日本列島が強風に見舞われた21日、中国大陸から飛んでくる黄砂が、九州から北海道にかけて広範囲で観測された。

 気象庁によると、この影響で、同日午前9時現在、鹿児島市、奈良市、津市、静岡県御前崎市では、視界が2キロ未満まで低下している。視界が2キロに満たないと、小型航空機の運航に影響が出る可能性もある。

 このほか、大阪市や福岡市、高松市など、西日本を中心に視界が5キロ未満まで低下しており、洗濯物や車に砂の付着が目立つこともあるという。

 黄砂は同日午後にかけて更に広がる見込み。

<日本芸術院賞>洋画の山本文彦氏ら9人 09年度受賞(毎日新聞)
小林氏の進退、首相「終わったと思っていない」(読売新聞)
「民主党に物が言えるのは私だけ」-日医会長選、原中候補が主張(医療介護CBニュース)
<連続保険金殺人>元看護師の死刑確定へ…被告側の上告棄却(毎日新聞)
八ツ場ダム湖面橋の建設継続=住民の意向に配慮-前原国交相(時事通信)
AD