カリフォルニア・スピリチュアル便り

日々の氣付き、セッションのお知らせ、大好きなものや人についてなど綴っていきたいと思います。

   ひとりひとりが、イキイキと輝いて生きることができたら。
     世の中はもっと明るく、楽しなると思いませんか?
      そんなお手伝いができたらと思っています。
 
セッション
セッションは対面・スカイプ・Eメールでお受けすることができます。より良いリーディングのためには対面>スカイプ>Eメールの順番をお勧めいたします。ご希望の方はメッセージをお願いいたします。

宇宙アート
リーディングセッション時に描くパステル画のチャネリング・アートやヒーリング・アートの他に、水彩画やアクリル絵の具を使っての絵もあります。詳しくはメッセージにてお問い合わせください。


テーマ:

生まれてからこれまでの間に、私たちはいろんな経験をしている。
そしてその経験から発した感情によって、これまでの人生を支配してきた。

――たとえば小さいころに何かに失敗し、ひどく怒られたという経験があったとしたら、大人になった今でも、それが苦手だったりするし、同じ作業をするときに不安な気持ちになったりする。

確かに物の本では、物事が上手くいかないのは、小さいころのトラウマが今も尾を引いているせいだと書いてある。それがブロックになり、自分の道を阻んでいるのだと。

それはおそらく事実なのだろう。しかし大切なのは、それが事実だと確認することではなく、そのブロックをどう取り除いていくか、ではないだろうか。

また、大人に(ほとんどの場合は両親に)依存していた幼少時ならいざしらず、自分と両親とは別の人間なんだという意識を持った時点で、私たちはどの感情の選択もできる。いつまでも周りのせいにしていることはできないのだ。特に成人し、自立してからは、自分の人生を創り上げていくのは自分自身だ。

ブロックをどう取り除いていくか、が大切だと書いたが、最近、私はそのブロックでさえも幻想ではないかと思い始めている。

私自身、

「親に虐待されて育ってきたから、人を信じることができない」

「親にけなされて育ってきたから、自分に自信がない」

「ホームレスの経験から、お金に対する心配がいつもある」

と思ってきたし、今も思っている。

それは事実としてあることだが、でもその事実にどう意味づけするのかは、自分次第ではないか、と気づき始めた。

たとえばそれを

「親に虐待されて育ってきたから、人に対して優しくなれた」

「親にけなされて育ってきたから、人の良いところを見るようになれた」

「ホームレスの経験から、お金のありがたさが分かった」

というふうに・・・。

そう考えると、その経験は同じでも、そこから発生する感情は違うものになってくる。

そしてかねてから、私は感情が波動を作ると思っている。
だから私たちの目の前に現れる現象も、その波動に見合ったものなのだろう。
つまり、恐れがあるなら、恐れの現実に。喜びがあるなら、喜びの現実に。

全ては自分次第。自分の選択次第。どんな感情を選びたいか。

それはテレビのチャンネルを合わせるようなものかもしれない。どんな番組が見たいのか?お笑いなのか、波乱万丈のドラマなのか・・・。

そういう意味で、私たちは皆、人生の創造者。ライフ・クリエイター。

だから私は、見たい現実を選択していく。欲しい感情を選択していく。

「大いなる思い込み」に気づいたから。

「小さいと思わされていた自分」は「小さいと思っていた自分自身」だった。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇