昨年の大相撲名古屋場所で、山口組弘道会の幹部ら多数が、現役親方が手配した入場券で取り組みを観戦していた問題で、安藤隆春警察庁長官は27日の会見で、「社会的に許容されることではなく、極めて遺憾だ」と厳しく批判した。

 安藤長官はまた、日本相撲協会が昨秋以降、暴力団排除活動に取り組んでいる点にも触れ、「(暴排活動の徹底を)警察としても全面的に支援したい」と述べた。

 一方、中井洽国家公安委員長は「国技の相撲が毅然(きぜん)と暴力団排除をするのは当然だ」と指摘した。

【関連記事】
親方ら「テレビに映る席」注文 暴力団の大相撲観戦問題
相撲案内所が販売か 暴力団観戦 権利者、発券知らず
三保ケ関親方、2親方と暴力団のつながり暴露
あそこで相撲はOK?暴力団員“砂かぶり”こだわるワケ
大相撲界、断ち切れない暴力団との関係

<公明党>低所得者向け住宅政策…空き家100万戸を活用(毎日新聞)
10分5億円PR映像、JOC会長「必要経費」(読売新聞)
<八街殺人放火>「鉄パイプで殴り、刺す」…2人に逮捕状(毎日新聞)
加藤被告からの手紙、読まずに返送「二度と受け取らない」(産経新聞)
<金星探査機>あかつきが地球撮影 25万キロから鮮明画像(毎日新聞)
AD