1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-09-02 20:59:00

茅ヶ崎市民会館で会議中(^^;

テーマ:Simplog
投稿写真

茅ヶ崎市民会館で会議中(^^;


IWAOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014-09-02 10:22:45

鍼治療

テーマ:鍼灸
月に2度の、鍼治療。
photo:01

何故だろう、不思議。

photo:02

鍼の後はとてもリラックス出来て、夜もぐっすり眠れる。

体や心が緊張しているな、と思ったらすぐに鍼で緩めます。

酒や薬より、よっぽどイイね。
photo:03





iPhoneからの投稿
IWAOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-09-01 06:02:32

痩せたきゃ、これを読め。#005「お米は本当に太るのか?」

テーマ:ブログ
痩せたきゃ、これを読め。#005「お米は本当に太るのか?」

今朝の朝食。




玄米&麦のご飯を中心に、野菜をたっぷり。野菜以外は、豆腐の塩麹漬けと、鰹節のみ。

小松菜は根っこの部分までいただく。きゅうりとにんじんのぬか漬け。ぬか床は 自家製。 毎日これで首に触れさせ、手についてる常在菌をぬか漬けに浸透させる。これによって発酵が複雑化し、味がまろやかになる。




さて、今日のテーマは「お米は本当に太るのか?」である。

米は太る、と言われて久しい。僕の周りにも「米は太るから食べない」という人が結構いる。米は太るから、パンにする。米は太るから、パスタにする、などと言う人も結構多い。 少しでも、輸入小麦の遺伝子組み換えやポストハーベストの問題を知れば、笑止千万な話なのが。

「ご飯は太る」という人と「ご飯が太るというのは間違いである」という人がいて、ネットで検索しても、様々な意見が飛び交っている。

僕が普段食べている、福岡糸島の無農薬・天日干しの「ミルキークイーン」。鰹節をたっぷりかけていただきます。食物繊維、タンパク質、ビタミン、ミネラルが一度に摂れる完全食。




科学的なデータがすべて有効とは限らないし、人間はアナログなので、数式のように結果が出るわけではなく、科学的に、データ上はこうなるはずだということが、すべての人間に当てはまるわけではない。

僕は痩せ始めた時も、痩せることができた今もお米を結構食べる。いちどに茶碗に軽く二膳は頂くから、 家で食事をする時など、日に6膳はごはんを食べている計算になる。約3合である。

今は完全に玄米だが、外では白米になるし、痩せ始めた最初の頃は白米を食べていた。

そんなわけで僕は「お米は太る、とは言えない」という立場だ。

基本的にお米であれば、添加物はゼロである。砂糖、塩、添加物、油…これが一般的にパンに入っているものは米にはまず入っていないと考えられる。

一般的に販売されている、大手パンメーカーに記載されている「原材料名」の欄は以下の様なものだ。




「原材料名」

・小麦粉、フラワーペースト、ファットスプレッド、糖類
・マーガリン、卵、パン酵母、発酵風味料、食塩、脱脂粉乳
・乳化剤、糊料(増粘多糖類)、香料、イーストフード
・保存料(ソルビン酸)、V.C、カルテノイド色素
・(原材料の一部に大豆を含む)

ここで特に問題になるのが、マーガリン。マーガリンは、

「常温で何年も置いても全く変化しない」

という事実を知っているだろうか?カビも生えないし、ゴキブリも寄ってこない。

これが食品と言えるのか?

マーガリンややショートニングは、植物性油脂を化学処理し、常温で固体を保てるようにしたものである。

「バターは動物性だから良くない。マーガリンは植物性だから安全」

と信じてる人は多いのではないだろうか?

マーガリンはヨーロッパの一部国々では製造販売が禁止されている。オランダはトランス型脂肪酸を含む油脂製品が販売禁止。デンマークもまた毒物扱いとされ禁止。

毒物扱いである。 こういう動きはたいていヨーロッパがいちばん早い。

話がそれてしまったが、 僕はパンやご飯そのものよりも、それに伴うおかずが問題だと考えている。

経験上、例えばご飯がメインだと、それに伴うおかずは

「ひじきとか漬物とか焼き魚とか味噌汁とか」、

油分や砂糖の少ないメニューになってくる。

ところがパンがメインだと、それに伴ってバターやマーガリンなどの油脂類、ソーセージ、ハムベーコンなど「砂糖、油脂、添加物」の多い加工食品がおかずになってくるので、 どんどん油、砂糖、添加物が増えてくる。

メニューの整合性というか「ノリ」というか、以下のような感じだ。

ご飯を中心としたメニューの例。

「ごはん、みそ汁、納豆、きゅうりとカブのぬか漬け、焼き魚、ひじきの煮物、ほうじ茶」

(写真は参考例です)




→低カロリー、砂糖、添加物、油が少ない、食物繊維が豊富。

「和食は作るのが大変」という人は、

こんな和食を思い浮かべているのはではないか?





こんな「和食」を毎日食べている人はいない。料亭や日本旅館の食事を「和食」と思っては、ちょっと違うね。

仕事でニューヨークに度々行くと言う大手企業の社員の方に聞いたことがあるが、ニューヨークでは大変な和食ブームだそうだ。

ただ、そこで和食というのが寿司テンプラすき焼きしゃぶしゃぶ.だからこれは和食といえるのかどうかわからない。ここで言う「和食」というのは、あくまで伝統的な粗食である。 昭和40年代ごろまでの日本人が日々口にしていたシンプルな日々の食事である。


一方、パンを中心にすると、

「パン、コンソメスープ、ハンバーグ、目玉焼き、サラダ、コーヒー」

ではどうだろうか?

→高カロリー、油が多い、食物繊維が少ない。

となる。

油が多いと、動物はよく喰い付くのだ。

食物繊維が少ないと、何が問題なのか?という事はまた後日。






一目見て、和食に比べると「油まみれだな…」と思うだろう。


いつからか食事に対して「がっつり」という言葉がよく使われるようになった。 つくづく品のない言葉だと思う。

ろくに歩かず、ろくに体もつかないのに、カロリーだけは「がっつり」とる。ろくに走らない車に、毎日毎日一定量のガソリンを注ぎ込んだらどうなるか。 車のタンクならあふれだすかもしれないが、人間の体は律儀に内部に貯め込んでくれる。 消費されることなかったカロリーは蓄積されてどんどん蓄積される。

こんな風にね…





ここまで太るといろんなことが本当に大変になってくる。 僕も75キロぐらいあったときに2週間入院したが、点滴がほんとに大変だった。 血管が見えないので看護師さんが頑張って探って差そうとしてくれるのだがなかなか入らない。 最大で1時間かかって6回目に入ったということがあった。お互いにくたくたであった。

手術のリスクは大変なものである。 自分がメスを持つ医者の立場で考えてみれば、これだけになってしまった体を切って、手を加えて、 縫合して…気が遠くなってくる。

80キロを超えてしまうと、 平均寿命はぐっと短くなる。 若くして100キロ遅れてしまったら、 60歳まで生きるのは難しいだろう。

あまりに太ってしまうと死んでも棺桶は特注だろうし、出棺の時だって大変だ。

話は戻って…

さらに「洋風メニュー」に使われる「加工食品」の問題になると…

パンと添加物に関しては、検索すれば無数にヒットするので 、関心のある方は是非検索して読んでみて欲しい。 今,日本国内で使われる小麦のほとんどが外国産だが、「ポストハーベスト」とい言葉をご存知だろうか?

(wikipediaより)

~ポストハーベスト農薬(のうやく)は収穫後の農産物に使用する殺菌剤、防かび剤などのこと。ポストとは「後」、ハーベストは「収穫」を意味する。日本では収穫後の作物にポストハーベスト農薬を使用することは禁止されている。しかしながら米国をはじめとする諸外国から輸入されている果物等は、収穫後に倉庫や輸送中にカビ等の繁殖を防止するために薬剤が散布されることがある。

日本ではポストハーベスト農薬に類するものとして、防カビ剤(オルトフェニルフェノール、ビフェニル、チアベンダゾール等)および防虫剤(ピペロニルブトキシド)が食品添加物として認められているが、制度上は国内で認められる「農薬」とは区別されている。 食品衛生法第4条第2項では、「添加物とは、食品の製造の過程において又は食品の加工若しくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によって使用するものをいう。」と定義されている。

後の作物はその時点で食品とみなされるため、ポストハーベストは「食品の保存の目的」で使用されることとなり、食品添加物として扱われる~

なんだ、収穫してからの「農薬」は「食品添加物」扱いになってしまうってことか?

ということで、収穫の作物に、農薬を散布するということである。 今や日本の小麦自給率はわずか14パーセント。我々が普段口にする、うどん、パスタ、ラーメン、ピザなどの小麦は、ほぼ100パーセント外国産のポストハーベスト処理がされたものと思って間違いない。

こうなってくると、米がどうと言うよりも、添加物やポストハーベスト、遺伝子組み換えの問題になってくる。

そんなこと言ってたら食べるものはないし、いちいち気にしてたら人生つまらん、というのもよくわかるが、深刻な事態になってからでは遅いし、僕もかつてそうだったが、入院までして、原因が「食べ物らしい」とわかってからは、そんなのんきな事は言えなくなった。そのあたりの、のんきな「日本人特有のメンタリティー」に関しては次回書いてみようと思う。

米そのものを云々する事よりも「米をメインとした食事」と「パンをメインとした食事」の内容が大きな問題である。

和食がユネスコの無形文化遺産に登録されたことをご存じだろうか? 伝統的な日本食(決して、懐石料理やすき焼きではない)理想的な食事として世界で認められたのだ。

「パンに、さんまの塩焼き、大根おろし、ぬか漬け、みそ汁」

といった食事が出来るのであれば、パンでもいいのかもしれないが…。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村


UKULELE HEAVEN/OCEANVIEW RECORDS

¥2,100 Amazon.co.jp


11/24(祝)、IWAO初のホールコンサート、茅ヶ崎市民文化会館公演のプレイガイド先行予約が本日よりスタートです!

良いお席はお早めにご予約下さい。

チケットぴあ
http://artist.pia.jp/pia/artists.do?artistsCd=11012328

ローソンチケット
http://l-tike.com/pc/d1/AA01G04F1.do?txtEvtCd=73664&txtPerfDay=20141124&txtPerfSeq=+&venueCd=37296&srcID=AA02G08

イープラス
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002048921P0030003P0006

IWAO Facebookページ、リニューアルスタートしました。いいね!お願いします。













IWAOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-08-31 20:17:15

11/24(祝)IWAO・茅ヶ崎市民文化会館(小ホール)コンサート決定しました!

テーマ:ブログ
ビッグニュースです!IWAO、初のホールコンサートが決定しました。


11/24(祝) 茅ヶ崎市民文化会館小ホールです!

 小ホールといってもキャパは408席。 ウクレレアーティストとしては2001年と2004年にやった今はなき東京・六本木のstb 139 (キャパ300)以来の大きな会場だ。

 バブル絶頂期のシンガーソングライター時代は結構ホールコンサートをやったんだけど… 東京だと日本青年館で2度、渋谷公会堂で1度。 福岡の都久志会館、熊本の郵便貯金ホール、大阪の御堂会館…。

 ソロでのホールコンサートは、1992年4月の渋谷公会堂以来実に22年半ぶりだ。

9/12からのプレイガイド発売に先行して、
明日9/1よりネット先行予約を受付致します。

「伝統的なウクレレの演奏スタイルを継承しながら、
様々なジャンルの音楽へのアプローチを続ける、ウクレレアーティスト・IWAOが、昨年移住した湘南・茅ヶ崎で初のホールコンサートを行います。
最もシンプルな弦楽器、ウクレレ。シンプルゆえに伝える事が出来る、音楽の素晴らしさ。28年のキャリアの集大成になる記念すべきコンサートにぜひご参加ください」

茅ヶ崎オーシャンライオンズクラブ・チャリティーコンサート

【IWAO ウクレレコンサート 2014】

~やさしい音で、みんな笑顔に~

友情出演:森下 滋(ジャズ・ピアニスト) 

【会場】 茅ヶ崎市民文化会館小ホール

【JR茅ヶ崎駅北口】より徒歩8分

【全席指定】: 前売¥2.500 (税込) / 当日¥3.000 (税込)


主催:茅ヶ崎オーシャンライオンズクラブ
 
後援:日本宇宙少年団茅ヶ崎分団、茅ヶ崎地区保護司会、茅ヶ崎地区更生保護女性会
 
協力:KMミュージック
 
お問い合せ:㈱オーシャンビュー 
050-5892-0701 info@oceanview-j.com

【先行受付】
 ネット先行(オーシャンビュー)  
9/1(月) ~ 9/11(木) ticket@oceanview-j.com

 一般発売日:2014年9月12日(金) 10:00~
【プレイガイド】
 茅ヶ崎市民文化会館 0467-85-1123 9月13日(土) 9:00~

 チケットぴあ 0570-02-9999
(Pコード:242-825)http://t.pia.jp/

 ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:73664)
http://l-tike.com/concert/
 
イープラス http://eplus.jp  (パソコン&携帯)

【WEBでのお申し込み】
チケットぴあ

ローソンチケット

イープラス 

※0570から始まる番号は一部携帯電話・PHSよりの使用不可
  
※未就学児童入場不可

今朝、近所の農家の無人直売所にて。





イチジク、オクラ、大葉、小松菜。



これでなんと、350円!多分、無農薬もしくはかなり低農薬。自分とこの玄関先で少しだけ置いてあるものだから。

夜はサザンビーチの海の家「達スタイル」でLIVE。ビーチ最後の日。

行く夏を惜しんで…

ベースのタコヘイさんと。


では明日から、また頑張って書きますよ。

「痩せたきゃ、これを読め!」

をね。

おやすみなさい。

http://iwao-breeze.com






にほんブログ村 UKULELE HEAVEN/OCEANVIEW RECORDS
¥2,100 Amazon.co.jp

IWAO Facebookページ、リニューアルスタートしました。いいね!お願いします。
IWAOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-08-30 20:57:36

痩せたきゃ、これを読め。#004「田原俊彦コンサート」

テーマ:ブログ
ひょんなことから、横浜まで、田原俊彦のコンサートに行ってきた。



53才。いやー、凄いね。歌はまぁ、トシちゃんだから(笑)。ダンスが凄い。足が上がる、上がる!

僕よりも2つ年上、学年で3つ上みたいだけど、 やっぱり同年代でエネルギッシュな人を見ると刺激を受ける。

今朝の体重、52.2kg。





今朝の朝食。食物繊維をたっぷりとると、腸内細菌の状態が良くなり、精神的にも安定する。

「うつ」なんて、ただ腸の調子が悪いだけじゃねぇか、と今は思う。

「うつ」で不足すると言われている「セロトニン」だが、脳よりも、腸で多く作られる事がわかっている。

抗うつ剤なんて、意味ないね。





今日も一日、ご苦労様。ウクレレの演奏でリラックスしてください。

ミスティをどうぞ。今年3月の映像だけど、このとき55キロくらいだったかな。




にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村


UKULELE HEAVEN/OCEANVIEW RECORDS

¥2,100 Amazon.co.jp

IWAO Facebookページ、リニューアルスタートしました。いいね!お願いします。

IWAOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-08-29 20:33:39

痩せたきゃ、これを読め。#003「毎日誕生パーティかい?」

テーマ:ブログ
毎日誕生パーティかい?

僕らが子どもの頃は、ケーキといったら、誕生会かクリスマスのものだった。今じゃ、気が向いたらどこでも、簡単にケーキが食べられる。 ちょっとコンビニに行けばケーキなんか山のように置いてあるし、、街を歩けばドトールで500円あればケーキセットが頼める。

言い換えれば、つい40年前には滅多な事では摂取しなかった、砂糖、油を(ついでに添加物)思いついた瞬間、10分以内にワンコインで摂取することができるのだ。

寿司、ウナギなど、年に数回しか食べられなかったご馳走も、持ち帰り寿司や回転寿司、中国産の抗生物質がたっぷり入ったエサをたんまり与えらえれて、不自然に太ったウナギなど、いくらでもお腹に入れることができる。




何でも安くなればいいというものじゃない。ちゃんとした国産のウナギなら、うな重で2,500円から 3,000円くらいはして当たり前だと思うが、 吉野家に行けば730円でうな丼を食べることができる。甘いタレで味付けしたうなぎの蒲焼は高カロリー食の代名詞だ。 昔なら、年に何度か特別な日だけ食したうなぎの蒲焼というもの、 そんなにしょっちゅう食べていたらカロリー過多になるに決まっている。

寿司だってそうだ。酢飯には白砂糖と、質の低い酢がたっぷりと入っている。 酢飯は本来保存食としてのものだから、現代ではあまり意味が無い。寿司を健康食なんて言えたのは昔の話で、今は白砂糖と質の低い酢をたくさん摂る結果になってしまう。 個人経営のちゃんとした寿司屋なら良いが、 回転すしや、持ち帰りの寿司などは危険だ。 回転寿司などのネギトロは、「マグロではない魚」にラードを混ぜて作っていることは周知の事実だし、きゅうりなど使われている野菜のほとんどは中国産だ。

~本日の体重、52.4。ここのところ、52キロ台をキープしている。もう少し筋肉をつけて、55キロくらいを目指したい~




何でも安くなっていいことばかりではない。酒が安くなってアルコール依存症が増えた。清酒というものが安定して製造されるようになる以前は、農家が自分のところで摂れた米でどぶろくを作っていた。 貧乏な小作の百姓が、多いときには収穫した米の半分を年貢に取られ、残った貴重な食用の米の一部からどぶろくを作っていたわけだ。もちろん、食べるための米が優先だから、そんなにたくさんどぶろくを作れるわけがない。 何のためにどぶろくを作るのかと言えば、年に数回の冠婚葬祭や祭りのためだ。

酒をしこたま飲めるのは年に数回だけだから、みんなここぞとばかりに酔っ払ったわけである。 酔っ払いも年に数回のことだから、大目に見てもらえたのだ。「酔っぱらいに寛容な」文化はその名残だ。それが今、「週に一度は休肝日」などと言うくらい、誰もが毎晩酒を飲んでいる。 昔も一部の大酒飲みがいただろうが、「毎晩酒を飲める」などというのは 殿様か、よっぽどの金持ちだけだった。

小泉純一郎の構造改革により、24時間、コンビニでアルコールが買えるようになった。 僕が若い頃は、自動販売機で酒は夜11時まで買えなかった。遠い昔のことのようだ。

(本日の昼食。玄米&麦のおにぎり。砂糖、油はゼロ。タンパク質をも作ってしまう腸内細菌の餌になる食物繊維をたっぷりと。タンパク質は肉と違って内蔵への負担の少ない、味噌、鰹節から摂取する)



とにかく、安い金で24時間どこでも酒が買え、同じように安いお金で砂糖がたっぷり入った菓子類をどこでも買えるようになった。 ほんの少し前までは、夜中に甘いものが食べたいなぁと思っても買い置きがなければ朝まで我慢するしかなかった。 朝起きて朝食を食べればもう甘いものを食べたいとは思わなくなるから、結果的に甘いものを食べずに済んだ。

アルコールもそうだ。 夜中に飲みたいと思っても、家に買い置きがなければ「ま、しょうがないか」と水でも飲んで寝るしかない。 朝起きれば、通常の人間ならば、朝から酒を飲みたいとは思わないだろう。どちらも買い置きがなければ、コンビニがなければ、空腹を我慢するしかない。 空腹を我慢することで内臓や胃腸を休めることができるのである。

そんなわけで、誕生日でもクリスマスでも盆でも正月でもないのに、 好きなときに砂糖や添加物やアルコールを好きなだけ摂取し続けていれば、 ぶくぶくと太り、 高脂血症や高コレステロールとなり、結果的に動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病への道まっしぐらになるわけだ。 これらを分解しなければならない肝臓も、多大な負担を強いられることになる。

ねぶた祭りやだんじりを毎週やっていたらどうなるか、という事だ。 つい100年ほど前までは、アルコールも肉も庶民は年に数回、肉類は、ほとんどの日本人は、ほぼゼロだったわけである。
砂糖も戦前はほとんど日本人は摂取していない。

祭りは年に数回でいいのだ。 誕生日はどんな人でも年に一回だ。 今の現代人の食生活は、毎日誕生パーティをやってるようなものだ。

せめて誕生パーティーは月一回にしよう。 つまり、肉も甘いものも月一回にしろということだ。 それができなければ、デブとして人生の後半を過ごすしかないのだ。

~痩せると、街を散策するのも楽しい。ツアー先の高崎にて~




~2012年の夏。72、3キロあったかなぁ…~



今月の写真。我ながら別人だわ…




にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村


UKULELE HEAVEN/OCEANVIEW RECORDS

¥2,100 Amazon.co.jp

IWAO Facebookページ、リニューアルスタートしました。いいね!お願いします。



IWAOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-08-28 21:21:21

痩せたきゃ、これを読め。#002

テーマ:ブログ
健康法は健康な人に学ぶのは良いに決まっているし、 ダイエット法はダイエットに成功した人に訊くのがいい。 僕の場合、 11年にわたって服用した精神安定剤、抗うつ剤、睡眠剤などを止めて一気に体重が1ヶ月で8キロ落ち、それ以降は緩やかに減少している。約2年かけて72Kgから55kgと、約20キロ減量することができた。リバウンドもない。

本日の体重。




ダイエット本を出版した多くの有名人が、その後見事にリバウンドしている。2006年ごろに、ダイエット本としては 空前のベストセラー「いつまでもデブと思うなよ」で、毎日体重を記録するだけの「レコーディングダイエット」を提唱した岡田斗司夫さんもそのリバウンドしているし、胃をゴルフボール大に小さくし、痩せて脂肪がなくなり、たるんでしまった皮膚を手術で切除すると言う、壮絶なダイエットをした元大関・小錦もリバウンドしてしまっている。

彼らがなぜリバウンドして しまったかと言うと、根本的な食生活を改善できなかったからだと思う。食事を制限したり、極端な場合、小錦のように胃を小さくしたりしても根本的な食生活を変えなければ再び太るのは明らかである。

10年間で20キロ太り、再び25キロ痩せるという壮絶な体験をした僕は、なぜ太るのか、そしてなぜ痩せるのか、 見に染みてわかった。そして最終的にそれは「精神の問題」 であると考えている。

そもそも、自然界ではありえない「食」に快楽を求めることが決定的な間違いであるのだが…。

昭和38年生まれの僕は、東北の田舎町に生まれ育ったということもあり、コンビニやファーストフードに破壊される前の、日本の古い伝統的な食生活で育っている。 昭和30年代(1960年代)の高度成長期、日本の物流は大きく変わった。 僕の生まれ育った山形県天童市に最初のスーパーマーケットができたのは、僕が小学校3年生の時だったと記憶している。

それまでは、野菜は八百屋、魚屋は魚や、肉は肉屋で買うというスタイルだった。 野菜は農家のばあちゃんが毎日売りに来たし、魚屋さんは配達してくれた。サンマなどをよく配達してもらっていた記憶がある。

信州の山奥で刺身が食べられるようになったのは昭和40年代に入ってから。 全国津々浦々、どこでも刺身が食べられるようになったのは1975年頃、日本にスーパーマーケットが出来てからである。

本日の朝食。鰹節は、実は発酵食品。アミノ酸に分解された上質なタンパク質を摂る事が出来る、素晴らしい日本の伝統保存食。




母親とよく自転車で買い物に行ったものだが、これらの店を回るだけでも結構な運動量だった。 小学校までは 歩いて20分あったり、 中学に至っては片道40分。 友達の家に遊びに行くのに片道自転車で1時間近くかかる事もよくあったから、今思えば相当な運動量だ。

小学校の教員だった母は、当時職場までは自転車で片道40分ぐらいかかった。 今に比べれば日々生きるだけで相当の運動量であった。 スマホどころか、固定電話でさえ、我が家に付いたのは小学校3年であったから、本当に遊ぶ事といえば外遊び。 隣町に行くのにも電車は午前中に3本ぐらいしかないし、バスも1時間に数本。学校帰りに立ち寄るところも一切無い。

コンビニもなければ、ファーストフードも一切ないので、お腹が空いたら家に帰って夏ならきゅうりかトウモロコシでもかじるしかない。 冬なら段ボールに入ったみかん。母親やばあちゃんが家にいる人は、おにぎりでも握ってもらうことができただろうが、 僕の家は共働きで 学校から帰っても誰もいなかったので、野菜や果物しかなかった。


加工食品、一切なし。 つまり、砂糖、塩、油、化学調味料といったものが極めて少なかった時代である。

子供の頃はよく歩いたよな、と思ってちょっと調べてみた。「江戸時代 歩行距離」で検索してみると、江戸時代の旅人は一日に約40キロ歩いたと書かれている。 そこまでいかなくとも、中学校時代の僕は、 学校までの往復で一日6キロ、 学校から帰って友達の家に自転車で行ったり、本屋に行ったり、そんなのを含めれば日に20キロ分ぐらいは歩いていたであろう。

それだけの運動量で、ハンバーガーもなければ、ピザもない。ラーメンもない。夏、汗をたっぷりかいて家に帰っても、冷蔵庫にあるのは砂糖たっぷりのスポーツドリンクではなく、麦茶。 これでは、太りたくても太れない。





「やめられない、止まらない」
というのは、 1969年のカッパえびせんのCMだ。このセリフは、 そのまま加工食品の依存性を象徴している。 つまり、「油で揚げて」「塩や砂糖で味付けをし」さらに「化学調味料で舌を麻痺させてしまえば」人は際限なく欲しがり続ける。 これがスナック菓子や、即席めんなどの本質だ。 加工食品の、本質だ。

ピーマンやニンジンが止められなくて食べ続ける人はいない。 だが、ポテトチップやケーキは、食べ続けることができるのである。 止まらなくなるである。

「やめられない、止まらない」とは、本当によく言ったものだ。加工食品の依存を、見事に言い表している。1969年のコピーだ。 昭和30年代後半から一気に食品添加物が増えたが、まさにその時期と一致する。「どうにもとまらない」は、1972年6月にリリースされた日本の歌手・山本リンダのシングルであるが、 この一致は偶然とは思えない。 1964年の東京オリンピックから一気に始まった日本の高度成長期。 田中角栄の日本列島改造論に渦巻く日本をまさに象徴したコトバ。 この2つのコピーを未来するとなかなか凄いことになる。



「やめられない、止まらない、どうにもとまらない」

高度成長期はとうの昔に終わり、バブル崩壊からもそろそろ30年。 スローライフ、ロハス、オーガニック、マクロバイオティック… このような言葉がいくつも生まれたが、 こと「食」に関してはいまだに日本人は突っ走っている。まさに「やめられない、止まらない、どうにもとまらない」の状態だ。

世界人口のうち21億人が肥満に悩んでいるとの報告がある。 中でも、アメリカの肥満は深刻だ。 50歳以上の3人に一人が、 100キロを越していると言う報告さえあるのだ。

今年に入って、パワーポイントを使って講演会をやるようになったので、資料として旅先などでよく食事の写真を撮る。 そんな中で目につくようになったのが、異常なまでに太ってしまった人々だ。 申し訳ないと思いながらも、後ろ姿をiPhoneで撮らせてもらっている。 一体何を食べたらここまで太れるんだろうと唖然とする。 もっとも、数年前まで最大77キロもあったのだから、 僕も似たようなものなのだが。

街で見かける100キロ以上ありそうな太った人は、ほとんどが女性だ。 なぜ女性のほうが太りやすいのか、これは生物学的にはいろいろ論じられているが、僕としては精神的な要素が大きいと思う。 これに関しては、いくつか思うところがあるのだが、また日を改めて書いてみたい。

野菜や果物や、自然のもの食べている以上は、こんなに太る事はありえない。 すべては、加工食品のせいだ。 パン、パスタ、ソーセージ、ハンバーグ、ケーキ… キリがないが、これら「自然界に存在しない加工食品」「精製された穀類」「精製された砂糖」「食品添加物」を 摂取する以上、人間は確実に太る。 太れば運動量が減りさらに太る。 これらの加工食品、肉は消化に負担をかけ消化酵素を消費し、内臓を弱らせる。

腸内細菌の状態が悪化し、内臓の働きが弱くなると、セロトニンの分泌が阻害され、うつ状態なる。 うつ病というのは脳の状態とばかり考えられがちであるが、実は脳よりも腸の方がセロトニンを生成する量が多い事は最近の研究で分かっている。

西洋医学の薬は、基本的には全て石油から合成されたものだ。 人間の体にとっては、強烈な異物だ。 肝臓に負担をかける。

人類の長い歴史の中で、たかだか数十年の歴史しかない加工食品を止め、自然のものを口にするしか肥満解決の方法はない。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村



この映画、ぜひ見て下さい。




UKULELE HEAVEN/OCEANVIEW RECORDS

¥2,100
Amazon.co.jp

IWAOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-08-27 14:27:56

痩せたきゃ、これを読め。#001

テーマ:ダイエット

昨日のブログでは、「食べたいものを食べればいいのだ。体が欲しているのだから」

という、人間の勝手な理屈に関して述べた。 しかしこれは加工食品が一切無い添加物も、白砂糖もないといった原始時代の話だ。エスキモーは野菜も果物も一切摂取しない。でも「たまには果物が喰いてー!」と思う事もないし、「野菜も摂らなきゃな…」と思う事もないし、 体が野菜や果物を欲しがることも全くない。

日本人ならこうはいかないが、同じ人間にでも、民族によって腸内環境は全く違う。 エスキモーの腸内細菌は肉(内臓含む)だけで十分な栄養を作り出せるのだ。


明治生まれの家の祖母は93歳まで生きたが、これといった病気をすることもなく生涯元気だった。最期は老衰。眠るように静かに息をひきとった。 最近は老衰で亡くなるということが極めて少なく、何かしらの病名がつくことがほとんどだそうだ。

93歳まで生きて、生涯これといった病気もせず、「老衰」という生物として最も自然な死に方をした祖母は、生涯ほとんど肉も牛乳も口にすることはなかった。

東北の田舎の人は、何百年何千年とそのような食生活をしてきたのである。 コーヒーもほとんど飲んだ事はなかった。

コーヒーを飲む習慣がなかったのだから当然だ。


飲んだことがないものを飲みたいとも思った事もなければ、食べたことがないもの食べたいとも思わない。

 我々だって、初めてコーヒーを飲んだときにうまい!と思っただろうか?ほっとするなぁ、と思っただろうか。 初めてビールを飲んだときに、うまい、喉越しがたまらない、この一杯のために今日一日頑張ったんだ、生きていて良かった、としみじみ思っただろうか?


 知らなければ、それまでなのだ。

今日の僕の朝食。基本、玄米菜食に、鰹節。



本日の体重、52.4Kg。食事制限なんてしてない。ただ、「絶対食べないもの」は決めている。加工食品、砂糖の入った飲み物などだ。僕の食生活をやれば、誰だって確実に痩せられる。


 ああ、食いてぇなぁ!と体が欲する食べ物が、ピーマンやニンジンだという人はいないだろう。食べたい!と思うものは、ケーキ、アイスクリーム、ドーナツ、ピザ…であろう。


これら加工食品は「買う人の健康のため」ではなく、「含まれる油や砂糖や調味料の強烈な依存性を持って、継続して(なるべく多く)買ってもらうため」に作られたものである。

企業であるからには、当然のごとく「利益を上げる事」が第一であり、「消費者の健康のため」に商品を作って売っている訳ではなく、「役員報酬のため、資金運用のため」最後に「社員に給料を払うため」に「買ってもらいやすい」商品を作っているのである。



この色… 昔の日本人が見たら、これは食べ物ではなく、毒だと思うだろう。

「みなさまの健康のために」なんて言ったって、企業だもの、まずは「利益」だ。


さて…。


というわけで、喰いたいものを喰うのは結構だが、それは「本能」ではない。脂っこくて味付けの濃いペットフードのほうが猫の食いつきが良いように、ゴキブリホイホイに群がるゴキブリのように、我々は「油、砂糖、添加物」をたっぷり盛られた餌に喰い付いて、以後薬中(ヤクチュウ)のように毒を盛られた過剰なカロリーの餌を繰り返し求めているだけなのだ。

東名高速、港北パーキングエリアにて。いつから日本人はこんなに肉ばっかり、脂っこいものばかり食べるようになったのか。ここは日本だぞ!





日本人はなぜか「スタミナ」というコトバに弱い。ろくに体も動かさないで、なんでそんなにカロリーばかり摂らなければならないのか?

体力つけるなら、肉喰って 消化酵素消耗して、内臓に負担をかけるよりも、まずは運動して体を鍛えるのが先だ。

 体もろくに動かさずに、肉ばっかり食って、余分なカロリーを取り、余分な脂肪をつけては、どんどん体は弱っていくばかりだ。

 人間の3大欲求とは、食欲、性欲、睡眠欲の3つである事はご存知の通りだ。  誰でも夜になれば眠くなるし、睡眠が強烈な快感をもたらす事はないし、セックスは一人ではできない。何しろ、1番手っ取り早いのが「食」を満たすことなのである。

「食べ過ぎ」は精神の問題だ。 心の状態が良ければ食べ過ぎることは決してない。

僕は2007年から、2013年まで、8年もの間、最大77kgもあった「デブ」だった。50年の人生の6分の1近くを「デブ」として過ごした。

もう二度とあんな姿に戻りたくない。恥をさらす。太っている写真が、2007年7月、77Kg。今の写真は2014年8月、52Kg。


今は体がよく動き、体調も、精神状態も極めて良好だ。 


太っていた時は、心から楽しいと思える一日なんてなかったよ…

この「依存」のスパイラルから抜け出すしか、「デブ」からの脱却はない。


UKULELE HEAVEN/OCEANVIEW RECORDS
¥2,100
Amazon.co.jp

IWAOのオフィシャルサイトはコチラです。

http://iwao-breeze.com



IWAOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-08-26 18:45:20

カルシウムは牛乳よりも小松菜で!

テーマ:ブログ


 茅ヶ崎に引っ越してから、 近くに図書館があるのでよく本を借りるようになった。 50歳を過ぎるまで公共の図書館で本借りた事はほとんどない。 図書館に行って驚いた。 茅ヶ崎の図書館はとても綺麗だし、パソコンで本を検索できる。 もっとも、パソコンで本を検索出来るようになったのなんて、 ずいぶん前なんだろうけど。

 本の貸し出し期間は2週間。1度に5冊借りると決めている。うち3冊は食物や薬や体に関する本。 という事は、月に6冊程度健康に関する本を借りていることになる。 今回借りたこの本はとても読みやすく、しかし衝撃的な内容であった。

よく「食べたいものを食べるのがいちばん。体が欲しているんだから。本能的に何が自分の身体にとって必要が自分の方がよくわかっている。だから食べたいと思ったものを食べるのがいちばん良いのだ」という人がいる。

 しかし、これはあくまで「自然のもの」に限ってのことだ。 食べたいだけ、と言ってピーマンやにんじんを食べ続ける人はいないだろう。 「やめられない止まらない、かっぱえびせん」ではないが、止められなくなるのは油や砂糖、化学調味料で味付けをされた、この本の著者が言う「ドラッグ食材」というやつだ。

 人間の味覚は、「経験したことのないもの」を欲しがることは決してない。

今朝の体重。2泊3日の遠征で外食&間食をしたが、気をつけていたので体重は変わらず。




 今朝の食事はこんな感じ。 おかずはあくまで「ご飯を食べるためのもの」。「メインのおかず」を考えないこと。 メインに「肉や魚やハムエッグがないとおかしい」というのはそれこそおかしい。 フランスの片田舎の民家にしばらく滞在したことがあるが、 普段の食事にメインの料理などなかった。 サラダに刻んだ野菜のスープ。それにかたいバケット。それぐらいである。 日本人の場合、米と味噌と野菜、これがあれば人間の摩訶不思議な腸内細菌はタンパク質さえ構成することができる。それでじゅうぶんなのだ。

 僕は普段、タンパク質は主に大豆からとっているが、鰹節を削っていただくようになってからはこれが重要なタンパク源である。鰹節は発酵食品でもある。これは意外と知らない人が多い。鰹節は発酵させたものを乾燥させる。

 削りたての鰹節は最高にうまい。何しろ、自分で削る感触がたまらない。


 小松菜の根っこ。普段なら捨ててしまう部分を妻が出してくれた。 茹でて鰹節、醤油をかけていただくと、絶品だ。


これが「一物全体」というやつ。どんなものも全て丸ごといただく。これが食の基本である。


 小松菜はカルシウムが豊富である。牛乳は確かにカルシウムが豊富であるが、それはあくまで「牛の赤ちゃんに最適な」カルシウムだ。カルシウムの質が問題である。牛の赤ちゃんは、生まれてすぐに歩く。 寿命はせいぜい10数年だ。

 じっくり時間をかけて大きくなって、80年使わなければならない人間の骨、すぐに大きくなり、 10数年ほどの耐用期間しかない牛の骨とでは全く質が違う。

 牛乳を多く飲めば確かに体でかくなるが、骨もろくなってしまうことが最近はっきりしている。 牛乳は本来、牛の赤ちゃんのものであり、人間の骨を作るのには適さない。

 哺乳類は、1年半ほどで母乳を分解する酵素が分泌されなくなる。 つまり、牛乳に含まれるカゼインを分解する能力なくなるということだ。 離乳期を過ぎても、乳を摂取する動物は現在のところ人間以外にいない。 カルシウムのために牛乳を飲もう、乳製品を摂ろうとよく言うが、 酵素の研究が進んだ現在、欧米では牛乳の害が良く知られているが、 日本ではまだまだ牛乳信仰が強い。

そして、確かにカルシウムを摂れるかもしれないが、カロリーもハンパじゃなく高い!

…なにしろ何百キロにもなる「牛の赤ちゃん」のためのミルクだから、カロリーが高すぎる。人間が飲んだら…太る。

 調べれば調べるほど、牛乳の害がわかってきたので、僕は乳製品は一切摂っていない。

 小松菜は非常にカルシウムが豊富である。 カルシウムは、小松菜や小魚から取るのが良いと思う。 そもそも、体温が38度以上ある牛の乳を人間が分解するのには無理があるのだ。 分解できなかった牛乳含まれる カゼインが、人間の腸にへばりつき、大腸がんの原因となる事はよくわかっている。

おはようございます。昨夜アップしてから、コメントでも頂きましたが、重要なコメントなので、Facebookで頂いたものを転載させてもらいます。ウクレレ界の重鎮で、JAZZミュージシャン、政治やいろいろな分野にお詳しい、海田明裕さんからです。批判を恐れず、いろいろな事に積極的に発言される、尊敬すべき先輩です。


アメリカの医学界でも、大腸がんの理由として牛乳を結論付けてますが、上院・下院合わせて7割の議員が乳製品業界から献金受けているので公になっていないです。恐らくは日本の政治家も同じかと思います。

この地球上のどの国に生きるとしても、自分の身は自分で守るしかないようですね!」




UKULELE HEAVEN/OCEANVIEW RECORDS
¥2,100
Amazon.co.jp




ペタしてね読者登録してねアメンバー募集中フォローしてねきたよ♪してね!(グリーン)

IWAOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-08-25 15:31:33

高崎•国産そば粉100%の、梅田やさん。

テーマ:ブログ
photo:01


初の高崎ライブ、無事終了 !たくさんの方に来ていただきました 。ライブ終了後は皆さんとおしゃべりタイム 。気がついたら2時間もおしゃべりしてました 次回はぜひワークショップも!と、大いに盛り上がりました。
photo:02



高崎からの帰り道、国産そば粉100パーセントの人気店 、梅田屋さんに寄りました。 頼んだのはもちろん十割そばの大盛り。 去年から自然食に変えてから、 外で日本そばが多くなったのですが、 なかなか国産そば粉100パーセントの十割そばをいただける店は少ない。
photo:03



しっかりとしながら、とても食べやすく美味しいお蕎麦でした。さてらこれから神奈川までつながった圏央道通って帰ります。初めての店初めての道なので楽しみ!






iPhoneからの投稿
IWAOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>