2008-12-31 23:36:04

本日は

テーマ:***お知らせ***

1189


どうも、こんばんは、「厠(かわや)イヤミ百景」の管理人のイラストレーターのleolioです。

今月は更新が少なくて申し訳ありません。12月はいろいろ忙しかったもので。

本日は、




neko

「99に会いに行こう!終電後だよ!深夜の豪雨散歩 vol.4、このシリーズは今回でおしまい」でお楽しみ下さい。


ネットラジオ「猫烏丸OP(ねこからすまOP)」です。
http://necokarasuma.cocolog-nifty.com/blog/


しばらくの間続けて来ました、このシリーズも今回で終わりです。残すところ有楽町の駅から新橋駅まで深夜のウォーキング。そして始発までの時間つぶしが入ってます。

「オニイサン、マッサージ ヤスイヨ!」等、フィリピーナの娘さんたちの声も入っております。

そんな真夜中の新橋駅周辺でございます。


夜の遠足はしばらくはコリゴリです。



また、猫烏丸OPのHPでは謎の写真も掲載しております。

どういったときの写真かは、ラジオの冒頭にて話しております。


厠(かわや)イヤミ百景-1234



毎度ながら雨の音、風の音、雑音多数なところは申し訳ないです。




↓下のバナーをiTuneにドロップすると更新の度に自動配信されます。過去分「vol.1」「vol.2」もこちら側から拾えます。



http://necokarasuma.cocolog-nifty.com/blog/






イラストレーター leolio.com
leolio





本当にあった怖い尻 -SILLY GO LUCKY-

honjiri

<明後日くらいに更新>




●消費者言いがかり連絡会
iiga

<更新済み>





●女子マネージャー列伝
jyoshi

<更新予定>







ではでは。

次の更新は明日となります。

Neo Actionシリーズ THE MASKED GIRL 女子高生は改造人間




リンク集のページも何気にどんどん追加しております。

http://ameblo.jp/iyami-toilet/entry-10137630965.html

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008-12-23 19:44:14

公衆トイレ案内図

テーマ:トイレはこっち

厠(かわや)イヤミ百景-1227

お知らせ

 このトイレは、私設トイレです。

 公衆トイレではありません。

 当■■■地下街テナント関係者以外の方は

 利用できません。

 下記の公衆トイレを利用して下さい。



ここは某ビルの地下街。昔からの飲食店たちが、まるでその場所にこびりついたかのように連なっている。

もうビルの土台になってんじゃないのか?っていうくらいのフジツボっぷり。


アルコールを出す系の飲食店が多く、中には例外として映画館まである。

アルコールを大量に服用すると、自然と心の小宇宙(コスモ)から湧き上がるのは尿意と相場が決まっている。


そしてその地下街の公衆トイレかと思えば、トイレに鍵はかかっているわ、このような貼り紙があるわと、という突っぱねぶり。


それもただ突っぱねるだけではなく、ちゃんと近くの公衆トイレまでの地図まで記載してくれている。

優しいんだか厳しいんだか、「優しさを人肌の温度で・・・」ということだ。

ここのトイレはダメだけど、あっちに使っていいトイレがあるからと。




というわけでここのビルで飲んだ方は、地図を頼りに一度ビルを出て行ってもらわなければならない。

そこの飲食店で飲んでいるのにも関わらず、軽く尿意なり便意なりのおつかいを届けに行かねばならない状況だ。


では地図をもっとよく見てみよう。




厠(かわや)イヤミ百景-1228


なんだか宝の地図のようだ。

緊急性を問われる尿意に追い詰められている方にとっては、きっと宝の地図にも見えることだろう。

急いでいても分かりやすいように、実にシンプルな地図である。



手前の赤い文字のところが現在位置であり、上の赤い文字のところがゴールの公衆トイレとなる。

縮小具合としては、親指一つで数マイルというくらい遠くはないので安心してもらいたい。

タクシーとか必要な距離でもない。

24時間テレビの無理やりな感動のマラソンコースにもならない。



このままでは分かりづらいと思うので、上下半分に分けて追います。







厠(かわや)イヤミ百景-1230


スタート地点が既にトイレなのに、別のトイレまで行く地図が書かれているなんてシュールな話だ。

トイレであって、トイレでなし、その心は、「鍵がかかっているから・・・」



では、トイレをスタートします。

ちなみに地下街の中のトイレの向かいは理容室となっている。


地下だけあって、最初の難関は上り階段が待ち受ける。まずは地上に出ろという話だ。

出ます、出します。何かを出すために、地上に出ます。


そして矢印にそってビルの間を抜ける。

喫茶店なども無駄に地図に書かれているが、給水所などではない。

中央ビルと記されたビルの隣の飲食店では、結婚式の二次会が行われていたようで「皆さん、お幸せに!FOREVER LOVE!」としか言えない。








厠(かわや)イヤミ百景-1259


そして直線を進むと、こちらで伏せておいたが「●●●通り」という名の通りにぶつかる。

地図上では只の空白でしかないが、実際に歩くと車も普通に結構通る。

下手すると、トイレに行く途中で轢死という、孫に伝えるのもちょっと躊躇われる理由でお爺ちゃんは逝ってしまうこととなる。お孫さんへは、車に轢かれそうになっていた子犬を勇敢な老人が救った末の悲劇として伝えられることだろう。

優しい嘘って存在するのだ。

そんな犬はどこにもいないのだがな。



そこをクイッと、クイッと、緩やか且つ急カーブをかましてもらえば、念願の使っていいトイレが待っている。


その全ての移動距離、「約90M」だそうな。

だって書いてあるんだもの。

不動産屋の物件案内で云うところの徒歩一分ぐらいのものだろう。

あれは「徒歩」と書いて、「普段の歩行速度が時速30km出てる極一般人の徒歩。決して走ってなんぞいません!」だから。



公衆トイレかと思いきや、実は孤独のランナウェイのスタート地点であり、そこから約90メートルほど歩かされての、本当の公衆トイレ。

まるでトイレからトイレを周る旅人のようではないか。




地図を頭の中で描いて辿り着いてみれば、どうってことのない普通の公衆トイレであった。

しかし、実はそこにも仕掛けが・・・、





厠(かわや)イヤミ百景-1232


「この公衆便所には、災害時に使用でき

 るピット(汚物を溜める便槽)を地下に

 設置しています。

  (使用方法)

 災害時に水洗が使用できなくなった場合は、

 大便器を取り外すことにより使用できます。

                 ■■区土木部公園緑地課 」



コクピットと同じピットのことだ。

ここはやっと出会えた公衆トイレの個室内。


災害時に、いつも通りに電気や水のライフラインが使えるとは限らない。

むしろ使えなくて当たり前。

「地デジにすると画面が綺麗!」「2011年にはあなたのお家のアナログテレビが使えなくなります!」とかそれどころの話ではなくなる。


水洗トイレも名前に偽りありと言われようと、水が供給されていないときは水洗であって水洗でなし。

私の体験談で言えば、昔私が住んでいた隣県のダムが渇水状態にあったときに、時間的な断水を強制させられたなんて経験がある。普段使えて当たり前、ひねって出て当たり前の水が出ないとなんとも不便なものだ。

普段「トイレをした後には手を洗いましょう」と言われていようと、まず水がなければどうしようもない。

それが断水。


せめても利点とすれば、料理を食べるときにはお皿にサランラップを敷いて食べると、後でお皿を洗わなくて済むなど、サバイバル知識をある程度もらった。



そんなとき水洗トイレは無力となる。

いかに普段、水洗トイレという奴が「水洗」の部分に依存しているかを知ることとなるのだ。

指を怪我したときの、「手揉みうどん」「手揉み」の部分だ。

いかに「手揉み」に依存していたか・・・。


いつもの得意芸の水芸が出来ないとすれば、番傘の上でひたすら升を回すのみか?





いえいえ、そんなときには便器の横にある地下への扉が使われるらしい。




厠(かわや)イヤミ百景-1233


この蓋を開けまして、さらに便器をかぶせれば、所謂一つのボットン便所の誕生となるらしい。

フリースタイル、自由落下、飛び込み、重力の思いのままに放つあれである。

人間は下に向けてのみ、カメハメ波が打てるのである。

別に亀仙人の下で修行する必要は一切ない。



さすがに現代は、下水道がある程度どの家庭にも行き届いているので水洗トイレが当たり前となったが、一昔は生まれて初めて遭遇するブラックホールとして子供たちを震え上がらせていた暗闇の貯蓄庫。

大人になってからは、本当のブラックホールは人の瞳の中にあると気付く。



水がないので流せない。

じゃあ溜めて捨てるしかない。


実に簡単な理論である。



人にものを教えるのは得意。

でも子供が少子化で子供が減った。

じゃあ老人相手にパソコンスクール開くか・・・の如しだ!(ちょっと違うか)



災害時でもそのスタイルを変えて、ちゃんとトイレが使えることを教えてくれる貼り紙でした。

そういうときこそ、みんなで使うトイレだから他人を気遣って綺麗に使う心が問われるだろう。



そもそも地下街のトイレも、利用者もといお客さんたちが綺麗に使っていれば利用する人を制限することもなく、このようなトイレからトイレへの旅もなかったのかもしれない。



私的には、ネタになったのでおいしいところだが。




--------------------------------------------

「厠イヤミ百景の一景」

http://www.leolio.com/index/KAWAYA/KAWAYA_menu.html



都内、某公衆トイレにて


-------------------------------------------------------


最近の更新(適当に

本当にあった怖い尻 (更新済み)

女子マネージャー列伝 (更新予定)


天が呼ぶ 地が呼ぶ お客様が呼ぶ!消費者言いがかり連絡会 (更新済み)


歩こうの会 おざな

GET WILD AND 逮捕

ちい散歩のDVD


猫烏丸OP「99に会いに行こう!終電後だよ!深夜の豪雨散歩 vol.3」


イラストレーター leolio.com
leolio

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-12-11 22:32:14

紙工作

テーマ:水を流すなら



厠(かわや)イヤミ百景-1254


「ハンドルを手で

押し下げてください


明らかに最初に書いた貼り紙の上から新しいお札の姿が。

隠しきれない紙質の差がそれを物語っている。



ここは某喫茶店内のトイレ。

店主が何かをきっかけに、「今日からこれをハンドルと呼ぼう!」と決めた日から、その訂正貼り紙は貼られるようになったはずだが、何がきっかけだったのだろうか?

むしろ「これってハンドルって呼ぶんだ?」と気付いた結果かもしれない。

レバーでも可。


下の貼り紙の達筆ぶりと比べると、どこか遠慮がちに青い文字で書かれた訂正の貼り紙。

「今更ですが今日から店内ではハンドルと呼びます、ごめんなさい」といった感じが出ている。

信号の某色のことを、「今まで青、青、言ってましたけど、やっぱりこれって緑色ですよね?」と訂正するが如くだ。


セロハンテープの壁との同一化ぶり、そしてトイレ臭を吸収した紙の傷み具合から、新旧にかなりの年月の開きが伺えるが、トイレの貼り紙の訂正はいつしたって遅くはない。


「実はこちらが男子トイレでした!」なんてのは困るが、今まで食べれるものと思っていたものが、実は毒っけたっぷり!食べ続けると背中から緑色の新しい手が生えてきます!なんていうのよりは全然いい。





厠(かわや)イヤミ百景-1218

<ハンドルと呼ばれるようになりました>


しかし訂正するからには、元にあった文字を隠してなんぼのはずだが何か隠し切れてない過去。

訂正の文字も小さければ紙自体もちょっと小さい。

「今日から私は女の子!」と、どこからどう見ても女性にしか見えない、体のいろんなパーツを改造された元・紳士でも、明け方近くになると青々としたヒゲが生えてきてしまうかのようだ。



まあそこは見て見ぬふりをするのも大人の優しさ。



ここの喫茶店はお婆ちゃんがお一人でやっている店舗なので、そこら辺を深く突っ込んであげるのはお年寄りに優しくない。ここのトイレを借りる際にも、「そこの電気つけてねー!」と、たいそうフレンドリー。

軽く孫扱いを受けた。




店主がお婆ちゃんなら店舗の方もかなりの年季が入っており、シックなことこの上ない。

いわゆるおしゃれカフェと呼ばれるものには負けない良さがある。




例えば、このハンドルの水道パイプの上流こと水洗タンクだが、






厠(かわや)イヤミ百景-1219


なぜだかタンク周りの壁の色がデビット・リンチの映画に出てきそうなことになっている。

途中まで普通の壁タイルなのだが、上空は歴史を隠しきれない色具合。





他には、







厠(かわや)イヤミ百景-1220


何かを諦めている換気扇のコンセント。



待機電力対策ばっちりでございます。


換気扇どころか、コンセント自体でいろいろなものを吸収しているような深み具合。

長いこと燻製されたかのようだ。

ソースだよね?ソースの色だよね?

しかし残念ながら、メニューに鉄板焼きはない。





厠(かわや)イヤミ百景-1221


トイレ自体の鍵もどこか「旧校舎」という単語が浮かんで来そうなレトロぶり。

シリンダーとか関係なしに、「ここを、こう、こう、こう」と多数の「こ」の使用だけで、鍵の全ての構造が説明出来そうだ。


自分のとっても恥ずかしいプライバシーを、こいつに施錠という形で守ってもらうには多少頼りない。




また、ここのトイレは二階へと上がる階段の真下といった、言ってしまえば物置のような空いたスペースがトイレとなっているのだが、そのためか、







厠(かわや)イヤミ百景-1256


洗面台にはモロに階段の傾斜っぷりが影響。

例えるなら戦艦の船頭がこちら側に迫ってきているかのようだ。

船は別にフェリーでもクルーザーでもよい。


やんごとなき圧迫感。

トイレの個室内がこんなことになっていたら、本来トイレですべきことも落ち着いて出来ない。


本当はもっと引いた画像で写真を撮りたかったところだが、本当に狭い。

動ける範囲がほとんどなければ、三歩進んで二歩下がれば壁なのだ。


店主のお婆ちゃん基準の構造なのか、猫背気味にならないと天井と書いて階段の裏にあたる場所に頭をぶつけてしまう窮屈さ。



そんな中、ある貼り紙を見つける。







厠(かわや)イヤミ百景-1223


水道の蛇口が十字架みたいで超クール。

吸血鬼なら触ったとたんに火傷確定だ。



もうちょっと寄ってみることにした。






厠(かわや)イヤミ百景-1224


「かたく

  しめて下さい。」


どうやら水道の蛇口の締めっぷりが甘いお客が度々いたようだ。

そして「待て!」と主人に言われたものの、目の前にペディグリーチャム(ビーフ味)を山盛りに置かれた犬のように、ヨダレだらだら状態の蛇口に苦言の一言。


そこら辺はお婆ちゃん店主もシビアだ。

換気扇のコンセントを抜いているところも店主の人柄に通じるところがある。

そこんとこ大事なことよ。



そして洗面台の真横には、





厠(かわや)イヤミ百景-1258


謎の扉が。

そうじ道具が入っているとしても、なかなか渋過ぎる造りとなっている。

中はお仏壇です、と言われても「ああ・・・」と納得してしまいそうだ。


別にここのブログは、「日本のトイレさん、ルックルックこんにちは」といった趣向のブログでもないのでここまでにしておくが、年季を感じる喫茶店独自の風合いがトイレにも立ち込めていた。


店内はもっと渋いことになっている。




ちなみに、お婆ちゃんお一人で切り盛りしているせいか、





厠(かわや)イヤミ百景-1226


昔は作れたけど、今は作れないといったメニューが多々ある。

いろいろ消されたライセンスである。


ミックスサンドはぎりぎり作ってもらえるのか?

ミルクコーヒーはカフェオレのことでいいのか?

こぶ茶は現役のようだ。



メニューの価格設定も、一度いっぺんに改定されたようだ。もちろんその際にも紙を使用。

紙の重なり具合によって、貼られた時期の差が分かってしまう。



どうやらトイレの訂正の貼り紙のように、なかったことにするのに紙を器用にお使いになられる傾向にあるようだ。




あったけど、多くのメニューもなかったことになった。

お婆ちゃん一人ならこれもしょうがない。

いつまでも長生きしてもらいたいところだ。



こちらもどうぞ。


・GIGAZINE

「ついに決着か、トイレの便座はあげておくのが正しいやりかた」
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081212_toilet_seats_to_be_up/

--------------------------------------------

「厠イヤミ百景の一景」

http://www.leolio.com/index/KAWAYA/KAWAYA_menu.html



  

都内、某喫茶店内にて


-------------------------------------------------------


最近の更新(適当に

本当にあった怖い尻 (更新済み)

女子マネージャー列伝 (更新予定)


天が呼ぶ 地が呼ぶ お客様が呼ぶ!消費者言いがかり連絡会 (更新済み)


歩こうの会 おざな

GET WILD AND 逮捕

ちい散歩のDVD


猫烏丸OP「99に会いに行こう!終電後だよ!深夜の豪雨散歩 vol.3」


イラストレーター leolio.com
leolio

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。