【ワシントン=佐々木類】日米両政府は12日、国防総省で米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する外務、防衛当局の審議官級協議を行った。日本政府が「政府原案を固めた」(防衛省筋)ことを受け、本格的な実務者協議がスタートした。

 日本側は、現行案で移設先となっているキャンプ・シュワブ沿岸部のある名護市辺野古周辺にくい打ち桟橋方式で代替施設を建設する修正案を米側に説明したもようだ。ただ、米側はこれまで、くい打ち桟橋方式について、(1)テロへの対応が必要(2)工期が現行案より長期化する-などの理由で難色を示してきており、この日は日本側の説明を聞くにとどめたとみられる。

 協議には、日本側から外務省の冨田浩司北米局参事官、防衛省の黒江哲郎防衛政策局次長らが出席。米側はシファー国防次官補代理らがそれぞれ出席。12日朝から夕方まで7時間かけて日本側提案の実現可能性などについて突っ込んだ議論を行った。

【関連記事】
一体運用、地元合意が重要 普天間移設問題で米高官
鳩山首相が「6月以降も努力」と5月末決着断念を表明 普天間移設問題で
官房長官が負担分担要請 徳之島町議側は難色
普天間移設先で政府原案を初提示 日米課長級協議
12日、米側に「浅瀬案」正式提示 実務者協議
少子化を止めろ!

宮出し 初のそろい踏み 神田祭(産経新聞)
谷氏「やってみよう」 出馬決断は4月下旬 (産経新聞)
谷亮子氏 参院選出馬 「二足のわらじ」に危惧も(毎日新聞)
横須賀の住宅で発見の男性遺体に刺し傷など、県警が殺人事件と断定/神奈川(カナロコ)
痴漢取り締まり、検挙倍増=新入生、新社会人狙う-警察庁(時事通信)
AD