いわつき小児科クリニックのブログ

いわつき小児科クリニック 院長の戸塚隆太です。
お子さまや親御さん方の力になればと思い、
日頃、私が感じていることなどをお話していきたいと考えています。


テーマ:
{1A8501C7-6863-4B2C-9858-8338AD220BE1}

①小青竜湯・しょうせいりゅうとう

とても一般的に使われます。

鼻水、鼻づまり、以外にも、涙目( アレルギー性結膜炎など) にも効果があると言われています。

今回、紹介する中では速攻性のあるタイプの漢方です。

つまり漢方というと体質改善のイメージですが、

鼻の色々な症状を抑える役目も見込める漢方です。

「抗アレルギー薬でイマイチ」という方に

抗アレルギー薬と併用して使える感じです。
( これは今回紹介するすべての漢方薬にいえる事です。)

また、漢方薬は、妊婦さんや授乳中の方などにも使いやすいと言えます。

②荊芥連翹湯・けいがいれんぎょうとう

副鼻腔炎など蓄膿症を起こしやすい方に向いていると言われています。

鼻がつまりやすく、すぐに鼻水が色がついてしまう方に良いかもしれません。

また体質改善と症状を抑える両方の効果が期待できます。

また抗アレルギー薬と併用して使えます。

もちろん妊婦さんや授乳中の方などにも使えます。

③辛夷清肺湯・しんいせいはいとう

やはり副鼻腔炎など蓄膿症を起こしやすい方に向いていると言われています。

荊芥連翹湯の違いは、鼻炎に伴って、痰のからむ咳や少し喘息っぽくなる方に向いているかもしれません。

体質改善の効果の方を見込めますが、症状を抑える効果も期待できます。

また抗アレルギー薬と併用して使えます。

もちろん妊婦さんや授乳中の方などにも使えます。

花粉症ももう少しです、一緒に頑張りましょう☆




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。