お嬢さん

『お嬢さん』公式サイト http://ojosan.jp/

 

イギリスの人気ミステリー作家サラ・ウォーターズの小説「荊の城」を原案に、物語の舞台を日本統治下の韓国に置きかえて描いたパク・チャヌク監督の新作『お嬢さん』。上映時間2時間25分の長尺で、「R+18」の成人指定を受けています。終盤にちょっとした暴力シーン(?)は出てきますが、やはり女優二人が挑んだエロチックなシーンが“指定”の理由なのでしょうね。

 

舞台は1930年代末、日本統治下の韓国。人里離れた土地に建つ屋敷で、日本文化に傾倒した支配的な叔父と共に暮らす“お嬢さん”の財産を奪い取ろうと計画する詐欺師たち。スラム街で詐欺グループに育てられた少女がメイドとして屋敷に送り込まれますが…。狸と狐の化かし合いのような物語が展開します。センチュリーシネマ(10ポイント獲得での無料鑑賞)。グッド!

 

お嬢さん

 

以下は映画『お嬢さん』の宣伝チラシに記載のコピーと内容紹介(一部)です。

 

パク・チャヌクが放つ 『オールド・ボーイ』を遥かに凌ぐ、

狂おしい官能と欲望の罠。 誰が騙し、騙され、愛されたのか―――?

 

華麗で過激な、究極の騙し合いを描いた超衝撃作。ドンッ

 

映画は三部構成で、舞台は1939年の朝鮮半島。支配的な叔父(チョ・ジヌン)と、膨大な蔵書にに囲まれた豪邸から一歩も出ずに暮らす華族令嬢・秀子(キム・ミニ)のもとへ、新しいメイドの珠子こと孤児の少女スッキ(キム・テリ)がやってくる。実は詐欺師一味に育てられたスッキは、秀子の莫大な財産を狙う“伯爵”(ハ・ジョンウ)の手先だった。

 

伯爵はスッキの力を借りて秀子を誘惑し、日本で結婚した後、彼女を精神病棟に入れて財産を奪う計画だ。だがスッキは美しくも孤独な秀子に惹かれ、秀子も献身的なスッキに心を開き、二人は身も心も愛し合うようになってしまう……。 ラブラブ

 

お嬢さん

 

三部構成の第一部は、“伯爵”の指示のもとに“お嬢さん”秀子に近づくスッキの視点で描かれています。騙している立場の人物が、実は騙されていた…という意外な展開で第一部が終わるのですが、なぜそうした展開になったのか、第二部の“お嬢さん”秀子の視点での物語を見ることで腑に落ちます。ただ、これはまだ“ひねり”の効いた物語の前段に過ぎません。あせる

 

第三部に至ると、“お嬢さん”秀子の実像と物語の真相が見えてくるわけですが、彼女に多大な影響を与えているのが、実は希少本のコレクターである叔父の偏執的な趣味にあることがわかります。この叔父は日本の“枕絵”が載っているような性にまつわる希少本を収集し、その小説の“朗読会”を開催しています。その朗読を担当するのが“お嬢さん”というわけです。

 

日本風の和風の意匠の地下室で、和装で髪を結いあげた“お嬢さん”が朗々と日本語のスケベ小説(?)を読み上げるのです。その場にいるのは叔父の目にかなった同好の士ばかりという感じです。「チン●が」「マン○に」などと高らかに読み上げられる日本の小説らしきもの。字幕なしで理解できることに、少しばかり感動を覚えました。感動するところが違うかな。パー

 

 

(2016年、監督・脚本/パク・チャヌク、脚本/チョン・ソギョン、原作/サラ・ウォーターズ、撮影/チョン・ジョンフン、美術/リュ・ソンヒ、音楽/チョ・ヨンウク)

お嬢さん

 

お嬢さん

 


にほんブログ村

AD

素晴らしきかな、人生

『素晴らしきかな、人生』公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/subarashiki-movie/

 

素直に告白すれば劇場鑑賞をかなり迷いつつ、会員サービスデーの料金割引につられて見ることになった映画『素晴らしきかな、人生』です(汗)。宣伝チラシに「アカデミー賞受賞俳優たちが結集した奇跡の物語」とある通り、主演のウィル・スミスを取りまくように、キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン、ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャら豪華な俳優の名前が連なっていて、みなが主人公ウィルの“再生”を願うような役回りを演じています。

 

とはいえ映画を見る前から、どうにも気になっていたのは邦題の『素晴らしきかな、人生』です。これは明らかにフランク・キャプラ監督の名作『素晴らしき哉、人生!』(1946年)をそのまま“いただいた”感じです。キャプラ作品の原題は「It's a Wonderful Life」ですが、本編の原題は「Collateral Beauty」。英語力のない私からしても、かなり強引な本編の邦題のように思えますが、いかがでしょうか。ミッドランドスクエアシネマ(会員サービスデー1,100円)。

 

素晴らしきかな、人生

 

以下は映画『素晴らしきかな、人生』公式サイトに記載のコピーと紹介ストーリーです。

 

3人の舞台俳優の謎をといた時、あなたにも幸せが訪れる!

 

ニューヨークの広告代理店で成功を収めていたハワード(ウィル・スミス)。しかし最愛の人を失い、深い喪失感に見舞われ、プライベートも仕事もやる気なし。会社も危ない。同僚たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ベーニャ)もそんなハワードと会社を心配していた。あせる

 

そんなある日、人生ドン底のハワードの前に3人の奇妙な舞台俳優(キーラ・ナイト、ヘレン・ミレン、ジェイコブ・ラティモア)が突然現れた。不思議な言動をハワードに投げかける年代も性別も異なる3人。しかし、その出会いによってハワードに徐々に変化が…。

 

素晴らしきかな、人生

 

ニューヨークの広告代理店で成功を収めたウィル・スミス演じる主人公のハワード。しかし、彼は「最愛の人」を失ったことで大きな喪失感に包まれて、完全に人生を見失ってしまい、仕事にも生きることにも身が入らないのです。この「最愛の人」というのが人生の伴侶ではなく、まだ年若い彼の娘であるということに、やはり親である身としては心に響くものがあります。しょぼん

 

ハワードと共に会社を起ち上げ、その成功に大きく貢献してきた3人の“仲間”は彼のことを心配します。と同時に、会社の従業員や会社の将来のことも心配になるわけで、3人は協議して策を講じます。それが年代も性別も異なる3人の舞台俳優たちによる、ハワードへの様々なアクションということにつながります。それは会社におけるハワードの影響力の排除を目的にしているようでありながら、結果としてはハワードを“再生”させる友情的な行為となるわけです。

 

クリスマスシーズンのニューヨークを舞台にして、豪華なキャストが集い、高級ブランドのファッションにも彩られていて、“見ばえ”のいい映画に仕上がっています。この映画のシチュエーションはともかく、作品の邦題を『素晴らしきかな、人生』としたならば、日本での上映も2月ではなく昨年末のクリスマス前に出来なかったものかと思います。私は3月の鑑賞です(笑)。パー

 

 

(2016年、監督/デヴィッド・フランケル、製作/マイケル・シュガー、脚本/アラン・ローブ、撮影/マリス・アルベルチ、美術/バス・マイクル、音楽/セオドア・シャピロ)

素晴らしきかな、人生

 

素晴らしきかな、人生

 


にほんブログ村

AD

ラ・ラ・ランド

『ラ・ラ・ランド』公式サイト http://gaga.ne.jp/lalaland/

 

第89回アカデミー賞で1985年生まれのデイミアン・チャゼルが史上最年少で監督賞を受賞した映画『ラ・ラ・ランド』。エマ・ストーンの主演女優賞のほか、撮影賞、美術賞、作曲賞、主題歌賞と6部門で受賞を果たしましたが、作品賞の“ミス”発表がマスコミの報道では大きな話題になりました。プレゼンターが勘違いするほどに、作品賞でも“本命”だったのでしょうね(笑)

 

ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンの共演で、『セッション』で一躍注目を集めたチャゼル監督が描くのは、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスを背景に、売れない女優とジャズピアニストの恋の行方。ただ、この映画自体が「ミュージカル映画」に属するのか、私にはよくわかりません。宣伝チラシのコピー極上のミュージカル・エンターテイメント」というのは上手いです。伏見ミリオン座(鑑賞料金は会員1,000円)。

 

ラ・ラ・ランド

 

以下は映画『ラ・ラ・ランド』の宣伝チラシに記載のコピーと紹介ストーリーです。

 

世界に興奮と熱狂を叩きつけた『セッション』の監督最新作は

極上のミュージカル・エンターテイメント

 

夢追い人が集まる街、L.A.(ロサンゼルス)。映画スタジオのカフェで働くミア(エマ・ストーン)は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会う。

 

彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したことから何かが狂いはじめる――。 あせる

 

ラ・ラ・ランド

 

映画のオープニングは、夏のL.A.のハイウェイの渋滞シーン。もう何度と見ていた予告編の映像シーンですが、そのダイナミックなミュージカルシーンがフルに展開されます。本編を見終えてみればわかるのは、このオープニングは作品の大きな“見せ場”ということ。そして、それぞれに夢を持ちながらL.A.で生活するミアとセバスチャンの最悪の出会いのシーンでもある。ドンッ

 

初めての出会いで“ぶつかり合う”二人ですが、偶然の出会いが重なり、互いの才能を認めて“夢”を語り合ううちに恋に落ちていきます。貧しいけれど、夢があり愛があった時期ということでしょうか。やがて生活のために加わったバンドで世間に注目されるようになるセバスチャン。女優としての才能に限界を感じ始めたミアとの間に“すきま風”が吹くようになるのです。

 

二人の恋愛が成就するというのは、映画的な常識(?)からいって90%ないだろうと予測していました。切ない別離を描くからこそ、恋愛映画の価値は高まるものだと…。実ることのない恋愛の一方で、それを犠牲にするかのように二人の夢がどう展開したのか…で、クイズです。

 

 ①ミアとセバスチャン、二人の夢はそれぞれ実現した。

 ②ミアの夢は実現したが、セバスチャンの夢は挫折した。

 ③ミアの夢は挫折したが、セバスチャンの夢は実現した。

 ④ミアとセバスチャン、二人の夢はいずれも挫折した。

 

すでに映画を見終えている方からすれば、かなりの“愚問”でしょうが、すれ違いのメロドラマ好きの私としては気になる点です。個人的にこの映画に気持ちが乗らなかった部分があるとすれば、その理由はこの4択の回答の先にあるように思うのです。どうぞお察しください。パー

 

 

(2016年、監督・脚本/デイミアン・チャゼル、撮影/リヌス・サンドグレン、美術・デビッド・ワスコ、編集/トム・クロス、音楽/ジャスティン・ハーウィッツ)

ラ・ラ・ランド

 

ラ・ラ・ランド

 


にほんブログ村


AD

 

 
クリスティアン・ムンジウ監督の映画『エリザのために』でブログを更新しました。娘の英国留学を実現するために、ツテとコネを使って裏工作をする父親。見終えて“やり切れないさ”を強く感じる作品でした。
3/14 20:02
坂下雄一郎監督の商業映画デビュー作『東京ウィンドオーケストラ』でブログを更新しました。松竹ブロードキャスティングオリジナル映画製作プロジェクトの第3弾は、屋久島を舞台にしたコメディ映画です。
3/15 22:46
貫井徳郎の原作を映画化した『愚行録』でブログを更新しました。監督・石川慶、脚本・向井康介は映画化しづらい原作の世界を、見事に再構築していました。原作の“毒”は薄まっていますが…。
3/17 23:54
ジャンフランコ・ロージ監督のドキュメンタリー映画『海は燃えている イタリア最南端の小さな島』でブログを更新しました。中心ではなく辺境にある“境界”のような場所を捉えることで、逆に“世界”が見えてくるよう…。
3/18 23:46
キム・ギドク監督の新作映画『The NET 網に囚われた男』でブログを更新しました。3月は韓国のノワール・タッチの力作映画を連続して見ていますが、やはりキム・ギドク作品は“別格”なのかな。
3/19 20:56
 

 

The NET 網に囚われた男

『The NET 網に囚われた男』公式サイト http://www.thenet-ami.com/

 

2月の私は“ロマンポルノ”作品中心の鑑賞月だったのですが、3月はさながら“韓国映画”の鑑賞月という状況です。パク・チャヌク監督の『お嬢さん』、ナ・ホンジン監督の『哭声 コクソン』、そしてキム・ソンス監督の『アシュラ』と3本の韓国作品をすでに見終えました。どの映画も2時間を越える“大作”風で、血と暴力に官能までありの韓流エンタメのオンパレードです。

 

それに比べると鬼才キム・ギドクの新作『The NET 網に囚われた男』の上映時間112分は、1970年代の“2本立て”興行が馴染んでいる私には、程よい尺の長さ(時間)です。自身の持つ小型モーターボートの事故で北朝鮮と韓国の国境を越えたため、二つの国家の公権力に理不尽な扱いを受ける一人の漁師の姿を通して、弱者が犠牲となる現代社会の闇を鋭く描写した社会派ドラマとなっています。 名古屋シネマテーク(10ポイント獲得での無料鑑賞)。

 

The NET 網に囚われた男

 

以下は映画『The NET 網に囚われた男』公式サイトに記載の紹介ストーリー(一部)です。

 

北朝鮮の寒村で、妻子と共に貧しくも平穏な日々を送る漁師ナム・チョル(リュ・スンボム)。その朝も、唯一の財産である小さなモーターボートで漁に出るが、魚網がエンジンに絡まりボートが故障。チョルは意に反して、韓国側に流されてしまう。韓国の警察に拘束された彼は、身に覚えのないスパイ容疑で、執拗で残忍な尋問を受けることに。

 

一方、チョルの監視役に就いた青年警護官オ・ジヌ(イ・ウォングン)は、家族の元に帰りたいというチョルの切実な思いを知り、次第にその潔白を信じるようになる。そんな時、やはりスパイ容疑で捕えられた男が、チョルにソウルにいる娘への伝言を託して、自ら舌を噛み切り息絶える。やがて、チョルを泳がせようという方針から、物質文明を極め人々が自由に闊歩する、ソウルの繁華街に放置される。―― DASH!

 

The NET 網に囚われた男

 

南北に分断された国家の一方に所属するキム・ギドク監督です。“南”にいながら“北”の漁師を主人公にした作品を撮ることに、凡人の私はまず驚きます。北朝鮮の寒村の貧しい夫婦と一人娘を取り巻く環境、これが“北”の現実のようにも思えますし、“南”のイマジネーション豊かな映画監督の“創作”とも解釈はできます、、、そんなに単純な問題ではないでしょうが。あせる

 

それにこの映画の監督は、“北”が貧しく“南”は豊かといった紋切り型の描写に捉われていません。ソウルの繁華街で“南”の繁栄を見せつけて彼を“脱北”させようとする狙いに反して、周囲の監視から逃れた彼が目にするのは、家族を養い弟を大学に入れるために身を売る若い女性。表面的な経済繁栄の陰に隠された“南”のダークサイドにも映像は及ぶわけです。

 

キム・ギドク監督作品には珍しく上映中の館内で笑いが巻き起こることが度々ありました。私の覚えているのは、最初はソウルの繁華街に連れ出された主人公が、その街の風景を目にしないように頑なに目を閉じている姿を捉えたシーンです。余分な“南”の情報に触れないでいることが、やがて“北”に戻った時に自身と家族の“安全”のために有効と考えているのです。

 

そして紆余曲折(暴力的な取り調べ?)はありながら、“南”の資本主義の誘惑を退けて、晴れて“北”に帰国する主人公。しかし、そこで彼を待ち受ける当局の取り調べ、これが始まったシーンで笑い声を上げる観客はもっとも多かったかもしれません(私もその一人です)。平凡な個人の人権を無視するように公権力が行使される時、“南北”に隔たりはないわけです。パー

 

 

(2016年、監督・製作・脚本・撮影/キム・ギドク、衣装/イ・ジンスク、音楽/パク・ヨンミン)

The NET 網に囚われた男

 

The NET 網に囚われた男

 


にほんブログ村