居酒屋に限らずコンビになども含めチェーンストアで不思議に思うこと。
スーパーバイザーと思われる方の人相が悪い。
コンビになどでもそうだが、スーツにネクタイで店内を回っているスーパーバイザーの方を見かける。
ちょっと怖い雰囲気。
レジがたまたまいなくて、その方にレジをやっていただくと恐ろしく無愛想。
手際はいいが、この人店に接客指導としても来ているのに、一番イメージ悪い。
店長と思われる方が疲れてる。
投げやりな感じが多い。
笑顔でも無理してる、努力している感が伝わってくる。
アルバイトさんに商品知識がない。
毎日運んでるメニューのはずが、商品に対しての思い入れがない。
聞くと戸惑って、確認してきますって戻って、とってつけたような説明をされることが多い。
せめて自分が食べた感想を素直に語って欲しいと思うのだが。

そういえばこんな話を聞いた。
ハンバーガ屋さんに行って、シェイクのSサイズのみのテイクアウトを頼むとびびられるって噂を。
とどめに、ストロー刺してもいいですかって聞かれたら、刺さないで下さいって答えるといいらしい。
これは、シェイクの雑菌を本部側で抜き打ち検査しに来たって思われ警戒されるとのこと。
まあ単なる噂ですが、覆面調査を含めてある程度の抜き打ち的な調査が入るのはよくあることである。
悲しいのは、普通のお客さんの時には適当に惰性で接客しているのに、本部の調査に対してはアンテナがバリバリ立っているって事だ。

本部は客を見ないで、店や従業員の欠点を探そうって躍起になり、従業員側も客を見るより本部の指摘を回避することに躍起になっている。
客としてはそんな姿勢が気に入らないって思っているがしょうがないので無視してるって状況。
そろそろ気付いて欲しい。


飲食系達人の人気ブログ一覧です。繁盛と姿勢が学べます。

ブログランキング

このブログ、たくさんの記事になってしまいました。
お暇なときにじっくりとお読みください。

AD

いい情報ってないじゃん

テーマ:
人生一寸先は闇って言葉には、だから人生が面白いっていう逆説的な意味もあった。
今は違う。
一寸先を闇と捉えたら、悪い罠に絡め取られる事が確実って時代である。
罠は巧妙になってきており、長期的な罠や、マクロ的な罠や、ミクロ的な罠が網羅されている。
まあ勝手気ままに生きてる人と繋がることが好ましい。
こっちも勝手気ままが一番であると思う。
人ってのは本来何らかの嗜好性を持っているわけではない。
あえて言うなら楽しそうって所に向かおうとするだけだ。
それでいいんだと思う。
気に入った特定の居酒屋に通う時期はあるが、それは一側面が気に入り飽きない間だけのことである。
その側面を学んだ後は、たまに昔を懐かしむようにふらりと訪れることになる。
居酒屋側もそのところは理解し、特定の魅力を用意することが繁盛に繋がると思う。
私達が注意しなくてはならないのは対立の構図である。
対立した時点でどちらも間違っていると理解する必要がある。
判り易いのは、例えば宗教。例えばイデオロギー。
身近なところで言えば、会社内の派閥、利益分配。
対立した時点でどちらも大きな間違いを内包せざるを得ないと理解しなくちゃならない。
宗教にしてもイデオロギーにしても、かゆい言葉だが、皆幸せに生きるにはってのが本来のテーマ。
どちらかの当事者になった時点でお終いだって思わなきゃ。
まあ一番いいのは、大通りを下駄を鳴らしてオス、オスって能天気に歩き進んで行く事だと思います。
逆に言うと皆さん路地裏に迷い込んでいて、結構大通りはすいていて歩きやすい今です。
TV見ない。ネットやらない。携帯持たない。これがコツです。ね。
やってみると爽快感がありますよ。

飲食系達人の人気ブログ一覧です。繁盛と姿勢が学べます。

ブログランキング

このブログ、たくさんの記事になってしまいました。
お暇なときにじっくりとお読みください。

AD
遅い昼食を取ろうとして街を歩いていたら、突然の雷雨、一番近い喫茶店に入った。
ここは何度か来ていて、場末な感じの喫茶店。
とりあえずカレーライスを。
カレーライスがおいしいわけじゃない。
ここのメニューの中では比較的普通の味覚に近いから。
だまになったルーの塊が混じり、鍋底に焦げ付いた黒い物体も混ざり、多分鍋からルーをかけるとき鍋下のすすだと思うが、それが皿のふちについている。
店内は喫茶店って言うより、場末のスナックって言った感じ。
ばしゃばしゃとたたきつける雨を見ながらカレーを食った。
アイスコーヒーも頼む。
ガムシロップがかき回しても溶けない。
コーヒーが薄くて比重が溶け合うところまで行っていないのだ。
ここは中年の男3人でやっている。
マスターと呼ばれる初老の男。
なぜかカウンターから出てこない、河童みたいな髪型をした男。
マスターにいつも文句を言っているが、お客さんに声をかけられることを恐れてる。
もう一人は時々調理もするが、いつもカウンターに座って就職先を探している男。
店の公衆電話から、面接の申し込みをしている。
今日も面接の申し込みをして、今から行きますって出て行った。
面接男が出て行くと、マスターと河童男が面接男の悪口を一通りやる。
この3人の関係は各々軽蔑しあうことが出来るってことで成り立っている。
この関係の外では軽蔑される側にいつも居たんだと思う。
いろんな関係のあり方があり、いろんな次元で自分たちの世界を作ってるのが人だと思う。
自分もそんな一人だと思う。

そういえば、小学校2年生の頃だと思う。
年上のいとこが漫画の本を貸してくれた。
その中に落ちていく人って漫画があった。
ある穴に自殺者が身を投げるのだが、その穴は底なし。
とにかく落ち続ける毎日が始まる。
落ちることが日常になった先輩自殺者は、落ちてくる物を集めて小屋を作りそこで寝泊りしたり、自炊したり、農業を始めたりしている。
中にはまた失望して落ちてきた縄で首を吊ろうとするが、縄も一緒に落下してるので死ねないなんてギャグがあったり。
結局は落下の日常の中で酒を飲んだりしながら楽しんで、時だけが過ぎ年取っていくって話だった。

なんかな。
居酒屋で飲むことは、擬似落下体験って部分も私にはあるな。
落下を始めていないことの証明で、擬似落下して試すって感じが。
ちょっと今日は永井荷風が少しはいってしまいました。では。


飲食系達人の人気ブログ一覧です。繁盛と姿勢が学べます。

ブログランキング

このブログ、たくさんの記事になってしまいました。
お暇なときにじっくりとお読みください。

AD

命って水同盟

テーマ:

鍾乳洞に行ってきた。
確か子供の頃一度ここには来たことがある。
石柱が育つには恐ろしく長い時間を要するらしいから、鍾乳洞としては一瞬なのであろう。
老若男女が混じった集団の列は、一番歩みの遅し人の歩調でゆるゆると進んでく。
途中で案内のおじさんが、ビル9階ぐらいの高さを移動しますって言ってたけど、事前に全容が見せられたら入らなかった人って沢山いるだろうなって思えるような、足の不自由なご老人まで参加しているのが面白い。
ライトアップされた洞窟内は美しかった。
こうもりも飛んでいた。
3種類生息しているとの事。
気温15度、湿度90%以上の洞窟内を、水滴に時々驚きながら歩いてきた。
40分のゆっくりとした探検であった。
ところどころにワイセラーが設置させていた。
山葡萄のワインを洞窟内で保存して熟成させているって説明書きがあった。
お土産屋さんで売ってた地元の天然水を買って飲んだ。
なんとモンドセレクション3年連続大金賞受賞のミネラルウオーターである。
甘い、驚いた。
水で感動したのは久しぶりだ。
お土産屋さんでラベンダー摘み無料券を2枚貰ったので、暫くラベンダーを摘んだ。
プラスチックのカップを渡され、これが一杯になるまで摘めるらしい。
かなり摘まないとそこまでにはならない。
途中から気分は庭の草むしり状態に。
一杯にしないで終了した。
受付に鋏を返すと、沢山のラベンダーを補充して渡してくれた。
食事は少し離れた蕎麦屋に入った。
お冷がモンドセレクションだった。
井戸水を使っているのであろう。甘い。
ぶっ掛け蕎麦ってのを頂いた。
なめこ、山菜の水煮、大根おろし、おろし生姜、針海苔、ねぎ、わさび、海老天がつめたいそばの上に載っている。
そこに冷たい掛け汁をたっぷりかけていただくやつ。
蕎麦は田舎そばってメニューには書いてあったが、玄蕎麦が多い黒っぽい蕎麦で、太めに切られて少しだけ茹ですぎって感じの、なるほど田舎蕎麦って感じで名人感をまったく排除して、普通で旨かった。
しかも、蕎麦と汁に使う水はモンドセレクションですからね。
今日は水を感じる日だった。
帰路山の上で小雨が降ってきた。
ワイパーが拭う水滴もおいしそうに思えた。
車の中はラベンダーの香りが充満していた。


飲食系達人の人気ブログ一覧です。繁盛と姿勢が学べます。

ブログランキング

このブログ、たくさんの記事になってしまいました。
お暇なときにじっくりとお読みください。

よきにはからえ

テーマ:

週末は大抵電車で中距離を移動している。
私はなぜか長時間乗り物に乗ると真面目になる。
真面目になるってのは変か。
テンションが下がるって言うかはしゃぐ気分がなくなるって感じかな。
何故なんだろう。
景色がめまぐるしく動いて、自分は同じ姿勢のままの状態が続くからだろうか。
普段は部屋というか空間にある程度固定感があり、自分が動いてるって感覚だから思考もテンションも自分側で変えてくって感じになる。
それが逆転するから自分に固定感が宿っちゃうのかな。
気分的に言うと、若殿様。
何もしなくてただいるんだけど、周りが全部やってくれて進行していく。


「月日は百代の過客にして、過ぎ行く時もまた旅人なり」(間違ってないかな)
こんな気分になっているのかも知れない。
しかし芭蕉の奥の細道のこの書き出し凄いな。
逆に言うと、大した乗り物がないときに、この感覚を持てるってのは鋭いな。
もしかしたら馬に乗れたのかな。
実は奥の細道の旅は歩いたのではなく、馬で駆け抜けたって仮説も面白いな。
芭蕉は伊賀だか甲賀だかの出身で、芭蕉忍者説ってのもあるし。
で、この記事も電車の中で書いている。
OFFに向かう電車なので、缶ビール片手に居酒屋電車と化している。


田んぼに白鷺がいる。


白鷺に遅れて我に返りけり  柳橋卓美


白鷺は夏の季語。
炎暑の中、田んぼの中で一方向をじっと見ている白鷺をイメージして。
なんだかなぁって虚脱感となんかいいぁってしみじみ感。
電車居酒屋の楽しみってこんな感じです。


飲食系達人の人気ブログ一覧です。繁盛と姿勢が学べます。

ブログランキング

このブログ、たくさんの記事になってしまいました。
お暇なときにじっくりとお読みください。