全拉致被害者を返せ!!

多くの日本人は、日本で生まれ日本で生きて日本人として祖国の山河、海、町、人を愛し守り日本で死んで逝く。
全ての若者が歴史ある日本に誇りを持ち、愛国心を育み養う為のブログ

 

全拉致被害者を返せ!!

 

弥栄です。22日の日曜日「政府に今年中の全被害者救出を再度求める国民大集会」に行って参りました。

昨年の九月は台風の中で沢山の方が集まりました。

今回も1000人以上の方が、議事堂近くの砂防会館に全国からおいでになりました。

「拉致問題」は、右だ左だと言っている場合ではありません!!

日本国民なら絶対に見過ごしてはならない問題なのです!!

安倍晋三内閣総理大臣のお言葉

 

「皆様こんにちは。内閣総理大臣の安倍晋三でございます。国民大集会の開催にあたり、一言ごあいさつを申し上げます。今、北朝鮮の側から対話を求める動きがあります。これはまさに、わが国が米韓両国と協力をして、そして中国やロシアといった関係国と緊密に連携をしながら、北朝鮮に対して最大限の圧力をかけてきた成果でもあります」

 「また同時に米国が、すべての選択肢がテーブルの上にあるという姿勢で北朝鮮に対して、あらゆる手段を用いて圧力をかけてきた。日米連携をして、そうした圧力をかけてきた成果であろうと思います。経済制裁をし、そして抜け道は許さないとの確固たる決意でわれわれは国際社会をリードしてまいりました」

「今般、北朝鮮は核実験とICBM(大陸間弾道ミサイル)発射を停止をし、そして核実験場を廃棄する旨、発表しましたが、大切なことはこれが北朝鮮による核実験を含むすべての大量破壊兵器、あらゆる弾道ミサイルの完全、検証可能、かつ不可逆的な方法での廃棄に向けた具体的な行動につながっていくことであります。そして、政府の基本方針には変更はありません。引き続き核・ミサイルの開発の動向について、重大な関心を持って情報収集、分析を行い、注視して参ります」

 「今月は南北首脳会談、その次には史上初めての米朝首脳会談が予定されています。これらの首脳会談を契機に、日本としては何よりも大切な拉致問題を前に進めていくよう、全力を尽くす。そういう局面にきていると思います」

 「先月30日、拉致被害者ご家族の皆様と面会させていただいた。現下の情勢を千載一遇のチャンスとして、何としてでも全ての拉致被害者の一日も早い帰国実現につなげてほしいとの切実な思いを直接お伺いをいたしました。本日もこの集会に先立ちまして、先ほど、ご家族の皆様と懇談をさせていただく機会を持ち、皆様から切実な声を伺いました。皆様とともに、この問題について全力で取り組んでいかなければならない。そしてその時を迎えているという気持ちを同じくさせていただいたところでございます」

「ご家族の皆さんの切なる思いを胸に、17日から20日にかけまして、米国を訪問し、トランプ大統領と会談を行って参りました。初日の最初の2人だけの会談、そして少人数の会談においては、そのほとんどを北朝鮮の問題について費やしました。特に2人だけの会談においては、この拉致問題について、この重要性についてトランプ大統領にお話をさせていただきました」

 「トランプ大統領も昨年、来日をした際、ご家族の皆さまの声を聞き、皆様の気持ちをよく理解しておられました。この問題を解決するために、ぜひとも協力をしてもらいたい。いかにご家族が苦しい思いをしているかということを申し上げました。トランプ大統領も身を乗り出して、私の目を見ながら真剣に聞いてくれました。そして、米朝首脳会談で、拉致問題を提起する。ベストを尽くすと力強く約束をしてくれました」

 「記者会見においても、昨年来日した際にみなさんと対面されたことを思い浮かべながら、できる限り早期にご家族の再会を望む。拉致被害者の帰国に向け、可能な限りすべてのことをし、彼らを日本に帰国させる。あなたに約束する、こうテレビカメラの前で表明をしてくれました。この日米首脳会談の共同記者会見においては、米国でもCNN等で全国にライブで放映されるわけであります。そしてそれは北朝鮮の人々も見ている。まさに世界に向かって米国の大統領がこの問題を解決をする、被害者を家族のもとに返すということを約束をしてくれたと思います」

「しかし、問題は首脳会談が行われ、そこで米国から提起されても、北朝鮮がどのように受け止め、実際に行動していくかであります。そしてこの拉致問題はまさに日本の問題であり、日本が主体的に行動をとっていかなければいけない問題であろうとこう思うわけであります」

 「今後一層、日米で緊密に連携しながら、すべての拉致被害者の即時帰国に向け、北朝鮮への働きかけを一層強化していく考えであります。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領とも先月16日に電話会談を行い、拉致問題の解決に向けて協力していくことで一致しております。また先般来日をした(中国の)王毅国務委員に対し、私自ら中朝間でのやり取りにおいて、拉致問題を取り上げるように働きかけを行ったところであります」

 「北朝鮮とは対話のための対話では意味がありません。拉致被害者の方々の帰国につながらなければなりません。そうした観点から、引き続き北朝鮮に対し、そして中国やロシアに対しても拉致問題の早期解決に向けて協力を要請し、すべての拉致被害者の一日も早い帰国の実現に向け、あらゆる施策を講じてまいります」

「2002年に5人の拉致被害者の方々が帰国されましたが、それ以来15年以上、1人の拉致被害者の帰国も実現しておりません。拉致問題の解決に当初から取り組んでまいりました政治家の一人として、また日朝首脳会談に官房副長官として同席した者として、痛恨の極みであります。拉致被害者の方々を北朝鮮から連れ戻すためには、日本政府が主体的に取り組まなければなりません。まずは南北、そして米朝首脳会談の際に、拉致問題が前進するよう私が司令塔となって全力で取り組んでまいります」

 「拉致問題は安倍内閣の最重要、最優先の課題であります。拉致問題は安倍内閣が解決をする。安倍内閣において解決をする。拉致被害者の方々がご家族の皆様と抱き合う日がやってくるまで、私たちの使命は終わらないとの決意で、今後ともこの問題に取り組んでまいります」

 「拉致問題の解決のためには、日本国民が一致をして、拉致被害者を日本に返せとの強い声を伝えていくことが、大切なことであります。その声こそが国際社会を動かし、そして北朝鮮を動かしていくことにつながっていく。このように思います」

 「われわれは国際社会とともに圧力をかけ、やっと南北首脳会談、米朝首脳会談、北朝鮮の側から求めてくるところに至ったわけであります。今後とも確固たる決意で、進んでいかなければならない。過去の経験を生かしながら、この問題にこれからも皆さんとともに取り組んでいくことをお約束いたしまして、私からのごあいさつとさせていただきます。皆さん、ともに頑張ってまいりましょう」

※赤字は僕が印象に残った部分です。

 

宜しければこちらの動画をご覧ください。

政府インターネットテレビ

 

安倍総理からは、九月の時と比べても並々ならぬ決意と覚悟を感じました。

 

そりゃぁ~自由民主党の中にも、どうしようもない輩が雨後の筍の様にいまっせ!

正直言って、およそ過去の自由民主党なんて笑止千万な方々が(笑)

 

しかし、安倍総理だけは歴代の総理大臣と違うのです。

この人は、死も覚悟して臨んでいると感じますし、日本国家の為、国益の為に生きていると感じます。あくまで僕の意見ですが。

 

今回も、拉致家族会の方々や特定失踪者のご家族もお越しになっていました。

友人が、親が、子が、知り合いが、あの乞食のような犯罪テロ国家の餌食に40年以上も、過度な暴力と失望を味わっている現実を、一秒たりとも忘れてはならないのです。

 

大集会の決議案

 

僕たち日本人は、あの腐れ外道の一族を凝視して、鬼神の如く真剣に声を上げて行かなければならない時が、本当に訪れたのだと思います。

日本人は古来より、「和を以て貴しとなす」民族ですが、この「拉致問題」は、我々日本人に鬼神になる口実を与えてしまったと、外道は後悔する時が必ず来ます。

 

朝鮮は天に代わって成敗だ!!

 

全拉致被害者を返せ!!

 

800人以上いる拉致被害者を返せ!!

 

朝鮮に味方する奴は日本人の敵だ!!

 

過激な言い回しになってしまいましたがお許し下さい。拉致被害者のご家族の声を聴いていて、涙と怒りと悔しさが込み上げて来ました。

これからも、この問題については、書いていきます。

 

本日も、拙い記事を最後まで読んで頂き、心から感謝いたしますドキドキ

 

 

 


人気ブログランキング

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村