武正公一外務副大臣は21日の衆院外務委員会で、中国軍の艦載ヘリが8日、東シナ海で監視活動中の海上自衛隊護衛艦に約90メートルまで異常接近した問題について、岡田外相が報告を受けたのは発生4日後の12日だったことを明らかにした。

 防衛省は8日夜に外務省に連絡したという。報告の遅れについて、岡田外相は「ヘリの接近が国際法上どういう扱いになるか、(中国側に抗議の)申し入れを行うべきかどうかを慎重に検討した」と釈明した。

 ただ、自民党の平沢勝栄委員が「まずは第一報を入れるのが危機管理の鉄則だ。遅すぎる」と批判したのに対しては、外相も「同じことを事務当局に言った」と述べ、省内の連絡体制に不備があったことを認めた。

天皇、皇后両陛下 国際賞授賞式に出席(毎日新聞)
南極海捕鯨、半減も視野=沿岸商業捕鯨再開へ-日本(時事通信)
切り札・仕分け第2弾、「政治ショー化」懸念も(読売新聞)
みんなの党の渡辺代表が水野氏に改めて出馬要請(産経新聞)
「両さん」守れ! 手には包帯=有志で夜間パトロール-破壊銅像に応急手当て・東京(時事通信)
AD