【ブログ移行】
お世話になります。WEBサイトのリニューアルに伴い、活動報告も公式サイトに移行しました。こちらのブログでも告知等するかもしれませんが、基本はすべて公式サイトに移していきます。

岩本ゆうすけ公式サイト
活動報告ブログ

今後とも枚方市のために頑張ってまいります。
引き続きのご指導ご鞭撻よろしくお願い申し上げます。

【ポスター掲示・議員報告12号 配布にご協力ください!】
当方草の根の活動にて、ご協力いただける方、よろしくお願いします。
ポスター掲示にご協力ください!

【26年12月議会の一般質問がYoutubeにアップされました!!】


【連絡先・WEBサイトについて】
岩本ゆうすけHP: http://www.ganpon.net(リニューアルしました)
お問い合わせ先: お問い合わせフォーム
事務所 : 〒573-1151 大阪府枚方市東牧野町24-29
直通電話: 070-6654-6679

岩本ゆうすけ 枚方市の次世代にツケを残すな!-face
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-10-15 14:00:00

活動報告移転のお知らせ

テーマ:政治活動関係
お世話になります。
ホームページリニューアルに伴い、活動報告も公式サイトに移行させました。
こちらのブログでも告知等は行いますが、
基本すべて公式サイトに移っていきます。

http://www.ganpon.net/

今後とも枚方市のために頑張ってまいります。
引き続きのご指導ご鞭撻よろしくお願い申し上げます。

枚方市議会議員 岩本ゆうすけ
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-10-09 22:01:56

一般質問の動画がアップされました 平成26年第3回定例会 9月議会

テーマ:平成26年度 議会報告

9月議会(平成26年第3回定例会)は決算委員会のただ中でありますが、
先日の岩本の一般質問の様子がyoutubeにアップされていますのでご報告致します。


1.道徳教育について
2.就労支援・自立支援の取り組みについて
3.位置情報共有による防災対策について
4.不登校への対策について
5.留守家庭児童会室運営について

枚方市政や教育に関するお声を岩本までお寄せください。
今後も頑張ってまいります。

次世代にツケを残すな!
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-09-26 23:43:29

美術館条例に反対しました。枚方市9月議会

テーマ:平成26年度 議会報告

本日の議会にて、美術館条例が上程されました。
私岩本は今回条例化を急ぐ必要性がないと考え、またそもそも寄附の議決があった3月時点と状況が変わっていない等々の理由から反対をしています。

詳細は
以下の討論をご確認いただければと思います。



賛成が22名。
反対が10名。退席1名・・・だったように思います。

条例は可決しましたが、当初の寄附を受ける議決のあった3月議会でも反対が10名であったかと記憶しています。
 議会内で賛否が分かれ、また市民の反対の声も依然としてある。こうしたことを考えると、急ぐ必要があったのか疑問です。

●●以下 反対討論●●
ただ今上程されました、議案第26号、枚方市立美術館条例について清水薫 木村亮太 岩本優祐の3議員を代表して、反対の立場で討論をいたします。

先日の総務常任委員会で答弁があった通り、美術館については、市民の理解を得るために、あらゆる方策を講じていくということでしたが、まだ正しい情報を伝えきれていないのではないでしょうか。

今の質疑でも、1万人近くの署名に対して、市長からは「重く受け止める、丁寧な説明をしていく」という答弁でした。であれば市民の理解を得るための説明が必要です。

そしてよいことだけではなく財政負担や覚書のことなど、ありのまま、正確な情報を、しっかり伝えていく必要があります。

また、条例がない現在でも既に広報やチラシ等で周知を図っていることから、答弁にあった名称や場所等の周知を図るという理由での条例制定は不要です。

また、運営経費についても、支出総額が7000万超となり、財政負担も大きいものとなっていますが、 本当に成功させたいなら、市民などの巻き込みが必要ではと思いますが、現段階ではそうした動きはみられません。 そして、財政負担を圧縮させるのであれば、香里ヶ丘図書館との一体管理も必要ですが 香里ケ丘図書館の建て替え計画の具体的なスケジュールも曖昧であり、財源確保については不透明な状況です。

 寄附の議決があった3月議会の時点と、状況はあまり変わっていないのではないでしょうか。

 枚方市民全体の美術館と考えた時に、重要な特徴あるコレクションはなく、交通アクセスも非常に厳しく、反対の声も大きな状況です。今の時点では、市長の言っておられる、後世に誇れる美術館、多数の方が訪れ、市民に親しまれ、愛される美術館を実現できるとは思えず、拙速に進めることで、負の遺産になることが危惧されます。

 名称や場所等の周知のためだけに条例制定をする必要はなく、現時点では時期尚早であると考えます。

 以上の理由から、反対討論と致します。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-09-16 23:06:30

2つの請願の対応(美術館の請願)

テーマ:平成26年度 議会報告
916日(火)の総務常任委員会で、「集団的自衛権行使に関する」請願と「美術館についての再度の説明会に関する」請願の審議・採択がありました。私も総務委員として出席。 

現時点での美術館設置については、私も疑問を感じていますし、確認をしておかなければならないこともあり、いくつか質問を行いました。

 以下に質疑の要旨と私の行った討論を掲載しています。(今回は美術館について”再度の説明会”の実施に関する請願ですので、その点を踏まえてお読みください)

さて今回、私の質疑の中で、行政から説明会以上にあらゆる方策でもって説明をし、理解を得ていきたいという答弁を引き出すことができました。

今議会の中で、美術館設置条例について議決もあります。実際に行政がどういう動きを行っていくのか。また以前から指摘している、美術館の収支や方向性、必要性など行政に質問・確認しながら、最終の判断したいと思います。

(以下 質問要旨)
Q1 これまで説明会を開催されてきたが、今回の請願は「充分な説明がなされていません」とある。説明会にも参加してきたが今なお、行政の説明を聞かれた住民の理解に大きな溝があり、これまでの行政のやり方に問題ありと感じている。市民へ美術館についての周知はこれまでどのように行ってきたか。


A1
  市ではこれまで美術館について説明会を4回開催してきた。
 5/13に地元の開成、香陽、五常、香里の4校区コミュニティを対象とした説明会を開催し、6/15には広報で周知のうえ、全市民を対象とした説明会を開催した。また、7/24には市長出席のもと美術館説明会を開催、美術館整備の意義や、本市にとっての美術館の必要性、美術館整備による地域の活性化等について市長自らが説明をした。
 また、8/19には、地元住民の皆様に建設工事の安全計画や工程、車両運行ルートなどをお知らせするため、施工業者により工事説明会を開催し、工事説明会終了後も美術館の整備に関して質問やご意見をお聞きした。また説明会とは別に、地元自治会からの要請により、職員が出向き美術館に関する説明も行ってきた。

 またこの間、美術館に関する質問や意見など電話や窓口での対応、要望書等に対する対応など含め時間を掛け丁寧に説明を行なってきた。 


Q2 説明会の後、議員に配布された工事説明会の報告書を見ると何もなかったかのよう
な報告となっている。しかし実際は、説明の内容が聞き取れず、あれでは工事説明会としては成立してないのではないかと思う。これまで市主催の説明会の中で出た質問や意見はどのようなものだったのか。

●A2 これまでの説明会でいただいた主な意見や質問として、「市民や地元住民に知らせずに建設を決めたのはおかしい」「なぜ香里ケ丘中央公園が
美術館の建設候補地になったのか」「毎年約7,000万円の赤字となり市民の負担になるのではないか」「一時避難地がなくなってしまうのか」「公園の緑がなくなるのではないか」「香里ケ丘中央公園の利用実態を市は調査したのか」、「寄付者との覚書で30年以内に用途変更した場合に建設費を市が返還することは問題ではないか」「寄附を受ける美術品の鑑定はどうするのか」などの意見を頂戴した。それぞれの質問にお答えするとともに、事実と異なる点については、丁寧に正しい内容を答えてきた。

Q3 8月19日に開催された工事説明会において、市民への提供資料と施工業者の映像での説明資料が違ったこと、また、当初、予定していた和室が別棟で議会に資料で示されながら、その後、どうなったかの説明が十分になされていないこと、HPにおいて美術館の整備イメージや現況の建設予定地の植栽状況の資料が掲載されていながら市民への説明は行なわれていないこと等、市民は不信感を感じているようと思う。本来、全ての情報が固まった時点で情報提供を行なうべきでは。


A3  工事説明会での配布資料と映像での説明資料が異なったことについて、施工業者において配布資料を補足する説明資料として映像資料を活用されたもので、この映像資料も提供してほしいという市民からのご要望もあり、工事説明会後に市のホームページに掲載している。
 また、別棟の和室について、寄附者において計画され議会にお示しをした後、市として協議を進める中で、維持管理等の調整から取り下げていただいた。これについては、元々市民にお知らせしたものではない。
 また、植栽について、寄付者より現時点での敷地全体のイメージ図の提供があったことから、現況の樹木分布図と美術館建設による影響範囲として協議中の区域をお知らせするため、ホームページに掲載したもの。この資料の樹木分布等の内容の問い合わせについては、香里ケ丘中央公園を管理している公園課において個別に対応している。
 なお、美術館整備に関する情報提供に関しては、寄附者との協議の進捗に合わせ、適宜、市のHP等で情報提供に努めていく。


Q4 私は、これまで行われた4回全ての説明会に参加してきた。そこで感じたことは、説明会の体をなしていないということ。これまでとは異なる手法を考えていただきたいし、行政には市民への「説明」「周知」に徹底的に努力してほしいと考えている。

 加えて、市民全体への説明という点で不足があると感じている。あくまでも枚方市の美術館ということを掲げるのであれば、枚方市民、全市民を対象として説明をしていくべき。例えば、広報に掲載する、チラシを作成する、ケーブルテレビで放映する、というように、市民への説明の仕方は、色んなやり方があるのではないか。説明会も含めて あらゆる手段、更なる説明で、市民全体への説明・周知を行うべきであると考えるが、市の見解は。


A4 美術館の整備状況については、これまで市のHPを中心に市民への周知・情報提供を行ってきた。今後、広報10月号に美術館の特集記事を掲載するほか、建物模型とイメージ図を市役所別館1階と南部生涯学習市民センター1階 展示室に展示する。また、地元自治会の代表の方々へ説明する機会について、地元4校区のコミュニティ協議会と調整していきたい。さらに、ケーブルテレビでの放映を検討し、またチラシなどを作成して積極的に配布するなど、市民への説明・周知を強化していきたいと考えている。 


Q5 ここまで部長に答弁をいただいてきたが、市として市民への説明・周知についてどのように考えているか、副市長の見解を。


●(副市長)A5  これまで担当部長が答弁してきたように、あらゆる方策を講じ、誠意を持って市民への説明・周知を行い、美術館整備の課題解決に向け、市として全力で取り組んでいく。
 

●岩本の意見・要望

 これまでの対応としては、香里ヶ丘が中心で他の地域、市民全体には知らされていない、周知が不足していると思う。
 あくまでも枚方市の美術館として、税金が投入されるわけで、市民全体に向けて、しっかり説明していかなければならない。
 また前回の広報では、かかる経費は一切掲載されていないが、一部修正もあったことから、市民に対し、正直にすべての情報を出して説明をすべき。副市長の答弁にもあったように、あらゆる方策により、市民への周知・説明に全力で取り組んでいただくように要望する。

●●●●質問以上
以下は、討論です。


●美術館の再度の説明会を求める請願についての討論

本委員会における請願第8号の採決に当たり、採択に反対の立場から討論を行います。

本請願で指摘のある美術館については、昨年7月の総務委員協議会において市民の方から寄附の申し出がある旨の報告がありその後、本年3月に議決がありました。

その後に市民を対象にした説明会は4回行われ私も参加してきましたが、今もってなお、十二分に周知・説明されたとは言い難いと思います。

加えて説明会の中では、行政からの情報提供についてホームページに掲載されている資料が当日配布されないなどの不備もあり、そうした点で市民が不信感を抱いていると感じますし、これまでの枚方市のやり方・姿勢には問題があったと言わざるを得ません。

今後、そうした不信感を払しょくするためには、これまでの手法にとどまらず、更なる説明、あらゆる手段により、市民の理解を得ていく努力が必要です。周知・説明が丁寧に行われなければなりません。その中では、よいことだけではなく財政負担なども含め、ありのまま、正確な情報を、しっかり伝えていく必要があります。

市長出席の説明会、答弁では現時点で考えていないということでしたけども副市長もあらゆる方策と仰ってるわけですから、このことを検討すべきです。

一方で、今回の請願の質疑の中では、枚方市として市民全体に対して説明責任を果たしていこうとする答弁がありました。具体的には広報への掲載や、リーフレットの配布、ケーブルテレビの放映、自治会単位の説明会など副市長の答弁にもある「あらゆる方策を講じる」このことによって市民の理解を得ていく努力が行われることも一定確認できました。

こうしたことから今回、請願の趣旨に鑑みても、請願以上の周知・説明について枚方市の努力する姿勢がうかがえたことから、本請願について不採択と考え、反対します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-09-13 22:38:28

9月議会一般質問の通告をしました

テーマ:平成26年度 議会報告

9月11日、今議会の一般質問通告を行いました。

1.道徳教育について
2.就労支援・自立支援の取り組みについて
3.位置情報共有による防災対策について
4.不登校への対策について
5.留守家庭児童会室運営について


質問について、岩本まで皆様のお声をお聞かせくだされば幸いです。


11日以来、ヒアリングが始まってますが、来週もヒアリング中心の日々となります。(岩本の質問予定は22日)

次世代にツケを残すな!のスローガンで頑張りますーー


来週16日は総務常任委員として請願のために委員会に出席。案件は
 (1)請願第7号 集団的自衛権行使に関する請願 
 (2)請願第8号 美術館についての再度の説明会に関する請願
です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-09-10 09:39:15

今日から9月議会が始まります

テーマ:平成26年度 議会報告
今日から9月議会が始まります
案件、多いです(議案書に載っているだけでも報告8件 認定10件 議案33件・・)

決算(25年度)は別の日程で行われる予定ですが。
議案書は分厚いので、すごい紙の量です。

最低でも全ての議員分が印刷。 これを何とかできないかといつも思います。
(ペーパレス化の推進)

いずれにせよ、9月議会も気合入れて頑張ってまいります!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-08-22 23:52:47

来週から、9月議会に向けて委員協議会

テーマ:平成26年度 議会報告
来週から9月議会に向けての委員協議会がはじまります

来週から9月議会前の委員協議会が始まります。
今週の後半は、ヒアリングを行っていました。
(総務委員協議会の分と、議会改革特別委員会の両方の)

 ※委員協議会とは・・・枚方市の事業を所管している常任委員会ごと(総務・文教・厚生・建設)に構成される会議で、各常任委員会と同じメンバーです。定例会前に開催されることが多く、行政から案件の報告があり、それについて協議を行います。

私が所属する総務委員協議会は、8月27日(水)午前10時から開催されます。
開催場所はすべて、枚方市役所別館4階 第1委員会室。
案件は以下の通りです。

●総務委員協議会 <日時> 平成26年8月27日(水)午前10時~
(1) 社会保障・税番号制度の導入準備について
(2) シティプロモーションムービーの制作について
(3) 枚方市いじめ問題再調査委員会の設置について
(4) 第3次枚方市男女共同参画計画の策定について
(5) 中小企業退職金共済掛金等補助金の廃止について
(6) 防犯カメラの増設について
(7) 枚方寝屋川消防組合の分担金について
(8) 住居表示台帳の電子地図化及び住居表示用地理情報システムの導入について
(9) 60歳を超える職員の雇用のあり方について
(10) 施設白書(骨子)について
(11) 工事請負契約締結状況報告(平成26年4月~6月分)について
(12) 生涯学習施設と図書館の複合施設への指定管理者制度導入に向けての準備について
(13) (仮称)枚方市生涯学習推進基本指針の策定について
(14) 総合文化施設の整備に向けた進捗状況について
(15) 寄附を受ける美術館の管理運営等について
(16) 農地等の災害復旧支援について

●文教委員協議会 <日時> 平成26年8月29日(金)午前10時~
<案件名>
(1) 教育に関する事務の点検及び評価について
(2) 新学校給食共同調理場について
(3) 子ども・子育て支援新制度における1号認定者の利用者負担額について
(4) 枚方市立図書館第2次グランドビジョン 平成25年度の進捗状況について
(5) 生涯学習施設と図書館の複合施設等への指定管理者制度導入に向けた進捗状況について
(6) スポーツ施設の整備について


●厚生委員協議会 <日時>平成26年8月28日(木)午前10時~
<案件名>
(1) 初期救急医療体制の再構築について
(2) 難病及び小児慢性特定疾患の新たな医療費助成制度について
(3) 予防接種法に基づく定期接種の拡充について
(4) 産後ケア事業の創設について
(5) 枚方市総合福祉センター及び枚方市立老人福祉センター楽寿荘の使用料について
(6) 枚方市総合福祉センターの指定管理について
(7) ハローワークとの一体的な就労支援について
(8) 枚方市特定疾患者見舞金制度の見直しについて
(9) 障害福祉室所管施設の指定候補者の選定について
(10) 高齢社会室所管施設の指定候補者の選定について
(11) 包括的支援事業に関する基準、指定介護予防支援事業の運営等に関する基準及び指定居宅介護支援事業の運営等に関する基準の制定について(分権改革一括法関係)
(12) 子ども・子育て支援事業計画の中間とりまとめと新制度に伴う各種条例について
(13) 待機児童対策について
(14) 児童発達支援センター整備計画(案)について(中間まとめ)
(15) ひらかたの環境(環境白書)の概要について
(16) 収集業務時間帯の変更による市民サービスの向上について
(17) 診療科目の追加について
(18) 市立ひらかた病院の使用料、手数料等について
(19) 新病院における組織体制整備について
(20) 新病院整備事業の進捗状況について

●建設委員協議会  <日時>平成26年9月2日(火曜日) 午前10時から
<案件名>
(1) 社会資本整備総合交付金制度の拡充について
(2) 新名神高速道路の事業進捗について
(3) (仮称)東部スポーツ公園有料施設の使用開始について
(4) 鏡伝池緑地(市民の森)に係る休園日の変更について
(5) 枚方市自転車駐車場の指定候補者の選定について
(6) (仮称)新第1学校給食共同調理場建設工事について
(7) 総合文化施設整備に係る設計事業者の選定について
(8) 新病院整備事業の進捗状況について
(9) 中宮浄水場更新事業に係る基本構想・基本設計業務委託について
(10) 公共下水道第61工区新安居川ポンプ場整備工事(樋管・樋門)について

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-08-12 12:42:09

ポスター掲示について ご協力のお願い

テーマ:日々の事(岩本日常)
約4年ぶりに岩本ゆうすけ ポスターできました!

当方 無所属、草の根にて活動しております。
どうか、ご掲示頂ける方いらっしゃいましたら、ご一報下さい。
ご自宅・会社・駐車場、どこでも結構です。貼りに伺います。


実際、こんな感じです。

サイズはA2(60cm×42cm)です。

ご協力よろしくお願いします!

岩本ゆうすけ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-08-10 00:52:28

<台風11号の枚方市の対応について>

テーマ:防災・防犯

台風11号の接近について、9日の18時段階で、避難準備情報が発令されています。

<避難準備情報を発令した地域>禁野本町2丁目13番、枚方元町1番、宮之下町28番、香里園町12番、尊延寺4丁目6番、尊延寺6丁目15番

<開設した避難所>枚方小学校、開成小学校、香里小学校、高陵小学校、氷室小学校


枚方市のトップページも警戒を報せる赤基調のページとなり、緊張が高まっています。皆様、お気を付け下さい。
http://www.city.hirakata.osaka.jp/

<現在のトップページ>

<通常版>


これまでの枚方市の対応について・・・

●9日14時現在で、昨夜からの市内雨量が東部地域を中心に、
多いところで200ミリを超えるところがあり、枚方市は警戒本部を14時に立ち上げ、市内状況について情報共有や土のう対応等を行っています。


●9日18時現在、以下の地域に避難準備情報が発令されました。
明日10日未明から明け方にかけて強い雨が予想されており、土砂災害の危険性が高まる可能性があります。
念のため、避難ができるように準備を始めてください。

<避難準備情報を発令した地域>
禁野本町2丁目13番、枚方元町1番、宮之下町28番、香里園町12番、尊延寺4丁目6番、尊延寺6丁目15番

<開設した避難所>
枚方小学校、開成小学校、香里小学校、高陵小学校、氷室小学校


気象庁による大雨警報(土砂災害)が発表され、土砂災害警戒情報が10日の午前4~5時頃に発令される可能性があります。市は、今後も警戒本部体制を継続しながら、情報収集及び各部の対応を行うこととしています。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-07-24 13:09:16

美術館、突如現れた茶室。美術館に離れの和室(茶室)は不要では!

テーマ:日々の事(岩本日常)
本日は開成小学校にて、美術館の説明会があります。

先日、7月24日に行われる美術館説明会の資料について、市議会議員に文章が配布されました。この中で、美術館とは別に和室の茶室が建設されるということが図面に掲載されていました。そして、その周辺に和風庭園の整備。

和室のある美術館の図面枚方市

美術館のスケジュール枚方市提示

なぜ、和室(茶室)が勝手に建設されるのか。
7月10日に配布された資料、それまで一切説明がなかった、和室(茶室)。
誰も知らされていない。3月26日の議決時点はもちろん、その後も6月の協議会でも一切なかった。

これまでの説明会では、行政が
「議決がなかったので説明できなかった」「寄附者の強い意向で」
この二つでずっと説明してきた。
こうした言葉に批判があったこと、分かっているはずなのに、なぜこのタイミングなのか。

担当課と話しても、もともとは美術館の2階にあったものが変更となったという。
年間7,400万円の運営費と言っていたが、これ以外にもまた多額の税金が使われるのではないか。後から変更、後から変更。

7,400万円など安いもんやという声もあったそうですが、私にはそうは思えません。
一般財源から出すわけですから、何を削るのか、そして美術館の運営のために削らなければならないものなのか、行政はしっかりと説明をすべきです。
(たとえば、教育や浸水対策、道路整備、施設の老朽化対応のためのお金が削られ、運営費として説明されたとしたらどうしますか?優先事項があると思います。)

先週、予定地を見てきましたが、茶室予定地は、完全に自然の、緑の中です。






今日の市長の説明がどういったものになるのか、しっかり聞いてきたいと思います。

※タイトルだけだと誤解されそうですが、美術館も凍結・場所の変更も含め、再度検討しなおすべきと考えています。






いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み