1月23日(月)晴 シニア読書会1月『世界地図の下書き』

 

冷え込んできました。暦は大寒です。さすがですね。

今日は月例のアニマシオンクラブ銀読書会でした。朝井リョウの 『世界地図の下書き』(私は集英社文庫)。児童養護施設「青葉おひさまの家」で暮らすことになった少年少女たちの物語。その中の5人が作る班の次第に一つの仲間=「家族」を形成していく話だ。主人公は泰輔3年生。両親が交通事故で突然に亡くなってしまった。リーダー役は佐緒里中3.それに泰輔と同級の淳也。その妹の麻利1年。美保子2年。

物語はその3年後に入って展開していく。最終的には、高校を卒業して施設を出ていく佐緒里のために、4人が廃止されてしまったランタン飛ばし(願い飛ばし)を復活させる。ありえないといえば、それまで。それで何かが解決されるのでもない。しかし、「希望は減らない(持ち続け、カタり続けよう)」「きっと信じあえる人に出会える」、生きていこうというメッセージだ。

最近、読書会の批評の仕方が厳しくなったのは、「加齢」のせいだろう。こんなことがありうるのか、しっかり問題が解決しているのか…。私は児童文学と言えど、今日の状況と向き合うからには、「幸せな結末」でハッピーエンドとは描けないと思う。しかし、その方向はしめしていかなければいけないと思っている。

次回は、2月20日(月)13:30~16:00.『テオの「ありがとう」ノート』(クロディーヌ・ル・グイック著)です。問い合わせは岩辺まで。

AD

1月20日(金)曇り 「めくってびっくり俳句絵本」

=その5『スポーツの俳句 ボールコロゲテ』

 

冷え込んできました。今夜は雪になるという感じ。街は重く灰色に包まれて見通しも悪くなっています。空気そのものが凍ってきているような…。

このシリーズはとてもおもしろい展開で俳句の魅力を伝えている。ずっと以前に紹介しましたが、この「スポーツの俳句」がラストだ。それぞれの巻を個性派のイラストレーターが、まさに個性的に描き分けている。このスポーツ編はクマの親子が俳句の舞台に登場している。写真は、「鉄棒に片足かけるとき無敵 なかはられいこ」。左側が折りたたまれて、俳句が右端に書かれている。世界が逆さになっている。「?」と思わせる。

開くと、子熊が逆上がりをしているのだ。解説はこうだ。

――鉄棒の「足かけ上がり」が得意だった子どものころ、世界にはこわいものなんか何もなかった。おとなになっても、鉄棒を両手でにぎって片足をかけると、気分は無敵の子どもになれる。――

俳句や短歌(短歌のシリーズもある)でこういう手法でそれぞれの解釈を展開させてはどうだろうか。一部隠すという工夫が、おもしろい解釈を促すのではないだろうか。

ここに並べられている俳句には、子どもの作品か⁈ と思わせるものが多いのもいい。

――蒲公英ヤボールコロゲテ通リケリ…①

――目隠の中も目つむる西瓜割…②

――二十のテレビにスタートダッシュの黒人ばかり…③

――秋晴の運動会をしているよ…④

――あらはれてすぐに大きくくるスキー…⑤

さて、この中で、子どもの作品はどれでしょう?

俳句は人柄がまっすぐに出ますよねえ!

①    正岡子規 ②中原道夫 ③金子兜太 ④富安風生 ⑤長谷川素逝

村井康司・編、吉田尚令・絵『スポーツの俳句 ボールコロゲテ』(岩崎書店2010年)保塚図書館の本、ヤングコーナー

 

AD

1月19日(木) 遊ぼう、国語! ⑩生活漢字という発想

 

今日は、明星大学でアニマシオンの授業を担当しました。毎年1時間だけたんとうさせていただいています。司書教諭養成講座の一つです。3年生。もう教師になる気持ちも定まっているので、しっかり集中して楽しんでくれます。いつも『百まいのドレス』をやっています。毎年違う反応が楽しみです。写真はないので、庭の小さな花で彼らの頑張りにこたえたいと思います。

さて、「遊ぼう、国語クン」も今日でおしまいです。やはり、「国語嫌い」の大きな要因となっている漢字学習でしめようと思います。

漢字というのは、日本の文化を形作り、支えてきた基本となる文化であるが、あまりに雑な、不当な扱いを受けてきた。私たちが若いときにはまだ漢文の時間もあったので、それなりに漢字だけが孤立するということはなかった。

指導要領が変わるたびに課題は重くなり、積み荷が増やされるのに、何故か漢字は「精選」されるということがなく、1,006文字まで増やされてそのまま。「ゆとり教育」でも一文字も減らされなかったし、英語が積み込まれても、検討されない。

そのうえ、漢字の系統性とか、生活の使用上の頻度による基本漢字、漢字構成の基礎漢字の検討などもなされないできた。要するに現場任せなのである。いや、現場泣かせ、子ども泣かせである。

「国語で遊ぼう」のラストはやはり漢字でまとめたい。これは夜間中学校の見城慶和先生たちの実践に基づくものです。見城は先生は東京の夜間中学教師として一筋に生きてこられた。私は教職員組合運動を通して先生とご一緒した。誠実という言葉がそのままに、一度も裏切られたことのない先輩だ。6年生などのまとめ学習としておすすめしたい。

まず、1,006教育漢字表を児童数用意する。

「みんな、漢字では苦労してきたよね。なぜかというと、それぞれの漢字が持つ意味、生活やこれから生きていく上にどのような意味合いを持つかなどを考えることなしに、とにかく練習して覚えさせられたからだ。そこで、今日は、この漢字を本当に必要なものを選び出し、覚えやすいように文章を作って整理してみよう。これから、日本にもどんどん外国の人がやってきて、その子どもも学校にやってくる。その時に、君たちと同じ苦労をさせたらかわいそうだね。」

「まず、毎日の生活を考えて、どんな場面で漢字が必要になるか、できるだけ少なくなるようにしながら、選んでみよう」

「それから、その漢字が必要になるような文章を作って、ドリルカードを考えよう」

見城先生たちの提案した生活基本漢字の分野は次の通り。

「基礎51字、履歴書24字、衣食住24字、身体21字、病院15字、公共施設20字、標識18字、交通14字、自然18字、地理65字、職業27字、学校生活25字、社会生活29字、個人生活22字」

これは中学校なので、常用漢字を含んでいます。私は教育漢字だけでやってみました。どうしても必要になる場合はルビ振りとすればいいわけです。では、千葉大で学生とやったときの「身体グループのドリル文(一部)を紹介しましょう。

――目がさめたら顔を洗う。

――口をゆすいで歯をみがく。

――今日も身体はバッチリだ。

――胃腸もじつは絶好調。

――「ごはんよー」と声がする。

――牛乳飲んで今日も元気。

――母の笑顔で心がやすらぐ。(以下略)

これは、見城先生の『夜間中学は僕らのふるさと』(NHK知るを楽しむ 人生の歩き方 2006年)に詳しい。ネットではまだ入手可能です。

「遊ぼう、国語クン」はいつか、まとめておこうと思います。このシリーズはときどき、質問に答えて書くことにします。

AD

1月18日(水)晴 『木のうた』でアニマシオン

 

明日は雪かと言われる。今日は穏やかないい天気だ。朝から近くの小学校4年生2クラスにアニマシオン。『木のうた』(イエラ・マリ作)に言葉を添えて発表する。これは家庭でもできること。教室では16チームになって、それぞれが担当するページに3行の言葉(文)を作っていく。

私は16冊を用意してある。こうすると、担当のページだけではなく、前、後ろのページをなんども見返して文脈を確認して進めることができる。できたら、丸くなって発表していく。2つのクラスは2つの個性だ。みんなが作っラ言葉をプリントして、本に張り付ければ、「世界に1冊の絵本」ができる。「言葉のアルバム」だ。

1月17日(火)晴 遊ぼう、コクゴ君!⑨=話し合いを引き出す『質問絵本』

 

とにかくおもしろい。理由は「なんとなく」…。なんとなくなんだけど、それでは「逃げ」になるので、とにかく理屈をつけなければいけないことにします。

「ここにならんでいるひとたちはぜんぶ先生です。小学校の先生方です。さて、

●宿題をたくさん出すくせのある先生はどのひと?

●わりと平気で失礼なことを言うのはどの先生?

●生徒に人気があるのはどの先生?

●先生ははやいとこやめて、他の仕事をしたいと思っているのはどの先生? 」

…、さあ、どうでしょうか?

一周使ったら、新しい問題を作ればいいですね。

「〇この先生方の来年度の役割を考えてください。

校長、副校長、音楽、理科、体育、1,3,5年担任」とか。

こうした「他愛ない問題」が並んでいます。

―ーカップやらちゃわんやらがならんでおります。とうぜんのこと、それぞれお茶がはいっていますが、あろうことか、その中のひとつになんと毒がはいっているのがあります。さて、それはどれでしょう?

―ー洋服店のまえをやや早足であるいている子がいます。彼の名前は大山三郎といいますが、そんなことはどうでもいい。問題なのは、彼はいまどこへ行こうとしてるのかということです。どこへ行くのでしょう。いま、水よう日の午後4時すこし前です。

…・

だからおもしろい議論ができます。

五味太郎さんの絵本は外国でも高い人気があります。フランスにアニマシオンのツアーをして、図書館を回ったら、あちこちの図書館の児童コーナーに並んでいました。特設の「五味太郎コーナー」を設けて展示しているところもありました。

『質問絵本 GOMI TARO WORKSHOP』(ブロンズ新社 1400円)

1月16日(月)晴 川越へ&小さな雑誌の大きな一石『子どもの本棚』

 

もう26年前になるが、前立腺癌で手術をしてから、「セカンド・ホスピタル」を持つべきだというので、その道の名医として名高い川越の帯津三啓病院の帯津良一院長の診察を

2~3か月の間隔で受けている。帯津先生は信頼する患者が多い。それは、しっかりと話を聴いてくれること、脈をとり、身体を触れて問診してくれることだ。昔は当たり前だったのだが、今はほとんどパソコンでデータを記入するだけの先生が多い。ほとんど顔も見ない。「変わったことはありますか?」「ああ、大丈夫ね。じゃあ、いつも通りの薬でいいね」「次はいつにしますか?」ハイ、さようなら! である。大きな病院ほどそうなる。帯津先生の手のぬくもりが安心感を与えてくれる。

さて、その帰り道でおもしろいマンホールを見つけましたよ。川越らしい消火栓。火消しの纏が踊っています。

川越までは2時間。それが楽しみ。本が読めるからだ。私は生来の怠け者で、本を読むのは好きだけど、苦手ですぐに眠くなってしまう。でも、電車の中とか、喫茶店で読むのは好き。今日は、定期購読している雑誌『子どもの本棚』新年1月号(日本子どもの本研究会編)を読みながら行った。ほぼ片道で読んでしまった(48p)。

17冊の新刊紹介。友人も参加している。あらためて、やさしく、共感的に評し、書いていることに気づいた。もう少し辛口な印象を持っていたが、どの作者・出版社もこの会の同伴者である。たった1ページの「選定付記」も実に的確。ラストに2p-字ずつの「つくり手」がわからのメッセージも素敵だった。

特集は昨年亡くなられた歴史小説作家・児童文学者岡崎ひでたかさんを偲ぶものだ。岡崎さんは足立区の中学校の教師だった。若いころ、教職員組合の運動を一緒に取り組んだ。わたしより10歳ほど上になる。

「この本の舞台うら」のコーナーで、瑞雲舎の井上みほ子さんが画家ルイス・スロボトキンの仕事による2冊の本の出版の経過を書いている。スロボトキンは、私の大好きな(アニマシオンでいっぱいお世話になってきた)『百まいのドレス』(エレナー・エスティス作、石井桃子訳、岩波舎店)の挿絵を描いている。『カルペパー一家のおはなし』はもう買ってしまった。『おうさまのくつ』もほしいなと思った(危険、危険!! 年金生活だぞ)

ミンダナオ子ども図書館館長の松居友さんの「生きる力ってなんだろう」にも深く共感。内戦、貧困の中にある子どもたちを支援し、さらに生活の場を提供しているNPOだ。日本の若者たちが「支援」に行って、熱い友情を受けて「生きる力」を得ていく。私も20年前に「ベトナムの〈子どもの家〉を支える会」(JASS)を立ち上げて友人小山道夫さんを応援したとき、日本の中高校生がここまで出かけて大きな「学び」をしてきた。日本の子どもたちは今、小さな世界に追い込められ、競わされている。広い世界を見るべきだ。窓を開けよう」と言いたい。

小さな雑誌の投げる大きな一石だ。そうそう、もう一つ。表紙が好き。この雑誌の表紙を見ていると、物語が生まれる。子どもたちとこの表紙をみつめて、「おはなし作り」をしたいと思う。

 

1月15日(日)晴 置かれたところで咲きなさい

&『大津波のあとの生きものたち』

 

生垣の傍らで誰かに摘みとられていたミニ水仙を歌壇に移したら、そこで、残っていたつぼみがあって、きれいに咲きました! 置かれたところで咲きなさいって…。

保塚図書館で見つけた本。こういうタイトルの場合、きっとすごい災害のあとも生きものたちは強い生命力で繁殖しています!――というのかなと思いました。前半はそうでした。春になると、コアジサシやコチドリがやってくるようになった。卵を産み、子育てをする。ハマナスやウンランが群生する。小さな生き物が姿を現す。トンボが群れ飛ぶ。アカゲラやツグミ、ノスリが飛ぶ。

しかし、「復興」が進められた。

「大きな津波は、人びとが年月をかけてつくってきたものをこわした。動植物はもともとの自然な姿を取りもどしていたが、人間にとっては悲しい光景だった。人間は、こわれる前の便利さを、取りもどそうとしていった。」

「安全な暮らしのためには仕方がない、という声ばかりが大きかったが、あの、大きな津波をくぐりぬけた、たくさんの生きものたちがクラス砂浜を、森を、そして水辺を、未来へと残す知恵は本当になかったのだろうか。」

と、筆者は訴える。「消えた自然はもどらない」のだと。

美しいたくさんの生きものたちと風景の写真が、我々に提起するものは重い。じっくりと見つめたい。写真・文:永幡嘉之『大津波のあとの生きものたち』(少年写真新聞社2015.2、1,400円)

保塚図書館にはかなりの数の大人たちが本や雑誌、新聞を読んで過ごしている。今年になって、年配の女性が数名加わった。この人たちは、子どもコーナーのテーブルで過ごしているようになった。子どものくる時間になっても、スタッフは注意しない。きっと、「子どもが来たらどけばいいんでしょ!」と言い返されるのだろう。子どもたちが友達と調べたり、その図表を作ったりして過ごす、最近では珍しいぐらいの(中学生も)地域図書館だったが、子どもは消えてしまった。「あそこにはおとなが座っている」という口コミが流れたら、子どもは来ないのだ。

1月14日(土)曇り 宮川ひろさんの『なきむしにかんぱい!』

 

寒い日になりました。あちこちで大雪です。大学のセンター試験が心配されています。私は明治学院大時代に2度ほどこの監督を務めましたが、その1回は大雪でした。大学の入試はほとんどの学生が私服で、温かいひざ掛けなどを用意してきます。

ところが、その中に数人の女子高生の集団がミニスカートに素足という服装で揃えてきていました。脚はまっ赤です。この集団だけがきゃあきゃあと大きな声ではしゃいでいました。寒くてどうしようもなかったと思います。

さて、今日は3年生の女の子が主人公の『なきむしにかんぱい!』。咲(さき)3年生。5月の遠足の前の晩に発熱。その日はお休みしなければならない。「行くんだ、行くんだ」と大泣きです。おじいちゃんが「じいちゃんと二人で遠足に行こう」となだめて寝かせます。

その間にじいちゃんたちの部屋に飾ってあるおかめとひょっとこのお面が咲の泣き虫の思い出を振り返って語り合うという展開。泣きながら子どもは育つ…という教訓。

この「かんぱい!」シリーズもこれで10冊になりました。東北大震災の時は、 『わすれんぼうにかんぱい!』でした。忘れることも悲しみを乗り越える一つの力なのだというメッセージとして読みました。

10冊になったら、何かこのシリーズでアニマシオンができそうだなと思っています。等身大のぐいぐいとした描き方の小泉るみ子さんの絵が大事な役割を果たしています。

『なきむしにかんぱい!』(童心社2016.11)

1月13日(金)晴 遊ぼう、コクゴ君!⑧マンホールの顔

 

いい天気です。カメラを持って街に出よう!

雲がいろいろな形に浮かんでいます。「おーい、雲よ。どこまで行くんか?」と呼びかけたくなりますね。ほら、足長おじいさんは探偵中です。

足元を見ると、溝や歩道にマンホールなどのフタがあります。笑顔もちょっと涙のにじんでいる顔もあります。自分はどこの者かちゃんと説明しています。足立区と東京都では違います。それに丸いのも四角なのもあります。模様もきれいですね。桜もあります。 そして、役割(仕事)を説明しています。「雨水」と「汚水」と「合流」とあります。それぞれに名前を付けてあげたくなりますね。

おもしろいでしょう。こういう写真だけで本を出している人もいますよ