英国のチャールズ皇太子(62)と故ダイアナ元妃の長男で王位継承順位2位のウィリアム王子(28)と、キャサリン(ケイト)・ミドルトンさん(29)が29日、ロンドン中心部のウェストミンスター寺院で結婚式を挙げた。極秘だった注目のウエディングドレスは、高級ブランド「アレキサンダー・マックイーン」のサラ・バートンさんがデザインした純白のもの。世界中が、81年の皇太子とダイアナ元妃の結婚以来の祝賀ムードに包まれた。
 純白のベール、ドレスに身を包んだキャサリン妃が姿を見せると、観衆からは大きな拍手が巻き起こった。式当日までトップシークレットとされ、世界中が注目していたドレスは、サテン生地で胸元が大きく開き、頭から腰の下までベールがかかったデザイン。伝統的な要素と現代性を組み合わせた、妃にふさわしいスタイルだった。
 花嫁衣装デザインの栄誉を射止めたのは、高級ブランド「アレキサンダー・マックイーン」のトップデザイナー、サラ・バートンさん。かつてファッションブランド「Jigsaw」のバイヤーも務め、センスに定評がある妃の意見も取り入れたという。独創的ブランドの実力派デザイナーは、予想でも本命視されていた。81年にダイアナ元妃が結婚式で着たドレスは約7・6メートルの長い引き裾が特徴だったが、キャサリン妃は2・7メートルだった。
 また、妃が頭に着けたティアラは、アカデミー賞映画「英国王のスピーチ」の主人公ジョージ6世(エリザベス女王の父)が妻に贈ったもの。女王が18歳の誕生日にプレゼントされ今回、花嫁に貸し出した。「カルティエ」の1936年製だった。
 父が元航空会社社員、母が元客室乗務員という一般家庭出身のキャサリン妃。地元報道では、将来の国王が一般家庭出身女性と結婚するのは、1660年のヨーク公(後のジェームズ2世)の例以来、約350年ぶりの“格差婚”となる。交際8年、英国マスコミから「待ちぼうけのケイトちゃん」と、やゆされながも、現代のシンデレラストーリーを実現させた。王子は妃の控えめなところに引かれたというが、既に一緒に生活している家での関係は、5か月早く生まれた、しっかり者の妃が主導権を握っているともいわれる。
 結婚式のメークを自分ですることを求めたとも伝えられる。伝統と格式にのっとった制約も多いロイヤルウエディングにも、若い感性を注入しようと試みた。母ダイアナ元妃を失った悲しみを乗り越え、王族として成長する王子を支えながら、英王室の新時代を切り開いていく。
 ◆サラ・バートン 英国マンチェスター出身の女性デザイナー。ロンドンの芸術大、セントラル・セント・マーチンズを経て、1996年に「アレキサンダー・マックイーン」のデザインスタジオに入り、2000年からレディース部門のチーフとして活動。2010年2月11日にマックイーン氏が40歳で死去し、後継者として同ブランドのクリエイティブ・ディレクターに就任した。


http://news.livedoor.com/article/detail/5527657/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


うつ病で障害年金2級★完全マニュアル





kaoouqueさん

心の悲しみと痛み
悲しみの積み重ねが
痛みでしょうか?
別の物ですか?

心の悲しみと痛みについて
教えて下さい。

カテ違いでしたらごめんなさい。




ベストアンサーに選ばれた回答


ganbemomokoさん


こんにちは^^;
どうされました・・・心配になってしまいます。

悲しみは誰しも持っていると思っています。たとえ今なくても生きている間に必ず味わうと思います。
やはり痛みの方が強く感じます。

私はこのスレ読んですぐに、今回の東日本大震災で被災された方は痛みなのではないかと思いました。悲しみだけじゃなく、やり場の無い怒りや言葉に出来ないような様々な感情が入り混じった。
復興・・・みんなの心のカウンセリングも必要だと思います。

積み重ね・・・人は悲しみを乗り越えながら生きて、さらに深い悲しみにも耐えうるようになるのかなと思います。
いつもみんな悲しみが少ないように、幸せに、出来るだけ苦労の無い様にと願っています。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1360050798
※この記事の著作権は配信元に帰属します

うつ病で障害年金2級★完全マニュアル





AD