世の中、携帯でもパソコンでも簡単にメールができる環境がととのいましたね。


会社などで、連絡などに使うメールは要件だけで、とても短い場合が多いと思います。

これは、仕事上のメールということで、いまから書くものとは、別にかんがえてください。


パソコンでメールをする場合ある程度メールの内容というか?

文章がかかれてくると思います。


たとえば、ご無沙汰しています。


最近は、○○○していまいして、とても忙しくて・・・・・でした。


お元気ですか?


・・・つづく


かりに、単純にこの文章にお返事メールをするにしても

いろいろなメールのお返事のかきかたがあると思います。


最悪な場合の返事は


元気ですよ。


いま、自分も○○で忙しくて・・・・・・・つづく


と相手をまったく気遣う言葉がなにもないですよね。


ほんの冒頭の状況のみですが、こういうメールを書く方がとても

多いです。


男性同士で長い付き合いであるならばよいかもしれませんが、

男女で、あまり長いメールの交換をしていないのなら、メールが終わる可能性は大です。


メールは簡単に使えて利用できるものですが、

やはり、電話で会話をするように、かりに短い文章で相手にメールを書くにも

こころくばり(おもいやり)を、そして返事を書くときも、相手と会話をするように

丁寧にお返事をしましょう。


声や態度が見えない分、電話以上にむつかしいものがあるかもしれません。


電話は、相手の顔や姿がみないから、丁寧にしなければといわれていますよね。


メールは、声も聞こえないのですから、さらにむつかしいはずです。


へたをすれば、不快さをあたえたりすることもたぶんにでてくるでしょう。


電話だと、○○は○○ですよね~と揚げ調子で言えば、質問形式や確認だとわかりますが

メールでは、揚げ調子などかどうかがわかりません。


そういうところは文章の前後をよくよんだり、逆に丁寧にそのことについて

返事をするようにすると誤解や行き違いはなくなると思います。


とくに相手が、幼馴染のように自分をしらない人なら特に、きおつけて

メールの文章をかくようにしましょう。


相手が、いろいろと書いたメールの内容には誠実に自分のおもったこと

をかりに相手とは違い意見でも、決め付けるのではなく、うまく自分の

気持ちをつたえるようにしましょう。


先日、まいさんが、ある人に、メールを書きました。


「私が住んでいる福岡市内の○○地区は

2度にわたりはげしい地震で、すごい被害でした。」と


すると短い返事がきました。

「自分の住んでいる春日市は、なんともありませんでした。

まいさんのとことは、地震はどうでしたか?」

と書かれていました。

どんな神経をしているのか?と思いました。


普通なら、「被害がすごかったようで大変でしたね。」

という言葉をこころある人ならかならず書くはずです。

そして、話をつづけるために、色々なことを書いたりする

ものです。


私も、(ーー;) と思ったので、おとなげないですが

「メールを読んでいただいていますか?」

とメールをまた送りました。


根本的に、相手のことをないも考えない

コミュニケーション能力の欠如なのでしょうね。


メールといえど、感動や癒しをあたえることができるのに。

こころのない自分勝手なメールを書く人が多すぎます。


人に不快な思いをさせるとマイナスとなって

自分にもどってくるということを忘れないようにしましょう。


くれぐれもみなさん! 一期一会です。


大切なコミュニケーション手段です。


たかがメール! されどメール!です。






AD

100kmマラソン

テーマ:

先日、某TV局の放送で100kmマラソンがありました。


59歳、還暦を来年の1月に迎えるという、弁護士の方が


走りました。


本番、数日前に、足の故障やぎっくり腰などで、肉体的にも精神的にも


とても、おいつめられた状況だったようです。


スタートするとき、スタートできるということの感動からか?


突然、号泣する姿がなんとも、そのときからすでに、感動のストーリーは始まっていました。


弁護士ランナーの関係者や家族やファンが見守る中、100kmという非常に長い距離を


長い時間をかけて、はしり抜いた姿に、すべての人が感動をしたのではないでしょうか?


人は、自分自身のからだを動かすのは自分の力と意思でしか、できませんが


なにかを、やる、成し遂げると言う時には、ひとりの力ではなく、まわりの人の力や


多くの人の力や応援が加わることで、さらなる力、無限という言葉に近い、パワーや


気力がみなぎるものではないかと思います。


生きるとは、自分だけではなく、多くの人とのつながりのなかで、自分が


なにができるか?なにをしたらよいか?などを見つけながら、ともに


多くの幸せや感動をこころに感じて生活をすることではないでしょうか?


大きな感動ということは、日常生活の中で、そんなに多くはないかも


しれませんが、健康で、笑顔で生活している中で、そのこと自体を


感動できる(感謝できる)そういう人になりたいですね。


一人の決断と行動がみんなに感動をあたえてくれた59歳弁護士ランナーに


お疲れ様、そしてありがとう。



AD