サッカーが出来る,恵まれた環境に感謝

サッカーが出来る,健康な体に感謝



★過去の成績


(2009年度)◎バーモントカップフットサル県大会/準優勝

        ◎JA全農杯チビリンピック福島県大会/優勝

          東北大会ベスト4

(2010年度)◎全日本少年サッカー県大会/優勝王冠1全国大会出場

       ◎FCT・JA共済カップ県大会/優勝王冠1

       ◎バーモントカップフットサル県大会/優勝王冠1全国大会出場

         バーモントカップフットサル全国大会ベスト16
       ◎チビリンピック県南地区/3位右矢印福島県大会出場

        ◎コカコーラ杯新人戦県南地区2位右矢印福島県大会出場

(2011年度)◎全日本少年サッカー県大会/8位

       ◎FCT・JA共済カップ県大会/4位

       ◎チビリンピック県大会/4位

       ◎コカコーラ杯新人戦県南地区/優勝右矢印福島県大会出場

(2012年度)◎全日本少年サッカー県大会/5位

       ◎バーモンドカップフットサル県南大会/優勝王冠?!

       ◎チビリンピック県大会/3位

       ◎コカコーラ杯新人戦県大会/グループ3位

       ◎郡山カップ福島県フットサル選手権大会/優勝金王冠

(2013年度)◎全日本少年サッカー県大会/3位

       ◎FCT・JA共済カップ県大会/7位

       ◎バーモンドカップフットサル県大会/準優勝

       ◎郡山カップ福島県フットサル県大会/3位



★スタッフ紹介

【監 督 】伊藤 弥   JFA公認 B級指導者

【コーチ】植村 広生 JFA公認 C級指導者
      岡部 誠   JFA公認 D級指導者

      深谷 友博

      佐藤 旭

      有賀 貴志

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年05月29日 12時12分06秒

子どもの背中を押すようなサポート

テーマ:ブログ
◇バックを見ると子ども自身が準備しているかがわかる

子どもをサッカーに通わせる皆さんの思いは様々かと思います。

『サッカーが上手くなってほしい』
『友達ができるように』
『運動をさせたくて』などなど。

多くの皆さんは自分の子どもが強くたくましく育ってほしいと思っているのではないでしょうか。

私も子どもたちには強くたくましくなってほしいと思って接しています。

ただ…そのような声掛けや指導をしても家に帰った時に親が子どもに対して手をかけ過ぎると子どもはどうしても楽な方に流れてしまうものです。
皆さんにはその線引きをしてほしいと思います。

サッカーの場で私たちが子どもたちと関わるのは2~3時間程度。
それ以外は家庭で親と一緒に過ごします。
家庭で子どもに対する関わり方はグラウンドでのそれ以上に大きな影響を持ちます。

例えば…
サッカーの道具を自分で準備することもそうです。
私としては子どもたちが自立するようにと思い接していますが親が子どものサッカーの道具を全部準備してあげると自分で用意するようにはなりません。

遠征などで子どもたちのバックを見ると親が準備しているか自分で準備しているかがある程度わかります。

なので私は何かを忘れてきた時にはまず『自分で準備してきたの?』と聞きます。
自分で準備してきた子には『自分で準備したんだ 凄いな!じゃぁ次は忘れないな(笑)』と声をかけるようにしてます。

自分で準備して忘れ物をした時は『あ~忘れちゃった…』『やっちゃった…』と残念な心が自分の中に必ず残ります。
だから次は必ず忘れないように確認するようになる。

そうすることで次からも自分で準備をするようになり他の子どもたちも『用具の準備は自分でするもの』と理解するきっかけになるのではと思っています。

私たちが接しているのは小学生ですから一度言っただけではわからないし理解できないことも多々あります。

そのためにはサッカーの時間を通して言い続けるしかありません。バックの整理や置き方や靴の整理や荷物の準備にしてもTRや大会…遠征に行って最初は自分でできなくても回数を重ねるうちにできるようになります。

そこで子どもたちに『おぉ~できてるね!凄いね!』と言うと子どもたちは欲が出たり向上心が出ます。
積み重ねの中で得られるものや達成できるものがあるのではないでしょうか。


◇親まで厳しく接してしまうと逃げ道がなくなってしまう

まずは子どもができることは自分でやらせる。
そこがスタートです。

例えば…
試合やTRに皆さんが観に来ます。
そこで直接皆さんには言わず聞こえる距離で子どもたちに対して『自分たちで準備しよう!準備できないの?』と問います。
それを聞いた皆さんがどう感じるだろうと気にしています。

私たちが求めていることは親の立場からすると意識していないことかも知れません。
ただ何かしらの発信をしないと伝わらないことは確かです。

小学校低学年のうちはしょうがない部分もありますが…
バックにスパイクやユニフォームを入れる作業を親がしている子も多いのではないでしょうか。

遠征の時にバッグの中を見て『親にやってもらっているな』とわかります。

『自分のことは自分でやる』という当たり前のことは伝えないといけないと思っています。

とはいえ…
厳しく接することばかりだと大人も子どもも心が持たないことも事実です。

TRは激しく頑張ることを求めます。
しかし遊びの要素の強いメニューを取り入れたりTR後は子どもたちとフランクに会話したりオンとオフのメリハリをしっかりと付けるようにしています。
それは皆さんにも意識してほしい部分でもあります。

私たちはTR中に厳しいことを言って子どもたちに厳しさを求めます。
そこで家に帰ってからも親からも同じことを言われたら子どもは逃げ場がなくなってしまいます。

私たちはグラウンドの中で子どもたちに頑張ってもらう環境を作っているので皆さんには子どもの背中を押すようなサポートをしてほしいと思います。

もちろん考え方は十人十色なので押し付けるつもりはありません。皆さんには岩瀬FCとしての考え方については総会や大会後の会などで監督や私たちからお話をさせて頂いています。

クラブの方針や目標設定…
目標に向かってどうアプローチをするのか道筋を伝えた上で来てほしい。

もちろん結果が出ない時もあります。
実際はそちらの方が多いかも知れません。

でも日々のTRに手を抜かずに全力で頑張ること。
そのプロセスを大事にしたいと思います。
ぜひ皆さんにもご理解して頂ければと思います。

植村
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月29日 05時39分40秒

バーモントカップ第26回全日本少年フットサル大会県南大会【結果】

テーマ:ブログ

【結果】


◇Aブロック


② 対 浅川SSS 2-4



残念ながら初戦敗退となりました。

先制され追いついた場面もありましたが追加点(2点)を奪われました。

当然チャンスもありましたがそこを打開できない場面やクリアランスからボールが収まらず相手ボールになる場面が多く前に進めないことで自陣での守備の時間が続きました。


メンバーチェンジをしながらゲームの流れを引き戻しなんとか同点に追いつきたかったのですが…

勝たせてあげられずでした。

準備時間の無い中で選手たちにはポイントを何点か絞り押し込む形にはなりましたが良く戦ってくれたと思います。


ただやはり昨日のゲームでも目立ったことは…

サッカーでも課題である球際での弱さと個人の打開力の弱さが出ました。

ボールが奪いきれないことで攻撃に転じれない…

個人の打開ができないことで数的優位の場面が作れない…

よってゴールまで辿り着けないこと。


もう一度そこからスタートです。

やはり1対1を強化しなければと強く感じました。

ボールを奪い切る『気持ちの強さ』が必要です。


アップ時に浅川SSSさんとお話をしましたが…

相手は6年生女子(1名)と5年生メンバーでしたがボールへの強さはありました。

ゲームでも前に前に来てましたね。


決勝戦はFCレガッテとESTRELLAS.FC Aとなり(3-9)でESTRELLAS.FC AがAブロック優勝で県大会の切符を手にしました。


午後から白片体育館へ戻り15:00~18:30までゲーム。

中2メンバ(2名)ーも来てくれました。

12分ゲームをグルグルと…悔しさを癒すゲーム(笑)



サポーターの皆さん昨日は一日お疲れ様でした。

大会での運営などの対応などありがとうございました。

また午後は白片体育館へ移動など私のワガママですが対応ありがとうございました。

バーモントは終わりましたが全少へ向けてまた仕切り直しです。

また宜しくお願いします。


植村

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月27日 05時59分23秒

5/22 TM…全学年

テーマ:ブログ

5/22…柏城小学校GにてFCブリーオさんが準備してくれたTMに全学年でお邪魔させて頂きました。
FCブリーオさんと鏡石FCSさんと3チームで9:00~16:30まで20分ゲームをグルグルと。
またミニコート(2面)も作って頂いて4年生以下でのゲームも。

FCブリーオの皆さん&鏡石FCSの皆さん一日お世話になりました。
ありがとうございました。

またサポーターの皆さんも一日お疲れ様でした。
子どもたちのサポートなどありがとうございました。

6・5年生(植村)&4年生以下(岡部C/佐藤C)にて対応。
4年生以下は午前中はミニコートにてFCブリーオさんとゲーム。
昼食後にフルコートで3ゲームを行ないました。
岡部C/佐藤C…お疲れ様でした。

6・5年生は『今日はお昼以外はサッカー!!』と伝えスタートしました。
2ゲームを終えましたが球際や守備もゆるゆる&ダラダラのゲーム…
6年生2名がいないからなのか…他の選手で声を掛ける選手もいない…
20分ゲームを半分ずつ6年生と5年生を総入替えしてる中でプレーできるのは10分足らず…
なのに必死さも見られない…

良い機会なので子どもたちに伝えました。
一日サッカーができるのに…

ただなんとなく一日過ごすのか…
自分は何をするのか…

サッカーはサッカーでしか上手くならない。
上手くなりたいと思っていてもやらなければ上手くはならない。
誰も上手くなるための手助けてはしてくれない。
いかに自分で『コソ練』をするかです。

今の自分に満足せずに常に向上心を持って欲しいと思います。


特に6年生は一つ一つが最後になります。

その時間をしっかりと取り組んで過ごして欲しいですね。


植村

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月21日 18時35分34秒

今後の予定について

テーマ:ブログ

◇5/22

☆全学年…植村/岡部C/佐藤C

TM

FCブリーオさん(全学年)
岩瀬FC(全学年)
鏡石FCSさん(6・5年生)

会場…柏城小学校G


◇5/28

【バーモントカップメンバー】…植村

バーモントカップ県南大会

会場…白河市中央総合体育館

※3ブロックの優勝3チームは7/2~3の県大会へ出場(あづま総合体育館)


◇5/29

【4年生以下】…佐藤C

白河カップ(U-9)

会場…白坂の森G


◇6/4

【4年生以下】…佐藤C

第17回 ヤマザキスポーツカップサッカー大会(4年生以下)

会場…福島県西郷村多目的広場運動場


◇6/5

【全学年】

県南リーグ2部(U-12/U-10)

会場…棚倉町営G


◇6/11~12…植村

【6・5年生】

※5年生は1日目と2日目を分けて参加予定

2016負けるもんか!福島復興大会!

【会場】
石川町クリスタルパーク
鏡石町鳥見山グランド
中島村改善センターグランド
※各会場4コート(12面)


◇6/18

【全学年】

県南リーグ2部(U-12/U-10)

会場…ルネサンス棚倉


◇7/2~3


【全学年】


2016第6回翡翠チャレンジカップ(U-12/U/10/U-9)


会場…福島空港公園緑のスポーツエリア

(多目的広場&フットサルコート)



◇7/30~31

【6年生+5年生の一部】…植村

城見ヶ丘ドリームカップサッカー大会(栃木県市貝)

会場…未定


【5年生】

第3回 芳賀南カップサッカー大会(栃木県芳賀)

会場…未定


◇8/5~7


2016年度『調布・福島フレンドリーカップ』


※詳細は未定



◇8/13~14

【6年生・5年生の一部】…植村

第27回 牧場の朝少年サッカー交流大会

【会場】
鳥見山陸上競技場(天然芝)
鳥見山多目的G(人工芝)


◇8/28…(予定)


【6年生】


EXILE CUP 2016【東北大会】


会場…米沢総合公園米沢市営人工芝フィールド


※募集後の抽選結果によります。



☆現時点の予定になります。
その他大会やTMなど入る場合もありますので宜しくお願いします。

植村

いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月21日 18時29分49秒

2016-2017年サッカー競技規則の改正について【紹介】

テーマ:ブログ

2016-2017年サッカー競技規則の改正について下記内容が掲載されていたのでご紹介します。

興味のある方は読んで頂ければと思います。

またJFAのHPでも確認できます。



日本サッカー協会は19日東京都内で理事会を開き2016-2017年競技規則の改正について適用時期などを決めた。

競技規則の改正は3月にウェールズにて行われた国際サッカー評議会(IFAB)ですでに決定しており国際的には6月1日から有効とされているが『明治安田生命Jリーグ』をはじめとする日本国内での施行は最短でも7月2日(土)の『2016明治安田生命J1リーグセカンドステージ第1節』からとすることを明らかにした。


今回の改正で大きく変わるのは『ペナルティーエリア内における決定的な得点の機会の阻止』いわゆる『三重罰』について。

これまでのルールではペナルティーエリア内における『決定的な得点機会の阻止』は以下のペナルティが与えられていた。


・相手側のペナルティキック(PK)

・反則をした守備競技者の退場

・次試合の出場停止


今回の改正では(反則を犯した守備競技者が)ボールにプレーしようとしていた又はボールへ向かう相手競技者にチャレンジした場合は『警告』とされることになる。

しかし守備競技者が『(相手競技者)を押さえる引っぱる又は押す反則』『反則を犯した競技者ボールにプレーしようとしていない又はその競技者がボールに挑む可能性のない』『反則がフィールド上のどこであってもレッドカードで罰せられるものである(手や腕を使った得点機会の阻止など)』という反則を犯した場合はこれまで通り『退場』となる。


つまり『ボールにチャレンジしているか否か』が重要となる。

審判とすればペナルティーエリアで起きた反則を『意図的であるか』そうではないのかを明確に見極めなくてはならない。


またキックオフのルールも変更されている。

これまでは『ボールは蹴られて『前方』に移動した時にインプレーなる』と明記されていたが『ボールは蹴られて『明らかに動いた』時にインプレーとなる』と変更された。

これによりキックオフ時に『前方にボールを蹴る』必要性がなくなったためキックオフは『どの方向にボールを蹴っても良い』ということになった。


なお日本サッカー協会は上記のルール改正を含む2016-2017年競技規則は各種全国大会(決勝大会)では原則7月23日(土)から適用が開始される(正確には現競技規則と新競技規則のどちらを適用するかを各競技会毎に確認し競技会規則等に明記し代表者会議や監督会議やマッチコーディネーションミーティングの都度確認する)。


今年12月に開催される予定の『第40回全日本少年サッカー大会』では新ルールが適用されていることが予想される。


また地域・都道府県FAが主催する各種大会では遅くとも2017年4月1日(土)から適応されることとの方針を示している。



☆ルールの改正も入り常にサッカーも進化していることを改めて感じます。

私たちはもちろんですがサッカー選手としてもルールを知ることは必須です。

ぜひ読んでみて下さい。


植村

いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月21日 06時48分34秒

今日は運動会!!

テーマ:ブログ

5/21…今日は多くの小学校で運動会が行われますね。

朝6時に開催の花火の音が聞こえました。

天気も心配いらずで絶好の運動会日和になるのではないでしょうか。


学校で練習してきたことや自分が努力してきたことなど精一杯発揮してほしいと思います。

サッカーと学校のチャンネルはまた違うと思います。

これもサッカーにつながると考えて全力で勝負して楽しんで下さい。

紅白どちらが勝利したのか楽しみにしてます(笑)


小学校の大イベント。

お父さんやお母さんたちは朝早くからお弁当作りやカメラやビデオ撮影など今日は大忙しですね。

ぜひ皆さんも全力で楽しんで下さい(笑)



次は運動会で緊張している子どもたちへです。

ぜひ試してみて下さい。


運動会で『どうしても勝ちたい』『練習の成果を見せたい』と思えば思うほど緊張してしまい思っていた結果とは違う結果になってしまうことは多くの人が経験しています。

運動会で走る時は誰だって緊張します。


そんな時に『リラックスしろ』と言われてもできない。

緊張しすぎて手に汗をいっぱいかいていたり…

頭の中が真っ白になっていたり…


最初の一歩が踏み出せない時は『大声』を出してみて下さい。


言葉は『ワー』や『オー』でも何でも構わない。

隣の子とおしゃべりするのでも良い。

とにかく声を出してリラックスする。

そうすると心なしか不安もほどけて足も動くようになります。


緊張というのは『心を育む』ためにはとても貴重な経験です。

大切なのは『どうして緊張したか』『どうすれば緊張しなくて済むのか』ではなく…

『緊張した中でどれだけ力が発揮できるか』です。


どんどん緊張して『自分の心』と向き合えば良いのです。

緊張というのはスポーツ以外でも日常の中で何度も経験するものです。


テストを受ける時…

先生に指名されて解答を答える時…

みんなの前で教科書を音読する時…

親に通信簿を見せる時…(笑)

好きな人に告白する時…(笑)


他にもいろいろな場面があります。

自分一人が緊張しているように思ってもみんな同じように緊張しています。

どれだけ足が速い人でも緊張していると思います。


そうした緊張を何度も経験すると少しずつ緊張感が薄れていきやがては『慣れ』へと変わっていく。

そうなってくると緊張しようと思ってもできない。

逆に気持ちが緩んでしまい思うような結果が出せなくなったりします。


緊張というのはマイナスのことばかりではないこと。

何より緊張しているということは…

『自分が新しいことにチャレンジして立ち向かっている証拠』です。

それを応援しない人はいないはずです。


そういう場で緊張することはとても素晴らしいことなのです。


植村

いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月19日 16時47分21秒

『問いかけ言葉』…あるHPより

テーマ:ブログ

【言葉①】

『助けてあげて』

ボールを取られそうになっている。
パスの出し所が無く迷っている。
窮地に陥った見方の状況を見極めサポートする意識を喚起する言葉。
『サポートしろ!』と命じるよりも子どもには伝わりやすい。


◇他人が困っていることに敏感でない子どもたち

これは非常に気になっていることの一つ。
今の子どもたちは味方が困っている状況に対してして敏感ではないと感じます。


自分が左に走りたいから走る。
実際にそこにスペースがありチャンスかも知れませんが…

味方が自分の方を見ていなかったり相手に囲まれてパスを出しづらい状況であっても…

『どうしてパスしないの?』という表情を見せることがあります。

そういう場合は例えば…
自分が少し動き直して味方が出し易いポジションに移動したり…

早めに声をかけるなど仲間の助けになる行動が探せるはずです。

そのような場面を見かけたら…

『困ってるよ。助けてあげて』と問いかけてあげる。

『関われ』『サポートしろ』といった声かけも間違いではありませんが…

『助けてあげて』の方が感覚として伝わり易い。

またはプレーが終わった後で改めて

『あの時味方はどんな体勢だった?』『今上手くいってた?』と問いかけてあげる。

『日本人は他人のために走らない』と良く言われます。
それは仲間が困っている…迷っていることをまず自分のことのように感じていないからです。
『ちゃんとしろよ』と文句を言うのではなく…

そういった場面で助け合えるチームやクラブにしていくことは非常に重要なことではないでしょうか。

そういう空気になれば…

すぐにプレーに表れて試合の中でも選手たちはサポートに行こうとなるのではないでしょうか。


【言葉②】

『相談してごらん』

子ども同士のコミュニケーションを促す言葉。
試合やTRで上手くいかない時にすぐに答えを教えるのではなく…

子ども同士で話し合わせることで理解が進むことの方が多い。

声の大きい子が一人で話し合いを引っ張りがちなら…

『他の子はどうなの?』と時には方向修正も必要。



◇コミュ能力を育む機会を奪っていないか

『今の子どもたちはコミュニケーション能力が低い』と良く耳にする言葉です。

そう言いながらも何故か多くの場面で子どもたちに指示命令を出している。

もっと子どもたちだけで話し合わせた方が良いと分かっている。

でもなかなか上手くいかなくて全員黙ってしまう…と。

話し合いが上手くいかない子どもたちが言葉を発しないのは何故なのかを考える。

学校でも家庭でも大人に指示されて言うことを聞かされることの多い今の子どもたちはコミュニケーション能力を育む機会を大人に奪われているのです。

サッカーでも指導者が一方的にアドバイスしたり…

やり方を命じることが多いのではないでしょうか。

これはTRする機会を奪っておいて試合になったら『上手くやれ』と言っているようなものではないでしょうか。
サッカーをする時はコミュニケーションのTRをたくさんやらせてあげることが大事なのです。

『2人で相談してごらん』
『みんなで話し合ってごらん』

と場面毎に言い続けてあげる。

何か上手くいかないことが出てくると大人は…

『どうしてできないの?』『ちゃんとやろう』と言ってしまいがちです。

そうではなく…
選手同士が話す時間や子どもたちだけで作り上げる時間の方が大切です。
その時間をもっと増やしてあげることです。

『どうして上手くいかないと思う?』と問いかけて子どもたちに意見を求めてあげる。
それが習慣になれば子どもたちはどんどん意見を出し合います。

子どもたちはコミュニケーション能力が無いのではなく育ててもらえていないだけなのです。


☆子どもたちにサッカーを通じて様々な能力を養ってもらいたいと私も思います。
その中でも特にコミュニケーション能力については重視しています。


様々な形で子どもたちには話し合いの場面を作るようにしています。

確かに最初はなかなか意見が出ませんが『待ち』ます。

なぜならば意見が出ないからと言って子どもたちは何も考えていない訳ではありません。

頭の中をフル回転させて考えているはずですからね。

そこで強制終了したり答えを言ってしまっては子どもたちにとっても私にとっても『大損失』です。


今起きてる問題や課題に対して他の選手の意見も聞きながら自分の意見も話せるように。
そして最後の結論をみんなで出し合う。

遠征先でもグループ討議をやりますが長時間のMTGをやるよりは絶対にプラスになると思いますね。

必ず先につながると思います。


植村

いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月19日 16時01分33秒

本日(5/19)と5/26のTRについて

テーマ:ブログ
本日(5/19)と5/26は予定表ではFCTメンバーとなっておりますがバーモントカップメンバー(10名)でのTRとなります。

今週&来週はバーモントに向けての集中TRとなります。

19:00~20:30
岩瀬中体育館


※ご連絡は回っていると思いますがお間違えないようにお願いします。


☆バーモントカップ予選まであと2回のTRとなります。
今日はフィニッシュ&守備面などを重点に行います。

実践の中でしっかり理解してやりましょう。

植村
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月19日 09時09分07秒

5/15 TM(U-12/U-11)

テーマ:ブログ

5/15…岩瀬総合GにてサッカーTM(U-12/U-11)を行ないました。

FCブリーオさんといわきのアビラーションさんが来てくれました。


ピッチ2面で3チームで20分ゲームをグルグルと一日TM。

当日は岡部C&佐藤Cにて対応して頂きました。


暑い中サポーターの皆さん含め一日お疲れ様でした。

ありがとうございました。


岡部C(U-12)&佐藤C(U-11)からも連絡を頂きました。

各カテゴリーとも20分×8本を行ないました。

暑さもあり途中に体調不良者もありましたが無事終わりましたと。


【U-12】

スタート時はボールを繋ごうとしたり声を掛け合うことはする。

でも失点するとそれができなくなってしまう。


【U-11】

相手のスピーディなパス回し&ドリブルに対応できず。

午後は暑さからか全て後手回った対応。



☆私も当日のゲーム数からどこまで戦えるかは気にしてました。

急に暑くなったこともありますがまだまだゲーム数からいっても戦えない。

やはりそれは日頃のTRやゲームの中で一人一人がいかにハードワークしていないかもあります。

ゲームの時だけ『こうしよう』『頑張ろう』としても当然結果は出ません。

TRで課題を持ってやろうとしなければゲームではできません。


6年生が数名リタイヤとなり5年生を入れてゲームをしてます。

5年生は一つ上の学年とマッチすることは必ずプラスになります。


同じ学年でゲームをしたい思いは理解します。

しかしそこで満足する選手とそうでない選手では必ず差が出ます。

これからも同じ場面が出ますが積極的に出て欲しいと思います。


今週末も一日TMとなります。

ぜひ一日積極的に行動しましょう!!


植村

いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月19日 07時47分47秒

第3回 COPA FANA U-10予選(群馬ラウンド)【結果】

テーマ:ブログ

5/15…4年生以下メンバー(12名)は朝6:00にバスで群馬に向けて須賀川を出発。


4年生以下での初の県外遠征!!
バスへの荷積みや運転手さんへの挨拶や出発前の親さんへ挨拶も高学年同様に行ないました。

恥ずかしそうに挨拶してました(笑)


出発前に子どもたちへ『今日のめあて』を書いたものを伝えました。

『今日のめあて』
①元気にあいさつをしよう!!
②自分のことやチームのことでできることは自分たちでやってみよう!!
③サッカーを楽しもう!!


東北道・北関東道・関越道も順調に走行し会場には予定通り9:00に到着。

PAでのトイレ休憩では行き帰りは安全も考慮し4年生が3・2年生と手をつなぎエスコートをしてもらいました。
4年生のリーダーの意識付けも含めてエスコートしてもらいました(笑)


会場に到着するとファナティコスさんの6年生たちが入口からグランド内の駐車場の誘導をしてました。
しっかりと元気に挨拶をしながら手を使い親切に誘導してくれました。

またチーム待機場所も説明してくれました。
恥ずかしい素振りもなく多分日常のことなんだろうなぁと感じました。


バスの遠征ではお決まりの後ろからの荷物おろし。

中と外での受け渡し(笑)


バスからおろした荷物も子どもたちで待機場所まで運搬。

ブルーシート&バックの整理も自分たちで行ないました。


私は時間が掛かっても待ちます。

自分の荷物を整理したり靴を並べたりすることは『気持ちの整理』につながります。

ガチャガチャしている選手は気持ちも落ち着かずプレーも雑になってしまいます。

今は分からないかも知れませんが(笑)


W-UP前に今度は『サッカーのめあて』を書いたものを伝えました。


『サッカーのめあて』

①ボールを奪いにいこう!!
②相手が来てもただボールを蹴らずにドリブルしてみよう!!
③最後まで諦めずにプレーしよう!!



会場ではファナティコスさんの6年生たちが副審&ボールボーイも設置され行なってくれました。
またお昼もその場で試合を見ながら食べていたのが『本当にたくましいなぁ』と感じました。


ユニフォームは相手の色を確認し③⑤試合はオレンジユニフォーム着用。

試合前の話しでは玉ねぎヘアーで脱線(笑)


予選リーグスタート!!


25分の半分で『飲水タイム』

これもサッカーでしか学べないことですね。

ボトルをたくさん持って出してくれた選手もいました(笑)


③終了後は…

軽食タイムでオレンジモンキーズ…バナナを食う(笑)


⑧⑩試合は白紺ユニフォーム着用。


『飲水タイム』

時間を掛けずに運ぶために考えて工夫してました。

ベンチの後ろの端に並べて最短距離ですぐに出せるようにと(笑)

小さなことですが気付くことはすばらしことです。



【結果】

③ 対 JusticeJr.SC(群馬) 0-6

⑤ 対 GRANDE(埼玉) 0-13

⑧ 対 御厨FC(栃木) 0-10

⑩ 対 太田南FC(群馬) 0-11


4敗…5位



終了後は表彰式&全体記念撮影を行ないました。

表彰式ではファナティコスの6年生たちが各賞の品を手渡ししてました。

これもいつものことなのでしょう。


最後は全体での記念撮影となりました。

ファナティコスの若林さん(代表)はじめ関係者の皆さんそして選手の皆さんお世話になりました。

ありがとうございました。


優勝は全勝のGRANDE(埼玉)さんとなりました。
個人の能力が非常に高くバランスも良くすばらしいチームでした。
やはり関東のチームなのでゲーム慣れしてますね。


どのチームも4年生ということでかなり一方的なゲームとなりました。
しかしそれは承知の上です。


当然…3・2年生が4年生を相手にバトルしてもスピード&フィジカルで対応できません。
そこの結果ではなくそこに行き着くまでの選手たちの走りや相手への寄せやドリブルなどどんなチャレンジをしてくれるかなぁと観ていました。


またGKも4・3年生で8回を交代でグルグルと。

シュートの嵐でしたが良くボールに食らいついてました。

25分ゲームを4試合と全員が良く頑張ってくれたと思います。


ただこれから時間を掛けてやらなければいけないことが多々あります。

特に4・3年生はゲームで必要な技術を上げなければなりませんね。

相手のボールの奪い方&相手にボールを奪われないスキルを身に付ける。



帰りのPAではソフトクリームをごちそうになりました。

ありがとうございました。



☆サポーターの皆さん今回の群馬遠征への準備や取りまとめや子どもたちのサポートなどありがとうございました。

大きなケガや事故もなく無事に終えれたことに皆さんに感謝致します。

また遠征での皆さんにお願いした子どもたちへの関わりについてもご理解ありがとうございました。

今回の遠征でも多くのことを子どもたちにやってもらいました。


小さいながらも子どもたちはサッカーを含め多くのことを見て感じたのではないでしょうか。

サッカーに取り組む良いきっかけになればと思います。


今回の大会で4年生選手の『すばらしいなぁ』という行動がありました。

それはゲーム中にペナルティエリア内で相手のドリブルを止めに行った際に足が掛かりお互いに倒れました。

当然うちのファールなので相手にPKが与えられます。


その選手は相手選手にスっと手を差し伸べてました。

ゲーム中もある2年生の選手が泣いていた場面でもスっと肩を抱いて励ましていました。

すばらしいなぁと思います。

私もレフェリーで他のゲームを見てましたが多分うちの選手だけではないでしょうか。


ゲームの結果よりも大事なことです。


植村

いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。