フィトンチッド

テーマ:


どちらかといえばこれまで“自然”とは距離があり、キャンプや登山、海水浴などもう何年もしたことがありませんでした。
それが最近何度かふれ合う機会があり、そうすると今まで無味乾燥のように感じていたものが何とも心地よく、もしかすると“自然”もなかなか良いもんなんじゃないかと思えてきました。
そんな最近“フィトンチッド”という言葉に出会いました。
そのまま訳すと、フィトン(植物)チッド(殺す)と何とも物騒な言葉です。ご存知でしょうか。

この言葉、樹木(植物)が他の生物などに傷つけられた際自ら発するいくつかの物質の総称のようなのもで、さまざまな働きがあるとされています。
他の植物への成長阻害作用、昆虫や動物に葉や幹を食べられないための摂食阻害作用、昆虫や微生物を忌避、誘因したり、病害菌に感染しないように殺虫、殺菌を行ったりと名称と同様かなり危険なものなのです。これは土に根ざして生きる樹木は移動することができません。そのため外敵からの攻撃や刺激を受けても避難できないために発散しているのですが、そんなフィトンチッドがなんと人間にはとても有益な作用を及ぼすのです!

一つ目は、リフレッシュ効果で自律神経の安定に効果的で、肝機能を改善したり快適な睡眠をもたらすとも言われています。
二つ目は消臭、脱臭効果で、森へ行くと悪臭の原因となる動物の死骸や枯れた木などがあるにもかかわらず、爽やかな空気が広がることでも分かるように、空気を浄化したり、悪臭を消す働きがあります。

三つ目が抗菌、防虫効果で、食品への防腐、殺菌、部屋や浴室のカビ、家ダニなどへの防虫にも効果的です。

なぜか人には優しいフィトンチッド、とても興味が湧いています。

榊原。





AD

就寝前のプロテイン

テーマ:
前回は練習後やトレーニング後にプロテインを飲む理由を説明しました。
今回は就寝前に飲む理由を紹介します。

人間の身体は寝ている間にも身体は成長ホルモンが分泌され、栄養を吸収しようとします。
しかし、人間は寝ている間に栄養の補給をすることが出来ません。
そのために筋肉の栄養を分解して吸収しようとしています。
それを阻止するために就寝前にプロテインを摂取します。
プロテインを摂取して就寝することにより、寝ている間の栄養補給の役割を担います。

プロテインにはたくさんの種類があり、どれを選んでいいのか分からないという方も多いと思います。
就寝前に飲むとよいおすすめのプロテインは「カゼインプロテイン」です。
一般的に運動後に飲むとよいとされているホエイプロテインは栄養の吸収が1時間から2時間と短く、運動後に素早く栄養補給をするためのプロテインといえます。
対してカゼインプロテインは体内に補給してから完全に体内に吸収されるまでに6時間から7時間かかるといわれています。

つまり、寝ている間に体内に栄養がいきわたる、就寝前に飲むには最適なプロテインです。

このように飲むタイミングによってもプロテインの種類は変わってきます。
ぜひ参考にしてみてください。

今回の料理は…
【オクラとササミのキムチ和え】
{FA143B58-AA52-4C6A-8EFA-70ECA7C9D1E4}
ご飯にもお酒にもトレーニング後にも最適の一品です。

磯谷
AD

久々の芦ノ湖

テーマ:
こんにちは。

やってきました芦ノ湖。
そしてワカサギ釣り!

夏でもひんやりというか寒かったー。
早朝5時、気温が16℃で真夏とはとても思えませんでした。


毎回、いつもお世話になってる「網元 おおば」さん。
今回も良いポイントに案内してもらいました。

数多く釣れましたが、サイズが小さく総量で550グラム。
でも今回はサクラマスも2匹釣ることが出来ました。




しかし上には上がいました。
同日に箱根園で2キロを釣り上げた猛者がいたそうです。笑

1日通して天気も良く、早朝から夕方まで比較的にずっと釣れていたので、飽きずにワカサギ釣りを楽しむことが出来ました。

釣れない時間帯もありますが、そのときはボードに寝そべって、天を見上げながら昼寝は格別です。

今度は1キロアップを目指して行きます。

飯尾。
AD

小田原観光

テーマ:

連休中、親が新潟から来ていたので、小田原近辺の観光をしてきました。



まず、生しらす丼を食べに、早川漁港へ行きました。



すると、ギラギラサマーフェスタというものがやっており、出店が出店していて、かなり賑わっていました。

生しらす丼を食べた後、ヨロイヅカファームへ行きました。



行く途中、山の上から海や町が見渡せてとても綺麗でした。

そこでは、ブルーベリーソフトクリームを食べました。



ブルーベリーそのまんまの味といった印象で、とても濃厚で美味しかったです。




他にも、せっかく小田原へ来たんだからということで小田原城へ!

初めて中に入りました。

当時の巻物などが展示されていたり、戦国時代の領土の争いなどがわかりやすく映像で見ることができたりして楽しかったです。




他にもいろいろなところへ行ったのでまた別の機会に紹介したいと思います。



飯田

塩分

テーマ:

こんにちは!


甘いものとしょっぱいものを交互に食べることによって、飽きの無いおやつタイムを過ごしてる石山です。



気温が上がってきたせいか
熱中症という言葉もちらほら聞こえ始めました。
熱中症を予防するためには水を飲むだけではなく、塩分なども摂取しなければいけないというのは周知の事実だと思いますが、今回はその塩分についてのお話です。




皆さんは自分が1日にどれだけ塩分を摂取しているか考えたことはありますか?
石山は無論ありません。
甘いものとしょっぱいものを交互に食べる人間にとって塩分量など考えるだけ無駄だからです。




ですが健康という面からすると
過剰な塩分の摂取は高血圧の原因になり
様々な生活習慣病を引き起こす原因になると考えられています。



そんな訳で
WHO(世界保健機構)は2015年健康な人が1日に摂取するべき塩分の量を定めました。



男性8グラム
女性7グラム



多いのか少ないのか分かりにくいと思いますが、大さじ1のスプーンに塩を満タンに入れると16グラムと言われているので、大さじ1の約半量です。
それだけの塩を舐めると、とてもしょっぱくて食べられたものじゃないと思いますが、様々な食品に塩分が含まれることによって想像以上の塩分を人間は摂取してしまうのです。


{F6AEC3AC-4551-401B-946E-29F8C8815486}




ちなみにこれが石山がブログを書いたあとにひっそりと食べようとしているカップ麺の塩分量です。
やっぱり手作り料理が一番だということを再認識しますね。




外食や加工食品に頼らない料理男子目指して頑張りたいと思いました。


石山




iPhoneから送信