宮崎県で家畜の伝染病口蹄(こうてい)疫が広がっている問題をめぐり、川端達夫文部科学相は21日の閣議後記者会見で「給食に影響はないと伝える活動をしている」と話した。
 文科省は20日、口蹄疫に関し教育委員会の給食担当者らに通知を出した。通知は、感染した家畜の肉や牛乳が市場に出回ることはなく、感染した家畜の肉を食べたり牛乳を飲んだりしても人には感染せず影響はないとして、学校などへ正しい知識を伝えるよう求めている。 

【関連ニュース】
殺処分に全額補償=口蹄疫で特措法案
ワクチン接種、合意先送り=地元首長「納得できる補償を」
ワクチン投与「やむを得ず」=農水相に苦言も
口蹄疫の消毒薬を緊急輸入=バイエル
牛肉卸値、落ち着いた動き=都食肉市場

元署長、飲酒運転で逮捕=乗用車に追突―栃木県警(時事通信)
地域の介護従事者の地位向上、待遇改善を―ワーカーズコープ連合会(医療介護CBニュース)
不同意堕胎 逮捕の医師「ビタミン剤」と交際女性にメール(毎日新聞)
送金規制強化を検討=北朝鮮制裁「姿勢示す」―菅財務相(時事通信)
志賀自工会会長「頑張っていると言われるように」(レスポンス)
AD