埼玉県警行田署は22日、詐欺(無銭飲食)の疑いで、無職・斎藤邦行容疑者(40)を逮捕した。逮捕容疑は、21日午後2時20分から22日午前2時半ごろまで、行田市内の焼き肉店「安楽亭行田押上店」で代金約1万3000円を無銭飲食した疑い。

 行田署によると、斎藤容疑者は約12時間あまり店内で過ごし、マッコリ、イカ焼き、生ビール、シークワーサーサワー4杯、焼酎、カクテキ、ユッケ、豚足、ユッケジャン、上ミノ、カルビスープ、コムタンスープ、チヂミ、石焼きビビンバ、チョコバナナサンデーなど計23点のメニューを注文。

 閉店時間になっても店内に居座り続けたため、店員が通報。「払うつもりだった」と話していたが、クレジットカードなども所持しておらず、所持金もわずか44円だった。

 【関連記事】
埼玉県警 無銭飲食 安楽亭 を調べる

刑務官暴行 革手錠の違法性認め国に賠償命令…名古屋地裁(毎日新聞)
<うつ病>「国レベルで対策を」学会が共同宣言(毎日新聞)
普天間「持続可能な解決策を」…米国務長官(読売新聞)
<ルフトハンザ>世界最大の旅客機A380導入 W杯独代表特別機に 来月日本へ(毎日新聞)
宮崎の10市町、ワクチン接種を受け入れ(読売新聞)
AD