千葉県と千葉市は5月27日、「ちば認知症相談コールセンター」を開設した。認知症患者の家族を支援する施策の一環。

 県と市の委託事業として、社団法人「認知症の人と家族の会」の千葉県支部が受託した。電話相談には、相談経験が豊富な認知症の介護経験者などが応じる。看護師などによる面接相談も予約制で行う。

 県は既に、認知症対策として千葉県医師会と連携し、認知症サポート医を養成する研修と、かかりつけ医の認知症への対応を向上させる研修を実施。また、各市町村の地域包括支援センターで、認知症介護経験者や市町村の専門家による家族のつどいが開催されている。

 電話相談は月、火、木、土曜日の午前10時から午後4時まで。面接相談は原則金曜日。電話番号は043(238)7731


【関連記事】
「口におしぼり」虐待の特養、千葉市が行政処分
厚労相に孤独死の全国調査実施を要請―千葉・常盤平団地自治会など
独居高齢者の安否、乳酸菌飲料の無料宅配で確認―千葉県成田市
「認知症加算」、85%が算定―千葉県内のケアマネ事業所
千葉の光洋会が民再法の適用申請、双樹会に連鎖

受信料不払い5人に強制執行 NHK(産経新聞)
中村真衣さん、「中村米」収益一部を地元に寄付(読売新聞)
雇用調整助成金の要件緩和、家畜伝染病では初(読売新聞)
雑記帳 伊達政宗から18代目の当主 新茶初摘みに挑戦(毎日新聞)
地検検事取り調べ、一部を違法認定…大阪高裁(読売新聞)
AD