大学生らを勧誘し、ねずみ講を運営したとして、無限連鎖講防止法違反の罪に問われたインターネット関連会社「ライブリー」(解散)の元社長、柏木文男被告(47)=奈良県斑鳩町=の判決公判が11日、京都地裁であった。栩木(とちぎ)純一裁判官は「若者を対象に大規模に勧誘しており悪質だが、反省している」として、懲役1年6月、罰金100万円、執行猶予3年(求刑懲役1年6月、罰金100万円)を言い渡した。

 判決で栩木裁判官は「積極的に勧誘活動をしており、重要な役割を果たしている」と述べた。

 判決によると、柏木被告は平成17~19年、元会長の城間勝行(37)と元役員の前田壮一(33)の両被告=いずれも公判中=と共謀。25人を勧誘して代理店登録させ、登録料名目などで集めた計約930万円を配当し、ねずみ講を運営した。

【関連記事】
ねずみ講の被害者9人、賠償求め提訴
若者の心理をつく“マルチのカリスマ”らの巧妙手口
ねずみ講「ライブリー」元幹部ら3人起訴、1人は不起訴に
組織トップに2年で3千万円配当 ライブリーねずみ講
ネット端末ねずみ講、被害2千人7億円超 容疑の業者逮捕
少子化を止めろ!

皇太子さま、地下放水路ご視察(産経新聞)
民事法情報センター、法人解散を正式決定(読売新聞)
徳之島移転「距離的に無理」米高官が自民議員に(読売新聞)
<小1虐待>母を書類送検 暴行手助けした疑い 三重・鈴鹿(毎日新聞)
<電動自転車>CO2の削減で職員に貸し出し 愛知県豊橋市(毎日新聞)
AD