シャンプーソムリエ関川忍のBlog

正しいシャンプー選びの基準、インナービューティー関係を中心に価値ある美容室づくりに役立つ情報をブログ形式でお伝えしております。

NEW !
テーマ:
シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

美容業界にどっぷり浸かって早25年にもなるのですが、色々な人材教育も見てきました。
美容技術や知識
接客マナー
マネジメント
マーケティング
心理学

そんな中で消費者の求めるちょっとしたこと。

こういう声は、美容業をしているためか相談もあります。

その中で多いのが
「美容師さんって必ず話をしなさいって言われているの?」

この質問は非常に多いんです。

まあ、ある意味話をする場面は必ずあります。

特にカウンセリングの時にはお客さんの求めるものを聴き出さないと何も始まりません。

そして、お客さんの求めるイメージ・・・
要するに心を形にするために必要な情報を収集する会話です。

最近は美容情報にも明るい消費者が増えていますので、こんなことも言われる方がいます。
「カウンセリング終わったらあまり話しかけて欲しく無い時があるんです。」
「疲れているのに、色々説明してきたり、雑誌を見ていても話しかけてくるのが嫌なんです。」

これって、あるあるですね〜
また、この会話の中で自分の話を永遠とする内容も嫌がられる上位かと思います。

要するに、お客さんって一番美容師さんに求めるのは
「今の私をわかって!」


ってことじゃ無いでしょうか?

お店のルールとして会話を積極的に!という場合もあると思いますが、それはお店側が主体でお客さんが主体でなくなる場合が発生します。

これが、お客さんとしたら
「今日は話しかけないで」

って、言えればいいのですが、こういうのって言える人と言えない人がいます。

そして、それが美容室に来る足を遠のかせる些細な原因にもなっているようです。

美容室側からすると非常にもったいないことですね。

この対処に対しては各美容室で色々とあると思いますが、ある意味個人の接客レベルにかかってくるのかな〜?

些細なことに気づける力
感情を読み取る力

そういう察するという力をどう育てるか?

これがお客さんの心の声に気づけるために、全ての美容師さんが身につける必須項目なんじゃ無いかなって思いました。

そして、この力はあらゆる業種、人間関係にも大いに役立つ力ですね。






【追伸】
アンビエンスプロは会員制の理美容室やエステサロン様専用のショッピングモールです。
ご登録がお済みでない方はどうぞ〜!>>>Ambiance-Professional


〈お知らせとお願い〉

□▷2016年のSSAカリキュラム>>>SSA HP

□▷シャンソム>>>シャンプーソムリエアカデミー

□▷僕の会社>>>株式会社アイザ

□▷本ブログ内容に関するご質問、お問い合わせ>>>Facebook messag


 |  リブログ(0)

テーマ:
シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

昨日は台風が関東を直撃したのですが、久々にというか初めて台風と戦って惨敗した僕の人生初となる1日になりました。



今日8月23日は北海道でSSA Basic Round-4がある日でした。
昨夜もSSA受講者のフォロー依頼があり、僕は前泊の予定を立てていました。

すると天気予報では台風9号、10号、11号が乱れ打ちで日本列島に迫ってきていました。
しかし、今まではこういう状況でもなんとか持ち前の引きの強さと立ち回りで乗り越えてきたので、なんとかいけるでしょう!

なんて、安易に考えていました。

先ずは首都高の渋滞とパーキング渋滞を予想して、いつもより3h早めに移動開始!
ないせ、台風直撃なので何が起こるかわからないですからね〜。

そして、予想通り首都高の渋滞があったので、迂回しながらフライト3h前に羽田空港のPへ。

そしてまた、予想通り・・・想定内でP渋滞。
ここで、僕は3h前とう事で余裕で、心なしか台風に勝利したと思い込んでいました。

1hP渋滞しようが全然余裕余裕って!


想定内で事が運んでドヤ顔になっています。

しかし・・・飛行機の運航状況をP渋滞中に確認していると・・・
まさかの、欠航!!

この時は勝利のテープのように見えていたPのゲートを後数台でくぐろうとした時・・・。
始め、嘘だろう!?って思いましたが、空港会社直接のインフォメーションなので諦めました。

そして、何としても行かなければいけないので、成田へ移動。
だって、北海道には待っている仲間がいます。

僕と約束してフォローを楽しみにしてくれている仲間が待ってくれています。
絶対に行かないとダメなんです。

そして、たまにやるアクロバティックな移動手段。
いつもはこのパターンで乗り切れていました。

そう、羽田からの飛行機と宿のパックをキャンセルし、成田からの便で再トライ!!
だって、羽田は欠航でしたが、成田はほとんどが遅延。

この欠航と遅延の違いは可能性としたら全然違います。

そして、
まだ時間に余裕があるので約79Kmの移動を開始!

首都高速湾岸線から、お台場を抜け、葛西臨海公園の観覧車、浦安のディズニーランドを横目に、そのまま東関東自動車道に折れて、成田空港を目指してひたすら車を走らせました。


その時の状況はワイパーを早めても直ぐにこういう状態になるほど、強い風と雨でした。

もう、風がどこから吹いてくるか分からない状況で、風にまかれた雨は右から左から、前から後ろからと激しさを増していました。

そして、成田につくと同じく前入りを予定していた高倉さんと連絡を取り合って合流しましたが、18:00まで運行の見込みがない状態。

仕方なく、二人で愛についてずっと語っていました(笑)
この時も二人はまだ飛べる可能性を信じていました。

そして、18:00近くになると本日の札幌行きは全て欠航という事が確定!
ここで、成田の運航状況の掲示板の不正確さを確信!!

全て欠航とわかった状況なのに遅延の文字が羅列しています。
多分、羽田のシステムの方が正確な表現をしていたのだとその時理解できました。

また、成田空港史始まって初の台風による空港閉鎖だったよです。
おかげで、受付窓口のお姉さんも超と私たちパニックなんで〜(汗)

そんな、事で僕は彼女たちの焦った説明の文字を整列しなおして、鸚鵡返しに正しい文章で返してあげました。

すると、そうなんです!
すいう事なんですみません。

だって(汗)

それだけ、どこの航空会社の窓口もバタバタしていました。


それでも、明日朝6:00の便で!!
と思い、
明日の便への乗り換え手続きです。

が・・・チケットを買っていた高倉さんは明日の夕方の便しか取れない状況。

当然、成田からのチケットをまだ買っていない僕の分はありませんでしたし、同じく夕方の便しか空いていませんでした。

もう、手も足も出せずにノックアウトされました・・・。
絶対に任務遂行のために飛んでやろうって思っていたのですが、見事に撃沈です。


結局高倉さんと成田空港で19:00過ぎまで一緒にいたのですが、こんな時もあるのかといい経験をしましたし、
1978年5月20日に開港した成田空港史始まって以来の台風による空港閉鎖の場にいたのは、ある意味持っているね〜僕たちって思うしかないです。

そう考えると、歴史的災害現場に関川あり?!
・・・いや、絶対にそこを繋げてはいけません!!

つ、な、げ、な、い!!

基本、僕は本当は羽田空港から飛ぶ予定でしたので違います。

行かなくてはいけないという責任がなければ、きっと僕も高倉さんも最初の状態で諦めていたと思います。
しかし、任務遂行=プロ=当たり前という意識があれば最後の最後まで諦めない・・・ですよね〜。

こういう事って、経営者と社員さんとの意識の差にも出やすいかと思いますが、その時にできる社員さんはきっと僕たちと同じ行動を取っていたと思います。

また、経営者からしても社員さんがそこまでして飛べなければ納得も出来ると思います。

いざという時にどれだけ可能性のあるアイディアを出せるか?
そして、そのアイディアの中から優先順位を決めて行動に移せるか?

それを臨機応変にできる自分であれば、経営幹部とかに抜擢されるんじゃないでしょうかね〜。

そして、北海道の皆さま今回お会いできずに残念です(涙)
また、9月に行きますのでその時は宜しくお願いします!!





【追伸】
アンビエンスプロは会員制の理美容室やエステサロン様専用のショッピングモールです。
ご登録がお済みでない方はどうぞ〜!>>>Ambiance-Professional


〈お知らせとお願い〉

□▷2016年のSSAカリキュラム>>>SSA HP

□▷シャンソム>>>シャンプーソムリエアカデミー

□▷僕の会社>>>株式会社アイザ

□▷本ブログ内容に関するご質問、お問い合わせ>>>Facebook messag


 |  リブログ(0)

テーマ:
シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

「常識を疑え!!」という言葉がありますが、常識は世の中でいう当たり前と思いがち。
でも、当たり前は時代とともに変化しているのになかなか気づけない。

外で電話をかけるには公衆電話という常識は僕が学生の頃。
でも、今の常識は携帯電話。

切符を買って電車に乗るのはほんの少し前の常識。
でも今は電子マネーカードで改札を通るのが常識になりつつある。
(ちょうど常識が変わるところ)

一つの会社に長年務めるのが常識だった。

でも今は、複数の会社で仕事とをしたり、各個人が集まり一つの仕事をこなし、終わったら解散する。
こういうのも常識になりつつあります。

でも、常識に逆らうと偏見の目で見られるのが社会。


僕は思うんです、今の時代常識常識と言っている人ほどビジネスチャンスを逃したり、非常識(古い考え)にあっという間にされてしまうくらい世の中の当たり前が急速に変化しているんじゃないかって。

写真はマハトマ・ガンジー。
「非暴力、不服従」運動によってイギリスからの独立運動を指揮し、1947年インドを独立させました。

しかし、その後ヒンドゥー原理主義者から敵対視され、最終的に彼らの銃弾に倒れます。
この時ガンジーは額に手を当てて逝ったそうですが、このジェスチャーは「あなたを許す」という意味の動作だそうです。

このように、世の中に良かれと思い人生をかけて先駆けを作る人は少数で、その行動は必ず常識というものが邪魔をします。

僕が作ったキュベシノブシャンプーでさえ、最初のうちは工場が違い、その工場の研究員の常識と散々戦ってきました。

あれは辛かったですね〜自分がイメージするモノとかけ離れた商品が正規品として上がってくるんですから。
仕方なくそれをお金を出して僕の理想からすると70%の製品を毎回大量に買うんです。
(買わされていたというのかな〜?)

結局は僕は彼らにとっては非常識な注文ばかりするので放り出されてしまいました。

しかし、僕は持っている!!
丁度その時に常識に囚われない研究員との出会いがあり今に至ります。

僕は一応常識とモラルは大切だと思うのですが、仕事となると別です。
仕事なんて一般論が通用することをやっていても成長は無いと思っています。

特に大手企業の常識が僕たちのような中小企業や自営には全然該当しません!
大きくなったら必要ですが大きくなるまでは逆にそれを真似るとうまくいかないと思っています。

そして、アイディアが重要なので常識という枠にとらわれていてはクリエイティブなことなんて全然出来ません。

さらに、非常識なことをしようとすると周囲からよからぬ声が聞こえてきたり、心が狭い人は邪魔をしたりします。

ある意味そういう人って暇な人か逆に羨ましいからこそ中傷すると思うんです。

中傷するくらいなら、もっと違うことにエネルギーを使ったほうがいいんじゃ無いかな!?

これ、僕が言われているわけではないので、ご心配なく!
(言っている人もいるかもしれませんが)

つまるところ、特にビジネスで新しいことを初めて少しづつ広がりを見せると、なんだかんだ言う人が出てくるっていうこと。

昨夜、情熱大陸で元総理の細川護熙氏がアーティストとして登場していました。
これもある意味非常識ですね。

細川氏は言っていました。

「人生短いんだから」

そう、人生は短いので人の噂になんてかまってられないし、携帯電話みたいにそれを持ち歩いている人や、それを普及させようとした人みたいに最初は人から変な目で見られるかもしれませんが、最終的には必要とされる。

そして、今の格差社会は、そんな常識が作り出した社会構造ではないですか?

大企業だけが経済政策の恩恵をいち早く受けて景気が良くなり、中小企業や自営にはなかなかその恩恵が感じられない状況。

僕は、ビジネス社会こそ常識を疑い、非常識なことをするべきだと思います。

まあ、非常識なことを根拠なしにするのは考えが浅いと思うのですが、ビジネスのコンテンツや形態って商法に則り、社会が豊かになるためにベクトルが向いていたら何でもありだと思います。

そう、商法に触れたら犯罪ですが、商法に触れなければ社会のルールに則っているコンテンツや形態ってことなので、誰にも中傷されません。

逆に・・・
60Km規制の道路で70Km出して車を走らせている人は道路交通法に触れます。
叱っている時に机をたたいたり、物を投げたりして恐怖感を与えるのは攻撃型のセクハラです。
相手が嫌がっているのに交際強要をするとストーカー防止法に触れます。

そういうことを平気でやっているのにビジネスとなると「あれは危ない商売だ」とか、「人を騙している」なんて本末転倒だと思うんです。

また、そのコンテンツや形態によって多くの人が救われていたら、それは立派な社会貢献性のある事業とも言えます。

人は自分を棚に上げて、目につくところを色々言いたくなるものかもしれませんが、人がやっていることは自分に危害が無い限り放置が一番です。

そして、いずれはそれが常識になるかも?
そんな目で見ているのも良いかもしれませんね〜。

また、自分が非常識的なことにチャレンジしているのなら、人の囁きを気にすることなく伸び伸びとやってほしいと思います。

それは、歴史が全てを物語っているからです。





【追伸】
アンビエンスプロは会員制の理美容室やエステサロン様専用のショッピングモールです。
ご登録がお済みでない方はどうぞ〜!>>>Ambiance-Professional


〈お知らせとお願い〉

□▷2016年のSSAカリキュラム>>>SSA HP

□▷シャンソム>>>シャンプーソムリエアカデミー

□▷僕の会社>>>株式会社アイザ

□▷本ブログ内容に関するご質問、お問い合わせ>>>Facebook messag


 |  リブログ(0)