頼るな。君はまだ出来ていない

テーマ:

部下に対して何が出来るのかが上司の力量になります。
「何故こんな状況が起こるのか、対応策を考ろ」と言ってお終いの上司は失格。
上司としては、解決策を考え、こうしたらどうだろうと部下に提案し、そのためにはこの部分をやってくれないかと、計画、問題解決、支持、部下の理解、その徹底まで心砕いて行動したやらなければならないって思う。
基本的に部下は上司より弱い立場にいるし、上司を尊敬しようとしている。
ならそれに見合う結果を上司は部下と共に作り出す責任がある。
作るのは上司であって何もかにもお膳立てして始めなくちゃならない。
性格の強さとか言い方の強さにかまけて、何で考えないんだ?って言う時、考えてないのは貴方自身なのである。
上司たるものが部下と共に結果を作れないないのならそれは上司の怠慢でしかない。
問題に対して回答を結果を出すことを着地点まで線引きしたり求め続けたり、やり方を示すのが上司の役目であり、そのやり方を示さないまま、何で言ったのに結果が出ないんだってのは最低である。
様々な人間がいる。
やろうとしない人。
やったつもりになってる人。
やってるつもりが結果が伴わない人。
プロセスでの議論はすばらしいがそれだけの人。
自身に答えを内包しなさい。答えと方法はいつでも示すことが出来なければ失格。
それから始めれ部下を導きなさい。
それが出来ないのならやり方を変えなさい。
現象に対して一番考えない、答えを内包できないってことがあるのなら、迷惑だから野に下ってください。
未熟を自身で許す人、そんな厳しいことは自身に誰も突きつけてられてないよって思う人。
降りてください。
自分より考えが低い人沢山いますよね!?
そう言った時があなたの負けです。
そんなの当たり前じゃないか!
それをどうやって組織として引っ張っていくかが問題じゃないのか?
各個人の正当性を叫ぶ輩の世界にいて、それを変えようとはせずに同じ基準で声の大きさや正当性の優劣を判断基準にした時点で終わりなんだよ君は。
もっと深く決心する必要があるだろう。
一言のバックボーンに全責任とその先の発展性を保障するぐらいの。
自身の思いと相手ではなく、自身と自身が発した言葉の重みを感じてもらいたい。
多分ミッションを自分のものだと思ってないのかな。
各自同じミッションを同レベルで共有することが必要だと実感できてないのだろう。
まあいいよ、暫くは俺が頑張るから。


飲食系達人の人気ブログ一覧です。繁盛と姿勢が学べまーす。

ブログランキング

このブログ、たくさんの記事になってしまいました。
お暇なときにじっくりとお読みください。

AD

コメント(2)