本当の自分はもともと満月です。

テーマ:

おはようございます。

このブログは真我の追求と仕事の実践を目指し、佐藤康行先生の研究をしています。

 

「愛する力」を仕事で同期させる

 

「何のために仕事をしているのですか?」

「仕事をする一番の目的は何ですか?」

こう尋ねられたら、あなたは何と答えますか?

 

「お金を稼ぐため、家族を養うため・・・」

「成功して、リッチな生活を送るため・・・」

「自己実現を果たすため・・・」

いろいろあると思いますが、こおkに挙げた例はどれも「横の法則」に従ったものばかりです。

では「縦の法則」から捉えた仕事の本質とは、何でしょうか。

 

「人が喜び、自分も喜び、周りも喜び、社会も喜び、地球も喜び、それらすべたが宇宙のためになっている」ということです。

 すべてが喜び、宇宙のためになるというのは、「縦の法則」の「愛する力」と同期させることです。

 この条件を満たしてこそ、本当の仕事と言えるのです。

 

 すべての人が喜んでいるということは、すべてのことがうまくいっているということです。

これからの時代は、目先のことだけを考えてお金儲けする時代ではありません。全体単位、世界単位、宇宙単位で物事を考える仕事が求められます。

 

 あなたが”まんまる”そのものなのですから、他人を愛することで、他人の心から愛を引き出すことが、あなたの仕事です。

 

~佐藤康行 著 満月の法則より~

 

相手に対するちょっとしたわだかまりが、パッと消えて逆に相手の愛がすごく感じられることがあるとしたら興味はないでしょうか。

 

そんなの感じるものだからしょうがない、って思うかもしれません。

そんな感じるものが、根底から変わることが世の中にはあるのです。

 

アウェイがホームになる。

 

 昨日は、東京に出向き佐藤先生の開発された講座、未来内観講座の1DAYに参加してきました。

 

 死から生を観る

 

今からその先の未来を見る成功哲学と違い、死の時点の最高の人生という状態を今に映し出すものです。

 

今回は仕事で選挙に関わるようになったことをテーマにして、真我開発をしました。

しかし、一番はじめに講師に、真我開発講座では問題解決ではなく、真我を開くために行うものです。お話をもらい、”あっ”と大事なことを思い出しました。

 

ああ、真我開発が一番だったんだねえ。と思い出しました。

これは想像以上に頻度よく思い出すことが大事でした。

 

結果として、ビジネスパートナーや、父、姉への想いに大きく変化がありました。

感謝・感謝です。

 

真我開発講座は、自分が過去の記憶から持っている価値観がパッと消えて

全てを愛する心、全てに感謝する心、満月こそ本当の自分というところが見えてくるのがおもしろいところです。

 

今日は、地元の商工会議所青年部の総会です。

今日の挨拶と、事業報告で私のお役は終了です。

 

青年部の会長を一年させてもらい、例会をしてもらったり、対外の大会に皆ででかけたり、他の青年部が集まる会議を準備させてもらうことで、皆の力添えをもらってここまできました。

 

私がなんとか皆の力になろうと、はじめた一年でしたが一年終ってみると

一番救われたのは、私でした。

 

青年部の皆に今日は感謝を伝えて行きます。

 

今日もあなたにとって最幸満月の一日です。

 

 

AD