うつ・感情・人間関係の「生きづらい」を解消するカウンセリング

うつ、パニック、アダルトチルドレン、自己否定感、感情とうまく付き合えない、家族の悩みなどの生きづらい原因となっている問題を根本的に解決していくカウンセリングです。


テーマ:
 
大場潔です。


カウンセラーをお休みしている間に

始めたことの一つに「ピラティス」があります。



仕事がらカウンセラーをしていると、

どうしてもこころの方に焦点が向きやすいです。


ただ、こころと身体は密接な関係があり、

両方からアプローチすることが大切だと感じています。



自分自身、身体の不調を長年感じていて、

動けなくなった理由の一つだと

おもっています。


こころと身体という点もそうですが、

身体だけを見てもいろいろつながっていますね。


たとえば、猫背なら、肩が前にきて胸が圧迫され、呼吸が浅くなりますし、

姿勢が悪ければ、肩こりや首こり、腰痛が生じる可能性があります。


身体がいつも緩めることができず緊張状態なら、

常に身体は臨戦状態なのでエネルギーをつかい無気力になったり、

緩めれないので眠りが浅くて不眠になったりもします。



みなさんの身体の状態はどうでしょうか?





さて、身体からアプローチをしようと思ったとき、

最初に思い浮かんだのが、ヨガピラティスでした。



素人なので、いまいちその違いもわからず、

いろいろ調べてみた中で惹かれた部分があります。



ピラティスが、

もともと戦争で負傷した戦士のリハビリとして生まれたものであること

体幹の筋肉を鍛えて体の機能を取り戻すことも目的にしていること

というところです。



リハビリという視点や本来の機能を回復させていくので、

猫背の改善、肩こりや首こりの軽減はもちろん、

より身体がスムーズに動いたり、怪我の予防になったりすると思いました。



実際に通いだしてみて、

今の自分の状態に「気づく」ことがたくさんありました。




たとえば、

ピラティスの場合は、胸式呼吸をします。
(流派によっては複式呼吸もあるそうです。)

肋骨あたりに手を当てて呼吸した時の肋骨の動きを確認したときのこと。


最初のころは、

ぜんぜん動かず広がらないので、吸う息もあまり入らず、
 
呼吸が浅いことに気づきました。


なんども意識して動かしていくうちに、

肺が広がってたくさん空気が入るようになりました。

結果的に、夜、熟睡できるようになりました。



また、ピラティスは、

背骨の動きにも注目することが多いです。


首からすこしづつ背骨を曲げて前屈のような姿勢になっていくのですが、

曲がりづらい部分があることに「気づき」ました。
 
背骨が一つづつ曲がるのではなく、ある部分が一緒になって曲がるという感じです。


ぼくの場合は、胸の部分、腰の部分に曲がりづらいところがあることがわかりました。

この部分は、気づき、意識しても最初はうまく曲がらなかったんですよね。


その部分も、なんどもやっていくうちに、すこしづつ変化がおとずれています。




このように、自分の今の身体に「気づき」、

意識して修正し改善していくこと


がとても大切なんだと思います。


この部分は、こころにも通じますね〜。




ピラティスを扱っているホームページには、

考案者であるジョセフ・ピラティスさんの言葉がありました。


「10回で気分が良くなり、

20回で見た目が変わり、

30回で全く別の身体に生まれ変わる。」


BY J. Pilates


はじめ見たときに、

この言葉を読んで変化がとても楽しみになりました(^ω^)




ちょうど、次回で、30回目に入るのですが、


10回の段階で、肩こり、首こりが少し楽になり

確かに気分が良くなりました。



20回で、

インナーマッスルが鍛えられて、下半身が安定し、
 
姿勢が良くなったことで、まわりの人に変化を指摘されました。



30回で、、、、

これはちょっとわかりません。



短期間で集中的に受講しているのもあるので、

身体の変化はもう少し先になるのだろうなとおもっています。

楽しみです♪



あと、ピラティスがリハビリをもとにしているので、

筋肉のことや背骨、関節のことなど、
 
解剖学の話がでてきたりしてとても面白いですね。



そして、解説をききながら、

『身体から今の自分に「気づく」ためにどうしたらいいのか』

『どう身体を変えていったらいいのか』


ということを考えています。


こころだけでなく、身体からもアプローチして、
 
より楽になったもらいたいなとおもっています。



あとどうしても、
 
こころに向き合う時、深刻になりすぎてしまうので、


ぼくが目指しているのは、

「楽しく参加していたらいつのまにか深く心が癒されていた」

という場をつくっていくことです。


過去にこんなワークショップを開催しました。

こんぶ会in名古屋
http://ameblo.jp/iyasibitoindwu/entry-12130765935.html


悩んでいるときこそ、

身体をつかって楽しむ場はとても必要だと感じています。

悩んでいるときは、思考にばかり意識が向いているから。

深刻になりすぎているから。



ここに身体からのアプローチをさらに取り入れていくことで、

より身体と心が深くいやされていくものにする。


こんな視点で、これからセミナーつくっていきます♪
 
 
身体が楽になったので、また家族と山に登りたくなります(^ω^)
 




最後までお読みいただきありがとうございます。
 
 
大場潔

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大場潔です。


先日、半年間アシスタントをさせていただいた

矢野惣一先生の問題解決セラピスト養成講座in大阪が終わりました。


週末には、東京での講座も終了します。




全過程が終了し、暗闇のなかで

受講生さんそれぞれのキャンドルがともされました。


なぜキャンドルなのか?


矢野先生がブログでこんなふうに書かれていました。


-------------------

(引用ここから)


私は、カウンセラー養成講座の最終日に

講座の修了記念として、キャンドルをお渡しして、

お一人お一人のキャンドルに火を灯させていただいていました。


「あなたは、キャンドルの光と蛍光灯の光と、

どちらが美しい、どちらが温かいと感じますか?



キャンドルですよね。


どうして、わたしたちは、

蛍光灯の光よりキャンドルの光を

美しい、温かいと感じるのでしょうか?



それは、キャンドルの光が闇と共存しているからです。

蛍光灯は、闇を打ち消しています。


けれど、キャンドルは何十本、

何百本になっても闇を打ち消すことはありません。


わたしたちが、

キャンドルの光を美しい、温かいと感じるのは、

闇と共存しているからなのです。





人間もそうではないでしょうか。

わたしたちは、

ただ明るいだけ、ただ強いだけの人を

美しい、温かいとは感じません。


悲しみを乗り越えた人、

怒りを相手を傷つけることを目的としてでなく表現できる人、

自分の弱さを認めて助けを求められる人……



そんな、自分の中の光と影を共存させている人を

わたしたちは、美しい、温かい人と感じるのではないでしょうか。


そんな闇と共存する温かで美しい光を、

皆さんに広げていっていただきたいと思います」




(引用ここまで)

矢野惣一先生のブログ

「闇と共存する光」
http://ameblo.jp/mentalconsultant/entry-11570132985.html

--------------------



会場は受講生さんのキャンドルがともされ、

とても美しい光景が浮かんでいました。
 
 

その灯火を見ながら、

自分が初めて参加したときのことを思い出しました。


矢野先生の講座を初めて受けたのが、2009年のとき。

今から8年も前ですね。



当時は、4ヶ月間の講座で、

今よりも2ヶ月短かったのですが、

自分にとってとても大きな転機となったものでした。



講座が終了して直後に書いた文章がありました。


------------------


先週の土曜と日曜は、

4ヶ月にわたり学んできたセラピスト養成講座の最後でした。
 

 
この4ヶ月自分の深い部分をみつめる時間でした。
 

忘れていた小さい時のトラウマが

今の自分に影響を及ぼしていることに気付きました。
 

 
身体のメッセージをきく重要性。
 

 
自分の禁止令を解くために毎日ワークに取り組む。
 

 
小さな積み重ねの大切さ。
 

 
コミュニケーション。
 

 
現在の自分の状況をしること。
 

 
イメージを変換する。
 

 
相手の世界、みてるもの・感じてるもの・声などを体験する。
 

 
親にしてもらったことの多さ。
 

 
母親の包み込む愛。
 

 
自分の弱さと強さ。
 

 
苦手な人、深く見ていったとき、

自分が嫉妬していることにきづいた。
 

 

 
このセミナーと平行して、

もう一度自分をみつめ直した4ヶ月でした。
 

 
いろいろな人と関わる中で、

自分の内面をみることができました。
 

 
こうやって自分のことに向き合えること自体

幸せなんですよね、きっと。
 

 
充実した日々でした。
 

 
 
素敵な仲間と過ごせたことに感謝。
 

その機会を作っていただいた矢野惣一先生に感謝。
 
 
セミナーをうまく進めるためにサポートしてくれた方に感謝。
 
 
嫌な部分から目を背けなかった自分にグッド!
 

またいろいろな学びをシェアしていきたいと思っています。
 

 
ありがとう。         


-------------------



ちょうどこのころ、

自分自身がカウンセラーという道へ

進んでいきたいと思い始めたときでした。



講座のなかでニートだった自分自身の過去を

ワークのなかで伝えるとき本当にこわかったことを覚えています。
 
 
どうおもわれるんだろう?
 
批判されないから?嫌われないかな?
 

いろんなことが頭をかけめぐりながら、
 
すこしづつ話をした記憶があります。
 
 
そして、思っているような反応はなく、
 
「そうだったんですね〜。」
 
 
で、終わっていく。
 
 
自分が問題だと思っていること。
 
実はそんなに大きくないのかもしれません。
 
ただ、自分がそれを大きくしてしまっているんですよね。
 


自分の隠してきたこと、封印してきたことを話すこわさ。



自分自身が体験しているからこそ、

カウンセリングに来て話されるこわさと

それに向き合う勇気に感動します。





講座のアシスタントを通じて、

自分自身もそういった場を提供していきたい

って強く思いました。



自分らしい関わり方ってどんな感じだろう?

そんなことをおもったとき、

一年以上前に書いたブログのことを思い出しました。


もしよかった読んでみてください(^ω^)

「月のように優しい光を届ける生きた方をしたい」
http://ameblo.jp/iyasibitoindwu/entry-12122681449.html



最後までお読みいただきありがとうございました。


大場潔
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

テーマ:
 
大場潔です。
 
昨日、半年間アシスタントをさせていただいた矢野惣一先生の
 
問題解決セラピスト養成講座in大阪が終了しました。
 
 
 
(矢野先生と6人の大阪アシスタント)
 
 
 
とても感慨深く、関われて本当によかったなと思います。
 
 
 
矢野先生とアシスタント6名で
 
打ち上げにいって、いろんなことを話していた時に、
 
ぼくが矢野先生に出会うきっかけの話がでました。
 
 
話していて、今思えば不思議だな〜、と。
 
 
その方のきっかけがなければ、
 
出会うこともなかったかもしれないなぁ、と思うんですよね。
 
 
今日は、そのことをお話したいと思います。
 
 
 
 
2008年ぐらいのときに、
 
ある方のセミナーのスタッフをさせていただきました。
 
 
半年間にわたる講座で、
 
よく自宅にも行かせてもらいいろいろなことを教えてくれました。
 
 
 
その方の家族と一緒にご飯をいただいたり、
 
息子さんと公園でキャッチボールもしたなぁ〜。
 
あれから10年ぐらいたっているので、
 
大きくなっているんでしょうね。
 
 
 
そのときの光景が浮かんで、とてもなつかしいです。
 
 
 
次の講座の打ち合わせで自宅に行った時に、
 
 
本をみせて、
 
「カウンセラーをやっている矢野さんっていう人がいて、、、、」
 
それと同時に渡されたのが、この本でした。
 
 
 
 
ただし当時、カウンセラーの道は考えていなかったので、
 
そうなんですかぁ〜、と見事にスルー(笑)(すみません)
 
 
 
 
そして、それから数年後に、
 
いやしの道に進んでいこうと決め、
 
 
誰から学ぶのがいいかなとさがしていたとき、
 
「矢野惣一」という名前に出会いました。
 
 
「ん?と思いつつ、本やブログなどを調べてみると、
 
あれ、〇〇さんが言ってた人やん」
 
 
という流れで、気づいたのでした。
 
 
 
その後、公開カウンセリング、問題解決セラピスト養成講座を受け、
 
今でも関わらせていただく長い付き合いになっています。
 
 
 
そんな話を矢野先生にしたら、こんな言葉を言われました。
 
「〇〇さんは、インドゥー(愛称)が癒しの道に向いていることがわかってたのかもね。」
 
 
 
 
 
その言葉をきいて、はっとしました。
 
そんなふうに考えたことなかったんですよね。
 
 
そうだったんだなぁ〜、って。
 
 
僕自身が、どんな道に進もうか悩んでいたときなので、
 
そっと教えてくれていたんだな、と。
 
 
とってもうれしいなぁ〜。
 
とってもありがたいなぁ〜。
 
 
そうおもい、その方の愛がこころに届いて、、
 
身体中があたたかくなりました。
 
 
 
その方は、太陽のように輝いていて、
 
笑いをもたらし、元気を与え、勇気を与えて、
 
 
本当にたくさんの人の人生を変えた人だなと思います。
 
そんな姿を近くで見させてもらってとても幸せでした。
 
 
自分自身のことを振り返ると
 
本当に未熟で、恥ずかしくなる仕事ぶりでしたが、
 
そんな自分もやさしく受け入れいろんなことを教えてくれました。
 
 
 
あまりにも輝きすぎて、
 
自分の人生をさっそうと駆け抜けていってしまいました。
 
 
 
とても寂しいです。
 
 
 
書きながら、またあの笑顔がみたくなりました。
 
 
教わったたくさんのことを
 
自分の人生で表現していきたいとおもいます。
 
 
 
きっとあの眩しい笑顔で見てくれるでしょう♪
 
 
大場潔
 
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

大場潔です。
 

 
数ヶ月ぶりに書いた記事を
 
たくさんの方に読んでいただき、

とってもうれしかったです。
 
 
ありがとうございます。
 
 
 
 
一年を振り返りながら、
 
自分にとって大きかったな、と思うことが、
 
 
9月から行われた
 
矢野先生の講座のアシスタントをさせてもらったこと。
 
 
 
 
 
実は、休み始めた当初は、
 
「9月ぐらいからまたカウンセラー業に戻ろう。」
 
そんなことを考えていたんですよね。
 
 
 
でも、実際は、まったく動けなくて、
 
自分のなかにただよう失望感と、
 
 
その一方で、そんな自分も
 
受け入れ寄り添っていこう
 
と、思っているときでした。
 
 
今もその気持ちが
 
こころのなかに優しくいてくれます。
 
 
 
 
 
カウンセラー業を休んで半年ぐらい。
 
どこかで忘れていた感覚。
 
 
誰かの役に立つという幸せ
 
 
それも、
 
自分が悩んできたこと学んできたことが、
 
誰かの役に立ち、喜んでもらえること。
 
 
こんなとき、
 
自分のこころが本当に喜んでいるなぁ、と感じました。
 
 
 
人の役に立つ方法は、いろいろあるけれど、
 
自分はここを大切にして生きていきたいのだと、
 
あらためて思いました。
 
 
 
きっとそれぞれのなかに
 
大切な役割がある
 
そうおもっています。
 
 
 
 
アシスタントをしながら、考えたこと。
 
「アシスタントの役割ってなんだろう?」
 
でした。
 
 
最初のころから変わらないのは、参加された方が、
 
安心で安全だと思ってもらえるような場所をつくること
 
を大切にしていました。
 
 
だって、安心だと思えない場所で、
 
自分の深い部分の話はできないし、
 
おさえていた感情はだすことはできない、
 
とおもうから。
 
これはカウンセリングの場でも同じですね。
 
 
 
 
その一方で、自分のなかで変化したものもあります。
 
アシスタントは黒子的存在だから目立たないということ。
 
 
そんなことを思っていたけれど、
 
自分ができる役割ってなんだろう?
 
と考えていったとき、、、
 
 
場を楽しくすること、盛り上げることが好き、
 
 
そんなことがでてきたんですよね。
 
 
 
本来は、
 
いたづら好きで、お茶目で、
 
楽しいことが大好きな少年のような自分自身。
 
 
 
でも、大人だからとか、この場ではとか、
 
過去にも怒られたことがあって、
 
いつしか出さなくなっていったんですよね。
 
 
 
そんなときに、アシスタントの仕事に
 
実際にやるとこんな感じになるよ〜、
 
とワークのデモをさせていただいたんです。
 
 
 
そう、そこで上のような自分をださせてもらいました。
 
やりすぎたかな〜、とか思いましたが(笑)
 
 
矢野先生やアシスタント、
 
受講生さんもあたたかく見守ってくれました。
 
 
 
 
最初に思っていたように、
 
アシスタントが目立っていいのかな、
 
というおもいもでてきました。
 
そもそも、自分の講座ではないしね。
 
 
 
 
それでも、自分をだしてよかったなと思います。
 
 
自分をだす怖さ、そして、楽しさや喜び。
 
自分を肯定する安心感。
 
受け入れてもらえる体験。
 
 
そんなことを再確認させてもらいました。
 
本当に感謝です。
 
 
そして、体験したからこそ、
 
誰かの力になれるのだとおもいます。
 
 
 
 
 
 
6ヶ月にもわたり開催された
 
大阪での講座が明日、明後日で終了します。
 
 
 
さびしくもありますが、
 
それぞれが仲間をつくり、
 
また新しい旅へと進んでいく姿が楽しみです。
 
 
1年後、5年後、10年後。
 
どんなふうになっていくのかな〜。
 
 
それぞれのペースで、
 
自分の人生を生きてほしいと思います。
 
自分もふくめ(^ω^)
 
 
 
 
大阪アシスタントメンバー、6人。
 
 
半年の間いろいろなことを話し合いました。
 
ときにはやることから大きく脱線したこともありますが、
 
それも含めて相談したり、笑ったりして楽しかったな。
 
 
 
 
 
東京の講座のアシスタントに行ったときに、
 
一緒に、「一陽来復」のお守りを買いに行ったのは
 
いい思い出です♪
 
 
 
 
 
 
 
ただ、最近、いたづらしすぎて、相手にしてくれません。
 
 
 
どうしたらいいでしょうか(´Д`;)
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
大場潔です。
 
 
あまりにブログを書くのが久しぶりすぎて、
 
書き方というか投稿の仕方を忘れてしまいました(笑)
 
 
前回書いたのが、9月。時間が空いてしまいましたが、
 
この一年で、いろいろなことに気づかされました。
 
伝えたいこともたくさんあります。
 
これからすこしづつブログ書いていきますね。
 
 
 
立春もすぎ、これから春に向かいますね。
 
みなさんは、今どんなことを考えながらすごしていますか?

春に向けて、なにをしたいですか?
 
 
ぜひ、思い浮かんだのを実行してみてください。




今、ぼく自身は、

3月からまた活動を再開するために、

いろいろと整理をしながら毎日を過ごしています。



活動を休んでほぼ一年になります。


カウンセラー業を離れて、
 
 
その間は飲食店やゲストハウスのアルバイトをしたり、

ずっと行きたかったボイストレーニングに通ったり、
 
苦しくてカウンセリングを受けたり、
 
 
友達に会いに高知にいったり、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仲間と山に登ったり滝行などの山伏修行をしたり、
 
 
 
 
 
 
10年ぶりのフルマラソンに苦戦したり、
 
 
 
矢野先生の講座のアシスタントをさせてもらったり、
 
 
 
 
 
身体を緩めたくてピラティスに通ったり、
 
プロフィール写真をとってもらったり、
 
 
カウンセリングを深めるためにセミナーに参加したり、
 
 
 
甥っ子と元旦マラソンを走ったり、
 
 
 
思い浮かぶのをざっと書き出してみましたが、
 
結構楽しんでいたことに気づきました。



いろいろしんどいこともありましたが、
 
それも含めてとても大切な一年だったとおもっています。

 
一年のなかで、思ったことや感じたこと、
 
考えたことをずっとノートに書いていました。



今はそのノートをみながら、客観的に振り返っています。

今だからこそ、見えること、わかることがあるんですよね。



ノートを振り返っていたときに、

目が止まり、深く考えさせられることがありました。


「自分が人間として生きている事自体が失敗」



当時、ぼくのファイスブックページに書かれたコメントだったんですよね。

そして、今読んでも、とても衝撃的です。


きっと自分のなかに、同じ気持ち、感覚がどこかにあるのだと思うんですよね。
 
絶望を感じたとき。
 
自分に価値がないとおもったとき。
 
自分を責め続けているとき。


過去、そして、現在の自分の傷が反応しているのかなと思います。



どんなおもいでこのコメントを書いたのだろう?

日常どんなおもいで生きているのだろう?

 


この言葉がでてくるまで、

どれだけ傷ついてきたのだろう?




これ以上傷つかないために、

人と関わることをやめてしまってないだろうか?

孤独のなかでいるのではないだろうか?




今の自分はそういったことを想像して、
 
言葉を伝えるしかないんですよね。


それでも、こうやって書き込んでくれる、読んでくれるのは、

そこから抜け出したいと思っているということだと思うんです。



その人が読んで、希望を感じてもらえるように。

笑って元気になってもらえるように。

そんな想いをもって文章をことを書いていこうとおもいます。






ノートを見ていくと、自分自身たくさんの悩みを抱えていたし、

それは今でもたくさんあります。



でも、本当にがんばっていたことが伝わってきます。

努力していたことも、行動していたことも、

一生懸命問題をどうにかしようとしていたことも。


毎日を一生懸命にすごしていたんですよね。


たとえ、怠けているように見えても、

たとえ、なにも変わってないように見えても。



だから「よく、頑張ったね。」って褒めながら、

ノートを見直しています。




どうしても、欠点やできない部分、
 
原因に焦点があたりすぎると、

毎日こころがしんどくなります。

ぜひ意識して、自分自身をねぎらってあげてください。




ノートの振り返りが、2週間分しか進めませんでした(笑)

一年振り返るのにどれくらいかかるのでしょう(笑)

またシェアしていきます♪



最後まで読んでいただきありがとうございます(^ω^)


大場潔
 
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

こんばんは、大場潔です。

 

昨日の京都は、台風が通過し激しい雨が降っていました。

 

台風がいろいろなものを持っていったので、すんだ空気がとても気持ちいいです。

 

 

さて、

 

「自分は〇〇さんに比べてぜんぜん成長してないなぁ。」

 

「一年前とぜんぜん自分は変わってないぁ。」

 

 

 

そんなことを思ったことありませんか?

 

そして、そんな想いが続くなら、ぜひ今日のブログを読んでいただけたらうれしいなとおもいます。

 

 

FBである方が、一年前のこの記事をシェアしてくれていました。

 

『自分をゆるす』
http://ameblo.jp/iyasibitoindwu/entry-12073795513.html

 

 


そして、こんなコメントを書かれていました。

 

「一年すぎた今も変わっていないなぁ」と。

 


このコメントを見ながら、お伝えしたことをこちらでも書いてみたいとおもいます。

 

 

 


僕自身も、今までたくさん自分を否定し、自分を責めてきました。

 

実家でニートしていたときなんてものすごい自己否定感満載でした。

 


なにもできない自分。

いいとしして親に迷惑をかけている自分。

イライラを家族にぶつけてしまう自分。

夜型生活のだらけた生活を送る自分。


そんな「否定できる部分」をたくさん見つけたは、自分を責め続けていました。


とってもしんどくて、しんどくて。

 


そこから心理学を学びながら、いろいろな人に助けてもらいながら、今の自分があります。

 


当時の状況は前回の記事に書いてみましたので、興味がある方はこちらもご覧くださいね。

 

『「生きる価値のない自分」と思っていた時期』
⇒ http://ameblo.jp/iyasibitoindwu/entry-12199319871.html

 

 

お伝えしたいのは、次のお話です。


自分の変化が感じられず、どんどん後退してるような感覚でいたときに、この話をきいて楽になったのをおぼえています。

 

竹の成長のお話です。

 

 


竹は、最初の4年ほど、表面上はなにも変化がないようにみえます。

 

でも、実はその間に、地下茎というくきを一生懸命に伸ばし、その後、一日に、1メートルの成長するそうです。

 

 

 

人にも同じことがいえるとぼくはおもいます。

 

 

表面上ではまったく変化の感じられないとおもうとき、

 

そんなときは、次の成長のために栄養を蓄えているんだと思ってみてください。

 

 

そんなふうに思うと未来が楽しみになってきませんか?

 

自分の人生を振り返っても、大変な時期、辛い時期は、大きく自分が成長する入口にあったようにおもいます。

 

みなさんの人生を振り返ったときそんなことありませんか?

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

大場潔

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

みなさん、こんばんは。

 

大場潔です。

 

 

約半年ぶりのブログです。

 

こうやって読んでいただきありがとうございますm(_ _ )m

 

またすこしづつこころのこと書いていきます。

 

 

9月3日・4日から、矢野惣一先生 の問題解決セラピスト養成講座が始まりました。

 

6ヶ月間にわたる講座でアシスタントとして関わらせていただいています。

 

これからどんなふうに変化されていくのか、とても楽しみです♪

 

 

 

 

 

自分自身が、矢野先生の問題解決セラピスト養成講座を受講したのが、7年前でした。

 

当時の自分を振り返ると、、、

 

 

 

そのころはまだ実家の岐阜にいて、とても生きづらさを抱えていました。

 


常にある自己否定感、

 

ニートという状況、

 

親への申し訳ないという気持ちの罪悪感、

 

親への怒り、

 

なにもできないなさけなさ、

 

昼夜逆転の生活、

 

常に緊張状態で眠っても疲れのとれない身体、

 

将来への不安や恐れ、絶望感。

 

 

 

それでも、今の状況をなんとかしたくて、すがる思いで参加させていただきました。


当時、

 

「自分自身が参加して一番よかったことはなにか?」

 

 

それは、


『仲間』 ではないかと思うんです。

 

 

 

当時、ひきこもり、ニートの自分にとって、

 

まわりの人はとても怖い存在で、

 

こころをひらくことができませんでした。

 


さらに、怒り、罪悪感など感じると辛いので、

 

感情を感じないように抑圧して生きていました。

 


だから生きている実感なんてまったくありませんでした。

 

 

死のうとは思わないけれど、このまま消えたら楽だな、そう思って生きていました。


『生きる価値のない自分』

 


このブログを読んで頂いている方のなかにも、

 

自分のことをそう思っているいらっしゃる方がいるかもしれませんね。

 


「そんな自分を受けれましょう。」


なんてとても言えません。


当時の自分がそう言われたらきっと怒りながら、次のように言うでしょう。


「できないから、困っているんだ!」って。

 

 


そんな自己否定バリバリの自分、

 

まわりを信じることができない自分が養成講座に参加しました。

 

 

 

とっても怖かったです。

 

「ニートなんです。ひきこもっているんです。」

 

その事実を外にだすことが怖かったんですよね。

 

 

でも、参加している方たちは、

 

否定せず、寄り添いながら、

 

話を聴いてくれたんです。

 

 


そうやって、受け入れてもらってはじめて、

 

自分の鎧を外すことができたんです。

 

 

 

鎧を外すと、

 

相手の優しさや愛が

 

こころにダイレクトに伝わってきて、

 

自然と涙が流れていました。

 


人に受け入れてもらえる感覚。


こんなに心地よく気持ちいものなんだなと思いました。

 

そして、生きる勇気がわいてきました。

 

 


あれから、7年たちますが、

 

今でもつながっていて連絡をとる仲間もいます。

 

自分の見せたくない部分を見せれる仲間はとても貴重だなとおもいます。

 

 

 

大場潔

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:


大場です。

今日の昼にこの記事を読み、いろんなことを感じました。

⇒ 教えてちゃんとか、クレクレちゃんとか、問題。笑

みなさんは読んでどんなことを感じましたか?



ほんと優しい人ですね~。

ブログに癒されます♪




さて、自分自身もこの問題相当悩みました。

コメントやメッセージに相談を受けることがあります。

それに対してどこまで返したらいいのだろう?


そして、ブログのなかにあるように、

奪われる恐怖があって、相談にのらないことあったんですよね~。


時間が奪われる恐怖。

エネルギーが奪われる恐怖。


だからそっけない態度をしたこともあったし、

有料セッションのお知らせをしたこともある。


仕事としている以上、

悪いことではないとはおもいつつ、

どこかで罪悪感を感じていたんですよね。



でも、

相手がどんな気持ちで送ってきてくれていたのか

そこを想像できていなかったなと思うんです。


そう思い、反省。




僕自身も悩みを一人で抱えてしまうほうだから、

ブログのことすっごくわかるんですよね。



そう、本当は、身近な人に相談できたらいいんです。

でも、できないから一人抱え苦しみ、

誰か助けてって、ずっと思い続けている。



どんなに忙してくても、

どんなに疲れていても、

相手のそんな気持ちを大切にできる人でありたいと思いました。



大場潔



最新のお知らせ
 
〇こんぶ会(名古屋)

3月26日(土)午後 
身体をつかったワークショップです。
詳細はこちらです。

〇オープンカウンセリング(京都)
4月17日(日)
公開でのカウンセリングです。
詳細はこちらです。

〇マインドリバランスメソッド(MRM講座)

悩み・問題をもたらしている自分のなかの偏りを知り、それを修正していく方法をいろいろな観点から伝える心理学講座です。

4月5月コース(平日、土日)募集中!
⇒ 詳細はこちらからご覧ください。


メニュー

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


大場です。

3月26日 こんぶ会in名古屋ワークショップ

に合わせて、対面での個人セッションを募集しております。


あなたの話をじっくりと聴かせていただきながら、

悩みを引き起こしている問題の原因を根本解決していきます。




3月27日(日)


〇開始時間 
10時~;13時~;15時30分~


セッション時間の目安は、90分です。

〇場所
名古屋市内でのレンタルルームまたはホテルラウンジとなります。

〇支払い方法
銀行振込
(日程がせまっている場合、現金払いという形もとります。)

〇料金
20000円(税込)

〇募集締め切り

3月26日12時まで。







詳しいセッション内容や感想はこちらをご覧ください。

⇒ セッションについて

⇒ 感想まとめ記事




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


大場潔です。

三連休に入りましたね。

素敵な時間をおすごしくださいね~。


さて、今日は、感覚を取り戻すことについて。


---------------

---------------


このワークショップのなかで活用するインプロというもの。

即興表現をベースに、楽しんだり自分を表現したりします。


一般的に、生活のなかでは、

失敗することを恐れたり、

自分をだすことで嫌われないかなと思ったりします。


でも、このワークショップでは、

失敗することをあえて楽しんだりします。


また、

自分をだしても受け入れてもらえるという体験をすることで、

本来の自分自身をだすことができるようになります。



この二つのことを体験してもらうことで、

生きることが楽になるのですが、

一番重要だなと考えていることは次のことです。



それは、

『自分の感覚を取り戻してもらうこと』

です。


ゲシュタルト療法というものがあり、

「今、ここ」中心のセラピーだと言われています。


たとえば、AさんとBさんがある事件に巻き込まれたとします。

Aさんは特に問題もなく生活ができるようになりましたが、

Bさんはそれがずっとこころに残り苦しんでいたとします。


このBさんに対して、

「今、この瞬間にも問題を引きずっている人」

という視点でみていきます。



たとえば、その事件について話してもらいながら、


今、現在の自分の考え方や行動、言葉にきづくことで、

現在の本当の問題はなにか、どうすればよいか、

に気づき自分で変えることができるんです。


まさに、今ここでなにが起きているのか、

を自分できづくことが大切としています。



ゲシュタルト療法の話のなかで、

「気づきの三つの領域」というものがあります。


外部領域
⇒まわりの環境でなにが起こっているのか、という五感の領域です。

中間領域
⇒考えたり、判断したりする思考の領域です。

内部領域
⇒身体の感覚、気持ち、感情という体感覚の領域です。



意識はこの三つの領域をいったりきたりしています。


ただし、一つの領域にアクセスしているとき、

他の領域には意識が向きません。


たとえば、思考の領域に向いていると、

他の二つの領域(五感領域、体感覚領域)に意識が向きません。


そして、多くの場合、

悩んでいるときは、「思考の領域」に偏っています。

なので、まわりでなにが起きているのかがわからないし、

自分の感情、気持ちに気づけないということが起きてきます。




たとえば、「Aさんに嫌われている。」と悩んでいるとき。

思考の領域でぐるぐるしていると、


Aさんの実際の行動、態度に意識が向かないので、

本当に嫌われているかどうかを客観的にみることができません。


それに、「Aさんに嫌われている。」という思考の奥に、

自分のどんな感情があるのかきづけない、

ということになります。




このワークショップでは、

体感覚領域に意識を向けることをすることで、

まず、思考の領域の偏りが修正されます。


悩んで、頭がぐるぐるしてしまう人は

これを体験するだけで生きることが楽になります。



子どもたちってなぜあんなに楽しそうなのか?

それは、まさに体感覚の領域に意識が向いているから。

没頭して、感覚を味わっていますよね?


それを今回のワークショップで

取り戻してもらうこと

を大きなテーマにしています。



---------------

---------------


当日、ランチも参加できる方はぜひ。

ゆっくりとあなたとお話できたらうれしいです♪



大場潔 



最新のお知らせ
 
〇こんぶ会(名古屋)

3月26日(土)午後 
身体をつかったワークショップです。
詳細はこちらです。

〇オープンカウンセリング(京都)
4月17日(日)
公開でのカウンセリングです。
詳細はこちらです。

〇マインドリバランスメソッド(MRM講座)

悩み・問題をもたらしている自分のなかの偏りを知り、それを修正していく方法をいろいろな観点から伝える心理学講座です。

4月5月コース(平日、土日)募集中!
⇒ 詳細はこちらからご覧ください。


メニュー



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)