品格。

テーマ:
なんだか去年くらいから大相撲に

ハマっているオヤジニヒヒ

誰が勝つとか誰が優勝しろとかではなく、

ひたすら白鵬に『負けろメラメラ』ってテレビの前で

おまじないをかけているんだぜにひひチョキ

さて昨日も早々と相撲中継を見ようと

テレビをONひらめき電球

えっ!?スペシャルゲストにオヤジの嫌いな

Sが出てるじゃねーかガーン

しかもコイツ偉そうに相撲の事を語るし

ある場面では横綱の品格についても

語り出しやがったムキー


遡ること30年…

高校を卒業し調理の専門学校に通いながら

ウェイターのアルバイトをしていた

札幌駅近くの某ホテルホテル

そこにはちょいちょい有名芸能人も訪れ

高校を出たばかりの田舎者だった少年には

生まれて初めて見る芸能人に、なんだか

ドキドキしたのを思い出すカナヘイきらきら

ある日そこへやって来たのは「S」

芸能人とは言えど特別に扱うこともなく

広いホールの中を一般のお客さんと同じように

接客をするんだが、なんだか偉そうなSむかっ

「おい!水持ってこい」とか

「コーヒーのおかわりくれ!」

「おい!ボーイ、片付けろ」とかって

常に命令口調むかっむかっ

それはテレビで見るような

笑顔のSではなく、ただ嫌な客というより

偉そうなただのオッサンとしか少年あきら君の

目には映らなかったわけだな。

まぁそれでもオヤジはバイトの身汗

ホテルのサービスという意味ではどんな客も

平等に扱わなきゃならないのは当然ガーン

その後も浴びせられる雑音に絶えたのは

言うまでもないがソイツのことはそれ以来

大っ嫌いになったのは言うまでもない。




古い話では朝青龍の品格について

語り出したSドンッ

コイツの話など一切聞く耳を持ってないので

何を話してたかなんて記憶もないが、

飲食店でこのような無礼千万な態度をとる

Sという人間がいっちょ前にテレビで

品格について話すなんて…

余程NHKに苦情の

電話でも入れてやろうと思ったが

それも時間の無駄滝汗

これからの将来、万が一にもオヤジの店に

Sが来て生意気な命令口調で話そうもんなら

オヤジの逆鱗に触れ罵倒されるか

このようなお客にはお会計金額が

べらぼうに高くぼったくられることを

品格の欠片もないオヤジが公言してやるぜにひひチョキ



因みにモノマネタレントのKも同じくらい

品格のない男だったっけ・・・汗汗

AD

帯広。

テーマ:
昨日の夜の帰り道たまたま見た温度計

マイナス15.8℃雪の結晶滝汗

なんじゃこの寒さ汗

オヤジの自宅は店からちょーっと

離れているにしてもこんなに寒いのかよガーン



さて思い起こせば…そう1月15日、

21年前、リーマンだった頃のオヤジ

初めての単身赴任が始まった日だったひらめき電球

赴任先は帯広。

当時はまだ高速道路も整備されてなく

車で札幌まで三時間以上はかかったっけアセアセ

そして何より帯広の寒さ汗汗汗汗

確か行ってからの2~3日立て続けに

マイナス20℃の連続。

よそ者を受け付けないと言う十勝王国の

厳しい洗礼を受けたんだなガーン

当然のごとく風邪をひいたオヤジドンッ

夜中に点滴をしにいった救急病院病院

なんとも切ない思いをしたもんだ。

そんなこんなで始まった王国での生活。

営業先のお客さん達も最初は冷たかったが

段々と親しくなって

「お兄ちゃん単身赴任なんだから

これ食べなさい❗」ってオバチャンに

もらったフキの煮物滝汗

当然この頃も他人の作った🍙が

食べれないのでフキの煮物など

食べれるわけがないガーン

オバチャンの優しさもありがた迷惑汗

その後ももらう油揚げの煮たやつやら

豆の煮たやつを、お世辞にも綺麗とは言えない

タッパに入れて持ってきてくれていたガーン

余程オヤジが煮物が好きなように

見えたのか滝汗

オバチャンだから煮物が多いのか...

毎回のように食べたと偽り会社の同僚に

渡したりしていた。


話はがらりと変わるが帯広はなにかと

旨いものが多い。なんと言っても豚丼が有名ひらめき電球

昼間は豚丼屋さんを気取っている

オヤジのルーツはここにあるわけだなにひひ

そしてインデアンカレー。

札幌のスープカレーを否定する訳ではないが

やっぱりカレーはルーカレーって感じカレー

札幌にも是非出店してほしいもんだが

帯広に行く楽しみがなくなるからなニヒヒ

その他にもとんかつの清竹、エルパソ、

アパッチのカレー、ジンギスカンは有楽町。

あ~ぁ帯広に行きたくなってきたあせる












AD

健康祈願。

テーマ:
冬はサビーナー

っていうあき竹城のテレビCMテレビ

札幌を舞台としたこのCMだが、

商品名のサビーナとさみーな(寒いな)を

かけているんだろうが、

さみーなぁ~なんて、

鈍った言い方をする北海道人に

会ったことは1度もないが今日は寒い雪の結晶

正月に特に旨いものを爆食したわけでも

普段から旨いものを爆食している

訳でもないが、オヤジの体は

極々いつものようにガリガリの状態ゲッソリ

栄養バランスのとれた食い物をとってる訳も

野菜を十分とっている訳でもないし

まして冬はチャリンコにも乗らないので

体を動かすようなことはなにもないので

益々健康に気づかいをしていないのだ汗

さて本来なら新年早々に履き替えたかった

店で使用の便所サンダル通称『便サン』

時々人はこの便サンをバカにするが

そこら辺のおっさん連中が履いている

靴底がスポンジっぽいサンダルより

遥かに強いチョキこの強靭なサンダルに

出会ってからは便サンの虜になったのだひらめき電球

そして今回カナヘイびっくり

見てくれこの黒光りしたボディー目


サンダル屋の親父曰く

「これは健康サンダルだぞ!

オヤジはすかさず聞いてみた…

「健康になれるのか?

「…なれる。」

おぉーアップアップアップ

すげぇー見てくれ!?


健康になりそうな磁気が3個も付いてるぜ笑い泣き

『おたふく磁器付健康サンダル 2040円ひらめき電球

2040円で健康になれるなんて素敵すぎるあせる

今年はこれで健康もバッチリだにひひチョキ

AD

ロマンス そして…。

テーマ:
12月の札幌はなんと50年ぶりと言われる大雪雪

ホワイトイルミネーションも雪と合間って

街中を彩りカナヘイきらきら、そして

間もなくやって来るクリスマスクリスマスツリー


恋人達…

夫婦…

男と女…

♂と♀…

凸と凹…



出来ることなら妻、敏子(49)の唇より

留美ちゃんの唇と熱い…唇


うんんぅぅぅぅぅぅうぅん…ぅぅ…


しかし…そのクリスマスまでには留美との

この関係に終止符を打たねばならないハートブレイク

気持ちの晴れない重夫もやもや

対照的に留美といえば…

今年のクリスマスは3連休音譜

年に1度のクリスマスに期待を込めるカナヘイハート

重夫さんとどんなクリスマスを過ごそうラブラブ


レストランで食事赤ワイン


お洒落なホテルの部屋カギ


今年一番の下着で勝負ねビキニウフっラブラブ


重夫さんからどんなプレゼントを

もらえるかしらプレゼント

私は何をプレゼントしようかな乙女のトキメキ

そんなクリスマスを前に

またやって来たしがない店ガーン

ふたりはいつもの、入って左側の

人の目には付かないと思っている席にカナヘイハート

そして留美はいつもの角を隔て

重夫の右側に座った。

留美はクリスマスの過ごし方を相談しようと

ワクワクしていた音譜

重夫はいつ別れ話を切り出そうか

ゾクゾクしていたガーン

僕はハイボール、

留美ちゃんは何を飲む?

届いたグラスで乾杯をしたが

いったい何のための乾杯なのか…

あと数日でやってくるクリスマス…ダウン

勇気を振り絞り言葉を発した重夫

「留美ちゃん、今までありがとうおねがい

「えっびっくりなに?なんなのよ!?

「もう終わりにしたいんだショボーン

「どっどうしてガーン

「・・・。ゲッソリ

「いや!嫌よプンプン

「これ以上無理だよ…ニヤリ

言えたひらめき電球言ってやったぞカナヘイ!?

「どうしてそんなこと言うのえーん

突然泣き出した留美アセアセ

しかしその涙を重夫はもう止めれない

泣くがいい!

そんなの関係ねぇ笑い泣き

そんなの関係ねぇ笑い泣き笑い泣き

こぉ~のぉ~むかっストーカー女めっドンッドンッ

そうだ重夫はこの留美という重たい女に

ウンザリしていたのだったガーン

いつ会社にバレるかビビり滝汗

いつ嫁にバレるかビビり滝汗

決して裕福とは言えない

重夫の財布の虫だった留美を切り捨てるのに

どれだけの時間と金を費やしたことかカナヘイ!?

うまくいったら今日の飯はおごってやらぁニヒヒ

そんな身勝手な重夫ゲロー


泣き止まない留美と

なんだかモヤモヤが晴れ

血色の良くなった重夫カナヘイきらきらカナヘイきらきら



泣いてる女とスッキリした男の横を

トイレに行き交う人が不思議そうに伺う。



恋は盲目。

回りから見れば親子とでも思われるだろうか…

しかしそれも今日で終わり。

「お会計お願いします」

へい❗6200円になりやしたーひらめき電球

こうべを垂れ泣いてる留美を一瞬見て重夫…




「留美ちゃん2200円カナヘイびっくり




こんな日まで金を出せと言うセコい重夫に

なんだかとてつもなく腹立ってきた留美むかっ

心の中でナニかがメラメラと燃えてくるメラメラ

流れる涙は寂しさより悔しさに変わりムキー

やがて怒りに変わっていた…ムキー

気分の晴れた重夫と

目の腫れた留美に

「ありがとーございやしたー」とオヤジニヤニヤ

あれ?

この話はフィクションなのか

ノンフィクションなのか…汗

その後のふたりをオヤジは見ていない。


おわり。




やはり水戸黄門。

テーマ:
普段はアイドルとかに興味のなかった

オヤジの親父が唯一見ていた

芸能人水泳大会テレビ

アイドルの水着姿もさることながら

時々見せるオッパイのポロリには

そりゃ~誰だって

ラッキーラブカナヘイハートこんな気持ちに

なったに違いない。

そうだカナヘイきらきらオヤジが子供だった頃は

テレビでもオッパイはちょいちょい見れたが

規制がうるさくなったのか

現在のテレビでは外国の裸族を除いて

オッパイを見ることは皆無ゲッソリ

つまらない世の中になったものだゲロー

さて年も明けて1週間も経てば

テレビ番組も普通の番組になってくる

お正月の特番もいいが

オヤジのルーティーンでは

夕方に水戸黄門を見るのがイワユル

日常になっているわけだ。

さて2~3日前の水戸黄門。

題名は気にしてなかったのでうろ覚えだが

二人の頑固白髭なんちゃら…カナヘイびっくり

今回の作では水戸光國の幼馴染みの

お殿様だかなんだかが出てきた。

さてこのお殿様。お城の天守閣から

望遠鏡を使い、下界の様子を

覗き見しているド変態っぷりニヒヒ

水戸黄門と言えばお銀の入浴シーンが

有名だが、お銀演じる由美かおるの場合

オッパイを見たことは1度もない…が、

今回のお殿様が下界の覗き見の先に

行水をするオナゴを発見目

お銀と同じように所詮背中しか

見えないんだろうな…と思っていたら

ぬぁ~んとオッパイが見えたじゃないかびっくり

見直したぞ!水戸黄門アップアップアップ

イエーイラブチョキ

やーっぱり水戸黄門だよなグラサン

オヤジ48歳、オッパイを見て

こんなに嬉しかったのは久しぶりだ酔っ払い