鳩山由紀夫首相は13日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題について「5月末までの期限を私は作った。国民との約束で、できる限りのことはするが、すべてが果たせるかどうか。6月以降も詰める必要があるところがあれば努力はする」と述べ、首相が掲げてきた「5月末までの決着」を断念することを正式に表明した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 普天間移設問題をめぐっては、平野博文官房長官が12日夜、鹿児島県・徳之島の地元町議らと会談した。首相は「(平野氏から)『大変厳しい』という話はうかがったが、意見をうかがうのは大変大事だ。これからも続けていく必要がある」と述べ、協議を続けていく意向を示した。

【関連記事】
民主議員発言で米側混乱 「地元賛成」とウソ 政府断念の伊江島案
鳩山首相、ぶら下がり短縮「この程度が望ましい」
自民とみんな、内閣委員長解任決議案提出へ
官房長官が徳之島町議と会談へ 首相は「できる限り」と5月決着公約を格下げ
普天間決着先送り 擁護発言続々 亀井氏「引田天功じゃあるまいし」
少子化を止めろ!

<岡田以蔵>初の命日祭、高知の墓前で 人斬り以蔵、思い伝えたい 「龍馬伝」でファン増(毎日新聞)
日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞の公募を開始(医療介護CBニュース)
被害総額は30億超?振り込め詐欺団ナンバー2を逮捕(産経新聞)
民主議員がグアム、テニアン視察へ(産経新聞)
最主力のアルツが9%の伸長-科研製薬(医療介護CBニュース)
AD