族や社員さんの2021年後をどのように守れるのか?

それには、今の仕事内容や経営体制を未来に向けた質に作り変える作業を始めることではと僕は思います。

僕たちが足を置く美容業界は平和の象徴であり、戦争が起きるといち早く営業停止状態になると言われていますが、この経済状況は僕は『見えない戦争』が始まっているといっても過言ではないかと思います。

そういう未来のために、僕は社員さんの労働環境と、将来の保障のために「幸せのおすそ分け」と題して全国に足を運んで紹介セミナーをしています。

これは、先ほど言った、社員さんを使い捨てにしたくないからです。

そのためには、社員さんに頑張って働いていただいた後にも、社員さんの老後・・・仕事で言えば、人生のほとんどを自社や自店の繁栄に注いでくれた社員さんの貴重な時間に対しての対価を用意したいと考えてのことです。

今現在、社員さんの働き具合もありますが、給料がそうそうあげられなくっても、在籍中には大企業や公務員と同じ位のサービス受給が可能になることで、給料からの出費を抑え生活費に余裕をもたせてあげられたり、退職金が用意できなくっても(少なくっても)社員さんが退職後にも少ない年金であっても、十分な生活ができる基盤をつくろうと動いています。

だって、大企業の方は月間3万円〜10万円くらい会社が用意してくれている保障やサービスで生活費の負担が軽減されているからです。

そう、これを目指しているのが「福利厚生充実事業」です。

また、助成金ハンターと経営者をつなげることで、事業推進、雇用促進のための資金面の補助の可能性もご紹介させて頂いております。

知らなきゃ損!
世の中、中小零細企業が大半なのに、社員さんの生活が手厚く守られているのは大企業や公務員だけって不公平!


だから、その扉を僕たちが手を取り合ってこじ開けませんか?

今は全て、未来につながっています。
そして、未来・・・特に経済は労働人口の推移によって誰でも分かります。

だから、今やらずして未来に保障はないのではないでしょうか?





【追伸】
アンビエンスプロは会員制の理美容室やエステサロン様専用のショッピングモールです。
ご登録がお済みでない方はどうぞ〜!>>>Ambiance-Professional


〈お知らせとお願い〉

□▷2016年のSSAカリキュラム>>>SSA HP

□▷シャンソム>>>シャンプーソムリエアカデミー

□▷僕の会社>>>株式会社アイザ

□▷本ブログ内容に関するご質問、お問い合わせ>>>Facebook messag

 |  リブログ(0)

テーマ:
シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

約2年になりますが、美容業界から手荒れをなくし、離職率を下げる活動をしてきました。
スタート時点はまずはスキンケアを中心に、僕の中で手荒れに効果的な商品のご紹介をさせて頂きながら、手荒れのメカニズムなどをお話しさせていただいてきました。

その甲斐あって、述べ500店舗の美容室が参加され、多くの方の手荒れを改善することができました。

これで業界から手荒れを撲滅できると確信を持つことができました。
手荒れのほとんどは間違った知識によるもの。

そして、肌にとって必要なケア商品を知らない方がたくさんいたことに気づきました。
その中では、皮膚科に通いづめの方もいましたし、中にはステロイドを使用されている方もいました。

しかし、ステロイドの使い方がまづくって、治らない状況が長年続いていました。
そういう方への手荒れや肌荒れの改善方法を手荒れ撲滅プロジェクト第1章ではお伝えさせて頂いておりました。

そして、その中でどうも症状が治まってもまた出てくる方がちらほらいらっしゃったので、手荒れ撲滅プロジェクト第2章と題して、昨年はさらに全国に足を運ばせて頂きました。

この2章では手荒れが無くなる正しいスキンケア+体質改善をご提案させていただいております。
そう、美女年齢35歳の法則の誕生です。

ここでは、第1章のスキンケアを行って頂きながら、「食」の認識を変えていただく内容のセミナーをしてきました。

第1章でお伝えしてきたスキンケアでも無理な方は、どんなスキンケアをしてもまず治らないからです。

そういう時には、体質を疑った方が解決策がすぐに見えてきます。

それが、糖質などの摂取量をコントロールして、必要な栄養素を食事から摂取し、状態に合わせた栄養素をサプリメントなどで補う考え方です。

これにより、体調不良や片頭痛、そしてメタボなども短期間で改善し始め、さらなる効果を発揮しました。

これにより、スキンケア+インナービューティーは表裏一体であることが明確になり、美女年齢35歳へつながっていきました。

そして、いよいよ今年からは第3章がスタートします。
第3章は手荒れという概念よりもインナービューティーにボリュームが移行しています。
今年初めからズット研究していた内容にもなります。

それは、細胞レベルでカラダを考え、美しい肌、美しいカラダ、そして健康を取り戻し、維持することで活き活きした日常を送るのがテーマです。

当然、体調が良ければ肌にも良い影響が出ます。

上記図は今までのイベントでの悩みのボリュームと老化度を示しています。
この老化度は肌年齢から体年齢を含みます。

老化(肌・カラダ)を100%とした場合に第1章、第2章、第3章の違いを簡単にまとめてみました。

【第1章】
肌の老化(肌荒れも含む)はスキンケアの考え方や方法、肌荒れの原因とメカニズムにあった使うアイテムを変えるだけで肌荒れが改善するという最も多くの方のスキンケアの入り口になります。

まだまだ、この段階のケアができていないのであれば、この第1章のセミナーがオススメです。

【第2章】
美女年齢35歳の法則
老化
(肌荒れも含む)がやや高まってくると、今度はスキンケアとインナービューティーのコンビネーションで対応しないと良くなったり、悪くなったりの繰り返しになってしまいます。

多分、この第2章の知識と必要な商品があれば、一般の方が一番聞きたい情報になってくるかと思います。

ここでの効果は、肌が綺麗になっていくにつれて、つでに体型がシャープになっていくというもの。
おまけに、疲れにくくなったりと体調も良くなっていきます。

【第3章】
完全に予防医学の段階が第3章になり、老化MAX!

ここに来ると、インナービューテーがメインになりますが、第2章では老化を引き起こす食べ物を控え、カラダに必要な栄養素を食材とサプリメントで摂るレベルですが、ここではカラダに蓄積させてはいけないものを効果的に排除したり、吸収させないという健康の根本的スタートラインから体質改善を始めるものになってきます。

さらに、この3章は第4章に続きます。

この4章になると、もうスキンケアやインナービューティーという段階では追いつけなくなった老化に対してのアプローチ方法になってきますが、この4章は来年くらいに公にしていこうかと思います。

できれば、第2章あたり、既に体質がボロボロの方は第3章あたりでケアしていだだければ体年齢ー20歳は保障いたします!

これは様々な学会に参加させて頂き自由診療レベルで活躍される医師の知識や医療で使われているサプリメントメーカーさんや、医師の慣習を元にサプリメントを作られているメーカーさんの様々な知識や商品を頂き、長年、僕自身もそうですが、家族で試してきて効果があったものを多くの方に手荒れ撲滅プロジェクトで伝え、目に見える結果につながったものをまとめたオリジナルのメソッドとなります。

まだ知らない方もたくさん世の中にはいらっしゃいますが、こういう情報こそアンチエイジングが騒がられている今、理美容室からお客さんへ伝えるべき情報の一つかと思います。

現に、今年は消費者を交えたセミナーも多数開催させて頂いておりますが、反応はかなり良く、お客さんが求めている「美」の情報であることは間違いないです。

先ずは、11月から第3章のセミナーが九州4カ所でスタートとなりますが、1章、2章の依頼も常時受け付けております。

スケジュールの関係上1ヶ月以上前からのご依頼からとなりますが、目の前のお客さんが耳がダンボになる必要な情報。

そして、この情報は「美」の中では土台を作る重要な情報でもあります。

パーマは薬液コントロールや熱コントロール、そして処理剤などでかけるものですが、それでもかからない髪がかかる様になったら?

抜け毛や薄毛は育毛剤やシャンプーに頼るものですが、それでも難しい方の髪が太くなってきたら?

それが、第1章、第2章、第3章・・・そして第4章で可能にします。

全ては肌(頭皮)から生えてくる髪に対しての施術です。

肌の健康状態はあらゆる美に影響を与える根底で、今後は肌へのアプローチがお客さんの美を守る人にとっては重要な知識と責任になると僕は思います。

本プロジェクトのご相談は、症状や悩みのレベルに合わせて受け付けておりますので、いつでもご相談いただければと思います。




【追伸】
アンビエンスプロは会員制の理美容室やエステサロン様専用のショッピングモールです。
ご登録がお済みでない方はどうぞ〜!>>>Ambiance-Professional


〈お知らせとお願い〉

□▷2016年のSSAカリキュラム>>>SSA HP

□▷シャンソム>>>シャンプーソムリエアカデミー

□▷僕の会社>>>株式会社アイザ

□▷本ブログ内容に関するご質問、お問い合わせ>>>Facebook messag

 |  リブログ(0)