北朝鮮による拉致被害者について、ジャーナリストの田原総一朗さんがテレビ朝日の番組で「生きていない」などと発言した問題を審議していた放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会(堀野紀委員長)は10日、放送倫理上の問題があったとする見解をまとめた。「拉致被害者の生死という重大な問題について根拠を示すことなく『生きていない』と断定したのは、被害者家族に対する配慮を欠き不適切」などとしている。
 田原さんは昨年4月25日未明に放送された「朝まで生テレビ! 」の中で、拉致被害者の横田めぐみさんと有本恵子さんについて「外務省も生きていないことは分かっている」などと話した。
 拉致被害者家族会などが「視聴者に誤解を与えかねない」として同局に抗議。局側と田原さんは文書で謝罪した上、田原さんと担当アナウンサーが5月30日未明の同番組で謝罪した。しかし、2人のやりとりで打ち合わせ不足を露呈。家族会が反発し、同委に人権侵害を申し立てていた。同委は、この放送についても不適切と認定したが、さらなる謝罪放送の必要性までは認めなかった。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】緊迫!朝鮮半島~金総書記「人民に白米を」~
〔写真特集〕日本人拉致事件
〔写真特集〕若き日の金正日氏~知られざる素顔~
貿易会社社長を書類送検=北朝鮮と韓国を無許可仲介

AHKAH(アーカー)とアーティスト「クンゼル+デガ」のコラボジュエリー発表
沖縄知事、次々飛び出す普天間移設案に困惑(読売新聞)
首相動静(3月9日)(時事通信)
<チリ大地震>津波注意報で避難10%…海岸から1キロ内(毎日新聞)
<日米密約>長期の不明「遺憾」 公開ルール検討へ…外相(毎日新聞)
AD