遅い昼食を取ろうとして街を歩いていたら、突然の雷雨、一番近い喫茶店に入った。
ここは何度か来ていて、場末な感じの喫茶店。
とりあえずカレーライスを。
カレーライスがおいしいわけじゃない。
ここのメニューの中では比較的普通の味覚に近いから。
だまになったルーの塊が混じり、鍋底に焦げ付いた黒い物体も混ざり、多分鍋からルーをかけるとき鍋下のすすだと思うが、それが皿のふちについている。
店内は喫茶店って言うより、場末のスナックって言った感じ。
ばしゃばしゃとたたきつける雨を見ながらカレーを食った。
アイスコーヒーも頼む。
ガムシロップがかき回しても溶けない。
コーヒーが薄くて比重が溶け合うところまで行っていないのだ。
ここは中年の男3人でやっている。
マスターと呼ばれる初老の男。
なぜかカウンターから出てこない、河童みたいな髪型をした男。
マスターにいつも文句を言っているが、お客さんに声をかけられることを恐れてる。
もう一人は時々調理もするが、いつもカウンターに座って就職先を探している男。
店の公衆電話から、面接の申し込みをしている。
今日も面接の申し込みをして、今から行きますって出て行った。
面接男が出て行くと、マスターと河童男が面接男の悪口を一通りやる。
この3人の関係は各々軽蔑しあうことが出来るってことで成り立っている。
この関係の外では軽蔑される側にいつも居たんだと思う。
いろんな関係のあり方があり、いろんな次元で自分たちの世界を作ってるのが人だと思う。
自分もそんな一人だと思う。

そういえば、小学校2年生の頃だと思う。
年上のいとこが漫画の本を貸してくれた。
その中に落ちていく人って漫画があった。
ある穴に自殺者が身を投げるのだが、その穴は底なし。
とにかく落ち続ける毎日が始まる。
落ちることが日常になった先輩自殺者は、落ちてくる物を集めて小屋を作りそこで寝泊りしたり、自炊したり、農業を始めたりしている。
中にはまた失望して落ちてきた縄で首を吊ろうとするが、縄も一緒に落下してるので死ねないなんてギャグがあったり。
結局は落下の日常の中で酒を飲んだりしながら楽しんで、時だけが過ぎ年取っていくって話だった。

なんかな。
居酒屋で飲むことは、擬似落下体験って部分も私にはあるな。
落下を始めていないことの証明で、擬似落下して試すって感じが。
ちょっと今日は永井荷風が少しはいってしまいました。では。


飲食系達人の人気ブログ一覧です。繁盛と姿勢が学べます。

ブログランキング

このブログ、たくさんの記事になってしまいました。
お暇なときにじっくりとお読みください。

AD

連鎖を断ち切る利便

テーマ:
宮崎駿さんのジブリにいる鈴木さんんって方の対談記事を読んだ。
最後の方に語られていたのは、今アニメーション界は危機なんだらしい。
って言うのも、例えば薪割りのシーンを書けって言うと、今の人たちは薪割りをしたことがないから、リアルな薪割りシーンを描けないらしい。
実際に、千と千尋の神隠しで冒頭に出てくる、両親が食い物をがつがつ食べてそのまま豚になっていくシーンで、人間ががつがつと物を食うシーンを若手のアニメーション作家は描けなかったらしい。
宮崎さんが、君ら物をがつがつ食ったことないのか?って聞いたら、ないと答えられて、しょうがなく自分で手直ししたらしい。
見たことがあることと身体が経験したことでは、雲泥の差があるんだという。
そう言った意味では、居酒屋も忘れられている体験をあえて体験してもらうってやり方もいいかも知れない。
これから、ってもうすでに暑いが、エアコンをつけない店内を体験してもらう。
ビルインの店舗では難しいが、戸建の店舗で入り口に打ち水をして、入り口と窓は開けっ放しにして、ヒグラシの声をかすかに聞いて、冷たいビールで涼を取ってもらうなんてことを。
冷やした奴に茗荷の千切りをのせたのとか、モロキュウだとか、アナゴの白焼きだとかを出して。
自宅でも出来ますよ。
入り口、窓を開け放って、一風呂浴びて、糊の利いた浴衣にでも着替えて、熱々のすき焼きとビールなんてのが。
週末やってみようかな。
子供たちには、その後花火をやって、スイカを食べるってことで納得してもらうか。
濡れ縁に座ってスイカの種を庭に撒き散らす開放感も味わって頂こう。

飲食系達人の人気ブログ一覧です。繁盛と姿勢が学べます。

ブログランキング

このブログ、たくさんの記事になってしまいました。
お暇なときにじっくりとお読みください。
AD
もうかなり前になる。
私が飲食業をやっていた頃、無農薬の野菜と米を作ってるって方と知り合った。
その方は、京都大学で学生運動、イギリスの大学の大学院、京都の私立大学で哲学を教えていたが、自給自足に目覚めて、山の中の農家を譲ってもらい、そこで農業を始めたって方。
結構有名なお寺の跡取りでもあった。(それも投げ捨てている)
丁度今ぐらいの梅雨の時期招かれてお邪魔したことがあった。
と言っても、田んぼの雑草取りを昼間はやらされましたが。
本当に無農薬の米を作るには、一番上流の田んぼでしか出来ないのだそうだ。
下流の田んぼでは、上流に農薬を使う農家があったらそこの田んぼから農薬は流れてくる。
だから谷地田(漢字あってるかな)って言われる、林に入り組んだ田んぼでしか作れないといっていた。
ところが、平地ではないので面積の大きな田んぼには出来なく、また山側は波状に入り組んでるので機械が入れられない、自ずと古典的な人の労力をかける田んぼで作ることになるって解説だった。
田んぼの草取りって言っても、ゴムの地下足袋みたいなのを履いて、稲の下に小さく伸びてきた雑草の目を両手で泥に馴染ませるって作業だけである。
泥に埋め込むことでそれも稲の養分として利用されるらしい。
ところが辛い。
足を伸ばした状態で前屈し手のひらで田んぼの泥をかき回す。
丁度この時期この姿勢をとらないでしゃがんでやろうとすると、稲の若葉の先が目の高さになって刺さってくるのである。
では柳橋さんこっちの一枚やってもらえますかって小さい目の田んぼを与えられたが、作業の辛さと進み具合の遅さで、腰を伸ばすたびに絶望的な気分に襲われた。
「柳橋さーん!!」
「はい??」
「今啼いたのがホトトギスです!!」
「そうですかぁ(そんなもん気付く余裕はありません!)」
てな感じで、栄養補給としか感じられなかったおにぎりタイムを挟んで、16時頃にやっと完了。
帰り道、「どうですか、泡立っていた泥もあったでしょう。あれは窒素肥料のやりすぎなんです」
「私の耕し方が至らなかった部分に出てきます」
「窒素肥料って昔で言う肥溜めの事、所謂家畜や私達人間の糞尿のことです」
「実はね、窒素肥料の輸入大国なんですよ日本は」
「電化製品を売ってうんこを輸入する、変でしょう」
んー、んっ、もう少し気分的に余裕がある時言って欲しいかな。
私には、足を洗っている裏庭の水道の近くで、彼の家のアイヌ犬、無双が好物の生の夏大根をがりがり食っていることのほうに共感を覚える。
初対面でなついてくれたことを彼らが珍しいって言ってくれたので、私としても無双は心配りしてくれたんだって思ってもいた。(変な犬ではあるが)
しばし無双と遊んで家の中に。
彼の家人が早めに田んぼを切り上げて晩御飯を用意してくれていた。
野菜尽くしの料理ではあるが旨い。
米は旨い、野菜も旨い、肉いらないって晩飯で感じたのは初めてだった。
タバコは止められるんですよ農業に来れば、でも酒は止められないですね、特に日本酒は。
すすめられるまま、冷やした日本酒をいただく。
旨い和む染みる一合も飲まないうちにすばらしい開放感と癒しを感じました。
で、夜は更けると共に哲学、宗教の話。
アニミズムの尊さや欧米の宗教でもギリシャ神話辺りまでは面白かったって話題。
ガンジーの非武装の概念の是非。
子規と虚子と現代俳句との違い、蕪村と芭蕉の人間の大きさ。
イデオロギーの崩壊と今の日本の新たな矛盾。
ちと困り気味で、疲れ気味で飲みましたが、居酒屋って考えるとすっごくいい居酒屋でしたね。
本音を言えば、梅雨の晴れ間の更け行く夜、気温が下がり始めた夜の土の上に座って無双と並んで星を眺めながらちびちびとやるのが良かったんですけどね。

飲食系達人の人気ブログ一覧です。繁盛と姿勢が学べます。

ブログランキング

このブログ、たくさんの記事になってしまいました。
お暇なときにじっくりとお読みください。
AD

くさいことを楽む

テーマ:
そういえば2年ほど前に、流山市って千葉県の市のコンサルに参加したことがあります。
つくばエキスプレスっていう路線がが完成予定間近で、流山市にもいくつか駅が出来ることになっている。
その新しい駅のひとつを流山の中心都市としてとらえ、都市計画を立てたい。
どんな提案があるだろうかってのがその時のお題でした。
つくばエキスプレスは茨城県のつくば市から東京の秋葉原を45分で結ぶ予定で、流山の駅からは秋葉原まで25分で行けるようになる。
流山は都心部へ直結する路線が無かったから、首都圏の市としてはとっても不便だった分自然が残されている。
で、まあありがちなコンサルが出来上がって、市役所のお偉いさんを集めて公開プレゼンを行いました。
自然、教育、農業との調和みたいな感じで。
市長さんは結構若い方で、アメリカで都市開発のコンサルをしていた方。
気に入ってくれたみたいです。
でも個人的に不満だってのは、居酒屋は作りたくないって市長さんが言ってたこと。
都市計画って言うと利権に走るのか、理想に走るのか2つの選択肢しか無いのかなって思った。
利権に走るのはまったくダメだけど、市長さんみたいに理想だけでもダメだろう。
理想の街って人は抱えきれない。
都市計画には人間の性を前提としてなきゃならないんじゃないかって思う。
多分落語の世界の住人が暮らせる横丁の長屋を内包できなきゃ一流じゃないだろうって。
しかしそう言った視点で都市を見渡すと、マイナスの性を都市部の繁華街で発散し、綺麗事で固めた瀟洒な住宅街の自宅に帰るって構図が見えてきて、なんだかな、こんな簡単な理解のいたりなさなのかなって思ったりする。
いい居酒屋がない首都圏の住宅地には犯罪が起こりやすいって仮説としてありうるって思いますよ。
臭いものに蓋をしたり、遮断したりしても無くなることは無いですからね。
何処かに集まったり、何処かに沈殿したりってもっと危険な状態を招くのでは。


飲食系達人の人気ブログ一覧です。繁盛と姿勢が学べます。

ブログランキング

このブログ、たくさんの記事になってしまいました。
お暇なときにじっくりとお読みください。

蘇我馬子の曇り空

テーマ:
梅雨空

写真は昨日の午前中の梅雨の空。
携帯電話のカメラで。
意味の無い写真の中の一枚。
しかしいざこうやってある日のある時間のある土地の空のある一部を切り取って、固定して眺めると不思議な感じがする。
ある瞬間を切り取って固定させるっていう写真の持つ特異性もさることながら、どんなに早く連写しようとも私達は同じところには留まっていられないって現実に驚く。

昨日はこの後、数年前によく通った蕎麦屋に行ったのだが、変わらぬ味と雰囲気が、この曇り空の写真より時間の停止感を感じさせてくれた。
考えて見れば、蕎麦屋の奥さんも少し年をとっていて、厳密に言うと、私にとってはその日限りのその蕎麦の味と店の雰囲気であり二度と迎えることが出来ないことではある。
梅雨の曇り空、吾妻庵の天ざるって言葉で、両者は象徴できるが、多分写真で見ると梅雨の曇り空のほうが不思議感を感じる。
象徴性はより具体的なほうが普遍性を感じさせやすいってことなのかなって思う。
ってことは普遍と思えることの方が、崩れやすく、一見普遍と感じない季節の移り変わりの方が普遍なのだろう。
人は生きる間が限られるから、同世代感に普遍性を感じようとするのかも知れない。
自分の限られた生のスパンから外れる、もっとスパンが長い事柄にはシンパシィを抱かないのかも。

いい居酒屋だなって思える店は、自分の生のスパンに合って、一緒に同世代を生きて生きたいなって思わせる居酒屋なのかも知れない。
老舗なんてのも、自分よりややスパンが長そうで、ちょっとだけスパンが長いってのが自分の尺度で測れるから尊敬できるのだと思う。

そしてそこには自分と同等の儚さが不可欠なのかも知れない。


飲食系達人の人気ブログ一覧です。繁盛と姿勢が学べます。

ブログランキング

このブログ、たくさんの記事になってしまいました。
お暇なときにじっくりとお読みください。
雨が降っています。
いいな、雨。
実はちょっと滞る感じの時間って好きなんです。
車に乗ってる時の道路の渋滞も好きじゃないけど嫌ではありません。
景色しっかりと楽しめるし。
きっと日常がめまぐるしく過ぎていくことに不満があるのかも知れません。
居酒屋も独りで楽しむときには、なるべくその店が暇な日を選びます。
嫌な感情が渦巻く世界でせわしなく動く毎日、えーいい感情の中で夢中で楽しく動く毎日。
どちらがいいか?って問われたら、もちろん後者の方がいいに決まっているが、また別次元の楽しみ方ってあるんだと思う。
ってことで、滞る状況も感性を変えれば楽しめる。
んー感性の有り様の柔軟性が必要なのかな、楽しむためには。
そういえば数日前多分10年以上振りにパチンコをやってきた。
その日は、二日酔いとやる気のなさと自己嫌悪、疲労の蓄積、感情の谷間ってことで怠け者に徹する日に勝手にした日であった。
私は、結果怠け者になるのは嫌なので、時々自主的に怠け者になることがある。(変な奴です)
で、その日はここ数年で一番の怠け者になったので、若い頃に定職を持たず、日々パチンコの開店時間に並んで、その日の生活費を稼ぐって暮らしの頃の私を思い出そうってことで、パチンコを打ってみました。
今のパチンコってカードで玉買うんですね。(多分古すぎ)
もう、戸惑ってばかり。とりあえず3000円買いました。
まあ、私は運がいいので玉が出るのはわかっていたんだけど、適当に選んで、魚がルーレットで揃うと玉が出るって台で打っていました。
まあ、運がいいのでどんどん出るのですが、500円ぐらいでどんどん出始めたのに、いつの間にか3000円のカードの残金は無くなっていて、どういう仕組みかわからずじまい。
って言うか、画面を見ていても水着を着た女の子が、スゴイとかもう一回とかラッキーみたいなことを言っているんだけど、それが何を意味するのかわからない。
まあ、基本的には魚が揃えばたくさん玉が出てくるってことだけは理解できていたので、玉が無くなる前に揃い続ければいいっていう単純なルールだと理解した。
大音量の中1時間あまり我慢したけど、つまらないのと、出てきた玉をすくいだすのが面倒で、店員さんにもうやめたいって言ったら、溜まった玉4箱を台車に積んで運んでくれた。
へーパチンコ屋さんも親切になったもんだ。
で、そこに居ると玉を数え終わったレシートを持って来てくれた。
私が、レシートを待っている間、台の近くに立っていたが、なぜか2、3人私を取り巻くように集まってきた人が居る。
察するに、私はおいしい獲物を放棄しようとしているらしい。
知識が無い私にはわからないが、その台は今ならきっともっと玉を出す状態になっているのだと思う。
で、レシートを持って店内の景品交換所へ。
チョコレートに変えられますって言われて、えっ、4箱の玉全部チョコレートにしたら凄いことになるってちょっとあせって、換金したいんですけどって言ったら、端数の玉がチョコレートになりますって説明で、俺何勘違いしてるんだって反省しながら、ライターの石みたいなものの束とチョコレートをいただいて、換金する場所を確認して外に出ました。
換金所のおばさんにひとにらみされた。
多分通常のやり方と比べてプロセスがたりなかったのだろう。
で、結局3万ぐらいのお金になった。
ということで、怠け者の一日は無事〆たのだけど、パチンコはもうやらないだろうと思う。
あれは怠け者がやるゲームじゃない。
スピードしかり、戦略しかり、仕事としてやるべきゲームだと思う。
私にとっては、ゲームとしてやるって仕事なら今の仕事の方が全然面白い。
んー、人は短期スパンで結果が出るほうが魅力的って思うのかな。
ある程度長い計画を成功させる方が面白いと、私は思うが。
ってことで本日の夜の雨の停滞感は和むって話にも戻ったりする。
長期的計画においては停滞を楽しむ感性も必要なのだと思いますよ。
だからといってづーっと停滞してることを肯定してはダメですよ。
想定内の停滞でなければ。
私が思ってる結論を言えば、物語の否定がはびこっているって思います。
短絡的な結果に照準を合わせた考え方のみの世界になっているって思います。
物語の書き手にとっては、停滞もドラマに出来るし、最終的に行き着いたところを、実は次の段階に進むための第1歩だって言って物語を深めていける。
重層化に目を向けずに、短絡的な方法論の中から、今騙せる方法を選ぶってことを今やりつくしちゃったんだって感が否めない。
今一度人そのものの持っている要素を、まるっきりひっくるめた理論なり文学なり文化なりに目を向けなくちゃね。

飲食系達人の人気ブログ一覧です。
確認してみてください。

ブログランキング

このブログ、たくさんの記事になってしまいました。
お暇なときにじっくりとお読みください。

では。

上を気にする癖がある。
家に居ても居酒屋に行っても、その辺散歩しても時々上を見る。
上を見たって別にかわったものが見える訳ではない。
天井や青空が見えるだけである。
しかし感じるなんかがある。
もしかしたら俯瞰してる視線と同化しようとしてるのかも知れない。
自分が無様か確認しているのかも。
もしかしたら変わらぬ青空と心のあり方の差異を見ようとしてるのかも知れない。
たとえば広さとか。
もしかしたらはしゃいでるこの場の真実を見ようと思ってるのかも知れない。
清浄な空気の元ではしゃぎたい。


って、わけのわからない詩みたいな文章を書いてみたけど、結構そうだなって勝手に思ってる。
逆に考えると、無様な自分が何かに固執して心が狭くなりいつの間にやらそんな空間でくだを巻いてる。

って情けないし、間違ってるとは言えないが、発展性が無さ過ぎる。

多分自滅する人は、地面ばっかり見て何年もすごすのだと思う。

天井の気楽さ、青空の広さ、感じてください。

居酒屋の良し悪しを判断しようと思うなら、上を見てください。
人と天井までの空間が清浄だったらとてもいい居酒屋です。
濁っていたら、もしくは目線の空気と一緒だったらさほどいい居酒屋とは言えません。

時々空を仰ぐ。
お薦めです。
UFOに出会う機会が増えます。
では。

飲食系達人の人気ブログ一覧です。
確認してみてください。

ブログランキング

このブログ、たくさんの記事になってしまいました。
お暇なときにじっくりとお読みください。

では。

今日昼ご飯は、レストランに行ってきました。
シーフードレストラン。
カニピラフが名物のちょっと地方では有名店。
何店舗があって、いずれも動物を客席から見られるようになっている。
猿がいる店、フラミンゴがいる店、水族館みたいな店。
で、今日は水族館の店にてカニピラフ。
おいしいですよカニピラフ。
殻ごと塩味で炊いたピラフ。
えーと、ピラフってのは洋風炊き込みご飯です。
ご飯と具を炒めたののがピラフって思っている人がいますが、それは洋食で言うとバターライスになります。
中華で言えばチャーハンですね。
ピラフ系にはパエリア、ホントの石焼ビビンバ、ちょっと違うがリゾットなどがあります(リゾットはおかゆ系ですね)。
米から調理が始まるか、ご飯にしてから調理するかの違いですね。
日本の釜飯は微妙です。
釜飯用の芯が残ったご飯を炊いてから、具とあわせもう一度炊きますから。
ってな話は置いておいて、人が自身をどう判断するかって話。
本日のシーフードレストランで接客していただいた方、とてもいい印象を受けました。
新人と思えるうら若き女性もいましたが、自身の接客能力のなさを自身で十分理解しているらしく、すまなそうに接客していました。
とっても好印象。
で、思ったことは、「無知の知」ってことかな。
自分が無知であることを知る能力。
居酒屋で接客されて一番頭に来る奴って、仕事を理解してない奴って思っていたが、違うようである。
一番腹が立つのは、自分を誤解してる奴だった。
実像に対し虚像を信じてるため、見ていていちいち頭にくる。
実像の欠点を指摘すると、虚像と照らし合わせ、言い訳、取り繕いをする。
んー素直、謙虚って言葉は飲食業の基本ではなかったのか?
自身の実像を受け入れるって多分勇気がいる作業だと思う。
やっぱり勇気ある謙虚さっていう日本人の美徳はもう一度学ぶべきであると思う。

ご協力(クリック)お願いします。
って参考になるブログチェックは為になると思いますよ。

ブログランキング

このブログ、たくさんの記事になってしまいました。
お暇なときにじっくりとお読みください。

では。
居酒屋の店主に、店長に何が一番必要な資質だろうか?
私は臆病さだと思う。
お客さんは喜んでいるのだろうか。
こんな料理で満足してくれるんだろうか。
アルバイトはお客さんに迷惑をかけていないだろうか。
で、その臆病さを補うために店主、店長はさまざまな努力や工夫をする。
いい居酒屋ってのは、臆病さを埋めるために行った施策が、お客の心に届いたっていう居酒屋なんです。
客側から見ると、積極的な施策に思えるいいサービスは、本当は臆病さが生んでるんですね。
俺はこんな人間だから理解しろってスタンスではなく、俺はこんな人間でしかないから足りない部分は努力で補いますってスタンス。
感動は優秀な人が作り出すんではなくて、こんな人間ですいませんって思う人が何とかしたいって思うプロセスで出来ていくもんなんですね。

ご協力(クリック)は、お願いします。沢山の人に知らせたいって思った方、ご協力を。
って参考になるブログチェックは為になると思います。

ブログランキング

このブログ、たくさんの記事になってしまいました。
お暇なときにじっくりとお読みください。

では。 (ダッシュ!) しなくともいいのに。

あいたた た

テーマ:

老舗居酒屋に独りで来て「いつもの」って頼んで、店主に「お客さん、いつものってなんでしたっけ」と大声で聞かれる人。
大体いつものって頼む人はいない。
居酒屋側から座っただけで出てくるか、いつものビールでいいですかって聞かれる場合しかない。

「マスターこれおいしいね、こないだ来た時も食べたんだけどホントおいしい。」
「マスターいい酒だよねこの酒、蔵にも行ったことあるんだけど、マスターいい選択してますね。」
「ねえ、マスター」「マスター。」「マスター、」マスター攻撃の褒め殺し客。
マスターちゃんとした常連客とわざと話をしながら無視。

チェーン居酒屋で、日本酒は燗が旨いんだよって同行者に力説し、久保田の千寿燗でって頼んで、見ていると頼まれたアルバイトは思いっきり困っていて、ついに酒燗機(一升瓶が逆さに刺さっていてお燗をする機械)から大関を抜いて、代わりに久保田を刺し入れた。そのまま徳利に酒を注いでお客さんに持ってった。
お客さん、「な、旨いだろ」って同行者に自慢。
酒燗機って刺した一升瓶から事前に酒燗機内の温める箇所に酒を移動させて温めているため、酒燗機内残酒を抜かないといけない。
だから久保田が刺さっていたにしろ、今飲んでる酒は残念ながら大関です。

「おい、適当に見繕ってつまみ出してくれ」って大繁盛の大急ぎで仕事している居酒屋で言い出す奴。

メニューを見ないで勝手なつまみを頼む奴。
チェーン居酒屋で「日本酒を冷で、あとこのわたをくれ」「何?このわたも置いてないのか、ふざけた居酒屋だなこの店は!」

ははははは。って人たち。結構見かけます。


ご協力(クリック)は、お願いします。沢山の人に知らせたいって思った方、ご協力を。
って参考になるブログチェックは為になると思います。

ブログランキング

このブログ、たくさんの記事になってしまいました。
お暇なときにじっくりとお読みください。

では。 (ダッシュ!) しなくともいいのに。