映画秘宝 オールタイム・ベスト10

 

映画を見つつ、映画に関連した書籍もなるべく読むようにしています。今年の6月に発行された「映画秘宝オールタイム・ベスト10」(映画秘宝EX究極決定版/洋泉社MOOK)は、その155名の参加者の投票の集計結果への興味よりも、155名それぞれの作品選出の個性的を越えた“我が道をゆく”内容(?)に感心しきりの状態でした。おそらく私のブログにお越しになる方も、この“身勝手”をテンコ盛りにしたようなMOOK本を購入された方はいるはず。ニヤニヤ

 

55点の持ち点で集計された結果、今回のベスト10の上位は①『悪魔のいけにえ』(1974年)、②『ゾンビ』(1978年)、③『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015年)、④『狂い咲きサンダーロード』(1980年)、⑤『ブレードランナー』(1982年)となっています。イチャモンをつけるつもりはありません(汗)。私が個人的な「ベスト10」の選者の中で気になったのは――

 

入江悠(P32)、岡本英郎(P64)、快楽亭ブラック(P66)、鈴木義昭(P150)、直井卓俊

(P182)、樋口尚文(P215)、町山智浩(P222)、森達也(P227)あたりです。還暦が近い私

自身と世代が近いのかもしれませんが、映画をセレクトする嗜好に近しいものを感じます。

 

                         カチンコ

 

それで“踊る阿呆に、見る阿呆…”ではありませんが、私もこの「オールタイム・ベスト10」をセレクトすべく一念発起したわけです。私の場合、映画秘宝の編集部よりも少し厳格にルールというか、自分の中での決め事を定めました(昭和のオヤジらしい性分かもしれません…)。

  選出する映画について

 ・映画館あるいはホールなどでスクリーン鑑賞した作品

 ・シリーズ全体でのチョイスはNG(武蔵もダーティハリーも寅さんも、選ぶなら単品)

 ・1監督1作品限り

 ・日本映画/外国映画の区分なしで、枠数などへの配慮はしない

 ・特に順位はつけない(持ち点55とすれば、各作品5.5ということです) 

 

したがって、以下の記載の順番は作品の製作年度順です。あれこれ考えながら“10本”を選ぶのは、それはそれで面白かったです。明日になれば、この10本のうちの何本かは入れ換えたくなるかもしれしれません。ただ、ブログ上で「私の“オールタイム・ベスト10”」を更新するとしたら、それは必ず「7月25日」にしようと決めています。これも私の中の“ルール”です。パー

 

A・清作の妻(1965年、監督/増村保造)

▲ここ数年、若尾文子さんの出演映画をかなり見ましたが、今のところこの映画が“マイベスト文子映画”です。増村保造監督らしい情念のドラマ。メラメラ

 

B・けんかえれじい(1966年、監督/鈴木清順)

▲戦時に向かう不穏な空気の中、ケンカに明け暮れ、恋愛というより“性欲”に悩む純情男のキロク。このモノクロ映画は“昭和”を表象する作品に思えます。

 

C・八月の濡れた砂(1971年、監督/藤田敏八)

▲大学生の頃、東京の名画座で1日に3度見たことがあります。何気ないシーンが記憶の底に貼りついている、そんなノスタルジー映画。八月を迎えると無性に見たくなります。

 

D・約束(1972年、監督/斎藤耕一)

▲1970年代にテレビ放映で見たきりの“こがれた”映画でした。数年前に銀座シネパトスのショーケン特集でスクリーン鑑賞が実現。そのシネパトスもすでに閉館です。汗

 

E・ペーパー・ムーン(1973年、監督/ピーター・ボグダノヴィッチ)

▲この映画『ペーパー・ムーン』からは劇場公開時にリアルタイムの鑑賞をしています。高校時代に鑑賞し、映画を見ることが大好きになった私の“原点映画”の一本。

 

F・祭りの準備(1975年、監督/黒木和雄)

▲黒木和雄監督の作品は“戦争レクイエム”四部作が有名ですが、私としては中島丈博のオリジナル脚本を映像化した本編。これもまた“原点映画”の一本です。あし

 

G・青春の殺人者(1976年、監督/長谷川和彦)

▲親殺しをテーマにした長谷川和彦の大胆なデビュー作。自ら殺めた両親を浜辺で幻視するシーンで、水谷豊が流す涙が印象的でした。

 

H・タクシー・ドライバー(1976年、監督/マーティン・スコセッシ)

▲ロバート・デ・ニーロとジョディ・フォスターの名前をまとめて覚えた、マーティン・スコセッシ監督の出世作。ベトナム戦争の後遺症がいまだ記憶に新しい時代の映画。パンチ!

 

 I・グロリア(1980年、監督/ジョン・カサヴェテス)

▲商業映画をほとんど撮っていないジョン・カサヴェテス監督の日本の地方都市でも公開されたメジャー作品。細君であるジーナ・ローランズが実にカッコいいです。!!

 

J・ミリオンダラー・ベイビー(2004年、監督/クリント・イーストウッド)

▲映画館から遠ざかっていた時期ですが、このイーストウッドの監督作品はしっかり劇場で鑑賞しています。尊厳死をテーマにしながら、独特の抒情が漂う作品です。

 

 

オマケ/ベストガイ…原田芳雄 グッド!

原田芳雄

 

 

オマケ/ベストガール…若尾文子 ドキドキ

若尾文子

 

 


にほんブログ村

AD

 

 
アンジェイ・ワイダ監督の遺作となった『残像』でブログを更新しました。信念を貫く前衛画家の晩年を描いた作品ですが、主人公の姿がそのままポーランドで映画を撮り続けた監督の姿に重なります。
7/17 0:18
メル・ギブソンが監督した戦争ドラマ『ハクソー・リッジ』でブログを更新しました。第二次世界大戦の沖縄戦で“銃”を持たずに、衛生兵として活躍した米軍兵士の実話に基づいた作品です。
7/18 12:42
本日は映画の劇場鑑賞もブログ記事も書かずに、久しぶりに名古屋・栄のブルーノートに出かけました。日本の女性ジャズ・ヴォーカルを代表する伊藤君子のライブ・ステージ。新作アルバム「伊藤君子、美空ひばりを歌う」を中心にした構成でしたが、「スカイラーク」を生で聴けてホッとしました。
7/18 21:56
アカデミー賞の外国語映画賞を受賞したアスガー・ファルハディ監督の『セールスマン』でブログを更新しました。夫婦にまつわる心理サスペンスですが、見終えてまったくスッキリしない人間ドラマでもあります。
7/19 22:24
スペインのセスク・ゲイ監督・脚本の『しあわせな人生の選択』でブログを更新しました。男同士の友情に不思議な思いを持つことになる、“余命もの”映画ですが、最後まで明るさを失いません。
7/21 23:50
今日はロイヤル劇場で上映をスタートした市川崑監督の『細雪』を見に岐阜市まで出かけました。JRの車中で読み終えたのが、山川方夫の「親しい友人たち」という東京創元社から出ている文庫本。切れ味の鋭いショートストーリーを、およそ40年ぶりに堪能しました。(^O^)/
7/22 21:32
藤原竜也と伊藤英明がW主演している『22年目の告白 私が殺人犯です』でブログを更新しました。オリジナルの韓国映画は未見ですが、マスコミを扇動する“殺人犯”という設定は面白かったです。
7/22 21:43
ダニエル・エスピノーサが監督したSFスリラー映画『ライフ』でブログを更新しました。火星で発見された生命体の脅威にさらされる宇宙飛行士たち。その命を賭した懸命な闘いと、無残な結末が描かれます。
7/23 23:49
 

 

AD

ライフ

『ライフ』公式サイト

 

『デンジャラス・ラン』『チャイルド44 森に消えた子供たち』のダニエル・エスピノーサ監督が今回メガホンを取ったのはSFスリラー映画の『ライフ』。国際宇宙ステーションを舞台に、火星で発見された生命体の脅威にさらされる宇宙飛行士6名の運命を追います。ジェイク・ギレンホールや『デンジャラス・ラン』にも出演したライアン・レイノルズ、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のレベッカ・ファーガソンと共に、“日の丸”を背負って(?)真田広之がシステム・エンジニア役で活躍します。ミッドランドスクエアシネマ(会員レイトショー1,100円)。グッド!

 

ライフ

 

以下は映画『ライフ』のチラシに記載のコピーと紹介ストーリーです。

 

「生き残る」それがヤツの本能。

「地球に行かせない」それが6人のミッション。

無重力のISS(国際宇宙ステーション)から〈惨劇〉が始まる――

 

6名の宇宙飛行士が火星で発見した〈未知なる生命体〉。彼らは知らない――。世紀の大発見が大惨劇を招くものなることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なのものが一切ない、“筋肉”と“脳”だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。爆弾

 

世界各国からISSに集結した6人の宇宙飛行士たちは、医者のデビッド・ジョーダン(ジェイク・ギレンホール)、検疫官のミランダ・ノース(レベッカ・ファーガソン)、航空エンジニアのローリー・アダムス(ライアン・レイノルズ)、システム・エンジニアのショウ・ムラカミ(真田広之)、宇宙生物学者のヒュー・デリー(アリヨン・バカレ)、司令官のエカリーナ・“キャット”・ゴロフキナ(オルガ・ディホヴィチナヤ)。彼らの目的は、火星で採取された地球外生命体細胞の極秘調査です。

 

ライフ

 

火星の地中から採取したサンプルに、未知の生命体の存在を確認した国際宇宙ステーションのクルーたち。地球は祝賀ムードで、その生命体を「カルビン」と名付けます。その育成は6名のクルーに任されますが、宇宙生物学者のヒュー・デリーがその中心となります。最初は細胞の状態だった「カルビン」は、やがて小型生物へと成長し、高い知能も見せるようになります。

 

そして、急速に成長する「カルビン」は、人間という生命体を凌駕するような攻撃的な行動を見せるのです。6名のクルーたちは一人また一人と命を落としていくわけですが、その描写はなかなかグロテスクなものもあります。見た目は“宇宙クラゲ”のような軟体動物的なフォルムですが、これが人間の体内に侵入するのです。そして、侵入した人間の体内からバーンと再登場するのですが、これって『エイリアン』(1979年)の敵対的な異星人の描写に似ています。

 

まさに凶暴性むき出しの異種生命体とのコンタクト映画という点では、『エイリアン』の正統なるエピゴーネンという気がします。ただ、この作品には残念ながら“シガニー・ウィバー”は存在しません。私は作品を見る前から、尋常ならざる“目力”のあるジェイク・ギレンホールが出演しているのですから、かなりヤバい結末を迎えるのではないかと実は危惧していました。ですので、驚くべきエンディングに唖然としつつも、どこかで“想定内”といった気分の私です。パー

 

 

(2017年、監督/ダニエル・エスピノーサ、脚本/レット・リース、ポール・ワーニック、撮影/シーマス・マクガーヴィ、音楽/ジョン・エクストランド)

ライフ

 

ライフ

 


にほんブログ村


AD

22年目の告白 私が殺人犯です

『22年目の告白 私が殺人犯です』公式サイト

 

藤原竜也と伊藤英明がW主演している『22年目の告白 私が殺人犯です』を見てきました。作品は韓国映画『殺人の告白』(2012年)のストーリーを、現代の日本に置き換えたクライムサスペンスとのことですが、私はオリジナルの韓国作品を見ておりません。また『ジョーカー・ゲーム』などのメガホンを取っている入江悠監督の作品も初めてのスクリーン鑑賞でした。


1995年、同一犯による5件の連続殺人事件が日本中を震撼させた。結局、未解決のまま事件は時効を迎えますが、22年後に殺人事件の犯人を名乗る男が「告白本」の出版と共にその姿を現します。“美しき殺人犯”ともてはやされる男を藤原竜也、事件発生時から彼を追い続ける刑事を伊藤英明が演じます。ミッドランドスクエアシネマ(会員サービスデー1,100円)。グッド!

 

22年目の告白 私が殺人犯です

 

以下は『22年目の告白 私が殺人犯です』のチラシに記載のコピーと紹介ストーリーです。

 

全国民を魅了する殺人犯 

「はじめまして、私が殺人犯です」

事件(ゲーム)は、ここから始まる。

 

かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。その犯人が、事件から22年後、突然みずから名乗り出た。会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曾根崎雅人(藤原竜也)という男だった。顔をさらし、肉声で殺人を告白する曾根崎の登場にネットは熱狂ビックリマーク

 

賛否両論をまき散らしながら本はベストセラーに。それだけでは終わらない。マスコミを連れての被害者遺族への謝罪、刑事(伊藤英明)への挑発、そして、サイン会まで。そのすべてがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散されていく。それは、日本中を巻き込んだ新たな事件の始まりだった……。ドンッ

 

22年目の告白 私が殺人犯です

 

この映画に関してはサスペンスであると同時に、物語が進むほどに意外な真実が明らかになるミステリー的な面もありますから、できる限りネタバレ的な感想記事は避けたいのですが、どうも私にはついつい余分なことを言って失敗する癖があります(汗)。この作品をこれから劇場やDVDで鑑賞予定の方は、どうぞ以降の記事はご遠慮なくスルーしてください。 ウインク

 

私が作品を見る前に手もとにあるこの映画のチラシを見て、かなり気になったのは犯人を名乗る曾根崎役の藤原竜也のメイクを施したような容貌。そして、実年齢が30代半ばのはずの藤原竜也が22年前に連続殺人事件を起こしているとしたら、それは中学生くらいではないのか。その年齢で時効を迎えるような連続殺人を、果たして独りで行えるか…という疑念です。

 

そのあたりの私の疑念は、物語の後半になってスッキリと解決するわけですが…(笑)。この連続殺人事件の犯人は、いずれも被害者と親しい者にその殺人の瞬間を見せつけるために、殺害方法は背後から絞殺をする。そして、目撃させた者は殺さずにその犯行の様子を警察やメディアに証言させるという独自のルールを持っています。完全に病んでいる人物です。

 

鑑賞を終えた今は、藤原達也を全面に打ち出して「私が殺人犯です」というコピーのチラシを見るほどに、これ自体が巧妙な“フェイク”なんだなと感じています。告白本を書いた藤原竜也の他に真犯人がいるとしたら、それは誰なのか。そして、真犯人がいるとしたら藤原竜也がマスコミを煽るようにして犯人を名乗ったのは、なぜか。そんなところを、お楽しみください。パー

 

 

(2017年、監督・脚本/入江悠、脚本/平田研也、撮影/今井孝博、美術/小島伸介、音楽/横山克、主題歌/感覚ピエロ)

22年目の告白 私が殺人犯です

 

22年目の告白 私が殺人犯です

 


にほんブログ村

しあわせな人生の選択

『しあわせな人生の選択』公式サイト

 

監督のセスク・ゲイが自身の母親の闘病生活の体験をベースに脚本化し、スペイン版アカデミー賞といわれるゴヤ賞で作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、脚本賞の5部門を受賞した『しあわせな人生の選択』を見てきました。死が刻々と近づく中、別れの準備を整える男の前に長年の友人が現れる。そして、死にゆく男にとって大切な人々や愛犬と過ごす数日間を、微妙な“軽妙さ”で描き出します。こんな素敵な男の友情があるものだろうかと、人生と自身の生き方を振り返ることになりました。センチュリーシネマ(鑑賞料金は会員1,000円)。

 

しあわせな人生の選択

 

以下は映画『しあわせな人生の選択』のチラシに記載のコピーと紹介ストーリーです。

 

人生の残りが急速にカウントダウンし始めたとき、

しばらく会っていなかった友人が目の前に現れた――。

“しあわせ”を2人と1匹で探した特別な4日間。

 

フリアン(リカルド・ダリン)はスペインで俳優として活躍し、愛犬トルーマンと暮らしていた。ある日突然、カナダで暮らしていた古い友人のトマス(ハビエル・カマラ)が目の前に現れる。フリアンのいとこパウラ(ドロレス・フォンシ)から彼の具合がよくないと聞かされたからだった。フリアンはすでに治療をやめ、身辺整理を始めていた。フリアンは説教されることを嫌がり、彼を追い返そうとするが、そんなことはおかまいなしにトマスは4日間滞在するという。

 

次第に2人は昔の遠慮のない関係に戻り、フリアンの残り少ない時間を愛犬トルーマンの里親探しや、離婚後しばらく会っていない、アムステルダムの大学に留学している息子に会いに行くことに費やす。それは2人が一緒に過ごせる最後の日々でもあった――。DASH!

 

しあわせな人生の選択

 

映画の冒頭は寒さの厳しいカナダ(具体的にその説明はありませんが…)に暮らすトマスが、スペインにやって来るシーンから始まります。その旅の目的は何も語られませんが、彼はスペインでの滞在を4日間と決めて、付き合いの長い友人フリアンのもとを訪ねます。最初はしっくりといかない2人の関係ですが、やがて打ち解け恋人以上のような仲の良さを見せます。ラブラブ

 

この2人の男たちが過去にどのような関係で友情を築いたのか、そういった描写は一切ありません。スペインに暮らすフリアンは、余命わずかな自身を嘆くこともなく、わざわざカナダからやって来た友人の“財布”を当てにして我がままを言い放題という感じです。思いつきのようなアムステルダムの息子のもとへの旅など、フリアンの我がままに静かに従うトマスなのです。

 

思いやりがあり言葉少ないトマスですが、カナダへ戻る前日に今回の渡航のきっかけを作ったフリアンの“いとこ”と体を重ねます。これが意外に強烈なベッドシーン描写で驚きましたが、なぜこの作品でここに織り込まれるのか…、私にはもうひとつ理解できないところです(汗)。翌日、トマスはカナダへの帰国の途に着きますが、空港で出会ったフリアンは即座に二人の“関係”を見抜きます。それで、自身にとって最も大切なものを友人に託すわけです。パー

 

 

(2015年、監督・脚本/セスク・ゲイ、脚本/トマス・アラガイ、撮影/アンドレウ・レベス、編集/パブロ・バルビエリ、音楽/ニコ・コタ、トティ・ソレル)

しあわせな人生の選択

 

しあわせな人生の選択

 


にほんブログ村