1 | 2 次ページ >> ▼ /
2007-06-29 22:48:29

つゆ

テーマ:コンビニ物語


755


お客さまへ

いつもキレイにご使用いただき

ありがとうございます。

またご利用ください。      」



書かれていることはいつものイヤミ釘刺し定型文と変わりないが、その貼り紙に一緒に写っておられる方が場所を限定する。

どことは言わないが、ここは某コンビニチェーン店のトイレ。

どことは言わないが、ちょっとSTOPしたくなるような店だ。

ソフトクリームが食べたいな。



そして貼り紙の中で頭をペコリと下げておられる方が着ているのは、そのチェーン店の制服である。

店の名前を特定したくなかったので、制服に描かれたロゴ等はモザイク処理をかけておいた。まあ、そんなことしてもほとんど無意味なほど、その制服は特徴を持っている。


小さい頃に部屋の中では帽子を脱ぐように誰もが習ったはずだが、ここの店員さんと来たらいつも店内でキャップ帽をかぶっている。

部屋の中で頭に何かをかぶって許されるのは、何かしら頭部に致命的ダメージを与える物の落下から頭を防ぐためか、もしくは他人様の視線を防ぐためである。それに通じるところで、傍から見れば帽子とすら気付かないものをかぶっておられる方もおられるが、もはや毛が生えている時点で帽子の概念からは外れる。




756


某コンビニチェーン店のトイレ内の貼り紙の店員のように、この方の名札には名前がない。マユゲに強い意志が伺える名無しさんだ。


●参考記事

「田中店長のトイレ」 2006/03/07

http://ameblo.jp/iyami-toilet/day-20060307.html



さて、きっといつ何時急な場合にも、店内にてすぐさま野球をするためにキャップをかぶっている可能性も捨てがたいが、帽子をかぶっているもっと明確な理由は後ほど分かる。




トイレの貼り紙はこれだけかと思いきや、キャップ以外に、ここのコンビニの特色を表す内容の文章のものがあった。








757


お客さまへ

いつもキレイにご使用いただき

ありがとうございます。

カップ麺の残ったつゆなどは

流さず店員へお渡し下さい。  」



食事中にトイレの話も禁句だが、トイレで食事をする者もいてはならない。

ここにトイレでインスタントラーメンのつゆの話が出てくるのはここのコンビニならではだ。



ここのコンビニチェーン店ではイートインコーナーこと、店内で購入した商品を店内にて食べれるようになっているし、店頭で注文して何かした出来立ての商品を食べられるようになっている。

そしてここのトイレは、そのイートインコーナーの奥に存在し、中には湯を入れて食べた後のインスタントラーメンのつゆの処理に困る者もいるだろう。コーナー側のゴミ箱は明らかに、つゆだくを受け入れるようになっていないのも重なり、


「ああ、流せばいいじゃない?流せるんじゃない!?」



と、トイレに流し込みスプラッシュをする強靭な心臓と、間違った方向への発想の転換力を持たれた方が出現したのだろう。

そういうことが過去の事例であったのであろう。



深酔いの末の胃の中逆戻しならまだしも、同じく悪意はないとは言え、ラーメンなどをトイレに流しこむのはどうだろう。

下手すれば、「いってらっしゃい!」と先ほど送ったばかりなのに、忘れ物をしたかのように息荒く流したものが帰ってくる恐れもある。「ごめん!!無理だった!!」と。


そうなった日には、そこは通称地獄の一丁目と住所変換をしなくてはならない。

国土交通省には当然ながら無許可だ。


逆戻しまではいかないまでも油物の汁を便器に流し込むというのはいただけない。

ラーメンの匂いがするトイレには遭遇したくないものだ。




そしてここの店員が帽子をかぶっている理由は既にお分かりかと思うが、ここの店員はある程度の料理の調理もするので、衛生面も考慮して髪の毛を抑える役目も兼ねているのだろう。コック帽がキャップだっていいじゃないか。


けっして野球好きの集まりではない。


レジ裏にバットなどない。


店内のBGMが野球中継だったりもしない。




まあラーメンに限らず通称汁物という類の食品はいくらでもある。

余ったジュースだってそうだ。


トイレは決して便利な四次元ポケットではないので、そんなに過剰な期待は止めておいた方が無難だろう。

食べたものの汁が余ったら、トライ精神を一度抑えて冷静になって是非とも店員さんに一声を。


「残り飲んで下さい!」とかは無用だ。




食べ物の残りでなければ、トイレはいくらでも「しる」は垂らし放題だ。

どんどん「しる」を垂らしてもらいたい。





--------------------------------------------------------------

こちらのニュースも↓


GIGAZINE

「トイレの横の席になってひどい目にあった男性、航空会社に大激怒」


http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070629_airline_complaint/


--------------------------------------------------------------


「厠イヤミ百景の一景」

http://www.leolio.com/index/KAWAYA/KAWAYA_menu.html

ビリーズブートキャンプ/スタッフ体験ノート


おすすめ情報

お買い得セール、特集、フェアほか、全ストアからおすすめ情報をご紹介

マクロミルへ登録 げん玉 ranQ

http://www.leolio.com/index/


都内、某コンビニにて

人気ブログランキング blog blogou
らんきゅ~ __________________________________________________ranQ

-------------------------------------------------------


最近の更新(適当に

歩こうの会 爪と牙 (更新予定) 

女子マネージャー列伝 (更新予定)

天が呼ぶ 地が呼ぶ お客様が呼ぶ!消費者言いがかり連絡会 (明日更新予定)

猫烏丸OP (明日更新予定)

妖怪尻わずらい (しばらくお休みです)

歩こうの会おざな (しばらくお休みです)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-06-22 23:51:15

リアル海猿

テーマ:手洗い周り周り


こないだ梅雨入りしましたねと話しといて何ですが、全くと言っていいほど雨が降らない。

降らなければ降らないで外に出るのが助かるとオキラクゴクラクに考えていると、待ち受けるのがダムの渇水だったりする。降りっぱなしも困るが、照りっぱなしも大いに困るというもの。

それは引きこもりも困るが、出っ放しも困るのにも似ている。



じゃあ一足早く夏を実感、そして水のいっぱいあるところに行ってみようか。




そう、そこは海。




750


上の元ネタはこちらから↓

http://www.tv-asahi.co.jp/maguro/

*ちゃんと一から描いております。別物と思って下さい。


そんな捕るか捕られるか、玄海灘にて海上の勝負といった場所ではなく、無難に海水浴場に来た。


サンサンと照りつける太陽、飛び散る波のしぶき、これで水着のギャルたちでもいれば・・・



というのもこれまた違って、諸事情で来たのは

真っ暗闇の中で静かにただ波の音だけが響き渡る。



そんな誰もいない海水浴場の側のトイレには、ここならではといった貼り紙が存在する。

それはトイレの入り口のドアにあった。







751


「お願い

トイレの使用前に身体及び履物の

海砂を近くのシャワーか水道水で

良く洗い流して使用して下さい。

後に使用する方の為にきれいに使いましょう」

海水浴場に来て一通り遊んだ後にさあ帰るぞとしたときに、全て払い落としたはずなのに、こんなところからもあんなところからもと、こちらの範疇外へと隠れていたかのように砂が出てくる。

そうじゃなくても当然ながら、砂場の上を濡れた足で歩けば突き立ての餅にキナコをまぶすが如く砂が付いてくる。

その足であちらこちら歩けば、本人の思わぬところで砂の運び屋と化してしまうことだろう。

砂の運び屋は、海水浴場のトイレにとっては罪深いらしい。

一人の足や履物の裏に付いた砂など微々たるものだと思われるだろうが、これが海水浴場に来た大勢のスイマー兼運び屋の足によって度々トイレに運びこまれた日には、その砂の量もバケツを使ってお城が作れるほどにもなるというもの。

そして水とは切っても切り離せないトイレという空間、水と持ち込まれた砂が合体したとき、そこはトイレから海水浴場になる!というわけではなく、誰もが見たことあると思うがタイルの上で濡れた砂というは汚く固まっていたりする。

当然ながらトイレの床は茶褐色一面の世界。それだけならまだしも下手すれば床の排水溝の砂詰まりまで起こしてしまうかもしれない。さらにはこういった場所の個室というのは、昔から設置されていることもあり和式便器が多い。

和式便器ときたら、もう床に穴が空いただけのもののようであり、そこに多くの砂が溜まって詰まった日には地獄へウェルカムとなる。

海水浴客としては、もう海水浴場も側のトイレも砂と水でごっちゃになっていて、さらには半裸という自分の恰好から来る開放感、そして直射日光をあまりに受けすぎた頭でいろいろとどうでもいい気持ちになってしまいそうだが、トイレに大量の砂を運んだ際にはトイレは緊張感を伴う場所となることこれ必至。

海水浴場なのに砂持込み禁止というのも難しい話だが、それはトイレ内の洗面台にも警告があり、




752


「手やタオル等に

ついてる砂を

ここで洗わないで

下さい。       」



トイレに入る前に砂を落としてもらいたいと言っているのに、中には軽くシャワー代わりにトイレ内の洗面台で砂を落としてしまう人もいるのだろう。過去に洗面台が砂詰まりを起こした苦い経験、正に砂を噛むような思いをしたのか、このような貼り紙が年季の入ったガムテープで貼られていた。

執念とも思える年季が入ったせいか、若干後ろのタイルとガムテープとが同化しかけている。

いつか壁に直に書かれているかのようになってしまうかもしれない。


海水浴場のシャワー室はよく混んでいるものだが、トイレで砂を流し落とすのは厳禁だ。




海辺のトイレでは砂が対敵らしい。

これからあっという間に梅雨が明け、夏には海に行く方もたくさんいると思うので記憶の隅にでも覚えといてあげてもらいたい。






753


男・女・障害者用と全部の入り口を全面制覇するほど、トイレに砂を持ち込まれたくないらしいので。




かと言ってトイレまで行くのもめんどいし、どうせなら水の中にいることだしと海の中で用を(SB/小便)を足すのは大人として止めておいてもらいたい。

確かにそれだとトイレへと砂は持ち込まないが、無意識の内に飲尿療法をしてしまっている人が多々出てしまう。いくら知らぬは幸せとは言っても、やはり他人様のアンモニアは摂取したくない。

自分一人くらいと思わず、トイレまで。

その際は砂をよく落としてから。



海の中でおしっこをしていいのは海の生物だけなのだ。

彼らならDB(大便)も許される。







最後にトイレには関係ないのだが、思えば撮影のために遠くまで来てしまった。

そしてその地域のテレビを見ていると、普段うちのテレビでは映らないものが放送されたので思わず撮影してしまった。



テレビなのに私の生活の範囲もとい、私の知っているテレビ画面では映るわけがないものが映ったからだ。

では場所・電話番号などはモザイクをかけておいたが、ここに。











754


農家の方々へ!警戒宣言

   サル出没速報      

目撃情報●●→●●→●●へ移動

     4/17午前9時00分確認

    警戒地区  ●●●●●

●●●●●●●●●●●●●●●●

●●野猿対策協議会 ●●ー●●●● 」



テレビで猿警報。




リアルな海猿だろう。






--------------------------------------------------------------


「厠イヤミ百景の一景」

http://www.leolio.com/index/KAWAYA/KAWAYA_menu.html

ビリーズブートキャンプ/スタッフ体験ノート


おすすめ情報

お買い得セール、特集、フェアほか、全ストアからおすすめ情報をご紹介

マクロミルへ登録 げん玉 ranQ

http://www.leolio.com/index/


茶の国、某海岸にて

人気ブログランキング blog blogou
らんきゅ~ __________________________________________________ranQ

-------------------------------------------------------


最近の更新(適当に

歩こうの会 爪と牙 (更新予定) 

女子マネージャー列伝 (更新予定)

天が呼ぶ 地が呼ぶ お客様が呼ぶ!消費者言いがかり連絡会 (更新予定)

猫烏丸OP (編集中)

妖怪尻わずらい (しばらくお休みです)

歩こうの会おざな (しばらくお休みです)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-06-20 22:09:41

本日は

テーマ:***お知らせ***

どうも管理人のleolioです。

本日はleolio.comのサイトの方の日記"歩こうの会"「上ノノ男」でお楽しみ下さい。


http://www.leolio.com/index/leolio_diary/ueno.html



panda


元々、日記用のブログの「歩こうの会 おざな」 に去年書いたものですが、それに加筆とイラストを足して、leolio.com内に改めてアップしました。ですのでアップしたのは今日ですが、first updateの日付はブログでアップしたときの日付にしています。

去年の日記用のブログで書いたものをどんどん手直して載せて行こうと思います。


次回の「厠イヤミ百景」の更新は明後日となります。


ではでは。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。